« 素直になれなくて 第7話 | トップページ | いよいよ明日から「えがおのはな」 »

2010年5月30日 (日)

『メイン・ストリートのならず者』スーパーデラックスエディション

というわけで、予約しておいたBOXセットが届きました。

Exilesuperdlx

発表当時の評価は散々だったらしいが今ではストーンズの最高傑作と呼ばれるこのアルバム。

とりあえずこのあたりを好きとでも言っておけば「お!通だね」とでも思ってもらえるかもしれないしねw ミックも「過大評価」だと言ってるらしいw


個人的には大好きな曲が集まっていて上位3枚に入るほどのお気に入りのアルバム。

Rocks Off、Tumbling Dice、Sweet Virginia、Torn And Frayed、Loving Cup、Happy、Let It Loose、All Down The Line、Shine A Light、Soul Survivorとあげていったらキリがないのですが、いざ市場で売れるストーンズベストを作ろうとすると、せいぜいTumbling DiceとHappyが入るくらいということでそれ以外はかなり地味な曲がつまったダブルアルバムですねぇ。

だけど、それがイイ!というのがストーンズファンというものですよ。


で、このスーパーデラックスエディション。

作りのいいボックスに、CDの他にボーナス盤、2枚組アナログ盤、ドキュメンタリーDVD、超豪華なブックレットが付属。

これは「祭りなんだ」と割り切れるコレクターアイテム収集家向けw

これで定価18000円。

確実にボラれてる感があり、レコード会社にまたやられたな、という感じで満足感ははっきりいって薄い。衝動買いしてしまったが、またレコード会社の商売を嫌いになる要素となったかもw

アマゾンで言うなら
★★☆☆☆
という感じだろうか。


もちろん本編は音質も大変満足いくもので、★は10個以上つけてもいいもですけど、それならば、CDだけを買えばいい話。¥ 3,800で買えますね。




また、未発表音源を収めたボーナス・ディスクは新録音を加えた「現在進行形」な姿になってるそうで、

まったくミックも余計なことをしてくれたものだ(-゛-メ)

こういうものは「その時代そのもの」を感じる必要があるんですよ。

だったら、「リミックス盤」でもいいんだけどねぇ。(´・ω・`)


期待していたDVDですが・・・

「25x5」にもいくつか使われていた映像もありますが、「レディースアンドジェントルメン」の2曲や「コックサッカーブルース」のサティスファクションなど貴重な映像が楽しめました。さすがブートDVDとは違って、音はおとなしくミックスされてましたが映像も綺麗で安心して見ていられます。だけど本当にさわりだけ、という感じで余計に「もっとみせて!」「小出しにするのもいかげんにせい!」という気持ちが強くなりますねw 

まあ、これはいいですが、さらに「ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実」というBBC制作の150分に及ぶドキュメンタリーも7月にはDVDが発売される予定らしく、タイトルは同じものでこちらが本物という感じ、なんだかBOXのほうのDVDは10分程度(コックとレディース合わせても30分)の簡易編終版というかPR用みたいに思えて意味がなくなったように思える。

しかも、予想通り!

レコードコレクター誌によると「レディースアンドジェントルメン」のDVD/BD発売も予定されてるということで、さらに個人的に価値が低くなってしまった。

いや、これは待ちに待ったこのうえなく嬉しいニュースだから複雑ですが、はやくそちらを手にしたいものです。(・ω・ )

|
|

« 素直になれなくて 第7話 | トップページ | いよいよ明日から「えがおのはな」 »

MyFavorite 洋楽編」カテゴリの記事

コメント

何かビ-トルズと同じで商業的ですね。
以前鬼八郎さんが紹介された松田聖子のDVDも中途半端という評判です。
自作CDを聴き直したら「ユートピア」収録の「赤い靴のバレリーナ」の綺麗な声にやられました。
次の「秘密の花園」も素晴らしい声だった。
「ユートピア」はジャケット写真も大好きです。

話が脱線しました。
18000円とは高いですね。
ビートルズ・リマスターBOXでも三万円程度、USBで四万弱ですから。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2010年5月30日 (日) 19時44分

「コレクターズアイテム」ということですからね。そこが納得できない人は最初から買うなというw まあそのわりには寂しい内容でした。「レディースアンドジェントルメン」のBDだったらいくらでも出しますけど!

松田聖子さんのCDついてるDVD(最近DVD付きで買わせる作戦が多いです。)も記事に書きましたが、中途半端というよりやっつけ仕事としか思えません。そういうDVDは「オマケ」であって期待してはいけないということです。私も評判の悪さは知ってましたからDVDには一切の期待をしてなかったので問題ありません^^ 一応Macに取り込んでみましたが、次いつ再生するかわかりませんねぇ。

NHKの松田聖子さんのSONGSは良かったですよ。デビュー30周年でアイドルの歌うたう?という印象は多くの人が持ってると思いますが、もとの楽曲の良さもあり、歌も当然うまくなってるので楽しめました。

投稿: 鬼八郎 | 2010年5月30日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素直になれなくて 第7話 | トップページ | いよいよ明日から「えがおのはな」 »