« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

いよいよ明日から「えがおのはな」

Egaonohana
録画の準備はお済みですか?ヽ(´▽`)/


いよいよ明日は6月1日。

NHK「みんなのうた」で樹里ちゃん作詞作曲&うたの「えがおのはな」を放送!!!


「アップテンポで覚えやすいメロディ、子供も大人も楽しめる、心温まる楽曲です。」
だそうです!


マネレポも更新!
レコーディング中の樹里ちゃん画像が嬉しい!
http://www.ueno-juri.com/report/index.php


「みんなのココロにプレゼントをしたい」(*´ー`*)


「じーじのえてがみ」は今も大好きでよく聴いてる。

普通にCDとか出して歌番組とかに出てるより、こういうフィールドを選ぶ樹里ちゃんが好き。

| | コメント (2)
|

2010年5月30日 (日)

『メイン・ストリートのならず者』スーパーデラックスエディション

というわけで、予約しておいたBOXセットが届きました。

Exilesuperdlx

発表当時の評価は散々だったらしいが今ではストーンズの最高傑作と呼ばれるこのアルバム。

とりあえずこのあたりを好きとでも言っておけば「お!通だね」とでも思ってもらえるかもしれないしねw ミックも「過大評価」だと言ってるらしいw


個人的には大好きな曲が集まっていて上位3枚に入るほどのお気に入りのアルバム。

Rocks Off、Tumbling Dice、Sweet Virginia、Torn And Frayed、Loving Cup、Happy、Let It Loose、All Down The Line、Shine A Light、Soul Survivorとあげていったらキリがないのですが、いざ市場で売れるストーンズベストを作ろうとすると、せいぜいTumbling DiceとHappyが入るくらいということでそれ以外はかなり地味な曲がつまったダブルアルバムですねぇ。

だけど、それがイイ!というのがストーンズファンというものですよ。


で、このスーパーデラックスエディション。

作りのいいボックスに、CDの他にボーナス盤、2枚組アナログ盤、ドキュメンタリーDVD、超豪華なブックレットが付属。

これは「祭りなんだ」と割り切れるコレクターアイテム収集家向けw

これで定価18000円。

確実にボラれてる感があり、レコード会社にまたやられたな、という感じで満足感ははっきりいって薄い。衝動買いしてしまったが、またレコード会社の商売を嫌いになる要素となったかもw

アマゾンで言うなら
★★☆☆☆
という感じだろうか。


もちろん本編は音質も大変満足いくもので、★は10個以上つけてもいいもですけど、それならば、CDだけを買えばいい話。¥ 3,800で買えますね。

続きを読む "『メイン・ストリートのならず者』スーパーデラックスエディション"

| | コメント (2)
|

2010年5月29日 (土)

素直になれなくて 第7話

先週からの引き続きの「ハグ」が「ガンバレ」だったのかどうかはナカジにしかわからないのですが、ハルのいじらしいところを見てると「そうじゃねえだろ?」と思った人も多いのではないでしょうか。

といってもナカジも自分で気持ちの整理もついていないようで微妙かな・・・。


ハルも、ナカジには何でも話せてもドクターには「ゆっくり歩いて」さえ言えない。ウェディングドレスのくだりも、「一般論」には普通聴こえないよねw 私も「そんなこと言うか!」とテレビに突っ込んだもの。それでも韓国語を勉強したりもしてるのにねぇ。


なんでも話せる、楽になる、お互いそんな関係=ソウルメイトに二人はなれば・・と話していたが、なんだかそこに落ち着かせようと無理してると思われるのは、自分が勝手に二人が最後に結ばれると思い込んでるせいかもしれませんw


逆にハルがドクターといるときは座っている位置(向かい合って)以上に距離を感じてる。ウェディングドレスの件もやっぱ本気みたいだし、ただ教師の仕事を応援するわけではなく専業主婦を望んでるらしい(お前気が早過ぎw)し、気持ちが噛み合ってないのは誰でもわかる・・。

もちろん、ドクター自身もそう鈍感でもないみたいですね。
あの発言はナカジ以上に鬼八郎もショックでしたw

ほんと、余計な事言ってくれたおかげでぴーちも病気再発中!?
しかもしてはいけない相手だし(-_-#)

このあたりのいろんなやりとり、さすがに作りが上手いなぁと思いますね。

なぜか突然カニのお裾分けとかw イヤリングとか手が使い古されてるとはいえ。

正直、地味だけど面白い。


だから、なんだかあっという間にもう7話という感じ。
(もちろん、自分が最初すぐに見ないで貯めておいたせいだけどw)

今後は、グループ内恋愛問題になるのはいつもドラマならではですがw まだ解決してるのかどうかよくわからない問題も残ってますね。特にナカジ父の件もそのまま謎です(これは来週?)。また、ハルの学園の問題はあのまま無くなるようだが(たぶん弟の件も含めこれ以上扱う時間的余裕はないと思われ)、ナカジが吹っ切ると同時に桐子もこのまま消えていくのか・・・? そしてまだ、誰が血を流すのかわかってない。本当は弱いくせに強がったり考えすぎたりするハルが一番危ない・・・?



で、今週のハルの可愛いシーン!
公園で足をプラプラさせながらオニギリを食べるハルが可愛かった。その前のコンビニのやりとりも良かったし(*´ー`*)

「あのさ」
「ハイさ」

ってのいいねw


うううう、来週のハルはどうなるのぉー?

| | コメント (2)
|

2010年5月28日 (金)

iPad狂想曲

話題のiPadが発売され、メディアではどうしたものかと大騒ぎに。


どうしちゃったんでしょうねぇ。

いっぱいありすぎるので個別にリンクを貼る気もしませんが。

私がよくみる主なその手のサイト
http://japan.cnet.com/
http://pc.watch.impress.co.jp/
http://www.itmedia.co.jp/news/


個人的にはもちろんん欲しいものではありましたが、iBooksがないそうなので使用目的がイマイチはっきりとしないのでここはグッと我慢してるわけですがw そもそも電子書籍などというものはずいぶん前からあるけど普及しなかったようなんですが、Appleがやるとなぜか超話題になります。そこが凄いと思う。

Macの新製品が出ても話題にもなりませんけどね(・ω・ )


ただ、これでようやく日本でもいろいろなことが動き出してるようなので面白くなりそうです。


前にも書きましたが、ネットができて、普段読んでるマンガがこれで買えるなら欲しいと思う。手軽にYouTubeとかね。自分で保管している動画や画像のビューワーとしてはいらないかな。

世の中、マンガをスキャンして保存してPCで読む人もたくさんいるのですからね。データで保存できるのは消費者にはありがたい。

でも紙で見るより液晶おほうが疲れるとか目に悪そうな印象もなくはないんですがどうなんでしょうか。

早く日本でもiBooksが使えるようになるといいんですが、今はどうなのかな? iBooks自体はMacでも使えると嬉しいですからね。

---------(追記)-----------
日本にもiBooksはありました。
http://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8
(注意:上記のリンクはiTunesの起動を求められますがキャンセルもできます)

ただ著作権の切れた古いものしかないようです。iTunes Storeにあったのですが、iPhone(iPad)向けアプリのようでした。iBookstoreとはまた別なんですね。(iTunesとiTunes Storeみたいなものか。

iBooksが国内でも公開、iBookstoreは開店休業
----------------------------------


3Gが思ったより多いと孫さんがおっしゃっていましたが、確かに便利だと思うけど、これってケータイやiPhoneとはまた別に回線の契約が必要になるわけでしょ? そうだとちょっと支払いが大変すぎですよね。だったらこのあいだのポータブルWi-FiとかWi-Fi対応のケータイなんかも便利だと思うんだけど、そうなると充電する機械ばかりになるなぁw 2台目3台目は超格安で契約できるオプションとかないのかな? つーかやっぱiPhoneのテザリングは必須だろ・・・


日本ではあれだけ売れてたネットブックのシェアが縮小してるとニュースにありましたが、そりゃそうだろう、モバイルしたいんじゃなくて安いパソコンとして買ってるんじゃ?などと思ってました。普通のノートパソコンもおかげでかなり低価格でそこそこの性能のものが買えるようになりましたしね。で、アメリカでもネットブックのシェアをiPadが奪ってるというニュースもありました。

『iPad』の登場でネットブックの人気に陰り

ジョブズさんの言ってたことが本当になりそうで怖い・・。


買った人、Flash非対応はもう今後も絶対なわけですが大丈夫ですか?

最近になってアップルの殿様商売への批判もよく見られるようになりました。

iPhoneやiPadでアップルと付き合って行く人も増えていくでしょうからねぇ・・・・


関連する記事
騒がれすぎiPadを日本はどう捉えるのか
iPadをトリガーにコミックの国際化を狙う小学館

| | コメント (0)
|

雑誌「Hanako」で初の連載

マネレポの更新にようやく気づきましたが、樹里ちゃんが

「雑誌『Hanako』で2010年5月27日発売号より、初の連載をスタートします!!」

とのこと!!!


「『ナニカとツクルの旅』というタイトルで毎号目次の横のスペースに掲載です。」

・・・って、なんのことか全然わかりません!


とりあえず、こちらを参考に!!
http://magazineworld.jp/hanako/972/read/




--------------(追記)-----------------

というわけで、買ってみました!

樹里さんがらみで雑誌買うのひさしぶりかも。

しかも普段はまったく縁の無い雑誌w


まだ、導入部分なのでなんともいえませんが、

これ、いずれ映像化して欲しいなぁ。


とりあえず。

こんな隅っこじゃなく、もっと大きく載せてくれ!!

と言いたい(`・ω・´)

| | コメント (0)
|

妄想する夜

素直になれなくてをずっと見返している。

重過ぎてそのまま封印してしまったラスフレとは違って。


動画をいろいろ画像として保存して壁紙にしてみたり。

ハル、いい。

すごく。


それでも足りなくて、ずっと集めた樹里さんの画像や動画を眺めている。

古いのも新しいのも。

でも今は、髪の伸びた「ハル」が一番かな。

リアルすぎるとハルが好きなのか、樹里さんが好きなのかわからなくなる感覚はいつもそうだ。


で、いろんなことを次々に考えるわけですよ。

でも、それがいきすぎると、あまりに好きになりすぎて、

逆に何も無い自分が小さく感じられて落ち込むんでしまうのです・・・(´・ω・`)


なんか、アホですねw

| | コメント (2)
|

2010年5月27日 (木)

大河「江」の母役に鈴木保奈美さん

スポーツ報知
「鈴木保奈美がNHK大河ドラマで10年ぶり女優復帰」


樹里さん演じる江の母「お市」を演じるのが鈴木保奈美さんに決まったそうです。

長女の淀を演じる宮沢りえさんとは姉妹といってもおかしくない年齢差(6歳)だがw


なんとなく豪華になって来ましたねぇ。


個人的には早く徳川秀忠とか相手役がどうなるかが気になるのですが・・・

| | コメント (0)
|

2010年5月25日 (火)

樹里ちゃん、誕生日おめでとう

(*⌒ー⌒)ο∠☆: 祝!24歳 誕生日!!!


恥ずかしながら、今年もおめでとうのメッセージを送ってみました(*´ー`*)

読んでくれてるでしょうか・・・

気の利いたかっこいい文章は書けてないのですが、忙しいでしょうから、まあゆっくりと見ていただけたら・・。


いつからファンになったのかもうよく覚えていませんが、なんだか急に大人になったみたいにどんどん綺麗になっていく樹里さんを、ずっと見ていられるのが嬉しいです。

| | コメント (2)
|

2010年5月23日 (日)

SONGS 松田聖子 part1

松田聖子 デビュー30周年。

もう、そんなになるんですねぇ。


というわけでNHKの「SONGS 松田聖子 part1」を見ました。

アイドル時代の貴重な映像も混ざっていましたが、こういうのってけっこう勇気いると思うんですけど、彼女には関係ないようですね。

好きなジャケットが「Nothwind」というのは私も同感です(*´ー`*)


新曲の他に、私の大好きな「風立ちぬ」と、聖子さんの転換期になった「Sweet Memories」を歌われていました。「Sweet Memories」は聖子さんの当時の最大のヒットだったとは知りませんでした。この曲は当時の聖子さんにとっても難しかったと思いますが、今の聖子さんの年齢になってこそ、とても味わい深いものになっていて聞き惚れましたねぇ。

来週もまたファンの支持率の高い名曲「制服」を聴かせてくれるというので楽しみです。




先日、聖子さんの名盤3枚を昨年発売された Blu-Spec CD(リマスター)で買い直しました。

Seikokaze
風立ちぬ(1981)

Seikopine
Pineapple(1982)

Seikocandy
Candy(1982)

以前発売されていたBOXセットのものと同じ音だそうだが、さすがにそれまで聴いていた90年発売のCD選書シリーズとは雲泥の差の音質。音圧、低域の太さ、音の分離の良さ、音場感、余韻、声の質感と艶、すべてに満足。

ただし、DVDは本当におまけ。

当時のテレビ番組の出演シーンを丸々3つくらい入れてくれるだけも十分なのにぃ。継ぎ接ぎはダメ!NG! このあたりがほんとレコード会社もわかってないなぁ。だからアマゾンあたりでも批判されるんだと思うな。

それとも・・・

「ザ・ベストテン 松田聖子 完全保存版 DVD BOX 」
「松田聖子  in 夜のヒットスタジオ」
などといった百恵さん同様のDVD BOXを企画してるんなら早く出してね!今年中にお願いね!


でもまあ、初期の3枚もすぐに買うつもりです。


松田聖子オフィシャルサイト
http://www.seikomatsuda.jp/

| | コメント (0)
|

2010年5月22日 (土)

素直になれなくて 第6話

ちょっと遅れましたが、第5話。

ハラハラドキドキさせられるから、もう見てられないっ!ていう感じで、シーンが変わったりCMが入ると休憩を入れて心落ち着かせないといけないドラマなんですよねー(`・ω・´)


ドクターにはそんな計算なくても、あんな場面で「いっしょにいて欲しい」とか言われたら断れないよね。なんだかズルい気がしました。

彼氏ができたのに(人生初?)なんだか幸せそうに見えないんだ。

ああやって、かわいい妹(D-Roomコンビw)とかからも「よろしくお願いします」とか言われるのも逃げ場が無くなっていくようでプレッシャーだなぁ。


ナカジといると楽しそうなのにね・・・(´・ω・`)


しかし、学校での噂で落ち込むシーンではあったが、川縁でのシーンはとても綺麗でした(*´ー`*)

川のせせらぎとか、緑とか、自然の太陽の明るさとか。

なんか癒される。


動物園のペンギンも良かったねー。
動きがペンギン!w 
言い負かされて悔しそうなハルとかw


ナカジは桐子からいきなり別れ話が。

いやアンタの存在があるからハルも素直になれないんじゃないの!といいたいくらいなのに(怒)

でも考えてみたら、あれだけ嫉妬に狂ってた人が、そんな簡単にナカジでなくてご主人を選ぶかなぁ。それだけ経済的な問題がまだあるのか?まだなんかありそうだけど。


で、桐子と別れたと思ったら、また「ハルの場所、空けとくから」とか。

それがいけない!ヾ(´□`)

って私も言っちゃいますよ、もう。


でも、あのハルの顔(;ω;)見てたらああなるよね・・・


ハルを心配して「もうかかわるな」というドクターの意見ももっともでこれは現実的。だけど弟のことまではハルはドクターに話せてないわけで(そういえば今回の事件から関連で名前が出てないようだ)、もしそうなったとき、ドクターは同じことが言えるのか?ナカジのように受け止められるのかな?


ハル、可愛いよぉぉぉ。

もうこうなったら、悔しいとか、悲しいとか、嬉しいとか、毎週ハルには泣いてもらって、ハルの泣き顔集をDVD特典にしてくれ! いやとりあえず、番組PR用に編集して週末にでも放送希望w 最後の手段で自分でも作るか!(`・ω・´)

| | コメント (4)
|

Firefoxの改悪

いつの頃からか、3.5くらいか、Firefoxがイラッとさせる仕様変更をしたのですが・・


私はちょっと気になったり、後でまた見ようと思ったWEBページ、サイトをお気に入りではなく、デスクトップにwebloc(Web インターネットロケーション)でドラッグ&ドロップで保存しておくんです(アドレス丸ごと、またはその横のアイコンみたいなヤツをドラッグ&ドロップ)。

で、ブラウザ(Firefox)を起動してから、ブラウザのウィンドウ内に逆にweblocをドラッグ&ドロップすることもしますが、ダイレクトにweblocをダブルクリックしてブラウザを起動することも多いです。


しかし、3.5あたりから、ダイレクトに起動(Firefoxがデフォルトで起動するようになってるから)すると、ウィンドウが2つ現れるようになりました。

ひとつはもちろんそのweblocで保存してあったページ、そしてそのウィンドウの後ろにホームページに設定していたページのウィンドウ。二つ重なって起動します。そっと後ろに隠れるようにw

みなさんはそうなりませんか?


これ、凄くイラッとしちゃうんですよね。

だって今ホームページが見たくて起動したわけじゃないじゃないですか。

仮にホームページは起動時に開くのがデフォならば、じゃあ、もう一個別のタブでweblocのページを開けばいいわけですよね? ていうか、以前はそうだったと思うんですが・・・どうだったかな?

ちなみに「起動時は空白」に設定すると空白のウィンドウがw


なぜわざわざそんなことを・・・


なんだか、一気にふたつのウィンドウを開くのって、Firefox自ら「タブブラウザの全否定」としか思えませんねw

もともと「IEにはないタブブラウザ機能が便利だよー」なんてのがひとつの売りだったのに。


これ、直し方があったら誰か教えてください!

| | コメント (0)
|

2010年5月21日 (金)

チェイス~国税査察官~ 最終回

地上波放送前のためネタバレになりますのでご注意を

続きを読む "チェイス~国税査察官~ 最終回"

| | コメント (0)
|

2010年5月20日 (木)

ポータブルWi-Fi

ケータイ春モデルとして各社が一斉に発表してるわけですが、もう多機能すぎてどれ買っても損は無し、デザインで好きにして!としか選びようがないw


その中で気になったのが、ドコモの「ポータブルWi-Fi」。

ケータイWatch
ドコモ、iPadなど無線LAN機器が接続できる「ポータブルWi-Fi」


似たようなものがイーモバイルにもありましたよね?

ようするに、DSやPSP、iPod touch、PCなど、無線LAN対応機を3Gや公衆無線LANサービス、宅内有線LANなどでアクセスできる。

まあ、ほとんどの場合これで上記のような機種なんでもモバイルで3G回線を使えるわけですね、たぶん。

そうなると、iPhone、iPadの3GモデルでなくてもiPod touch、Wi-fiのiPadで3Gでネットができる!! 自分のMacBookもドコモ品質で外出先でネットができる・・・ということか。


おお!

なんか凄そう。

この夏出るであろう、iPhoneの新型を待ってたんですが、これでもいいかなぁ・・・なんて思ってしまった。相変わらずソフトバンクはiPhoneのテザリングを正式にサポートしてくれてないらしく、これさえできればなぁ・とか思う訳です。でもこれ許しちゃったら相当な負荷でダメなんだろうけど、海外でできてなんで日本でダメなわけ?

| | コメント (0)
|

2010年5月15日 (土)

樹里ちゃん 玉木さんのラジオにゲスト出演

14日(金)、bayfmで放送している玉木宏さんの「Naked」という番組にゲスト出演。

今ならホームページで、ストリーミングで聞くことができます。私もさっそくダウンロードいたしました。すごく楽しい内容なのでファンの方はぜひ!
(合間に入れる曲はおそらく権利の関係でカットされてる)

のだめ映画の話、10年後の自分、樹里チャン+瑛太さん主演の「素直になれなくて」のお話、とかいろいろ盛りだくさんです。

コチラ
http://www.bayfm.co.jp/ip/index.html


デビューシングルのタイトルが「おなら体操」・・ワロタw

ちょっと気になったのは、宇宙旅行に20万なら行く発言。20万が家賃くらい、という。

やっぱ芸能人はそのくらいがあたりまえなのかな。

庶民とは違うなw (・ω・ )

| | コメント (4)
|

素直になれなくて 第5話

ここまでわりと穏やか?でもないけど、中盤ということでかなり盛り上がって参りました(`・ω・´)


前回ラストで軽い発言しちゃったナカジにお酒かけたのってやっぱりピーちでしたね。(「水もしたたる・・・」って久しぶりに聞いたw)

ナカジはいっかんしてハルは関係ない、って態度だけど、どうみてもハルのことを好きになりかけてるわけで、でも桐子さんのことももちろん大事だけど将来はどうなるかわからない不安もある。


ナカジ父役の吉川晃司さん、いつのまにか渋い俳優さんになってましたねぇ。相変わらず私の中では若い小林旭さんのイメージなんですけどw 予想通り先の長くない病気になっていました。ハル母とナカジが知り合ったのも今後への伏線なのは確実なので、父の死?とともにどうなるんでしょうか。


で、今回はやはり、薬物に手を出してる東大志望の松島健太からみの話で、気づいたハルが逆にピンチ!

いや、マジ心臓ドキドキしましたよー! どうなっちゃうのーって!


そこで、そんな邪魔しますか、ピーちさん!って感じでおなかの子も大ピンチ。ナカジじゃなくて救急車呼べや!って思ったのは全国で私だけではないでしょうw まあドラマにありがちな、ヒロインのピンチのとき遠くから駆けつけて助ける人がよく間に合うな、とか気になる点はありましたけどね。


というわけでハルのピンチを救ったのはドクター。意外と喧嘩強かったw いや、ハルを助けるという意思の強さか。ナビだけでどうやって屋上に気づいたのかは不明ですが、あれ、駆けつけたのはナカジ!?って思わせるずるい演出だなーw


というわけで、来週の予告を見る限りでは、ハルは自分を助けてくれた、ドクターと付き合うことにするみたい。当初は「惚れてまう」格好良さだったナカジも、「思わせぶり」ばかりではっきりしないから、そうなることもあるのが女心でしょうか・・・ という一方、ピーちはリンダではなくナカジに接近? 


4話の「ナカジといたいの・・・」という台詞がすごく良かっただけに、切ないなぁ(´・ω・`)


いや、たった5人、出会って間もないのにかなり恋愛模様は複雑です。

素直になればいいのにw


で、 まさか松島健太と弟はこれでお役ご免じゃないよね? ハルとドクターをくっつけるためだけじゃないと思うのですがw ハルに知られてしまって東大志望の松島は今後どうでるのでしょう。


「それ!それがいけない!その思わせぶりがいけない!」
の言い方が凄く好き(*´ー`*)
また来週に期待w

続きを読む "素直になれなくて 第5話"

| | コメント (2)
|

結婚できない男 韓国版 その2

結婚できない男 韓国リメイク版。

今夜は第12回。

意外と日本版に忠実に話は進んでいますが、ところどころ設定が違ったり、違うお話も盛り込まれていて目が離せません(・ω・ )

日本版の持ってたあの独特の雰囲気、阿部寛さんが醸し出した変人桑野の世界はあまり出ていないんですが、普通のドラマとして楽しんでます。


早坂夏美、田村みちるにあたる女優さんもすごく綺麗。

と初回のとき書きましたが、

韓国リメイク版ではとにかくチャン・ムンジョン(早坂)役のオム・ジョンファさんが素敵すぎる!

なんというか、大人の女性の可愛らしさと色っぽいところがものすごく詰まって同居してる感じ。

早坂先生を演じた夏川結衣さんもそうだったので、それ以来目が離せない女優さんになりましたけど、オム・ジョンファさんはまったく同じですね。

可愛いの比率が夏川さん演じる早坂先生はより高かったけどオムさん演じるチャン先生は女っぽい艶やかさのほうが増えたような魅力的な女性。

もう、彼女を見るのがものすごく楽しみ。


続きを読む "結婚できない男 韓国版 その2"

| | コメント (0)
|

2010年5月14日 (金)

チェイス~国税査察官~ その2

チェイス~国税査察官~


面白いわぁ。やっぱこの春、一番のデキだと思う。

 注意:私は片手で数えられるくらいしかドラマは見てません


実際に村雲が使うような方法であのような節税?ができるのかどうかわかりませんが、できるような気がするが不思議だ。

そういったことに知識がない自分だからかもしれませんけどね。

だけど一方で追いかける側がいるということはやはり脱税?


村雲の父への復讐は、その父が遺した58億もの遺産を奪うこと。

義理の弟にあたる基一もまんまとだまされてしまった。

復習達成まであと少し。


村雲の正体に気づいた春馬は止めることができるんでしょうか?


残すは後1回。


こういう全6話と短いドラマでも見応えありますよね。

今後も土曜ドラマの社会派ものは要注目だな。(BShiだと金曜日)

余計なCMも入らないのはNHKの利点か。


NHKオンデマンドではこのチェイスを初めいろいろなドラマを見ることができるようになっており、最近はMacにも対応する。

ただ、国民から金集めて作っておいて、なぜまた金をとるのかは簡単には納得しにくいものはありますよねw 再放送して欲しい番組はたくさんあるが、再放送ではお金は儲からないわけだ。

| | コメント (0)
|

2010年5月12日 (水)

素直になれなくて 第4話

第4話を見ました。


ドクターはまっすぐでいい男だけど、いらっとするほど気が弱すぎるところがある。

自分の仕事とられてだまってるなんてちょっと考えられない。

証人もいるわけだし。


まあ、とりあえずリンダのおかげでみんな仲直りもできて、せっかく元に戻ったのに、いきなりのドクター直球勝負。あれ、最後にナカジにお酒かけたのってピーち?それともハル?よくわからなかったけど。

というか、結局一番なんだか深刻な悩み抱えてるのって、お兄さん的存在のリンダだよね。

ピーちはとりあえず子供ができたことで逆に自分で乗り越えたみたいだし。

ナカジは、どんどん精神的に追い込まれて行く桐子とハルのことをどうするのか。

ハルはこれからどうなってくかなんだけど、ただ恋愛感情で悩むだけではないでしょうしね・・


次週はナカジ父の病状悪化と、いよいよ松島健太がハルに近づく?

ヤだなぁ、なんか。

薬物とか、あまり変な方向に重くならずにいて欲しいんだけど。


パク・ミンハ 役の木南晴夏さんは、韓国の人が話す日本語ってあんな感じだよねって思わせるくらい上手いと思う。そういう知り合いがいないので本当にああいうしゃべり方かどうかは詳しくはないが、そう思わせる。ドクターと話してても違和感はないです。どうやらハルの高校の生徒さんらしいが、今後、あの高校の生徒の問題でからむことはあるんでしょうか。

| | コメント (1)
|

2010年5月10日 (月)

ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ

フジテレビで放送してた「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」が最終回。


ここまで見てきて正直な話・・・

「もったいない」

です。


あの美少女ターミネーターのキャメロンをもっと使わなきゃ!!!


テレビで時間が十分あるせいか、サイドストーリーがたっぷり盛り込まれててキャラの内面を掘り下げるような話になってるのですが、それをやり過ぎのせいかテンポが悪い気がしました。しかもCMが多くて切り貼りされてる感がしてなんとなく展開がつかみづらい。

なかなか話が進まず、ターミネーターらしいアクションも少ない。そのくせ謎のUFOもどきまで出てきてしまう。

結局、たくさんの謎をかかえたまま未来へタイムスリップ、シーズン3にはるはずが打ち切りに・・orz


まあ、このはじけない内容からは仕方なし、という気分かな。

ジョン・コナーも、最後の方は良かったが途中でいろいろ悩み過ぎですっきりしなかったのももったいない。


それにしても・・・・

Wikiによると、フジテレビ放送版は毎回なんと10分ものカットが行われているというw

もう笑うしか無い。これがフジテレビ。 (ノ∀`) アチャー

ダラダラしてるからカットしたんでしょうかw

ドラマの1/5をカットしてるんですよ?


といって、じゃあDVD借りてもう一度見直すか!

というほどでもなかったかな。


ああ、なんかもったいない。

| | コメント (0)
|

2010年5月 8日 (土)

素直になれなくて 第3話

マイペースで見続けているドラマ「素直になれなくて」第3話。


男は女性の涙には弱いのです...


いやぁ、もうハルの涙にやられました

あんな表情されちゃったらねぇ。たまりませんよー。

ハル、きましたね、こうハートにズキーンと!


井川遥さん演じる桐子と並ぶと、樹里さん演じるハルは、街にいそうな普通のお嬢さん、という感じだかなぁ。

その桐子が、まさかあんな嘘をついてまでハルをナカジから遠ざけようとするというのも、ハルにきついことを言われたことばかりでなく、ハルの存在がナカジの中で大きくなってるのを感じ取ってるのかもしれません。かなり追いつめられてる感じがありますよね。まさかあの第1話冒頭の血が彼女のものかも?と思いましたが、でもメインの5人以外を頭にもってくるのもなー、って変な読みをしても仕方が無いのですが。


ドクターは、このお話のなかではわりと「ホッとさせる」役のようで、ちょっと抜けてるんだけど、「おいお前はそこに現れるかよ!」というのが続いていますねw


どうからむのかわからないのが、ハルの母とナカジの父。ナカジ父はどうやら病気で永くないのかも。それが子供二人にどんな影響を与えるのか・・・・そんなデートしてる前にヤクに手を出す息子をなんとかしてよ!と思うんですけど、若い風吹ジュンさんの写真はもう反則なくらい綺麗だった!


「スナナレ」がドラマの中で出てくる言葉になってるとは思いませんでしたね。その「スナナレ会」(個人的には「渋谷会」が渋くて良かったw)でカミングアウト合戦。みんなのなかで壁がどんどん壊されていくようでした。でも、まだまだ根は深いのです・・・


で、今回はテーマになっている(?)シカゴの「素直になれなくて」がドラマ中に流れました。

だったら、これが主題歌でいいじゃん (・ω・`)

スローでちょっと使いにくそうだけど、挿入歌にしたらベタすぎるかw

というのも、あのオープニング曲、やっぱり内容と合ってない。見る前から「ドラマの雰囲気」が頭にインプットされてるんだけど、あれが流れると違和感があるんですよね。で、なんだか無理に流行りにのせようとしてる感を感じてしまう。ツィッターとかw やってないかわからないけど。 で、そのエンディングの主題歌の使い方は80年代から変わらない感じがする。このドラマ、逆に中身は「懐かしい作り」な気がするんで、シカゴが主題歌でも意外と問題ないと思うのです。どちらかというと今の挿入歌のほうがエンディングには絶対いい。

挿入歌↓
 


今回チラチラ出てくる街の風景。渋谷だけでなくいろんなところにあるみたいですが、ちょっと行ってみたい衝動にかられています。それだけこのドラマとハルにはまってるかも。

| | コメント (2)
|

Macのバックアップ体制

以前に大切なファイルを格納していた1.5TBのHDDがお亡くなりになりショックが大きかったので、さらにもっと大切なファイルを格納しているMacProのデータをいかに保護、バックアップするか・・・ということで悩んでいましたが、とりあえずのシステムができました。

MacProには4台までHDDが搭載できます。これをフルに活用するにはどうするか・・・

Mac OSXにはTime Machineというバックアップシステムがあるのですが、MacBook Proで試したところこれはどうやらOSの起動ドライブしか対応できないみたい。

(※注意:これは後日実際に行ってみたら増設ドライブにも対応してることがわかりました。というか、HDD二台分をバックアップする巨大な容量のHDDが内蔵できないのであきらめしたがw 連結した外付けなら可能でしょう。)


というわけで、おもに作業を行うOSの入ったドライブは、もう一台のHDDでTime Machineでバックアップ。あとの2台をRAID1でミラーリングしてファイル保存用、としました。

続きを読む "Macのバックアップ体制"

| | コメント (0)
|

2010年5月 7日 (金)

憑依型女優

NHK「大竹しのぶ 50歳からの私」を見ました。

憑依型と呼ばれる女優の代表的な方ですよね。

主に舞台での様子が取り上げられていましたが、ただワンシーン抜き出しただけなのにものすごいものを感じることができました。


そのなかで、役作りについて

「脳をイメージしてそこへいく」

という言葉が印象的でした。

「それが仕事だから」

とおっしゃってましたが、それができたら誰も苦労はしないでしょうw


庶民からみたとき、役者ってたぶん、みんなそうなろうとして演技してるんだと思います。

だけどそのゾーンまでいけるかどうかは大きく違う。

憑依型と呼ばれる人たちはそこまでいってるからそう呼ばれるんでしょうね。


舞台開演2分前までまったくいつものままの陽気なしのぶさんは、そのままのテンションで舞台へ向かう。

しかし、その瞬間にスイッチが入っていました。


そのキャラになりきるというのはどこか意識してなるものなのか素人にはわかりませんが。

「どこか冷静にみている自分がいる。でも超えちゃうときもあるかもしれない(笑)」

と言う一方、

「歩き方とかしぐさとか、考えてやってるわけじゃなく、そうなっちゃう」

らしい。それが「脳をイメージしてそこへいった」結果なんでしょうか。


そこにいくには何度も何度も台本を読んで演出家の考えてる以上のことにこだわることもあるようです。

彼女のもつ伝説によると、すぐに相手役の台詞も全部覚えちゃうとか。古い台本も、演技を始めるとたぶんすぐ台詞は全部出てくるといいます。


で、

若手の中で憑依型と呼ばれる女優のひとり、上野樹里さん。

彼女も「それが仕事」って言ってましたよねw

彼女の場合は台本を読み込むというより、スタッフみんなで作り上げるというような言い方をしてます。

それも「脳をイメージしてそこへいく」という作業と同じことなんじゃないかなぁ・・

と思いました。


樹里さんと大竹しのぶさんはドラマでも共演したことがありましたが、どんな影響をうけたんでしょうね。

ただのダブル天然で終わったとは思いませんがw

樹里さんにはしばらくは映画の仕事を中心にやってほしいと思っていますが、ドラマと舞台って大きな違いがあると思うし、いつか舞台で大竹さんと共演していろんなものをまた吸収してほしいな、と思いました。

| | コメント (0)
|

素直になれなくて 第2話

前回同様、部屋を暗くして映画を見るような演出で視聴(・ω・ )

このほうが内容に集中できるような気がしてw
(なお、良いこのみんなは部屋は明るくしてテレビを見ましょう。)

前回これって2010年版ふぞろいの林檎?って書いて、例えが古すぎるのでアップ前に消しちゃったんだけど、けっこう王道路線も入ってますね。


だから、そんなことしたら惚れちゃうっていったじゃないですか、という展開(いや現実にはなかなかできないんですがw)からいきなりガックリと落とされちゃってハルもそりゃ泣きたくなりますよね。


というわけで、2話までを整理すると・・・

ハルは仕事をなかなか認められない。生徒から薬物で狙われている。

ナカジは年上の女性とのやめられない不倫関係。ハルに思わせぶりな態度ばかりとってるが女性としては興味なし?。

リンダはパワハラ責め地獄。もしかして男が好き? それでもみんなから頼りにされる存在に。

ドクターは友達ができず、仕事もうまくいかない。妹思いのいいやつ。

ピーちは男がいないと生きていけない。理由はわからないが心に深い傷。精神的に不安定。妊娠?

ハルの母(息子は引きこもり?)とナカジの父(息子に金をせびる)は昔の恋人同士。もしかしたらハルとナカジは兄弟とかそんなのあり?


登場する5人がみんな悩み過ぎw

しかも薬物高校生まで出てきて、それでハルはどうなっちゃうのぉぉぉぉ!?ってハラハラ気になって仕方がない!!


今回は、自分にだけ写真見せてくれたことが嬉しかったハルの表情と、洋服選び、オシャレして待ち合わせの樹里ちゃんがサイコー!
洋服選びはあきらかにファンへのプレゼント的映像ではないかとw


以上、あいかわらずほとんどドラマから得る情報以外は入れないようにしてるので、変なこと言ってたらすみません。


ドクターの妹はD-Roomで樹里さんと共演してる方ですね。関係ないけど、ちょっと嬉しい。


毎日がYukiYuki さんへ
ちい恋第二話の「はじめてのデート」を思い出しました、今回は。

| | コメント (0)
|

突然切れたネットがようやく復旧

あぁぁ、ネット生活復活 つД`)

いやあ、参りました、ほんと。


ある夜、家に帰ってMacBookを起こして、Firefox起動・・

繋がらない。

おや?と思い、他のPCやMacも起動、どれもブラウザを開いても繋がらず。

ルーターのエラーかな?と思って再起動しても変わらず。

何もしてないけどIDやパスの見直しをしても変わらず。

ルーターもメディアコンバーター(光通信のモデムみたいなやつ)もエラーを起こした表示はなし。

ルーターを外してMacからメディアコンバーターに直接つないでもダメ。


困った・・・・・


続きを読む "突然切れたネットがようやく復旧"

| | コメント (0)
|

2010年5月 3日 (月)

素直になれなくて 第1話

というわけで、遅くなりましたが、

ドラマ「素直になれなくて」(スナナレ)の第1話を見ました。


もう、ナカジがカッコ良くできていて(ハルにはそう見える展開)、

「惚れてまうやろ~」

などとどこかのギャグの逆パターンか!と思っていたら、最後に

「気をつけなはれや!」

まだ用意されているとは・・・・・! Σ( ̄ロ ̄lll)


と、まあ思っちゃったわけですが(・ω・ )


「大人になりたいけど、なりきれない…
夢を追いかけたいけど、追いかけきれない…
素直になりたいけど、照れくさい…」

というキャッチや軽いオープニングからは予想もつかなかった、

というかなんとなくそんな雰囲気があったのでなかなか見る勇気が持てなかったのですが、 

登場人物全員、重い背景抱え過ぎ・・・・

見てると共感すると同時にツラくなる・・・


冒頭に「未来」を見せ時間軸を巻き戻す方法といい、なんとなく「ラスフレ」を彷彿とさせてくれますね。


あの冒頭の流れる血は誰のものだったんでしょう?

ハル?

ピーちは、リストカット癖があるよだけどナカジと絡む感じじゃないから、

あの同じタトゥーをしてた女性?

誰なんだよー、もう。


軽い感じの主題歌がなんだか微妙。

うーむ。


で、とりあえず、iPhoneは白に決めましたw (*´ー`*)


ハル、可愛いよー。

すごくまじめで固くて、強がるところがまたねぇ。


のだめでもルカでもない、そんなある意味飛び道具でもなく、等身大の24歳の女性を演じる樹里ちゃんにやっぱり注目! こっそり写真とるドクターの気持ちがわかるわぁ。(あれは絶対ファン向けにダウンロードできるようするべき!)


番組ホームページ
http://wwwz.fujitv.co.jp/sunao/index.html

| | コメント (2)
|

2010年5月 2日 (日)

チェイス~国税査察官~

とりあえず今一番面白いかも!と思って見ているのが
NHKの「チェイス~国税査察官~」というドラマ。

番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/dodra/chase/


もうハラハラ、ドキドキ、ヒリヒリしながら見ています。


第1話の再放送からの参加ですが、いいね、こういうの。

最初始まったときは「マルサの女」? とか思わせるシーンを入れておいて、「映画で有名になってしまったので」今は査察官をマルサとはいわないとのこと。(ほんとかどうかは査察官でないのでわかりませんがw)

PCやネット関連のスキルが凄いということで参加した新人(田中圭さん)を入れることで、捜査方法、専門用語、隠語などを視聴者にもわかりやすくしてくれている。


とりあえずざっとストーリーはリンク先の動画を見ていただくのがはやいわけですが、もう毎回が見所。

救命病棟ファンにはたまらない主演の春馬役江口洋介さん×木村多江さんの夫婦役ということで楽しみだったのですが、いきなり飛行機事故で奥さん死んじゃうという・・・(´Д⊂グスン 仕事の鬼なあまり家庭をかえりみないあたりもなんか近いものが。

しかし、この事故がきっかけとなり、今後の大きな事件への第一歩となるもよう。


熱血捜査官春馬のライバル、敵となる天才脱税コンサルタント村雲修次にARUTAさん。こういう熱いモノを内面に秘めた超クールな悪役にはピッタリですね。

母を失ったことにより父を憎んで心を閉ざした娘にふとした事故から近づき、春馬をもとりこもうとする村雲の怖さもハンパない。偶然なのか必然なのか起きた飛行機事故、脱税のためなら愛も子供もなだって利用する。


全6回だからあと3回しかないけど、毎週土曜日をドキドキで向かえてます。



| | コメント (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »