« ファンになるという不思議 | トップページ | 樹里ちゃんD-Room新CMが放送中!? »

2010年6月18日 (金)

素直になれなくて 第10話

自殺を図ったリンダはなんと一命を取り留めることができた!

もうあの状態じゃ死んだとばかり思い込んでたけど、たしかに「死んだ」とは誰もいってなかったっけ。


そんなことよりも私は、ハルがドクターといっしょに駆けつけたほうがなんだかちょっとイヤ・・・

それでもナカジのことを心配そうにみてたけど。

「勉強があるから」とかいって帰されてもそれどころではないと思うけどねぇ。


気がついたリンダに言ったナカジの言葉。

「死ぬなよ。頼むよ。」

ストレートでいい言葉だったなあ。いろんな気持ちがこもってる。


そういえば、ハルとリンダがからむところは今までなかったような気がしますね。リンダはナカジの気持ちだけじゃなくハルの気持ちも知ってるのか。

「ドクターのこと好き?」
「・・・うん」
「いまのままでいいの? まだまだやれることあるんじゃない?」

リンダの問いにハルは何を思ったのだろう。


ドクターの「韓国に一度連れていきたい、両親に合わせたい」という言葉を「試験」をたてにかわそうとしてるように思えるのは希望的観測かな?


ナカジも、試験に向かうハルに対してついに「ガンバレ!」を口に出して言った!!

おお!




しかし、リンダの容態急変、帰らぬ人に・・・・


風を感じて、孤独じゃない幸せを感じて。

そんな姿にまさか、ええ?と思ったら。

もしかしたら、ハルとナカジをつないでくれる人かもと思ったけど。

つらい人生だったかもしれないけど。
最後は幸せだったに違いない。




試験には不合格だったハル。

心は揺れる。

でも、ドクターといっしょに韓国に行ったら絶対許さないー!
(ドクターのファンの方すみません)


とか言ってたら韓国行き決めちゃうし。

ドクターのこと好きとか言っちゃうし(´;ω;`)ウウ・・・

絶対イヤーッ!!


ナカジも止めないし・・・

オイオイとか思ってCMに。



ナカジは「韓国に行く人が何言ってるの!」というのが精一杯だったかも。

最初から戦ってない。

素直になれてない。


だけど、


そんなナカジに勇気を与えてくれたのはやっぱりリンダ・・・・!!

キタキタキターーーーーー!!!!キャ━(*≧∇≦*)━☆★


リンダぁぁぁぁ、ありがとう!( ´;ω;`)ブワッ





「好きだ!」

叫んだナカジにハルはどう答えるのか!?


テレビの前で悶絶しまくりのラスト20分でした!!!!!!!!


いや、ちょと

もう

どうすんのよ!!(・ω・ノ)ノヒョエ〜


次回予告の最後の困った表情のハルが超絶可愛ええ!(*´ー`*)


次週最終回!!!!

|
|

« ファンになるという不思議 | トップページ | 樹里ちゃんD-Room新CMが放送中!? »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。のだめの頃からの樹里ちゃんファンです。樹里ちゃんのファンって女の人が多いのかなーと思っていたから(私も一応女性です)、なんだか鬼八郎さんの男性の立場から見る樹里ちゃんていうのがとても新鮮です。私はジェジュンファンでもあるので ドクターとハルがくっつくのは嬉しいですけれど 、でもこの調子ではハルは誰ともくっつかずに もう一度先生としてがんばる決意をする というエンディングかなーと思います。まあそれでもハルが幸せならいいかな。

投稿: うさきち | 2010年6月18日 (金) 11時07分

>初めまして、うさきちさん!
私はのだめ再放送組ですー。

イベントなどでも女性ファンがすごく多いというのはききました。なんとなくですけど、樹里ちゃんのファンは女性が多いというのはわかる気がするんですよね。自分は見る目があるな!と思ってもいいでしょうか?w

女性ファンが多いのはすごくいいことだと思いますが、逆に男性ファンの割合が少ないというのは女性にとっていいことなんだろうか?というのはありますがw でも私としてはそのほうがいいかな。

この間からTwitterを始めたのですが、やはりあちらでも女性ファンのほうがかなり多いそうです。「ライバルが少ないということで」と発言をしたらびっくりされてたようでした。「何のライバルだよw」とちょっと引かれたかもしれませんね。でもそんな目線で妄想を繰り返してるときがあるのは事実ですw

投稿: 鬼八郎 | 2010年6月18日 (金) 16時33分

すみません、こんなに遅くコメントを入れて。
実は今日やっと10話を見たのでsweat01

見ている間に涙が滲んでいましたが、ナカジの「好きだ!」でブワッと涙があふれました。
一般にはチンケな言葉ですが、ここまでの課程をみていたので…

「素直になれなくて」はナカジの事だったのですね、ていうかナカジが主役であるのを、しっかり認識させられた回でした。
瑛太もいい目をしているし、中々の役者ですね。

リンダの死と、個人的ですが小さい頃から可愛がってくれたおじさんの死が、脳裏にクロスして、とても他人事とは思えない心境になりました。
時期も時期、このドラマと同時進行だった。

ナカジとハルは似合うねえ。
この二人が仲良しのカップルにならなかったら、このドラマは意味がない。

ナカジがリンダの死で泣いているのに、ハルが泣かなかったのは、何か変な感じがした。
女性が泣くのが普通でしょうに。

ハルは今回、能面になることが多かった。
もうちょっと表情を作って欲しかった。

岡崎友紀の「小さな恋のものがたり」も話の中間くらいが二人仲が良かったが、スナナレも同じ形態だった。
今回の最後は映画「卒業」に似ていた。
結婚式で花嫁をぶんどってしまうのよりもインパクトはないが、似たような作りだ。

長くなるので、このへんで。
このドラマは横への広がりがなかったのが、残念だ。

投稿: 毎日がYukiYuki | 2010年6月19日 (土) 22時28分

>毎日がYukiYukiさん
失うものの大きさに気づいて・・・というのは恋愛ものの定番スタイルですからね。

でも私の予想では、ドクターを裏切れないのでいったん飛行機に乗っちゃうと思ってます(結構そういう予想の方も多いようです)。だから映画の卒業のようにはならないかもしれません。困った表情でしたし、そこでナカジのところへ行くのなら次回へ続くところではないと思いますw ドクターがハルをあきらめて逆に応援する、で一人で韓国に残る、みたいなそんな男らしくカッコ良い引き際シーンを残してある気がしてなりませんw そうでなければ韓国に帰るという話じゃなくて結婚でもいいかもしれませんしね。

以上、かってな想像ですw

もうちょっと早くナカジが意思表示をしてハルを困らせるところも見たかったんですが、最終回に期待!

終わりよければすべてよし!

このドラマではハルに出会えて良かった!

投稿: 鬼八郎 | 2010年6月19日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンになるという不思議 | トップページ | 樹里ちゃんD-Room新CMが放送中!? »