« Macのバックアップ体制 | トップページ | ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ »

2010年5月 8日 (土)

素直になれなくて 第3話

マイペースで見続けているドラマ「素直になれなくて」第3話。


男は女性の涙には弱いのです...


いやぁ、もうハルの涙にやられました

あんな表情されちゃったらねぇ。たまりませんよー。

ハル、きましたね、こうハートにズキーンと!


井川遥さん演じる桐子と並ぶと、樹里さん演じるハルは、街にいそうな普通のお嬢さん、という感じだかなぁ。

その桐子が、まさかあんな嘘をついてまでハルをナカジから遠ざけようとするというのも、ハルにきついことを言われたことばかりでなく、ハルの存在がナカジの中で大きくなってるのを感じ取ってるのかもしれません。かなり追いつめられてる感じがありますよね。まさかあの第1話冒頭の血が彼女のものかも?と思いましたが、でもメインの5人以外を頭にもってくるのもなー、って変な読みをしても仕方が無いのですが。


ドクターは、このお話のなかではわりと「ホッとさせる」役のようで、ちょっと抜けてるんだけど、「おいお前はそこに現れるかよ!」というのが続いていますねw


どうからむのかわからないのが、ハルの母とナカジの父。ナカジ父はどうやら病気で永くないのかも。それが子供二人にどんな影響を与えるのか・・・・そんなデートしてる前にヤクに手を出す息子をなんとかしてよ!と思うんですけど、若い風吹ジュンさんの写真はもう反則なくらい綺麗だった!


「スナナレ」がドラマの中で出てくる言葉になってるとは思いませんでしたね。その「スナナレ会」(個人的には「渋谷会」が渋くて良かったw)でカミングアウト合戦。みんなのなかで壁がどんどん壊されていくようでした。でも、まだまだ根は深いのです・・・


で、今回はテーマになっている(?)シカゴの「素直になれなくて」がドラマ中に流れました。

だったら、これが主題歌でいいじゃん (・ω・`)

スローでちょっと使いにくそうだけど、挿入歌にしたらベタすぎるかw

というのも、あのオープニング曲、やっぱり内容と合ってない。見る前から「ドラマの雰囲気」が頭にインプットされてるんだけど、あれが流れると違和感があるんですよね。で、なんだか無理に流行りにのせようとしてる感を感じてしまう。ツィッターとかw やってないかわからないけど。 で、そのエンディングの主題歌の使い方は80年代から変わらない感じがする。このドラマ、逆に中身は「懐かしい作り」な気がするんで、シカゴが主題歌でも意外と問題ないと思うのです。どちらかというと今の挿入歌のほうがエンディングには絶対いい。

挿入歌↓
 


今回チラチラ出てくる街の風景。渋谷だけでなくいろんなところにあるみたいですが、ちょっと行ってみたい衝動にかられています。それだけこのドラマとハルにはまってるかも。

|
|

« Macのバックアップ体制 | トップページ | ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

鬼八郎さん、昨日まで更新されてなかったのですが、今日突然いくつもいっぺんに出てきたので、とまどいました。
私の名前が出てきたのにもビックリしました。
(岡崎友紀さんのホーム・ページがすっかり民主党の選挙のためのものに様変わりしていて、名前を変えたい気分にかられています)

桐子とナカジは深いつきあいがあり、ハルがそれに絡み、ドクターがハルに近づく…面倒くさいなあ。
あまりに複雑すぎてどうでもよくなりますが、樹里さんの綺麗さは見逃せませんから、見続けているようなものです。

テーマソングはちっとも良くない。
「龍馬伝」も変なテーマソングだ。
去年の紅白をやっと見たが、若い人は曲そのものより映像・ダンスとかを一生懸命にしている。
純粋に音楽を聴いている私は、そんなものより嫌いな演歌の方がましに思えた。
生きものがかり・ときお・東方神起・木村カエラ・コブクロ
新しめのミュージッシャンはこれだけしかDVDに残しません。

ドクターは東方神起の真ん中で歌っている人だと思います。
良く知りませんが、東方神起は紅白で見ると(去年も)程度が高いですね。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2010年5月 9日 (日) 18時16分

お話は・・・かなり地味というか、メンバーの設定、役柄もドラマっぽくて今となってはありがちともいえそうな感じで突出した話題性となるものはなんだか見当たりません。それこそ「ツイッター」くらいでしょう。唯一あのドラッグ少年がちょっと不気味な感じはありますが。

そんな地味な物語のなか、普通の24歳の女性を演じている樹里さんはやっぱり注目です。雰囲気としては、より女の子っぽくなったあおいみたいな感じ?いやちょっと違うかな。素直になってハッピーエンドな結末を迎えるラブストーリーになるのかなぁ。


ドクター役の方が東方神起というのは知ってましたが、ほとんど彼らのことを知りません。今は活動休止だそうですね。

紹介した挿入歌は、私はJ-popに詳しくないので初耳の人ですが、MISIAと言われたら「はぁ、そうですか」と答えてしまいそうです。

投稿: 鬼八郎 | 2010年5月10日 (月) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Macのバックアップ体制 | トップページ | ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ »