« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

Magic Mouseを買った。(追記3つ)

アップルのMagic Mouseを買いました。

Applemagicmouse


店頭で触った感覚よりも、手にする感じは違和感がありませんが、やはり薄すぎるので、わりと手のひら(指の下の肉の部分)でコントロールしていた自分だと、この指先だけで使うマウスはかなり慣れが必要そうだ。

ちなみに自分の手に一番ジャストフィットするのはバッファローの安物5ボタンマウスBSMLU02Lで、かなり背が高いマウス。手のひら全体でつつむ感じ。

これをMacでも使ったことがあるのですが、デキが良くなくて、3つ試したけど反応がいいものと悪いものがあったのと、Mac用じゃないから5ボタンで使用できないので使うのをやめました・・

ワイヤレスでケーブルのない快適感はやはりいい。ただし電池のおかげでちょっと重いのはダメ。という当たり前の感想はおいておいて・・


さすがにマルチタッチによるスクロールはなんだか先進的な感じがして気分がいいw ただ、MacBookに慣れてるせいか、2本指でスクロールしようとしてしまうことが多くて困るw

進むと戻るを2本指のスワイプで行なうことができるのはやはり便利。特にFinderで使えるのが超便利だ。といっても「これのため」に買ったようなものだからね(・ω・ )

ブラウザではSafariだけでなく、FirefoxでもスワイプはOK。

Windowsではマウスジェスチャーでできる環境をエクスプローラーでも作ってあるので、多ボタンと両方使えて便利なのですが、MacではこのマウスジェスチャーもMightyMouseのボタンでもFinderの「進む/戻る」が出来ない(使えるプラグインを知らない)ので、これは大変ありがたいのです。


問題点は、使う場所を選びそうなのと、スクロールが安定した感じがしないこと。ボタンが減ったので、マウスでExposéができないことです。


とくに、マウスを使う場所がシビアなのか、それまでMighty Mouseで快適だったマウスパッド上で安定して動かない。プルプルしちゃうときとか、細かい作業をする際にピタッと目的のポイントに合わせづらい。これは慣れの問題とは違う気がする。早急にいいパッドを探す必要があるなぁ。

ちなみにパッドをとってデスク上でダイレクトに使ったらもっとヒドクなった。同質のクリア系(スケルトン?というか磨りガラスみたいな)マウスパッドだとまったく動かなくなった。

スクロールはかなり慣れがいるようです。思ったように決まらないのは実にストレスがたまる。

そしてExposéができないのはかなり痛い。

キーボードを使ってるときはF9を押しやすいが、片手でサラサラと作業中にパッ!と動けない。


このあたりは、フリーでだれかが出してるユーティリティーソフトなどで、もっといろいろ設定できるものがあるか調べてみたいと思います。

クリックだって、もうタップでいいよ!という気分でもあるし。

アップルだってやろうと思えばできたと思うんですが、なぜやらなかったんでしょうね?


というわけで、今のところ満足点は40点と見た目点で補ってもちょっと厳しいw


慣れるか、改善されるか、旧MacBookのスワイプ専用となるか orz


●参考サイト
元麻布春男の週刊PCホットライン
Magic Mouseがお気に入り

続きを読む "Magic Mouseを買った。(追記3つ)"

| | コメント (0)
|

2009年12月25日 (金)

のだめカンタービレ最終楽章前編を見てきました!

ようやく見てきました!

のだめカンタービレ最終楽章前編
http://www.nodame-movie.jp/index.html

あっというまの2時間10分。(・ω・ )


以下、ネタバレするので見てない人は要注意。


オープニングからいきなりの楽友協会。

え?これだけというくらい短くで、もったいないw


一番笑ったのはやはり、「噛み付き→やぎ」ですね。

これは爆笑!(≧∇≦)

のだめの表情も最高!原作以上!w


「号外→変態の森」はやりすぎ感はあったものの、のだめが可愛かったので許すw


圧巻だったのはやはり演奏シーン。


まずはやはりのだめ。ピアノソナタ第11番(トルコ行進曲つき)。
ランランの圧倒的な演奏が感動的。ピアノでここまで感動することもそうあるものではないと思う。素晴らしい演奏を楽しめたし、CGを盛り込んだ綺麗な映像ものだめの華やかな演奏を盛り上げてた。


チャイコフスキーの序曲(1812年)は素晴らしいのひとこと!
ドラマ版でもスペシャルでも玉木さんの指揮のシーンはハイライトなわけですが、今回もここでやっぱり泣けた!つД`)

映画版は本当に素晴らしくて、演奏もいいし、指揮も素人にもわかる上達ぶり。演奏が終わったあとに「ブラボー!」と言って立ち上がりそうになったくらいだ(これはマジな話!)。ああ、きっと本当の演奏を見る人はこんな感じで思わずたちあがっちゃうんだろうな、と思いました。


マルレオケのメンバーも良かった。演奏ができて演技もできる外国の人って条件だとかなりきついと思うんですけど、よくあれだけ集めてきたな!という個性的かつ、原作のイメージを損なわずにできるものだと思う。心配したテオもはまってたし。


ターニャがらみとか、もう少し見たいな、とか、ヤキトリオとか、千秋父のストーリーがまるまるカットされてたりとかありますが、よくここまでうまくまとめたなぁーっていうのも原作を読んだ人間の感想。千秋父との確執は千秋にとっては重要だと思ってましたが(ネットでは誰々がいいなどど話題にもなってた)、「本当は前、中、後編と3本撮りたかった(竹内監督談)」ということで、仕方がないとはいえ、このできなら、3部作でよかったんじゃないか!?というファンはほぼ100%だったと思う!


あぁ、はやく後編が見たいーーーーー!


とりあえず、それまでは原作をまた読もうかなぁ(・ω・ )

続きを読む "のだめカンタービレ最終楽章前編を見てきました!"

| | コメント (4)
|

2009年12月23日 (水)

そして仁は・・

YAHOO!のニューストピックスによると

TBSの番組宣伝担当者いわく「(続編は)ありません!」ということらしい。

そりゃぁ、何も決まってなければそう答えるだろうと思うw

そうでなくても忙しい俳優さんやスタッフは大勢いるでしょうからなかなかスケジュールがすぐにとれるなんてないでしょうしね。

それを「やりたい!」「やる!」とは言わないでしょうね。


「じゃあ、『えっ?』って何?」

ということですよねw


ところでドラマに負けじと盛り上がっている原作の方は、予想どおり瀕死の龍馬の手術に入った。

このために仁が脳外科の専門医だったと言っても過言ではないのではないか?


仁先生に関わった人々の中で起きる悲しい事件に、幕末という危険な時代ということを改めて感じますね。

| | コメント (0)
|

2009年12月22日 (火)

『JIN』最終回に「え?」

仁の最終回が25.3%と全話中最高値で、瞬間最高視聴率は29.8%を記録。しかし、あの終わり方には賛否がものすごくあったようですね。ココログニュースでもとりあげられていました。

続編や映画化などの話題は数話たって「大好評」と話題になってたころから噂になっていましたが、最近の続編の映画化に対する風潮にも、金儲けたいように見える、ドラマはドラマできちんと完結させるべきなどの反対の意見が多くみられます(このあいだ「新・週刊フジテレビ批評」でもとりあげられていました)

個人的には、放送中から続編を期待していましたが、確かにあの終わり方はちょっとどうかなと思いましたね。一応、謎は残したものの、タイムスリップなんて説明できないし(原作も未完だし)、メインの登場人物はそれぞれに落ち着きましたし、これはこれでいったん完結して良かったのではないでしょうか。それでも続編はやろうと思えばできたはずです。

「なにもかも、もうすぐ終わる」

はずだったんですよね?


もし、次があるのなら、未来(ミキ)の件も終わったので、もう少し、原作に近づいたらいいのにな、と。ドラマのなかで、完全に野風は終わってしまったので、続編があったらそのほうがいいような気がします。

私は、もう一度、「幕末」「医療」という面を強化してほしいんです。あの見てて興奮した第1話のような緊張感のある展開をまた見たいです。 どうもその「(当時としては)奇跡の手術」がペニシリンができてからはメインではなくてなってしまったのが残念。


まったくの個人的意見ですが、原作は男性作者の視線からできたお話であり、ドラマ版は女性視点からできあがったお話に見える(これはなんとなく。ドラマにするにはそのほうが都合が良かったのでしょう)。お話の展開の仕方と、特に、主役3人の違いにそれを感じました。

| | コメント (0)
|

幻のDVD

あの「幻のDVD」を手に入れることができるそうです。

シネマトゥディ
上野樹里の幻の映像作品を大量贈呈?素顔が満載で編集とナレーションも務める手作りDVD!

いやぁ、すっかりあきらめてましたけど、これは嬉しいヽ(´▽`)/

でも、持ってる人は、そっとしておいて欲しかっただろうなぁ。


というわけで、待望の「キラーヴァージンロード」のDVDが2010年3月26日についに発売!
通常版の価格は3,990円。イキングやインタビュー、舞台挨拶の模様、プロローグドラマ5本と、そのドラマのメイキングも収録した特典付きのフルスロットル版が6,090円。 もちろんどちらを買うかは明白ですがw なぜブルーレイじゃないんだ・・・・・orz もうDVDを買っちゃうとBDが出たときに損した気分になっちゃうですよ。

ちなみに
「上野樹里と5つの鞄」は2010年1月29日です。

| | コメント (0)
|

祝!笑っていいともご出演

というわけで、のだめカンタービレつながりでは最後ということで樹里ちゃんが、テレホンショッキングに出演!

友達の輪(もう言わない?)も、最初子供の頃はまじめに「あぁ、友達なんだ」と見ていたが、いつの頃から「ただの番宣コーナー」と知ってからは見なくなってた。まあ、それが理由ではないですが、懐かしい感じがしました。


樹里ちゃん、よーく見ると、やっぱ目がいいよねぇ。

目。

かわいい。

今日は生トークということで緊張してたみたいですが、タモさんも、相変わらずで、さすがフォローも上手かったです。

サトーのご飯に、大人のふりかけ、食べてみたくなったw

CMくればいいのに!w


とりあえず、また永久保存版ができました。


ついでに、シネマホリック+とめざましテレビで初日舞台挨拶を録画! うっかりしててめざにゅ〜ととくダネは録画し忘れ orz でもめざましではマングースの「わ」を確保!

みんなトーク上手いですよね。

思ったのは、クロキン役の福士誠治さん、意外と明るい性格というかしゃべりも楽しい。すっかりクロキンのイメージだったのでかなり意外でしたw

cinemacafe.net
上野樹里、“千秋様”玉木宏を盾に竹中のキス拒否! 『のだめカンタービレ』初日

oricon style
上野樹里&玉木宏、観客総立ち「ブラボー!」に感激 〜映画『のだめ』舞台あいさつ

cinematoday
「のだめ」初日に劇場超満員!上野樹里、玉木宏、竹中が感激のハグ!観客がスタンディングオベーション

| | コメント (2)
|

2009年12月20日 (日)

ドラマ「JIN -仁-」 最終回

とりあえず率直な感想を。

・・・・うーん、どうなの?w


先週からの続きで、行方不明になった龍馬。

結局、何事もなかったという orz

あれは笑うところか?


そして、ナビやダイジェスト、予告で「辿り着く真実」とかひっぱるだけひっぱって、あおるだけあおって、

まったく何一つ謎を解決していない orz


まあ、原作も終わってないし、原作者のインタビューで「まだすぐ終わるということはない」そうですから、ここで謎解きがあるわけではないんですが、あれだけあおられると、ドラマオリジナルでなにかしらの謎解きがあるのかな?と思うじゃないですか。

「なにもかも、もうすぐ終わる」


すっかりやられました・・・。


未来を知ってるからゆえ悩む仁でしたが、龍馬も勝海舟もいうように、なるようになる。誰かが生まれなかったといって誰かが苦しむこともない。龍馬が死ねば、誰かまた別の人が何かをやるという勝海舟の言葉は、日頃自分が思っている「世の中には必要ではない人間というのはいないが、どうしても必要な人間もいない」という自分の考えに近かった。

「あの人がいなかったら・・」というような、ことを言うけど、それは最高の褒め言葉だけど、結局いなかったら「違う未来が待っている」だけで、そのときには「あの人がいた未来」というものはそもそも存在しないのですよ。もっといい未来が待ってるかもしれませんからねw


結局、よくも悪くも、未来(ミキ)の存在がこのドラマの核になってしまってたので、仁が悩みすぎるのが、原作ファンとしては少々もどかしい。

しかし、これでもうミキのことと野風のことは解決したといってもいいようだ。


さて、そのエンディング。

その後の世界を少しだけ見せてくれています。


辰五郎によって「仁友堂」が建てられる。

英会話(交渉?)している後ろでブーツを履いて喜ぶ龍馬w 

野風は塾を始めた。(外人さんがいて、レンガ造りの建物があったが、あれはやっぱり横浜か!)

未来のミキは教師か塾講師?をしていました。
「神は乗り越えられる試練しか与えない!」って。

恭太郎に縁談がきたので栄は元気(原作だとショックで寝込んで・・・いろいろあるw

そして踏み台を踏み外した仁には・・頭痛? 最後の奇形腫瘍は・・・?

「・・え?」


こ、これは・・・・


続編もありですよ! というフラグ立ったかぁ!


龍馬はまだ死なず。

野風の未来は少し変わったけど。

謎も残したけど、それは別にどうでもよく。

江戸で生きて行く決心がついた仁。

まだまだいけますよという・・・・




それにしても、最終回は、もう完全に野風にやられましたね。

素晴らしかった! いい女だった!

赤い門をくぐるときの野風は最高に綺麗だった!

ドラマの野風は、もっと幸せになって欲しい。


いいドラマを見させてもらいました。

| | コメント (0)
|

今日から公開ですが

いよいよ待ちに待った初日ですね。

もう感動の余韻にひたってる人も多いと思いますが、

私はまだいけてません・・・

なんとか今年中には行くつもりです。


樹里さんの出演するPR番組も多過ぎて毎晩消化するので精一杯です。


午前中に放送された
『映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 ブラボーでトレビアーンな映画ができましたヨ!スペシャル
はとても良かったです!

| | コメント (2)
|

2009年12月19日 (土)

のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第1夜(新撮)

映画の公開のPRとして、2008年お正月に放送されたスペシャル「in ヨーロッパ」が新撮を交えての放送。

まだ、ぱらっとしかみていないんですが、放送時間からして去年の年末再放送時以上の大幅なカットがあるのは目に見えてるわけで、個人的には見る前から「ガッカリ感」漂ってました。

しかし、

新撮部分も、映画の宣伝くらいか?と想像してたんですが、なんとほんとに(前後に)追加されててびっくり!


冒頭からいきなりターニャ&クロキン! キター!

どうやら1年後の世界の様子。

千秋のコンクールを回想するという設定らしい。

旅行がパーになったのだめから昇天していくマングースにワロタw


エンディングの映像も正月バージョンから映画バージョンになっていてさすがに芸が細かいところが嬉しい(映画撮影風景やマングースが号外配るなど)。


パッと見た感じ、「知ってる人向け」の総集編的な編集になってるようですので、初めて見た人はぜひDVDを見てください!

続きを読む "のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第1夜(新撮)"

| | コメント (2)
|

必見!マネレポ更新

マネレポが2ヶ月ぶりの更新

(もっと更新してくだされ orz)


「旬じゃない芸人」(?)より、ゲッツのポーズがかわいー!


余談ですが、マネレポにもあるように、今回で樹里ちゃんがのだめを演じるのもおそらく最後。

女優として成長していくことを考えると、いつまでものだめでいることがプラスになるのかどうかわかりません。


しかし、連載が開始している、その後の世界を描いた「のだめカンタービレ アンコール オペラ編」の面白さを考えると、終わるのはものすごーくもったいない。このオペラ編、初期に戻ったかのようなギャグ満載でかなり面白くてすごく期待しています。また舞台が今のところ日本というのも嬉しい。ぜひドラマなりアニメなりで映像化してほしいですね。

| | コメント (0)
|

ペケポンではっちゃける樹里ちゃん

ペケポン3時間スペシャルで、玉木&樹里がゲストで登場!

樹里ちゃん、ほほが赤いのはのだめ意識のメイクかな?

なんかツヤツヤテカテカしてた( ^ω^ )


樹里ちゃんがコンニャクを、玉木さんは2回目でカリフラワーを見事にあてたのですが、ウェンツさんが負けてしまい、「旬じゃない部屋」行き・・・!

しかし、せっかくの「のだめカンタービレ」の宣伝の機会ということで二人も参加することに!!


というわけで、ウエンツさんの猫ひろしさんのネタの後に、お待ちかね出ました!

「樹里ちゃーん、ペイ!」(◎´∀`)ノ


永久保存ですね。


ただ、先週の次回予告にあった映像(顔芸に対抗)はなかったようなので、本編ではカットされてるようで残念。できたら全部見せてほしかった!


飲み物を吹いた玉木さんの胸元を樹里ちゃんが拭いてあげてたのも良かったねぇ(*´Д`*)




●今後の樹里ちゃん関連、のだめカンタービレ最終楽章のPR番組

12月19日 めざましどようび インタビュー 映画紹介
      新・週刊フジテレビ批評 のだめ映画化裏側

12月19日(土)26:30 BSフジ
『映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
 ブラボーでトレビアーンな映画ができましたヨ!スペシャル 
 男おばさん的!映画・のだめの楽しみ方』

12月20日 日本映画専門チャンネル
シネマホリック+ #12 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」初日舞台挨拶

12月21日 笑っていいとも (祝!)

12/23(水)〜 フジテレビONE、フジテレビTWO
男おばさん+ #82「デジカム探訪:上野樹里(映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」)」

12月25日 CX ホンネの殿堂!! ゲスト

| | コメント (0)
|

2009年12月18日 (金)

ミオパン

樹里さんがフジテレビ深夜の「ミオパン」にゲスト出演。

登場シーンから、「大人っぽくなって・・・」

なんて思ったのものつかの間、


「(演出でたくさん吹き出している)このシャボン玉、吸い込みそうですね」

と、相変わらずの樹里ツッコミw

本当にいやそうに細かいのを避けてたw


この番組、ミオパンという司会の新人アナ(そもそもアナウンサーをアイドル扱いであだ名で呼ぶのはどうなんだ? 可愛いけどw)にわからない、自分だけの「これが私の絶対NG」を紹介する番組らしい。


で、その3つが

「のだめを演じる上で体を大きく見せるのは絶対NG!」
「海外ロケではアロマがないち絶対NG!」
「ペッドがいない生活は絶対NG!」

だそうです。

オープニングトークにもありましたが、樹里さんは167cmくらいと身長が平均の158cmより高め。

小動物的な感じを意識して猫背で膝を曲げていた感じにしていたらしい。そんなことも気にして演じることで「のだめ」が出来上がっていたのかぁ。

周りの男性も身長が高いせいもあって、ドラマ内ではほとんど気になることがありませんでしたね。

一度だけ、意外と大きいと思ったのは、第3話で、死にかけのイモ虫になったのだめを峰に渡すシーン。なんか足長いし、身長高いんだな、と思ったのを覚えています。


あと、ペットは、カワイイカワイイではなくて、シェアハウスしてる仲間みたいな距離感らしいw そうか、ネコならわかる気がしますが、あんな可愛がってる風だったチワワのBooBooもそうなのかな?


のだめのときは犬と仲良くなって、ルカみたいなシリアスなときはネコのほうが気持ち理解してくれる感じだそうです。

う〜ん、さすがに庶民には理解できない感覚w 

| | コメント (3)
|

見たもんGI-GA“のだめ現象”

今日の「めざましテレビ」ののだめWEEKは「のだめ現象」として、漫画からドラマ、アニメ、CD、そして映画へと、クラシック音楽を通じて社会現象を起してきた過程を改めて紹介。


清良を演じた水川あさみさんの演奏シーンで、手だけを入れ替えてた(二人羽織状態?)映像があるということはどこかで見た記憶はあるのですが、それがなんと宮本笑里さんだったとは知りませんでした。

宮本笑里さんといえば、アニメ版の「のだめカンタービレ巴里編」の主題歌でおなじみのバイオリニスト。なんとのだめオーケストラにも所属していたことがあったとのことで、上記のような出演をしていたらしい。

最終回でのその演奏シーン(サラサーテ:カルメン幻想曲)が流れたが、全然わからなかった! これはすごいなぁ。


そしていよいよ、明日最終日は樹里さんと玉木さんがスタジオゲスト!

お見逃し無く!

| | コメント (0)
|

2009年12月17日 (木)

「のだめ音楽」支える音楽家たち

今日の「めざましテレビ」では

名シーンの舞台裏大公開ということで、のだめの演奏を担当したランランさんと、千秋の指揮した演奏シーンで音の出演のロンドンフィルなどを紹介。

特にランランさんの演奏は、速くて感動的。ちょっと聞いただけで素人にもスゴイと思わせるもので、そのスピードに手を合わせながら、のだめっぽく見せる演技をする樹里さんの苦労は並大抵ではなかったと想像できる。(たぶん後編だと思うけど、世界をあっと言わせるほどの演奏をしなければいけなかったんですからね)

また、玉木さんの進化した指揮のシーンの苦労などを見ると、もう映画を見る前に感動してしまったジーンとしてしまいました。(ρ_;)


これは、本当に素晴らしい映画になってると思います。


こんな記事もありました。

上野樹里&玉木宏 Special Interview
“のだめと千秋”とともに絆を深めた3年間

| | コメント (3)
|

2009年12月16日 (水)

樹里調

「めざましテレビ」の軽部アナのコーナー?「カル調」(かるしらというらしい)に樹里ちゃんがゲストで登場し、なんとドラマ版での舞台となったロケ地洗足学園音楽大学へ。

そこで学ぶ学生たちを取材。

リアルのだめ、リアル真澄、リアル千秋(?)などを探すw


けっこうドラマもリアルだったんですね!と思うw


それより何より、あんなすぐそばで樹里ちゃんと遭遇することがうらやましいが(・ω・ )

| | コメント (0)
|

2009年12月15日 (火)

めざにゅ~のハマSONGとめざましののだめWEEK

「めざにゅ~」のハマ♪SONGに樹里さんと玉木さんが出演。

二人とも忙しいせいもあって? すっかりクラシックを聞き込んでいるよう。


「もしのだめカンタービレでもう一作品つくるとしたら?」

の問いに、二人とも

「演じます」

の答え。


おお!


もう卒業した宣言でもするのかと思ったらそうでもないんですね。

たぶん、もうそんなことはないと思うけど。

ただ、完結した原作は、まだ続けられる余地はあるんじゃないかな? 二ノ宮先生が書き下ろしてくれさえすれば・・・? なんて思いつつも、やっぱないだろうなw


めざましテレビのほうは、とりあえず千秋が今回はメインなので、私的にはあまり言うことはないんですがw ちなみに「わ」も玉木さんのバージョン。

「わ」にはマングース(声:樹里ちゃん)のバージョンもあるそうですが、これは来週?


とりあえず明日の(数時間後の)めざましテレビは必見のようだ!

| | コメント (0)
|

2009年12月14日 (月)

山口百恵さんのベストテンのDVDが出るそうです

いい企画ですね!

ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX

なんと、ベストテンに出演した全12曲・122回ランクインの7時間もの映像を収録ってw

まさに、これぞ永久保存版!


ほんとうに素晴らしい企画だ。


百恵さん自体には当時まだ子供だったせいか興味はなかったのですが、大人になってからわかるんですよね、彼女の良さって。

個人的には「いい日旅立ち」「しなやかに歌って」「さよならの向う側 」が好き。


で、何がいいたいかというと、


他の歌手もぜひやってほしい!!!!!!!!!!!!

というかやるべきだ!

こういうのを待っていた。


もちろん松田聖子さんは必須!!!!!!


各年代に分けて、BOX1、BOX2・・・と。

特にアイドル時代初期は絶対買う!


TBSさん、よろしくお願いします。

| | コメント (2)
|

ドラマ「JIN -仁-」 第10回

今回も先週の野風に続き、咲の切ない恋に泣かされましたねぇ(´Д⊂グスン


未来(みき)という女性が存在する以上、どうしようもないのでしょうが。

この未来の存在が、野風に影響するあたりがドラマオリジナルなところで、野風のライバルは咲でもなく、未来(みらい)の自分の子孫(身請け先との間の子の)というのもね。


そして、ついに歴史が狂いだし、龍馬暗殺?

ここまで歴史が変わるとは序盤では想像もつかなかったので、龍馬暗殺まで物語が進まないのでは?なんて予想していたんですが、こんな展開に・・・!

ある程度、仁が龍馬をかばって・・・というのは想像がついてはいたのですが、川から出てきたのが仁とは!

仁が江戸に残ったということは、あのケガをして病院に担ぎ込まれたのは龍馬なのか? そうなると幕末から龍馬が消える(暗殺)ということに?

それにしては、現在で包帯男が仁先生に会って一言もなかったというのが気になるが(原作では包帯男が仁に向かって「・・・(内緒)」と言ってるようなのですが・・)、聞こえてくる「戻るぜよ」の台詞は合うか・・。でも腫瘍や手術道具を手にする意味がないしね。

いや、まさか二人で神田川に落ちただけ、というオチでは無いと思うけどw


そして来週は最終回スペシャル。

予想通り、原作で言う5巻で終了となる当初の見込みどおりだが。


とりあえず、野風の乳ガンのお話と咲の縁談の話は原作から予想はつくもののかなり期待できそう!

そして、そこから外れた龍馬の話とタイムスリップ、未来にどう決着をつけるのか・・・ここはまったく読めません。

次回予告には映像は少なく、しかしたくさん気になる台詞がオーバーラップしており、これがヒントになりそうなんですが、ここはあまり探らずに来週を待つのがいいと思うのです(・ω・ )


そして、なにげに前触れも無く福田先生が仁友堂で働いてたのが、ちょっと良かったw

| | コメント (2)
|

2009年12月13日 (日)

シネ通!

のだめカンタービレ最終楽章のPRで、テレ東の「シネ通!」に短いながらも玉木さんとコメント出演。

番組では、「ヤングムービー対決」ということとで「彼岸島」と対決。

結果、バナナマン設楽さんは「彼岸島」、メロディー洋子さんは「のだめ」を選択。


設楽さん、樹里ちゃんと「ロスタイムライフ」で共演してるのに・・・!(*`ε´*)ノ

おもいっきり叩かれてたけどw


どっちの映画も水川さんがかかわってるんですね。


樹里ちゃん、髪伸びて、まるで「絵恋」を思わせる。

長くなると、より女の子っぽくなるね(* ̄ー ̄*)


髪の長さによって

瑠可 → ビリ子 → のだめ → 絵恋

という感じかw

あおいをどこに入れるか迷ったが、どこにも入れないのがいいかもと思ってあえて入れませんでした。(・ω・ )

| | コメント (0)
|

再放送

今度のフジでの「のだめカンタービレ」再放送もひどいことにorz

1話は延長で、本編は約57分くらいあったと思うんですが、このあいだ放送されていた分をCMカット編集してみたら、42分しか残りませんでした(わたしのミスがなければ)。ちょっとびっくり。

およそ3/4にしてドラマは成り立つんでしょうか。

それで、このドラマの良さを伝えることができるのであれば、カットされた1/4はいらないわけですが、初回にスペシャルにする意味があるんですかね?

このぶんだと通常の回(46分くらい)もカットされてると予想できる。


ちなみに・・・

TBS今イチオシの「JIN -仁-」が再放送中。まあ、今進行形のドラマですけども、エンケンさんの提供ナレーション以外ほぼカット無しですね。提供は違うからしょうがないですが、これは嬉しい。

| | コメント (0)
|

2009年12月11日 (金)

来週の「ペケポン」は必見w

録画してあった「ホンネの殿堂」を見ようと思ったら、冒頭に「ペケポン」の次回予告が数秒録画されていて、そこで思いっきりハジけてる樹里ちゃんに遭遇wwwww

「のだめダロー(?大勢ではしゃぎすぎでよく聞き取れないがたぶんあの歌の続き)」をくりかえしながら、テツandトモさんのギターで踊りながら何度もカメラに近づき、テツさんの顔芸に対抗www


樹里ちゃん、ノリよ過ぎ!


これは見た人はお得だ!


これ本編にあるんだろうか?

この番組見たこと無かったんですが、来週はスペシャルとかで、樹里ちゃん、玉木さん、ウエンツさんがゲストで登場とのことで、公式サイトにも予告動画あり。

ペケポン - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/pekepon/index.html

なんと、樹里ちゃん、ペイ! `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

(アダモステ?w)


樹里ちゃん、すごく髪伸びてまた可愛くなってる。(・ω・ )

やっぱ舞台挨拶はヅラだったのかw

| | コメント (0)
|

原作の「JIN -仁-」も大詰め?

ドラマは残すところあと2回。

ペニシリンによって歴史が変わり始めたことは、龍馬暗殺を早めるきかっけになってしまうのか?


という感じで次回につながっていたと思いますが、原作の方もかなり龍馬編が盛り上がっており、発売中のSUPER JUMPをご覧になられてた方も

「えええええええええ!?」

と思われたはず。

もしかしたら、原作も最後の山場なのかもしれません。


まあ、このまま明治維新を迎えてもしょうがないですし、咲と野風の話も一応は済みましたし。


けっこう「「JIN -仁-」の原作をまた読み返す」の記事を検索できてくれてる方が多いようですので、気になってる方がたくさんおられるようです。

あの記事はまだ11月のことなので、その後の展開も変わってしまったのですが、まだまだたくさんいい話がいっぱいあるんです。でも、ここでもし謎が解決してしまったら続編はないのでしょうねw

| | コメント (0)
|

のだめ 最終楽章・前編」完成披露試写会(テレビ)

さすがに映画ということもあって、フジテレビ以外でも取り上げられていたようですね。


私はもちろん「めざましテレビ」をはじめフジテレビにまとを絞ってたんですが。

しかし、4000人ときいて「すごいな」よは思ってもあまりピンとこなかったんですが、客席の映像が映ったときは、さすがにびっくり。すごく広い会場。人の多さw


軽部さんが「半分以上の人がヅラかぶってる」と言ってたんですが、あらためてみてもそうですよね。

しかもすごくわかりやすいヅラをw

そんなドラマでオッケーなんだから不思議ですよねぇー。


テレビではだいたいおもしろトークを言った人の映像を繰り返すだけで終わってしまうんですが、スーパーニュースはちょっと長め。


こういうのはやっぱり、DVD/BDでの映像特典に全部収録してほしいですね。


それから、「めざましテレビ」では来週から「のだめWEEK」だそうですね、どんな企画を用意してくれるのかちょっと楽しみです。

| | コメント (2)
|

2009年12月10日 (木)

ウソホンティは来週でした

すみません!

樹里さんの「ウソホンティ」出演は来週だそうです。

(ueno-juri.com情報が間違い・・・orz)


いや、もうどこに出てくるんだぁぁぁぁぁっ!

って見続けましたよ(;´▽`A``

| | コメント (2)
|

著作権は欧米並みにw

興味深い記事があったので読んでました。

鳩山発言「著作権保護期間70年へ」の影響は? 福井弁護士に聞く


どうも、あのお方はどこか適当に見えて、深く考えて発言してるんですかね?

この福井弁護士という方の言うことはもっともだと思えることばかり。


まえにもこのニュースで不思議に思ってしまったのが「死後70年への延長が創作者の意欲を高める」という意見だった。


創作者でもない自分にはわからない世界ですが、70年後の子孫に残すことで高まんですか?

結局、自分の作り上げた財産は死んでも誰にも渡さない、子孫に残したい秀吉みたいな気持ちなんだろうか・・・?


話をすり替えるようで恐縮だが・・・

著作権を欧米なみにするのならば、

無料の公共放送にダビング10などというふざけたDRMをかけるのはやめていただきたい。

アメリカでは裁判で負けちゃって地デジにはDRMなんてかかってないそうだ。

ロードキャストフラグ敗退。コピーフリーになった米DTV

どうやらそんなことしてるのは日本だけらしいし。

しかも、公共の放送なのに、謎の独占企業B-CASに管理されるって・・・なんなんだ?


アメリカではiTunes Storeなど音楽のダウンロード販売される楽曲にDRMをかけない、完全フリー化が進んでいる。
DRMフリーなど「iTunes Store」が進化──日本版は変わらず

日本のiTunes Storeの状況はなぜ変わらないんですか?


早く著作権が欧米並みになってほしいなぁ(・ω・ )

| | コメント (0)
|

2009年12月 9日 (水)

のだめ 最終楽章・前編」完成披露試写会

今日、「のだめ 最終楽章・前編」完成披露試写会」があったそうで、さっそくYahoo!トピックに。

「のだめ 最終楽章・前編」完成披露試写会で大歓声

いけた人、良かったですね!


その他のリンクも一応。

<のだめカンタービレ>上野&玉木再び、ミルヒ竹中「愛の行方を見て」 映画「最終楽章」完成披露

こ、これは樹里ちゃんカツラっぽくない?

玉木、樹里ら「のだめ」ファミリーにファン4000人総立ち

ついに“のだめ”映画完成!上野&玉木「ドラマより濃厚」  映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』完成披露試写会


うーん、明日は「めざにゅ〜」「めざましテレビ」は必ず録画必要ですね。


また、男おばさんでは

男おばさん的!映画・のだめの楽しみ方

なんてものも19日に予定されていて、これでもか!というくらいのプッシュぶり。


先日CS系でやっていた「ヨーロッパロケ地マップ」なんか見ててもしっかりハイビジョンで収録できてるんだから、やっぱり早くドラマも映画もBD化してほしいというのが今の気持ち。(・ω・ )

| | コメント (2)
|

樹里ちゃんの「わ」

樹里ちゃんが「のだめ最終章」のために、フジテレビの「めざましテレビ」のアイキャッチに出演中。

普段見てないので(スミマセン)「わ」に何の意味があるのかよくわかりませんが、


右手にごろ太、左手には鍵盤ハーモニカ。

すっかりのだめと化した姿で、

「わ!・・・・わっ!


と叫んでる7秒ほどの映像(・ω・ )


か、かわいい・・(* ̄ー ̄*)


とりあえず、3回で合ってるかな?


どれも同じ映像らしくてちょっぴり残念。


1フレームも切らさずきっちりとカット編集して3つ繋げてみたら、7:55分版のほうが、ラストの切れ目で、次のお天気コーナーのBGMがでかい音でかぶっていた orz


今日も念のため録画しておいたら、今日の分は問題なし! こっちを使って編集しなおして完璧バージョンができて満足( ̄ー+ ̄)


さすが生放送だけど、ほとんど放送時間は同じなんですね。(朝一は1分差でしたが)

| | コメント (0)
|

2009年12月 8日 (火)

玉木&樹里が再びビストロスマップに

今日は「めざましテレビ」では樹里ちゃんの「わ」もあったし、スマスマにも出演とファンにはたまらない一日(・ω・ )


いつも思うが、というか、年に1回も見るか見ないの番組ですみませんがw

SMAPってあれ本当に作ってるんですよね。もう何年も。

ほんとにプロ級なんだろうな。


今回の樹里ちゃんはワサワサ・ヘア(もじゃもじゃ?)で、これもまたかわい&キレイ。

のだめベストシーンを見てるとき何を話してるのか気になりましたねw

玉木さんが選んだのは第1話の初白目のシーン「はじめてのピアノ連弾」。まさにここから始まったとも言えるところ。

樹里ちゃんが選んだのは最終回の大川ハグ。対照的なところが興味深い。「情熱大陸」ではたしか眉間にしわをよせてがんばっていたシーンw

このシーンののだめは奇跡的に可愛いので私はこれがファンの選ぶシーンかと勝手に思っていたが・・・。


ファンが選んだベストシーンは最終回のベト7でした。あれも感動的でしたしね。

| | コメント (0)
|

2009年12月 7日 (月)

のだめが焼き付いてる

樹里さん出演の「男おばさん 燃えろデジタル部」を見ました。


いやー、樹里さん相変わらず自由人だなw

髪はまた少し伸びたのかな?


のだめからまた少し伸びて、ちょうど「奈緒子」のPRや「ロスタイムライフ」の頃にまた近くなってた。


「のだめに戻る」んじゃなくて「すでに焼き付いてて、そこからいっしょに成長していく感じ」(鬼八郎要約)だそうです。


毎日食べてもあきないものに、庶民的ですみませんな「なべ」と「食パンの上に半熟卵」。

さっそく真似させていただきますw


とりあえず。

前編は「ドカァァァン!」ヽ(´▽`)/ って感じ。

後編は「ズゥゥゥン・・」(・д・川)ズーン↓って感じ

というPRでしたw

| | コメント (0)
|

ドラマ「JIN -仁-」 第9回

2時間のダイジェストをいっきに見て、正直お疲れモードで見ることになったのですがw

何度見ても

龍馬の怪演が面白く(*^ー゚)bグッジョブ!!

「あい、おさらばええ」で泣かされる (´Д⊂グスン




で、第9回。

今回はすごく良かったですねぇー。

あっという間の1時間でした。


特に野風 (・ω・ )


すっごく綺麗でした。

あの色仕掛けはヤバイでしょw


いや、ああいうシーンでいっそう綺麗になれるってのは、カメラさんや照明さんの技術以上に女優の力ってもんでしょう。

素晴らしい。


火消しとトリアージ(救命病棟24時で覚えたw)、千吉の手術も緊張感があって良かった。

このところ、内面のドラマばかり描こうとして、仁の緊迫した手術、あの時代になかった神懸かり的な手術のシーンはやはりこのドラマにはかかせないものだと思う。

ちょっとでいいんですよ。ああやって驚いてくれる人がいればw


ちょっと残念なのが、辰五郎との出会いに田之助が関わらなかったこと(原作では田之助の紹介)。これでもう出番無しか・・・・

続編が無い限りね。


そして、野風を抱きそうになったら、現代の未来が元に戻り、やめたらまた消えそうになった。

どういうつながりなんだか、まだわかりません。

最終章ということで、原作通りの野風の乳がん、咲の縁談話にからめて、ドラマでは早まった龍馬の暗殺とタイムスリップの謎。これであと2話ですか。


しかし、龍馬のペニシリン使っての活動はすでに歴史が違うものになりすぎてて賛否だなぁ。

しかし、あの次回予告は上手い。

毎回気になって仕方が無いですよね!

| | コメント (0)
|

2009年12月 6日 (日)

Apple ロスレスを使ってみる

iTunesにぶち込んであるMP3ファイルの音質をあげようと、気づいたら320kbpsにエンコードし直しています。

まあ、ぱっと聞いた感じではほとんどわからないんですが、それなりのシステムや、よくできたモニターヘッドフォンを使うと、やはり非圧縮との差はわかってしまうもの。


そこで、可逆圧縮方式のオーディオコーデックであるApple ロスレスを使ってみることにしました。

これは、およそ50〜60%に圧縮し、基本的に音質の劣化がまったくないというもの。


MP3なんかは最初1/10くらいになるという触れ込みであっというまに普及しましたが、あの時代は128kbpsなどで圧縮されており、程度の悪いヘッドフォンでもその劣化ぶりには我慢というか割り切りが必要でした。(マニア的に?)

まあ、当時は大容量のハードディスクやフラッシュメディアなどもなかったので、まあ、そんなもでしたが、今では何でも大容量で値段も安いんですから、贅沢に使いたいなとw

といっても完全非圧縮では使いにくい面もありますしね。


可逆圧縮方式とおそらくFLACが一般的だと思います。WindowsではWMAlosslessなんてのもありますが、flacのほうが圧倒的に普及してるでしょう。


しかしFlacだとiTunesが対応しないんですよね・・・

なので、ここはApple ロスレスしかないんです。


MacだってFlacは対応できるんですが、iTunesを使う理由はズバリ、AirMac Expressの「AirTunes」機能。

続きを読む "Apple ロスレスを使ってみる"

| | コメント (0)
|

2009年12月 5日 (土)

のだめ関連テレビ

樹里さんの公式サイトによると、のだめ関連の雑誌掲載がやたらと多くて、おいつかない自分はスルー状態なのですが、それでもやっぱりテレビ出演だけはおさえておきたいところ。

というわけで、フジテレビでは「のだめ」の再放送が8日から始まります。

そのほか、バラエティなど。

以下、公式サイトのニュースより♪
12月6日(日)3:25-3:55 CX「男おばさん 燃えろ!デジタル部」
12月7日(月)22:00-22:54 CX「SMAP×SMAP」
12月10日(木)0:45-1:08 CX「ウソホンティ」
ドラマ「のだめカンタービレ」CX フジテレビ【チャンネルα】
第1話…12/08(火)15:00-15:57 / 第2話…12/09(水)15:00-15:57
第3話…12/10(木)15:00-15:57 / 第4話…12/11(金)15:00-15:57
第5話…12/14(月)15:00-15:57 / 第6話…12/14(月)15:57-16:53
第7話…12/15(火)15:00-15:57 / 第8話…12/15(火)15:57-16:53
第9話…12/16(水)15:57-16:53 / 第10話…12/17(木)15:57-16:53
第11話…12/18(金)15:57-16:53

放送時間が短いので相変わらず今回もバッサリとカットされるもよう。

映画の宣伝のためにドラマの良さを伝えるにはノーカットで番宣スーパー無しが理想と思うのは世界中でも私くらいなのだろうw


また、なぜか年末スペシャルだった「inヨーロッパ 」2話分の放送も無いのかな?

映画につながる部分を放送してくれないなんて・・・

と思ったら、18日と19日に放送するという情報もあるらしい。1ヶ月分のテレビ雑誌ならわかるんだろうか? しかし、以前の再放送もカットされてたからあまり期待しないほうがいいかも。


「ウソホンティ」はターニャとフランク出演番組なので、これが一番楽しみかな!

なお、水曜深夜なのでお間違え無く(自分は予約しようとして間違えたw)


それから、うっかりしてましたが、CS(ケーブル)系のフジテレビONE、TWO、NEXTで「映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」ヨーロッパロケ地マップ」を放送中。DVD発売が決まってるものと似たような内容になると思うのですが、なぜ地上波でやらないんだろう? とりあえず明日録画してみますが、これは「直前スペシャル!」的にやっぱり地上波でやるんじゃないでしょうか・・


あと、めざましテレビで「わ」企画というのが毎日あるらしいのですが、私は知りませんでした。とりあえず来週からまた録画してみます。

| | コメント (0)
|

2009年12月 4日 (金)

Google日本語入力

Googleがまた面白いことを始めていますね。

INTERNET WATCH
グーグル、日本語入力ソフト「Google日本語入力」を公開


実際に使ってみたレビューなんかもありました。

GIGAZINE
「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた


けっこう良さそう。

WindowsにはIME、Macにはことえりという日本語変換が標準で入っているのですが、これがなかなか頭が悪いのか?と思えるくらいに思うように変換してくれないこともしばしば。

「なぜさっき使った漢字で変換しない!」

とイライラすること多いですよね。

そういうときはやりなおすと出てきたりしたりして余計にイラつくw


私はお金をできるだけつかいたくないので我慢していますが、ATOKなどの有料ですが優秀なソフトを導入している人が多いはず。


しかし、そこはグーグルさん。

無料です。

しかもWeb上の大量のデータから辞書や変換エンジンを構成ということで、なんだか良さそう。


というわけで、さっそくMac版を導入(Mac版があるだけでも素晴らしいと思うw)。使ってみることにしました。

まだ入れたばかりなので評価はできないのですが、なんだか良さそうな気配・・・?


Google日本語入力
http://www.google.com/intl/ja/ime/





それにしても優秀なフリーソフトが多くて、ほんと有料なものってほとんど買わないなぁ。


とくにメインをMacにしてからは、WindowsPCではメールもしないし、ほとんどネットにつなぐことも減ったので、アンチウィルスは何年もフリーソフトしか使ってないです。


初期はAVG、avast!、キングソフトなんかを使ってみたんですけど、ここしばらくはずっとAviraでした。

広告がすごくウザイけど、検出率が高いっていうからとりあえず。

しかも12月から日本語化されましたのでちょっと安心。
(いざというとき訳が分からないと困るからw)


それと、最近はマイクロソフトの「Microsoft Security Essentials」を使い始めました。

これは広告がうざくなくて良いです。重さも感じない。

Windowsに最適そうだしw


有料のソフトに比べると機能は落ちるのでしょうが、私のようなPCの使い方ならこの程度で十分ではないかと思われ。

GIGAZINE
マイクロソフト製の無料アンチウイルスソフト「Security Essentials」を実際に使ってみた

| | コメント (0)
|

上野樹里 鬼

最近グーグルの検索ちょっと変わったなぁーと思って、「上野樹里」で検索してみると画像とか上に出てきたりして、「ああ、他の検索サイトとかの影響とかもあるのかなぁー」と思ったり。


で、なにげに下までスクロールしていくと・・・

一番下に「他のキーワード: 上野樹里」というのがあるのですが、

そこにあるんですよ!


「上野樹里 鬼」というキーワードがっ!!


やっぱ、これ・・・オレ?(*^ω^*)ノ彡


と思ってリンク押してみると

あ、トップにきたw


いやぁー、そうだったらありがとうございます。

樹里さんと並んでるだけでも嬉しいw


このブログの右のサイドナビところにもあるように、たまにそんな検索キーワードできていただいてる方がいらっしゃるようで、まさかグーグルさんのこんなところに出てくるとはありがたや(◎´∀`)ノ


ちなみに。

「おにはちろう」ではなく「きはちろう」ですから念のためw


とりあえず、みなさん今度の「スマスマ」の予約忘れないように!

| | コメント (3)
|

年末年始はウンナンで

ウッチャンナンチャンはずっと見てきて好きで、内村さんが出てる番組はだいたい見てる。

デビューの頃はさすがにかすかにしか覚えていないが、「夢で逢えたら」「・・ with SHA.LA.LA」あたりからみなさんのおかげですの後番組「誰かがやらねば!」「やるならやらねば!」「ウンナン世界征服宣言」「投稿!特ホウ王国」「ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!」「炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!」「桜吹雪は知っている」「ウリナリ」「気分は上々。」「いろもん」「ホントコ!」「笑う犬シリーズ」「内村プロデュース」。南原さんでは「リングの魂」も大好きだった。現在は「内村さまぁ〜ず」「(世界の果てまで)イッテQ」「スクール革命」などなど。(イロモネアはあまり見てない。レッシアも基本司会だし)

まあ、代表的なだけでもこんなにw


なんとなく、あのゆるい感じというか、人のよさそうなところがいいのかなぁ。

嫌みがないから。

コントはめちゃくちゃ上手いし面白い。

今はMCがめちゃ上手いということではなかもしれないが、いい雰囲気を作るのは上手で、必ず番組が内村ワールドになるw 好きにやらせて自分は笑うだけのときもあれば、すごくうまくまわすときもあるし、面白いと思った若手を育てるのもうまいんじゃないかな。


で、今回はなんと12月23日深夜1時5~35分に「笑う犬」のスペシャルがあるのと同時に、あの「やるならやらねば!」傑作選のDVD発売(2009年12月25日)記念特番があるというから嬉しい!!!!!!!

ウッチャンナンチャン:「笑う犬」新春特番で復活 23日に「やるやら」特番も

好きだったなぁ、やるやら。

ナン魔くんとマモーミモー、ウチムラセブン、加山雄三ショー(くわやまゆうぞう)、トニー南原、満腹 太に九州男児、コーチャン、ドンナトキモ槇原、パンツー大作戦、約101回目のプロポーズなんかのドラマパロディとかwww あげたらきりがない。


不幸な事故で打ち切りになっちゃったのがすごく残念だったのを覚えている。


それから、あの出川てっちゃん座長の劇団SHA.LA.LAも復活するというからネタはつきないですね。

| | コメント (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »