« シネ通! | トップページ | 山口百恵さんのベストテンのDVDが出るそうです »

2009年12月14日 (月)

ドラマ「JIN -仁-」 第10回

今回も先週の野風に続き、咲の切ない恋に泣かされましたねぇ(´Д⊂グスン


未来(みき)という女性が存在する以上、どうしようもないのでしょうが。

この未来の存在が、野風に影響するあたりがドラマオリジナルなところで、野風のライバルは咲でもなく、未来(みらい)の自分の子孫(身請け先との間の子の)というのもね。


そして、ついに歴史が狂いだし、龍馬暗殺?

ここまで歴史が変わるとは序盤では想像もつかなかったので、龍馬暗殺まで物語が進まないのでは?なんて予想していたんですが、こんな展開に・・・!

ある程度、仁が龍馬をかばって・・・というのは想像がついてはいたのですが、川から出てきたのが仁とは!

仁が江戸に残ったということは、あのケガをして病院に担ぎ込まれたのは龍馬なのか? そうなると幕末から龍馬が消える(暗殺)ということに?

それにしては、現在で包帯男が仁先生に会って一言もなかったというのが気になるが(原作では包帯男が仁に向かって「・・・(内緒)」と言ってるようなのですが・・)、聞こえてくる「戻るぜよ」の台詞は合うか・・。でも腫瘍や手術道具を手にする意味がないしね。

いや、まさか二人で神田川に落ちただけ、というオチでは無いと思うけどw


そして来週は最終回スペシャル。

予想通り、原作で言う5巻で終了となる当初の見込みどおりだが。


とりあえず、野風の乳ガンのお話と咲の縁談の話は原作から予想はつくもののかなり期待できそう!

そして、そこから外れた龍馬の話とタイムスリップ、未来にどう決着をつけるのか・・・ここはまったく読めません。

次回予告には映像は少なく、しかしたくさん気になる台詞がオーバーラップしており、これがヒントになりそうなんですが、ここはあまり探らずに来週を待つのがいいと思うのです(・ω・ )


そして、なにげに前触れも無く福田先生が仁友堂で働いてたのが、ちょっと良かったw

|
|

« シネ通! | トップページ | 山口百恵さんのベストテンのDVDが出るそうです »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
映画の公開日が近づいて、だんだんのだめモードとなってきました。

仁、はまってます。原作読んでないし、先週も前半見てない(坂の上の雲みてたもんで・・)のですが・・
未来の存在って、ドラマオリジナルなんですね・・私の想像では未来の存在が薄れたのは、鈴谷を救ってからの歴史の変化によるものなのかもしれません。

もし、鈴屋があのまま亡くなっていれば、当然廓は立ち行かなくなり、野風は花魁として年期が開けて、もっとはやく廓から出られたのでは無いでしょうか?

そうなれば、乳ガンになる前に子孫を残せた可能性があります(考え過ぎかな?)。

もし、次回作が有るとしたら、龍馬が戻って来ない可能性も、有りますね・・その方が次の楽しみになるかも・・来年の大河も龍馬だし・・

投稿: simo | 2009年12月15日 (火) 06時14分

未来を設定したことで、原作とは微妙なところや人物像もそれぞれ違うところがあります。(主役の仁も実はちょっと違ってる) でもこれはこれで短いドラマにするためには成功してると思いますし、大筋では同じですがどちらも面白いですよ!

鈴屋の死が影響するとは考えてませんでしたが、確かにあれで何かが変わったことは事実でしょうから。だいたい身請け先で子供を産んでから亡くなる・・というのが歴史だったのかな、と想像してますけど。乳がんってすぐに死んじゃうようなものでなければですが無理なんですかね??

まあ、都合良く先祖に出会い過ぎな気もしますw 

龍馬の話をどう決着つけるか予想できませんが、仮にここで助かってもまた将来狙われることはあるでしょうからいくらでも続編が作れそうですw でもいろいろいいお話が原作ではたくさん残ってますからねぇ。


坂の上の雲もすごく面白いらしいですね。私はまだ見てないんですが、あとでまとめて見ようと思って録画しておいてあります。

投稿: 鬼八郎 | 2009年12月16日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シネ通! | トップページ | 山口百恵さんのベストテンのDVDが出るそうです »