« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

5つの鞄のDVD

予約してあった「上野樹里と5つの鞄」のDVDが届きました!

5kabandvd2

とりあえず、このために買ったといっても過言ではない「特典映像」を見ました。

チャゲアスと通称「スパイダー樹里」(トカゲ?)が面白かったですねw

コメントする素の樹里ちゃんのアップがイイ!(* ̄ー ̄*)

できたらテーマソング「カバンのバンカ」のCDとかも付けて欲しかったよー!


というわけで、もう一度じっくり5つの鞄を見直したいと思います。

ひとつ思うのは「カバン、あまり関係ないんじゃない?」と思うところがあることです。


あ、それと。

3月の「ドン尻ビリ子」も楽しみですねぇ。

ビリ子は大好きなキャラクターだったから!

(もちろん、両方買うと「樹里ちゃん手作りDVD」がもらえるのだ!)




しかし・・・

またですか、と言われても何度も書きたいこと。

ハイビジョンで製作、放送されたドラマを解像度をわざわざ落としてまったりした画質のDVD版でしか買えないツラサ。
そういえば、のだめの映画はフジテレビ。「アマルヒー」とかいうフジの映画はBDも出るそうなので期待していいのかな?

| | コメント (0)
|

掲示板を閉鎖しました

「天使はこうして生まれるの」の掲示板を無期限休止としました。

いろいろと理由はあってずーっと以前から考えていたのですが、お世話になっていたいるか掲示板が無料板を閉鎖することになったため、それと同時に閉鎖しました。


開始したのが2002年の5月ですから7年半。

たくさんの方に利用していただき、本当にありがとうございました。

お世話になった方々にもお礼も言えず失礼いたしましたが、ご了承くださいませ。

ホームページ自体は更新予定はありませんが、まだ継続しております。


この機会に、また先週から「岡崎友紀」に浸ってます。


録画したドラマを振り返ってみたり、CDを聴いたり。

ドラマなんて、もう何回みたかわからないくらいなので、内容をほとんど覚えてるw タイトルだけでもわかるし。

それでもやっぱり、青木まどかはいいわぁ。なんたって18歳!が一番好き。

それと、「ちい恋」は別格。

あのマンドリンの哀愁漂うテーマ曲が流れるだけで甘酸っぱい気持ちになってしまうのです。

古き良き昭和時代かなw


続きを読む "掲示板を閉鎖しました"

| | コメント (8)
|

2010年1月29日 (金)

iPad雑感

昨日の朝3時(日本時間)に発表されたアップルの「iPad」

それ系の情報サイトはこの話題一色ですね。

iPhone以来の第3のデバイスだそうです。

Apple iPadについて知っておくべき全てのこと(動画あり)

他にもたくさんあるけど、この記事に興味がある人には不要なのでリンクは省略。


まあ、事前に流れた情報がおおよそ合ってたという感じでしたがw


個人的にずーっと待ってたものだったのですが、少し熱は冷めたかなぁ。


自分の希望していたものよりも大きいというのが一番の理由。

あのサイズならOSはMac OSXじゃなきゃ・・・

あの半分でいいんだよね。

でも電子ブックリーダーとかになるとあのくらい必要なのかもしれない。

しかしiBooksも日本じゃ到底無理だろうから。

本じゃなくてもマンガだったら相当ニーズあると思うのに。

最近はけっこうネットでマンガを読めるよう出版社もいろいろ考えてるみたいだけど、マンガ版iTunesみたいなものだったら最高なのにね。週刊もコミックスも絶対買うw マンガを買って一番困るのはなんたって収納だから。


世界的なエレクトロニクスのメーカーが多数存在し、日本中隅々まで光でインターネットするようなブロードバンド大国なのに、コンテンツが全然ついてこない後進国ってどうなの???と。

続きを読む "iPad雑感"

| | コメント (0)
|

2010年1月26日 (火)

樹里さんがNHK大河ドラマの主演に抜擢!

樹里ちゃんが11年の大河ドラマの主役に!!!



(ノ*´▽`)ノやったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!



(*⌒ー⌒)ο∠☆:オメッッッ!





びっくりしましたねぇ。

お昼に出先でちょっとYAHOO見たらそんなニュースがっ!


上野樹里、11年大河「江~姫たちの戦国~」主演に抜てき!

福山雅治の“同僚”上野樹里が大河ドラマ主演


“先輩”福山龍馬に続け! 次の大河ヒロインはアノ女優に

上野樹里さん、来年の大河ドラマ主演に 「江〜姫たちの戦国〜」

上野樹里がNHK大河10人目女性主役飾る

『江の役柄については「愛させるヒロインになればいい。懸命に生きた女性を描ければいい」と話してきた。NHKも「人間的にも幅広い人」と起用する女優像を示していた。人生の変転に穏やかさを失わず、数奇な運命を豊かな心で受け入れた江を演じるには、つらい環境にも、強さと明るさを巧みに表現できる上野がぴったりだったようだ。』(日刊スポーツの記事より引用)

おお、なるほど!


今度はドラマもいいし、映画でちょっと大作とかにも出演して欲しいなぁーなんて思ってたらとんでもないことになりました!


で、でも・・

心配だぁ・・・

もう、最初はビックリでしたが、いまからいろいろ心配なことも多く、今までの視聴層とは違う人も多いでしょうし、プレッシャーはハンパないと思う。意外と悩むタイプのようだし、もうなんかね^^; かなりハードなお仕事らしいので、とにかく体に気をつけてかんばってくださいとしか言えません。


でも個人的に一番に浮かんだ心配は、初の?時代劇とかで、あのお姫様ヘア(超ロングヘア)が似合うのか!ってのだったけどw 

しゃべり方もね、時代劇風にしなきゃいけないですしね。

お姫様しぐさとかね、もう楽しみでしかたないなぁ、コレw

もうワクワクが止まらない(((o≧▽≦)o


1年間もずーっと樹里ちゃんの凄いドラマが見られるんですよ?

あのラスフレのときのような高揚感が1年も。

もうこっちの体も持たないかも!w

とにかく、あと2年は生きていたいと思うw




・・・ってここで原作の画像をあげようとしたら、仕様変更したらしくいつもと違う画面が出て、なんと
「投稿ボタン」が表示されない不具合w マックだから? ニフティ、ダメダメジャン。

これ。


どんなドラマかはこちら(PDFです)
www9.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20090617.pdf


浅井三姉妹のことは私でさえ知っていますが、やはり淀君以外はよく知らない。

そんな地味な人でドラマになるのかな?なんて思った自分が歴史知らな過ぎでしたorz


「大奥の潔い終焉を描き「篤姫ブーム」を巻き起こした田渕久美子が、大奥の始まりに至る道のりを、浅井三姉妹の三女・江を主人公に鮮やかに華やかに描く。 」

・・おお!そうですか、大奥を作った人。

なんか凄くダイナミックな人生送ってる人のようで、ドラマも楽しみ〜。


クランクインは8月ということですので、その前にドラマの一本くらいはあるでしょうか。

のだめカンタービレの後編のPRや準備とかいろいろあって忙しいのかな?


NHKさん、ありがとう。

NHKの大河を見るのは、もう何年ぶりなのか忘れるくらい、というか見たものを数えても片手で足りるくらいしかない私ですが。

50作記念ということで、ひとつ、さらなる気合いを入れたドラマにしてください。

大河が終わったら次は紅白の司会でお願いしますw

| | コメント (6)
|

2010年1月23日 (土)

Get Yer Ya Yas Out 40th Anniversary

去年の話になってしまいましたが、Rolling Stonesの70年代以降のアルバムは1枚を除いてすべてリマスター化されました。

もちろん音質は上がっており、無理してまたまた買い直すことになった私も満足でした。


しかし、その流れとは別に、名ライブ盤「Get Yer Ya Yas Out (1969)」から40周年ということで記念のBOXが発売になりました。

The_rolling_stones_get_yer_yayas_ou

Get40

内容は充実しており、所有欲を満たすもの。値段は高いが、このアルバムが大好きな私には避けて通れないシロモノでした。


DVD特典などもついていたのですが、やはりなんといっても未発表だった5曲が追加され、このときのコンサートで演奏された曲がほぼ網羅され雰囲気がつかめたことでしょう。

たしかに演奏のできとしては先にLPで発表されたものがいいのであの1枚にするには納得ですが、有名だったスローなUnder My Thumbなんかいいと思いますね。

まあ、LPの曲順にこだわらず、当時のコンサート演奏順のままカットなしで収録して欲しかったな、というのもありますが(収録日が違ってもうまく編集できるはず)、そこは自分で並べ直して聴いてますw

当時のストーンズの意向で「ゲストのパフォーマンスを加える」というのはわかるのですが、ファンとしてはやはりそちらでしょうからね。


という「ゲストのパフォーマンスを加える」のところで、思い出すのは1972年のUSツアー。これもレコーディングされ、また映画化もされていたのにオクラ入りされている・・・。(当時の契約問題?)

このときの音源は「Philadelphia Special」など有名なブートレグがあり、映像でも「Ladies and Gentleman」がありますが・・・


そう、まだリマスター化されていない...1972年の名盤「Exile on Main Street」!!

これは特別に企画してるとかで発売になってない。

ならば、当時のこのあたりのライブ音源、映像とともに発表してください!お願いします!


40周年の2012年までは待てないんで、今年中に!


当時は今とは逆で、レコードを売るためのプロモーションとしてコンサートを行っていたとか。いつのまにか動員が半端じゃなくなり、スタジアム級が増え(81年のUSツアーあたりから?)、ライブのためにCD出してる感じはありますから面白いですね。

| | コメント (0)
|

のだめ最終楽章前篇 2回目

2回目見てきました。

10回以上の方が大勢いらっしゃるのに何ですがw


感想としては前回と同じなのでほとんど省略ですが。

1812年はやっぱり号泣ポイント。素晴らしい曲、映像、演奏。


笑いのツボがわかってるので、今回は「ここで他の客は沸くのか?」と心配になりながら見てしまったのですが、そこは問題なし^^; でも他の多くの人もリピーターかもしれませんね。


多少は今回は落ち着いてみれたのですが、そのギャグの部分もちょっとテンポはやすぎかなぁ、なんて思いました。もう少しゆったりとした編集ならいいのに(笑う隙を与えず次へ進むので)。


あと、ヨーロッパの風景とともに流れるエンディングのガーシュインのラプソディ・イン・ブルーがなんといってもいいですねぇ。

峰や清良も合流する後編がますます楽しみ。なんとなくストーリーは想像がつくのですが、ドラマからの集大成的な内容で盛り上げて欲しいです。

そろそろ、後編の予告映像もネットやテレビで公開にならないですかねぇー。

前篇上映中は無理かぁ。

| | コメント (2)
|

2010年1月22日 (金)

iPhoneとAndroid携帯

いわゆるスマートフォンが欲しいなぁ、なんて漠然と思いつつはや数年。

Mac愛用者の私ならすぐにでもiPhoneに飛びつくか!と自分でも思っていたのですが、どこか微妙なラインを拭えず、ずーっと検討中のままでした。

そこで、アップルからタブレットから出るということで、もしこれが自分がiPhoneにもつ不満点(画面が小さく解像度が狭い。電話だからこんなものだと思うがw)が解消されるのか? なんて思ってずっと待っていたのです。

それもいよいよ今月の27日は発表されるという大方の予想。

まあ、日本で発売されるかどうかすら怪しいのですが・・・

無線LANだけでなく、3Gにも対応してたら即買い候補なんですけどね。電話でもなくただインターネット用(ネットブックの置き換え)なのであれば必須だと思うんですよ。


なんて思ってる間にドコモからソニエリ製のAndroid携帯が発表になりました。

ドコモ、ソニー・エリクソン製Android端末「Xperia」発表

細かく比べてみると、Android携帯もなかなかのもので、しかも日本向けだなぁーと思わせるところもやはり従来のケータイ使ってる人には魅力かも。

しかし、こちらの動画とか見てると、もうiPhoneでもAndroidどっちでもいいや!つーか何が違うの? なんて思ってしまいます。
爆速でぬるぬる動くソニーのAndroidスマートフォン「Xperia(SO-01B)」の実機デモムービー

iPhoneのほうはタブレット意外にも、ついにOS4.0を発表するという噂もあるらしいし。


もう何を買ったらいいのかわからなくなってきましたw


今まではアップルのイベントではMac以外には興味が無かったのですが、たぶんCore i5とかi7とか積んだMacBookProが発表されるんだろうな、くらいしか思いつかず、すっかりiPhoneか噂のタブレットに興味津々です。

| | コメント (0)
|

2010年1月21日 (木)

のだめファン大感謝祭

「のだめカンタービレ最終楽章 前篇」の大ヒット御礼ファン感謝祭が行われ、樹里さん、玉木宏さん、武内監督が舞台あいさつをされました(・ω・ )

毎日JP
上野樹里:「天才だけど天然」と監督絶賛 のだめカンタービレ、興収32億円で大感謝祭

シネマトゥデイ
上野樹里「のだめ」はずっと第2位…『アバター』『ONE PIECE』に抑えられても明るく御礼!

オリコンスタイル
映画『のだめ』大ヒット リピーター続出に玉木宏、頭下げる

内容は置いといて。


のだめのほか、秋子、春華、美冴、史緒、あおい、絵恋、奈緒子、瑠可、沼尻ひろ子、たくさんの顔を持つ樹里さんですが、なんだか今日の様子を見てると一回りして、大人になった友子という感じかなw


樹里さんの凄いところは、その役の期間は(その後も)役の名前で呼ばれることが多いことだと改めて思うのでした。


それにしても、24回も見に行った人すげーっ!

玉木さんじゃないけど、私も金額数えちゃいましたよ。

| | コメント (2)
|

2010年1月20日 (水)

まっすぐな男 第2回

このドラマは・・・・


深田恭子さんのファンのためにある。


そうだ!

そうに違いない!(`・ω・´)

軽い感じ(本当はいろいろとあるはずだが)の小悪魔キャラがサイコー!!


ドラマとしては・・・


もうちょっとギャグを入れてもらってもいいかなぁ。


貫地谷さん演じる佳乃は、ちょっとあの思い詰めた目が重い感じがする。

個人的な話で恐縮だが、ちょっと苦手w

| | コメント (0)
|

2010年1月16日 (土)

まっすぐな男 第1回

ドラマ「まっすぐな男」を見ました。


結果。

面白かったー!


尾崎脚本好きなら楽しめると思います。

というか、だから見た訳なんですが。

主役の佐藤隆太さんは、あの熱い演技が売りの役者さんで「ルーキーズ」で大ブレークと言っていいんですかね。ちなみに原作は好きでしたがドラマ関連はまったくみませんでした。昭和だったら日テレの青春ドラマとかやっててもおかしくないw

個人的には好きなタイプの役者さんではないので、尾崎脚本で深田恭子さん共演じゃなかったらスルーするかもしれなかったですけど、この人向けにでも書いてるかのようなドラマでしたね。良かったです。

ときどき、阿部寛さんだったらどうなるのかな?とか比べてみたりしてちょっと失礼しちゃいました。あと10歳若かったらありえたかもしれないかなぁーなんて。


このドラマは女優陣が実にわたし好みというのが一番な訳ですがw

深田恭子さんの他に、貫地谷しほりさん、三浦理恵子さん、さくらさん。

滝沢沙織さんや佐々木希さんといったところも出てるので実に豪華!


深田恭子さんは、こういう「何考えてんだヨ!」的な女の子を演じるのは実に合ってると思うw

貫地谷しほりさんは今回も好感度高そうな役とみた。

さくらさんは、もう「結婚できない男」の吉川沙織そのままなんですが、それで良しw


なお、第一回のゲストの津田寛治さん(デザイナー)はああいう悪役ばかりで、登場した段階でイメージ違うだろ!って見てたら案の定w たまにはいい役もやって欲しいなぁと思いました。

| | コメント (0)
|

2010年1月15日 (金)

アニメ「のだめカンタービレフィナーレ」第1話

いよいよ始まったアニメ版の完結編。

第1話は17巻あたりのお話のようだが、かなり内容はカットされている。特に、千秋のピアノの弾き振りの場面で父の登場がカットされていた(写真では出てくるので存在自体はある)。そしてはやくも18巻ののだめリサイタルが決まったようだし。

おそらく今後もこのようにのだめ中心となるべき話以外はだいたんに変更されてワンクールくらいで終わるのではないでしょうか。

個人的には、アニメ版はドラマと違ってマンガの映像化を忠実にやってほしいというのがあるので、これは残念でならないのですが・・・ 


オープニングの主題歌も巴里編のほうがまだ良かったかなぁ。

| | コメント (0)
|

2010年1月14日 (木)

ブログ更新してなかったなぁというつぶやき

12月まではけっこう書いてたブログですが、1月になってから全然書いてないことに気づきました。


まあ、忙しくしてたというとそうなんですが、そういえばとくに書いとかないと!と思うネタもあったりなかったりで、それでもちょっとテンション下がり気味。

ドラマといえばNHKの「とめはねっ!」を見たくらいでしょうか。他にもいくつか注目しているものはあるのですが、録画してあっても結局みないこともあるので、面白かったらまたとりあげてみたいと思います。


このところ樹里さんの話題も少なく寂しい限りで、来週の大ヒット舞台挨拶にも行けずorz めざましテレビでやってくれないかな、くらいしか思いつかない状態・・・


とりあえず、明日は「のだめカンタービレ フィナーレ」(アニメ版)が始まるのでそれが楽しみ。

フィナーレってことは最終回までやっちゃうってことですよね。全何回なんだろう?

また、原作の続編「オペラ編」が楽しみのひとつなんですが、こんなにもありました。
菊池カンタービレ
沙悟浄カンタービレ

| | コメント (2)
|

2010年1月 9日 (土)

iPod用ヘッドホンを変えた

という日記。


人が何使おうか勝手じゃんw 知るかw

とお思いでしょうが。

同じことを考えてる人も世の中には数人いるかもしれないし、まあ、自分用の日記として記しておきます。


何年もずっと愛用していた(イヤーパッドもボロボロで音に影響したから交換してまで使ってた)SENNHEISERのPX200というヘッドホンがバキッと壊れてしまったので orz

それに変わる新しいものを探すことにしたんです。

Px200←PX200


自分の好みは、
オーバーヘッドであること。
iPod用だから小型で、音が漏れない密閉型であること。
外の音が少し聞こえないと危険なのでノイズキャンセルタイプは使わないこと
(下手すると駅を乗り過ごすからw)


インイヤータイプのイヤホンとか耳掛けタイプは好きじゃないのと、カポッと耳をかぶせるタイプは蒸れるから嫌なのと、そうなると、おのずと数は減ってきます。密閉型なのでKOSSのPortaProも除外(これ10年以上前に使ってたなぁ。84年発売でまだあることが凄いですよね。当時からデザインが古くさいといわれてたのにw 見た目と違ってノリのいい良い音がするんです)。

まあ、国内大手のオーディオテクニカ(オーテク)、パイオニア、またはSENNHEISER、AKGあたりか。

PX200の前にはAKGのK26Pというのも使っていました。当時PX200とよく比べられたものです。
K26p←K26P(愛称はケニロッピ)

ちなみに小型密閉型は、コツっとどっかにぶつけると(電車内では吊り輪とか)ものすごく耳に痛いほど響くという弱点があるw また風が強い日はヒューヒューとヘッドホンと耳の隙間をとおる風切り音がする欠点もありますorz

続きを読む "iPod用ヘッドホンを変えた"

| | コメント (0)
|

2010年1月 3日 (日)

2009年の紅白は

40%超えたそうで、おめでとうございます。


毎年必ず録画して残している紅白ファンの私ですが(・ω・ )

だって、なんとなく一年の総決算って感じするからw


今年は、ざっと見て・・・

審査委員の深田恭子さんの着物姿が良かったw

もちろん、今年も司会の仲間由紀恵さんも衣装替えとかあって良し!w

それに水樹奈々さん、いいわ。
まえからいい声してる(アニメとか、ナレーションとかで)と思ってたけど、あんな可愛らしい人とは知りませんでした。スミマセン!


あ、曲のほうですが・・・

木村カエラさんの「butterfly」はやっぱいい曲だわ。

シンプルで、美しい。

彼女自身もそうだし。


で、

全部持っていっちゃった感じなのがスペシャルゲストの矢沢永吉さん。

いや、凄いです、御年60歳。

特に自分はファンということもなく、ちゃんと聞いてきた人ではないんですが。というか、どちらかというと以前は興味がわかなかった人。

しかし「時間よ止まれ」は大好きな名曲。

どうして「ベストテンに出てくれないんだぁー!?」という思い出の曲w

しかし、格好良過ぎですよ。

あそこまでイッテる人だからかっこいいんだけど、そこまで全然いってないのにその手前で自分に酔いしれてるミュージシャンが多いからイヤなんですよねw めっちゃかっこわるいのが多すぎる。


以下は、紅白への希望。

続きを読む "2009年の紅白は"

| | コメント (0)
|

さよなら、かくし芸

フジテレビの正月恒例の「新春かくし芸」が今年で最終回だそうで。(・ω・ )

子供の頃はこれを見ない正月はない!

という番組だったが、私が好きだったのは、ギャグ満載のドラマとか(英語劇、中国語劇とかも)かなぁ。ドラマって全然かくし芸じゃないけどw


90年代くらいからテレビっ子と言われた私でさえ、テレビを見なくなったこともあり、出演者に興味もわかず、ちゃんと見なくなってましたね。

その頃からだんだんと視聴率は下り坂、去年は8%だったといいいますから、40%超えの昔を知ってる自分にはちょっと信じがたいことでしたが。


たぶん、昭和の時代よりもやってることはもっと難しくなってるんじゃないかとも思うんですけど、何がづしてこうなったんでしょうねぇ。どんなにスゴイ芸でも単純に、飽きたってことでしょうか。

今ではどんなタレントさんでも、歌もドラマもバラエティもこなすから新鮮みは少なく、また「スター」がいた昭和とちがってそこまでタレントさんに興味を持てないのかもしれません。


そんななか、やはり自分がこの最終回に期待したのは昭和のアイドルw

桜田淳子さんや、アグネス、南沙織さん、天地真理さん、キャンディーズといった映像がちょっとだけでも映ったのが嬉しい。

なかでも鬼八郎的に要チェックだったのは、もちろん岡崎友紀さん!

あの洋舞のところで、うつみみどりさんのところで黒い衣装で踊っていたフロント三人の左側、あれは友紀さんですよね?(くわしいかたどうでしょう)。

74年だそうだが、私も見た記憶などないので、これは貴重な映像を見た・・・・!


以前どこかで書いたんですが、かくし芸も、スカパー、ケーブルで、全部再放送してくれたらいいと思うんですけどね!

| | コメント (3)
|

2010年1月 2日 (土)

新春レッドカーペットSPにのだめチーム

元日のフジ「新春レッドカーペットSP」の審査員全員にのだめカンタービレ出演者が映画PRで登場!

中でも、坂本真さんはほんのちょっとしか出番はなかったと思うがまあ仲間なんだしいいでしょう?w


主役は樹里さんではないのでどう編集しようか悩みどころw


それでもお正月から見られるなんて超嬉しい。

ときどき画面に映るだけでもうね。ラッキーすぎる!

審査員全員映ったときも目線はそこしか行ってないことに途中で気づきましたw

天津向さんの今回のネタ(ターゲット)は山田優さんでしたが、「わかってないなぁー」と鬼八郎的には突っ込んでましたよw


で、樹里ちゃんがコメント言うとき、ちょっとハラハラしちゃうんだけど(また変なこと言わないかとw)、司会の今田さんはそういうとこのフォローとかもう日本一上手いからちょっと安心です(・ω・ )


で、樹里ちゃんがどのへんがツボなのか、そうでないのかと思ってチェックしてみたんですが、おおむね大玉押してたんですけど、3つつかなかったは、ナイツ、バカリズム、ゴー☆ジャス、ゆってぃ隊、モンスターエンジン、くまだまさしさん。

バカリズムとモンスターエンジンは私は大好きなんだけどなw モンスターエンジンのネタはシリーズだから毎回見てるともっと面白かったと思う。

で、カムバックレッドーカーペットに選んだのは我が家とジャングルポケット。ジャングルポケットは私も大好きなので納得。

最後に渡辺直美さんをMVPに選んでましたね!

私だったら今回はロッチかなぁー。いつもの車にひかれるネタなんですけどいつ見ても面白い!

| | コメント (3)
|

2010年1月 1日 (金)

2009Dynamite!!

というわけで、年末恒例格闘技。

個人的に注目はダブルメインはどうでもよく、やはりDREAM vs 戦極 でしょう!


ただし、TBS編集なので、もちろん視聴率優先。

試合中継より、マサト選手の過去映像とか、ありえん・・・orz


まあ、格闘技を楽しみたい人は会場へ行くか、スカパーのPPVを見てね、ということで。


K-1甲子園は、ちょっと取り上げ方が毎回見てて可愛そうな感じは相変わらずで(選手は恥ずかしくないのか?というような家族愛とかw)そういうのは好きじゃないのですが、試合内容は素晴らしかったと思う。

優勝した野杁選手は、もう見た感じ優勝しそうと思ったらやっぱり優勝しちゃった。強いわー。そしてアゴ細いわー。もっと固いもの噛んで!と思いましたw


その他、スーパーハルクトーナメントとか、雷電杯とかかなりしょっぱかった気がするorz 石井選手は残念ながら視聴率のため、みたいになってて、まだああいう舞台に出れるレベルになかったのが残念。UFCとかありえんでしょ。吉田選手もかなーりオッサン体型で、絶好調とはほど遠い感じ。


対抗戦はやっぱり楽しめましたね。緊張感もあったし。所選手は勝っても負けても試合が面白いからやっぱり好きだな。

川尻選手の試合の放送が無かった(よね?)のがすごく残念。

青木選手VS廣田選手は、壮絶な結果で、青木選手の圧勝でしたが、ちょっと試合後の態度がイカンでしょう!


今後また二つの団体は分かれて興行するのでしょうが、せっかくみんな高いレベルでやってるんですから、これからもどんどん関わって楽しませて欲しいんですが、なんとかならないんでしょうかねぇ。このまま日本の総合格闘技は衰退しちゃうんでしょうか・・・・

| | コメント (0)
|

あけましておめでとうございます

いつもご覧いただいている皆様、たまぁにの方々、検索ついでに通りすがりの方。

あけましておめでとうございます。ヽ(´▽`)/

こんなブログですがよろしくお願いいたします。


というわけで、新年からいきなりのjuri art更新

ひさしぶりぃ〜!


昨年自分の中に生まれたアイデアを、
『ひとつでもしっかり形にして作品としてみなさんに届けられるようにすること』です。

とのことですので、楽しみに待っていようと思います。

なんなんですかねぇ。

いきなり映画監督!?

ってわけないかw

ao akua的なものでもいいですよ!


去年は、ao akuaに始まり、畑、インド、CMイロイロ、キラーヴァージンロード、五つの鞄、のだめ前編と降り沢山でしたが、地上波の連ドラがなかったかな?

ラスフレ以来無かった気がします。

2010年は連ドラがまた見たいなー。


ちょっとあけおめメールしてみようかなw( ̄▽ ̄)

| | コメント (4)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »