« とくにはないんですが | トップページ | 今日からFIFAワールドカップ »

2010年6月11日 (金)

素直になれなくて 第9話

とりあえず・・・

セ~フ!ε- (´ー`*)

一番の心配ところでしたがw


ごめん、とか、なんか言い訳するときってだいたいダメなんだよね・・・

でも、(鬼八郎目線では)邪魔ばっかするけど、ドクターもハルがいうとおりにハルを大事に思ってくれてていいやつなんだ。だけど、あの一生懸命ぶりがなんか逆にイライラしちゃう。

ハルの優しさだけで繋がってる感じがして、もうすぱっときれてくれー!と思っちゃうんだな。


コンビニのシーンは毎回楽しみ!
そこから公園、ナカジの家への流れのシーンもね。

ナカジじゃないけど、ハルのあの後ろ姿にはまたしてもやられたなぁ、もう!(*´ー`*)


今回素直じゃないのはナカジのほうだったけど、「まったくだぁ!」はそこだけ素直になった瞬間か。


追いつめられてるリンダはピーちに会うんだけど、もうなんだかピーちが一番まともになってるとしか思えないw 当初とは逆だよね。


ドクターへの母からの手紙はなんとなく予想したとおりに「帰ってこい」だった。

ハルを韓国に連れて行きたいということだけど、さすがにハルは困った様子。
仕事のこと?
国や文化が違う不安?
それともナカジ・・?
つか、まだ付き合ってからそんなにたってない。


そろそろナカジもハルを困らせるくらいになにかアクションおこさないと、ハルがそのままズルズル韓国にいっちゃいそうだよ(u_u。) それだけナカジとハルが遠くなった気がしました。

でも、ハルが日本に残ることを選んでドクターと別れて、それからナカジと・・・なんて展開もちょっと無しだなあ。

なんて思ってたら何、二人っきりになったりしてw

ハルはなんとなく「行くな!」って言って欲しいのか。

ナカジはなんとなくはぐらかしながら「もうこうして歩けなくなるね」とか言う。


もう絶対花火やりながら「行くな!」って言うと思ったのにぃー!!

ナカジも完全にハル好きなんわけでしょ。

なんだよー!もう!

俺も花火くっつけたいよぉぉぉ!


と思ったら....


予想が当たっちゃってあの「血」はやはりリンダ・・・


「本当の愛を知らなかった」ってどういうこと?




今回はハルはメインじゃなく、もちろんリンダ。

玉鉄さんの。押さえながらも、苦悩に満ちて堕ちていく演技は凄まじいものがあってぐっと引き込まれました。


「本当の愛を知らなかった」

という言葉があそこで出てくることがよくわからなかったのですが。


本当の愛は性別を超えるってこと?

そういう解釈は違うと思うけど、じゃあナカジに何か出来るのかというときっとなにもできないと思うし。

じゃあどうするの?ってことに。


ナカジ×ハルのモヤモヤから、一気にまったく違う方向に突き落とされた感じ。

もちろんあのシーンは意識にはあったけど、ハルに夢中になりすぎた・・・


だけど、私の脳にはまだあのハルの「ナカジといたいの」という言葉が残ってる。

ナカジもなんだかそれどころではなくイッパイイッパイかもしれないけど・・


このドラマを見て思うのは、

ただ、ハルが本当に幸せになれますように!

とうことだけなんだ。私は!

|
|

« とくにはないんですが | トップページ | 今日からFIFAワールドカップ »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とくにはないんですが | トップページ | 今日からFIFAワールドカップ »