« アンコールオペラ編は次が最終回 | トップページ | やっぱり「大滝秀治 友達編」は名作です »

2010年7月31日 (土)

MacBookをSDD+HDDに

MacBookをSSDにしたものの、40GBとネット以外ほぼ何も出来ない状態に近かったので、HDDを追加することにしました。

スペースは使わないDVDドライブを外して、そこに入れるわけです。

使ったパーツは、以前このブログでも取り上げたOptiBay Hard DriveKitです。

販売店はここ
http://www.akibakan.com/BCAK0016715/BCAK0016715A/index.html


実際かなり安っぽいパーツなのでこれでこの値段かよw という感じですが、これでも以前より4000円くらい安くなったんですよね。

テクノハウス東映さんで売ってる2000円台のものが使えないのかな?とも思うのですが、無知な私が人柱になるわけにもいかないのでね。


Mac雑誌で取り付けてるのを見ながら作業を行いましたが、内部のスピーカーやカメラの配線を取り外すのが方法が分かりにくくて苦労したところはありますが、なんとかそこをクリアすれば内部アクセスも簡単だし、そこ以外はすんなり進んで交換可能。

家に余っていたHDDを載せ替えて無事終了。

あっさりとOSをいれたSSD+ファイル置き場のHDD環境ができました。ユニボディならDVDドライブもSATAですので、高速で動作します。また付属のケースに外したDVDドライブ入れれば今後はUSB外付けにできるという便利さw


なお、私のところには初代MacBookも眠ってる?わけですが、これにも同様なことができます。しかも、テクノハウス東映さんの2480円のパーツでできるとMacFanという雑誌で取り上げられてましたので、近々検討してみたいと思います。750GBのHDDを2発入れれば、TVにつないでメディアプレイヤーとか、簡易サーバーにもなります。(ただしDVDドライブはSATAではなくATAPIなのでじゃっかん遅いらしい)

|
|

« アンコールオペラ編は次が最終回 | トップページ | やっぱり「大滝秀治 友達編」は名作です »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンコールオペラ編は次が最終回 | トップページ | やっぱり「大滝秀治 友達編」は名作です »