« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

今月のMac Fanは読み応えあり!

サカモト教授や矢沢永吉さん、戸田恵梨香さん、綾瀬はるかさんなど、旬の女優さんから大物ミュージシャンが表紙を飾るアップル専門誌「Mac Fan」。

先月の木村多江さんの異常なまでの美しさは記憶に新しいが、今月はなんとジョナサン・アイブだ。

カッコ良すぎるだろう、この写真はw

Macfan201009

Apple好きなら知らない人はいないであろう アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長。


あの一斉を風靡したiMacからPowerbook、MacBook、iPod、iPhoneなど、この10年のアップルの主要製品のデザイン担当。

私が思うアップルの魅力は一環しており、ユーザーにやさしい操作性とシンプルなデザイン。

そのデザインをいってにひきうけてる責任者さん。


記事はMac Fan的にまとめられているのですが、最近にしては久しぶりに読み応えがあり、通勤電車でちょっとというくらいではもったいないw


絶対ありえないのだが、この遺伝子を受け継ぐかのような家電製品が欲しいとちょっと思ったw

AV製品しかり。白物家電でもね。


以前、SONYが白物家電作ったらどうなるんだろう?などと想像したことがありましたが、アップルが作ったら面白いだろうなw

| | コメント (0)
|

めざましライブ

というわけで、めざましテレビで「めざましライブ」にサプライズゲストで登場した樹里ちゃんを見ました!


久しぶりに見る現在進行形の樹里ちゃん(*´ー`*)


綺麗になったよねぇ。


ここまで髪を伸ばしたのは「人生初」と言ってましたが、似合ってるかどうか気にしてたのかな?w


SGのときも長かったような印象でしたが、縛ってたので実はそうでもなかったのか。


ランランさんのピアノはちょっと聞いただけでも実に力強い演奏に引き込まれる感じ。飛んだりはねたり、と表現されるが、まさにそんなイメージ。一音一音の表情に説得力がある。

| | コメント (2)
|

2010年8月28日 (土)

キラー・ヴァージンロードを見る

WOWOWで再放送があったので見ました。

前回録画したハイビジョンのものはHDDごとお亡くなりになっていたのでラッキー!

やっぱ、ハイビジョンで放送できるものをわざわざ画質落としてDVDで見るのって疑問なんですよね。


自分には、見る前からお腹いっぱいになるくらいに泣かされそうな設定とか、見てる方が恥ずかしいわ!といいたくなるような女子が好きそうなラブストーリー的なものは苦手で、こういう軽い気持ちで楽しめるコメディーが好きだと改めて思う。


ビリ子は巻き込まれタイプで、小林さんがオオボケ、それに小声で疑問のようなツッコミを入れるというw

この映画で木村佳乃さんの演技の幅のようなものも感じましたね。


最近は綺麗なお姉さんになってしまった樹里さんですが、まだビリ子のころは髪が短いせいか子どもっぽいところが残っていて、いまさらながら新鮮。

それなのに、下ネタいっぱいの映画のなかで不自然さはないくらい女っぽいところがあるのがビリ子なんだよなー。

髪をあげてるところなんかは友子の大人版みたいだしね。
ビリ子からは今の「江」モードの樹里さんの想像がつかない。

女性って大人になるにつれ、どんどん変わっていくじゃないですか。

樹里さんはさらに役でいろいろ変わっていくし。
それを見ていられるのもなんだか嬉しい。

| | コメント (0)
|

2010年8月26日 (木)

樹里ちゃんがめざましライブにゲスト出演

樹里ちゃんじゃなくて、そろそろ樹里さんで統一するべきか?(`・ω・´)w
(自分はあえて使い分けてるけど!)


もういろんなところで話題になっていますが、今日のお台場でのめざましライブに、ランランさんが出演。

そしてマル秘サプライズゲストとして樹里ちゃんが登場!!

絶対出る!という確信のもと、多くの樹海人が集まったようですw


"のだめ"こと"ラン・ラン"! ライブCDに、二ノ宮知子描き下ろしイラスト


これは明日の「めざましテレビ」の録画は必須ですね!


Hanakoの写真を見るとすごく大人っぽくて「綺麗なお姉さん」になってるんですが、今日はそれとも違うらしい。

うーん、トークは全部無理でも映像だけでも絶対見たい!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(追記)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後なんと!公式HPのマネレポが更新され、放送は30日だそうです!

明日は無いのかな?

http://www.ueno-juri.com/report/index.php


さらに!

CS「フジテレビNEXT」 でも9月 28日(火)17:00から放送予定。
http://mfound.jp/topics/2010/08/000821.html

| | コメント (0)
|

2010年8月25日 (水)

明日のhanakoは要チェック

Twitterで情報をいただきましたが、ナニカとツクルの旅の連載で樹里ちゃんファンにおなじみの雑誌Hanakoの表紙に「上野樹里さんと巡る京都香り遊び」とあります!

http://magazineworld.jp/hanako/978/read/

目次通りなら10ページ?

どのくらいなのかわかりませんが、ナニカといっしょに要チェック!

| | コメント (0)
|

ついに出るSTONES幻のライブ映像

Ladiesand

ついに夢叶う。

お蔵入りしていた、ストーンズ絶頂期のライブ映像を収録した映画「Ladies And Gentlemen」がDVDで登場。発売予定日は2010年10月13日。

(9/23先立って武道館でフィルムコンサートが行われるそうですが私はスルー)


もうブートDVDともさようならw


古い映像なので、映像的にはたいしたものではなく、淡々と演奏が映ってるだけですので最新のライブ映像と比べて地味すぎますが、(ミック・ジャガーもまだ走りまわったりしないし、キースも動きは少ない。ミックテイラーにいたっては常に直立不動)それでも絶頂期のかっこいいストーンズが見られる貴重な映像。それと共にサウンドのほうにも期待しています。


| | コメント (0)
|

「あひるの空」が好き

現在の少年マガジンの、看板ではないけど地味に面白いのが「あひるの空」です。


http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000193


「スラムダンク」といういう一世を風靡したバスケットマンガがありましたが、個人的にはスラダン後のバスケットマンガの中では間違いなくナンバーワンだと思う。(注意:全部見てはいないw)


チームは身長150cmの主人公、運動能力得点能力は天才的なんだけど家庭に事情あり、不良上がりの素人、挫折からバスケットから訳あって離れていた、という感じの仲間の集まりなんだけど、いろいろあって、チームは負け続けでそう簡単に勝たせてもらえず、もちろんサクサクとインターハイに出場できたりしない現実路線なのは「リアル」さかもしれない。


主人公の母(元日本代表だったりする)が亡くなったり(これは泣けた)、不良上がりーースポーツ系ではかならずこの「不良」がキーワードwーーということでのストーリー、退学とか廃部とか、またヒロイン?(主人公の彼女ではなく憧れ的存在)の恋愛とか、そういう青春路線的なお話は正直いうと連載中は邪魔で、「もっとバスケットやってくれよ!」と思うわけですが、単行本で読んでみると印象は違い、それが物語に深みをあたえています。だからさらに面白くなってる。いやでも、やっぱバスケットもうちょっと比重高くして欲しいかなw


バスケットボールの描写も上手いし、こういうマンガで重要な「そのプレイがいかにすごいか」という演出もいい。ゾクゾクしてくる感じがたまらない。それは試合内容にもいえる。ライバルたちの描き方も上手くてすべてのプレイヤー、チームに感情移入がしやすい。だから試合も面白い。

そして一番はマネージャーの七尾奈緒ちゃんが可愛いのでつい応援してしまうのだw


バスケット好きはとかくスラダンと比べたり、実際の高校生にはありえないプレイなどを語りたがるわけですが、そんなどうでもいいことを気にしない人に読んで欲しいバスケットマンガの超おすすめ。

コミックは現在28巻まで発売中。
Ahiru13


| | コメント (0)
|

2010年8月21日 (土)

医龍 一気読み

ドラマ版パート3も決まった「医龍-Team Medical Dragon-」

とりあえず22巻まで原作を読みました。


ドラマで面白さを知って原作を探したわけですが、原作はさらに面白いですね!

ドラマの方はそれなりに「ドラマ」とするようにアレンジされてるのがわかるが、原作ファンも納得できる出来栄えだったのではないのかな?(後追いなので放送当時の評判はわからないのですが。先に原作を知ってると感じ方は違うだろうけど)

キャラもかなり原作を意識している部分もあり、まったく違う部分もあり(性別とかも)。でも気にならないなぁ。


原作が青年誌というせいもあってか、加藤助教授もミキもかなり色っぽい。水川さんが演じたミキはキャラ的にはほぼ原作通りに近いのですが、オペ看としてや女の魅力としては原作がかなり上だ。朝田との男深い関係とか、巨乳系キャラとかはドラマではやっぱり無くしたんだな、と思う。そこまで脇役の描写に時間はとれなかっただろう。

それと、イメージどおりだったのが、加藤助教授。あれはキャスティングもバッチリたったんだなぁ。霧島との関係は今思うと時間をかけてる原作の野口教授の息子との話がしっくりくるが、短い時間で霧島をさらに深めるにはああいうふうにアレンジしたのも上手いと思う。


もしパート3があったら原作に戻るのではないか?という説もあったようですが(医龍2は完全オリジナル、1でNGOに旅だったから・・)教授選挙とかネタ使っちゃったし無理だろう・・・


いやしかし原作での加藤は魅力的すぎる(*´ー`*)

医師としてではなく、女性として朝田を見てるのでは?という期待感もありそでない、微妙にみせて実は意識してない、みたいなバランスなのはドラマも同じ。ちょっと加藤ファンとしては物足りないw 逆にミキと朝田の関係も医師、看護師として復活したときには仕事仲間になってるところも、青年誌っぽいんだけどw ちょっと寂しい気がしましたね。

とにかく、マンガでも朝田のゴッドハンドぶり、伊集院の成長、野口、加藤、霧島らの政治的策略のやりとりなど、いや、これは面白すぎる。

| | コメント (0)
|

2010年8月20日 (金)

「江」クランクインと訪韓

私がさぼっているうちに樹里ちゃんのニューズが続々。

すでにTwitterやファンの集まる掲示板などで話題になっていますが、19日から大河ドラマ「江」の撮影が始まっています。


大河ドラマ「江」ロケ始まる
http://www.nhk.or.jp/kofu/lnews/1043161571.html


大津の「おうみ発610」というNHKの番組ではしっかりと乗馬姿が放送されたそうで、なんとあの姿からは想像もつかないのですがちゃんと「子供」にみえたそうです。

放送が楽しみですが、東京でもやってくれないかなぁー。




それから、忘れちゃいけない「のだめカンタービレ最終楽章」ですが、来月韓国で公開されるため、のだめ&千秋コンビが訪韓することが決まったようです。

[芸能]映画「のだめ」来月韓国公開、上野樹里と玉木宏が来韓

上野樹里-玉木宏が映画広報のため来月訪韓


韓国でも人気の樹里ちゃん、訪韓のニュースも楽しみですね。

| | コメント (0)
|

2010年8月19日 (木)

医龍3が決定!

以前から噂になってたとおり、ドラマ「医龍」の第3シーズンが始まるそうです。


オリコンスタイル
坂口憲二主演『医龍』が3年ぶりに復活! “医療の国際化”テーマに

私も原作まで読みあさるほどはまった医療ドラマの傑作!

また朝田のゴッドハンドぶりがみられると思うと今からワクワク!(`・ω・´)

しかも加藤晶役の稲森いずみさんが復活するとあってはね!

ただし、この記事にはオペ看のミキ役水川あさみさんの名前がないのが残念です・・・


敵は毎度おなじみ野口役の岸部一徳さんに、遠藤憲一さんが最強のライバルで内科医ということらしい。これはやはり原作を離れたドラマオリジナルのストーリーというのはちょっと残念だけど、仕方ないか。2でだいぶ離れちゃったからな。


これは10月開始かな? もう、はやく始まって欲しい!!!


しかし・・・テーマに気を取られすぎて(しかも事故で時間もなくて)魅力を失ってしまった「救命病棟4」のようにならないで欲しい、それだけが願い。


あの大人気ドラマ『医龍』が、3年ぶりに今秋、豪華キャスト陣とともに再び帰ってくる!『医龍 Team Medical Dragon3』
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/100819-153.html

| | コメント (1)
|

MacBook Proを買ってきた その後新品交換

旧エントリー「MacBook Proを買ってきた」の続き

MacBook Pro(mid2010)を買ったのですが、どうも音声が右寄りから聞こえる(内蔵スピーカーで)件で、もしかしたら初期不良かもしれないと思って、販売店に相談したところ、

「確かにシステムの音が右から聞こえてきますね、左からほとんど聞こえないです」

ということで、いったん交換してもらえることになった。


ちなみに、そのショップでは一例同様のことがあったらしい。


私の耳には、展示機も右寄りに聞こえてしまうのですが、まだ自分のよりはマシなような気がするのです・・・

構造上、ウーハーが右側についてるのでどうしようもないのかもいしれませんが(MacBook Air)でもモノラルスピーカーが片側についてるので音が中央に定位してないという欠点もあるので、MacBook Proでも「そんなもの」なのか?


で、さっそく持って帰ってさっそく起動。

起動音はじゃっかん右寄りだけど、ましになったか?

オープニングのおなじみのハローのアニメーションのときの「トゥットゥットゥットゥートゥッ♪」の音楽が違和感が前に比べるとそれほどない。

トラックパッドのあたりまで顔を近づけると、右寄りに音が出てるのでがわかるが、通常のポジションでなら気にするレベルではなさそう・・・

おお!

これは問題なしか?


すぐに10.6.4にアップデートする。
「MacBook Pro (Early 2010) コンピュータで右スピーカーが左スピーカーより音量が大きいことがあるという問題が解決されました。」という改善された項目があるからです。もちろんこれは最初に買ってきたものでもやってあります。


とりあえず、新品交換の結果。

画面(本体)に近づきすぎるとやはり4:6で右寄りに聞こえるんですけど、通常のポジションになると気にならなくなる。自分が今神経質に聴いてるから実際に4.8:5.2くらいに右寄りなんだけど、言われないと気がつかない人はいるかも、というレベル。いくつかのシステム音は右寄り。。動画でもギリギリセリフが中央「付近」から聞こえるので、交換前に感じた異和感がやや薄くなったといっていいです。結局ソースによってはほぼ右から聞こえてくるものもまだあるのは改善されないので、おそらく周波数帯とかで得意不得意がありそう。ということは、完全に右寄りだった交換前のやつはやはり左スピーカーの不良だったということか。

で、ずっと書いてるけど、「完全」ではないですが、これなら仕様と言われれば「ああ、そうですか」と我慢できるするしかないかな。眼が悪いからついつい寄っちゃうけど、できるだけ姿勢よくしてれば納得できるくらいなんだよなー。


15インチユニボデイだと右手にボディからウーハーの振動が伝わってくる点に安っぽさを感じる。以前のモデルではなかった部分だ。音が大きくなったのもあるかもしれないが全体にシャリシャリ感が強く、音質なら旧MacBook Proのほうがまだ音がよかった、というかユニボディのほうが良くないというのが正しい(もちろん感想には個人差はあるとおもう)。


初期不良の新品交換はこれで2度目。整備品でもハズレをひいたことがあるし、はっきり言って経験上モノづくりは信用できないところがあるアップル。でもなぜか「しょがねーなー」で済ませてまた買ってしまうのは「Mac」はアップルしかないからか。

| | コメント (0)
|

2010年8月11日 (水)

夏休み

最近は樹里ちゃんの話題もすっかりなくなりましたが、そろそろ江は始動してるのならニュースが欲しいところ。

とはいえ、たまにツイートはするもののブログもどちらもなかなかできていないですが・・・

というわけで、しばらくのあいだ夏休みをいただくことになりましたので、その期間更新がありません。

すべてを忘れて無になろうと思います。


では! (・ω・)/

| | コメント (0)
|

2010年8月 7日 (土)

旧MacBook ProにHDD2発のせる

いったん現役を退いた旧MacBook Pro。

なにかできないかと思って、光学ドライブを外してHDDを載せるのをやってみようと思いました。


先日、MacBook(ユニボディ)にも同じようなことをやりましたが、あちらは秋葉館で扱ってるOptiBay Hard DriveKit for MacBook Pro UNIBODYという高価なパーツを使用していますが、今回は、テクノハウス東映さんで扱ってる汎用のパーツです。

旧型はHDDはSATA対応ですが、光学ドライブはATAPI接続になっていますので、その端子にあわせないといけません。


もちろん秋葉館さんでも同様な製品を売ってるのですが、1万超えは高いし躊躇しますよね。そこでテクノハウス東映さんのこちらのモデルでテスト。Mac系雑誌では初代MacBookでも使えてるので、近い世代のMacBook Proでもいけるだろうと思い、とりあえずはあけて中をみることにしました。

続きを読む "旧MacBook ProにHDD2発のせる"

| | コメント (0)
|

2010年8月 6日 (金)

MacBook Proを買ってきた

というわけで、調子の悪い旧型のMacBook Proではどうも埒があかないので、新型(4月モデル)を買ってきました。

Macbookpro15


予定外の散財でこまっているのですが、顔はこまってるようには見えません(*´ー`*)

お買い得な中古も見つけたし、アップルストアで整備済み品とかもあったのですが、迷ったあげく、やはり満足度は新品を買ったほうが上だろうと。core i7とかも考えたのですが、iPhoneも買っちゃったし、さすがに予算&スペックオーバーかなと思って我慢しました。


旧モデルはほぼ3年はこき使ったわけで、私の中では長生きだと思います。というのも、基本的に2年で買い替え、というのが私の考え方で、ローンで払ってるわけではないですが、1ヶ月いくらで償却、次に乗り換える、というのが一応ポリシーなのです。(4年使ってるものもありますけどそれは余生w あくまで考え方、です)


Macのいいとことは、環境をほぼ丸々新マシンに移し替えることができること。

まあ、同じ環境ができちゃうので、場合によっては見た目も同じだったりして新鮮味にかけるかもしれませんがw


前のスペックからCPUやGPUがかなりよくなってるとは思いますが、あまり体感するものではないかもしれませんね。
Core 2 Duo 2.16 → Core i5 2.4
Radeon X1600 → GeForce 330M

一番大きな違いはガラス張り液晶と、マルチタッチのトラックパッドでしょう。

FireWire800やSDカードスロット、mini DisplayPortはほぼ使い道がないですので、ここはそれぞれUSBとExpressCard/34、HDMIにして欲しかったですよ。


旧型に比べ、ACアダプターが小型化してる。
重量はそんなに変わってないけど、やや幅が広く薄型化してる。
ラッチがないから開けやすい。液晶もかなり綺麗。

ユニボディのMacBookに比べ、ボディのエッジ部がさらに鋭角になっており、ここに腕があたると痛いと思う人もいるかも。特に液晶をあけるための凹み部が尖っている(ユニボMacBookのほうが微妙だがまるみがある)んですけど、これやり過ぎ感があって、なんとなく逆にコストダウン?とか思ってしまう。

普通はここで実機の画像とか載せるとブログっぽいんですがw
どこでも売ってるPCですし、汚いデスクをさらす勇気もございませんw


問題点といえば、他でも指摘がありますが、音声が右寄りに片寄っていること。音量のバランスが悪いのは内部の調整である程度できるけど、ウーハーの位置が悪いらしく、バランス調整するといかに左がシャリシャリかわかる。ソースによってはわかりにくいのだが、音量調整したときのちょっとした音でわかる。調整のない起動音だとかなり右から聞こえる。完全に設計ミスだろ!?と思ってもこういうことは「ノートPCの音なんてこんなものw」「仕様w」としちゃう会社だからな、アップルは、そんなお粗末さで生産されているということにガッカリ。(´・ω・`)

同様なお悩みのブログ
MacBook Pro (Mid 2010)のスピーカーは音が右に偏る


いくらカッコつけてユニボデイでデザインしようが、美しく梱包してようが、こんなことで満足度が低くなるレベルのモノづくりではいかがなものか。iPhone 4のアンテナ問題といいね。


でも、まあ、とりあえず、お仕事系以外のメインマシンとなることでしょう。




---------------(追記)--------------------
検索してみると、17インチや、MacBookでも同様の報告があるらしい。ウーハーが右にしかないんじゃあたりまえだなw 最初から「ノートPCの音なんてその程度のもの」という設計なのだろう。

ある程度離れてみるとちゃんと聞こえる、というのは本当だった。不思議だが、スピーカー(ウーハーから出る低音)の指向性の問題なのかもしれない。低音はあまり定位を感じ無いという普通のサブウーファーの論理と同じか(近すぎるとわかってしまうが)。

ただし、違和感を感じ無くなるまで離れると、キーボードに手が届くかどうかまでに離れてしまうのでほとんどMacの操作はできなくなる。音楽鑑賞用かw 映像鑑賞には15インチ程度でもちょっと離れすぎだろう。

私は姿勢が悪く、目も悪いので、知らず知らず画面に近づいている傾向があるのですが、姿勢を正して、腕を伸ばしてちょうどいい位置に頭をおくと、まあ我慢できなくもない。それでも、やはりボーカルやドラムなど真ん中で定位してほしいものが多少でも右に寄ってるというのは気持ちがいいもではない。

普段使用してて起動音や、Twitterのお知らせ音、その他、ほとんどが右から聞こえるのは、嫌だなぁ。せっかくの新Macなのに音が鳴るたびにテンション落ち気味。

旧モデルではまったく問題ないのだからね。

新Airの噂は期待していいのだろうか?!(・ω・ )

| | コメント (2)
|

2010年8月 4日 (水)

ダイワウーマンw

役所広司さんの大和ハウスのCMは面白いシリーズなのですが、今度はなんと「ヒロイン」編らしい。

なんとダイワウーマンとかw

http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/heroinesono1.html


で、もちろん役所さんが着るわけもなく、役所さんは「黒木メイサさん」押しw


いや、黒木メイサさんのダイワウーマンはぜひ見たいけど、いやかなり見たいけど、絶対見たいけども(私も3回押し)・・・


そこで「上野樹里とか」って役所さんに言って欲しかったあああああ!


スッゲー想像しちゃいましたよ。

樹里ちゃんがダイワウーマンになってポーズを決める姿を!!!!!


それにしても唐沢さんに本当に変わっちゃうのかと思ったら、ダイワマンXだけで終わりだったんですね。

秋には黒木メイサさんが本当に見れるのか?


早く樹里ちゃんのD-Roomのほうも新作来るといいな!!

| | コメント (0)
|

鉄の骨に続いてハゲタカを見る

NHKの社会派(?)と呼ばれる土曜9時ドラマを見ています。


先日放送された「チェイス」が面白かったので、今回は「鉄の骨」というのを見ました。

全6回ですのであっというまに終わっちゃうのですが、もうブログ書く前に、書くの忘れてた、っていう感じです(Twitterではつぶやいてたけど)。


建設業界の「談合」がテーマなんですが、思わず「談合」を応援しちゃったりしてw


オッサン度の高いドラマですが、それだけに男たちの熱い演技を楽しめる。

鉄の骨では第1話の豊原功補さんや、自殺しちゃう真屋建設の長岡役の志賀廣太郎さんがよかった。

主人公を演じた小池徹平さんも、巻き込まれてく若い社員を熱演していて好感がもてました。


紅一点(でもないけど)の臼田あさ美さんの分厚いクチビルに惚れたw


そして、それが終わると、映画「ハゲタカ」が地上波初登場を記念してドラマ版が再放送開始。

これもさっそく見ています。

名作と言われてるだけあって、いやこのドラマもまだ1話しか見てないんですが面白いわぁ。

宇崎竜童さんの迫真の狂気に落ちて廃人化していく姿が壮絶。

松田龍平さんは父親ゆずりのクールな目をしてるねぇ。


主人公の大森南朋さんは知らない役者さんでした。ドラマより映画とか多いのかな?

クールさんの中に、自分を変えた過去を背負ってる。


今週はこのドラマから目が離せない!

映画にも期待!


土曜ドラマ「鉄の骨」
http://www.nhk.or.jp/nagoya/tekotsu/

土曜ドラマ「ハゲタカ」
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

映画「ハゲタカ」
http://www.hagetaka-movie.jp/index.html

| | コメント (0)
|

MacBook Pro不調

MacとWindowsの両方で活躍していた旧型のMacBook Pro15"ですが、最近やたらとファンが五月蝿い。

基本、ネットだけ、というときでもずっとシュオーって音が響き渡る。

もちろん夏だから、ということもあるとおもうのですが、初代MacBookとかは静かにしてるし、エアコンもきいてる部屋だし、前はこんなじゃなかった、という記憶もある。

内部にホコリがたまってるのか。


また、バッテリーも怪しくなってきた。

基本的にモバイルしないマシンなので、必然的にACアダプターつなぎっぱなしが多かったから、その点劣化は速いかもしれないですね。(隠居状態の初代MacBookなんかは今でも元気なもので、ユニボディよりもつかもしれないw)

充電もやたらと時間がかかる・・・・バッテリーがゼロになるのも速い気がする。測ってくらべてるわけではないが・・・

そろそろ変えどきかな、と思い出すと、妙にワクワクしてしまう自分がいるw


今ならCore i5だし、速いだろうなw ユニボディでかっこいいいし。ツルツルのマルチタッチのトラックパッドだから使いやすいし。(唯一キーボードがペタペタ&スベスベして軽すぎるの難点)


視力が弱いから高解像度はやめるとすると必然的に光沢液晶になっちゃうけど、まあ外で使うわけでもないから不都合はないと思う。

ユニボのMacBookをWindowsに回して、Airとか考えたんだけど、なんかもうすぐAir出そうな気がして仕方がない・・・妄想というかかなり希望的観測。

| | コメント (0)
|

2010年8月 3日 (火)

ブログさぼりがち?

Twitterを初めてからブログをお休みすることが増えたように思う。


一番の理由は「樹里砂漠」が深刻化してることではあるが。


やはりTwitterの手軽さ、気楽さだと思う。

文章をまとめるとか、気を配ったり、思ったことをただその場でつぶやくのと違い、ブログだと多少は頭を使うものだから(これでも、使ってるんですよw)


あっちでネタ使ってる、というか発散してるというか、いいたいことを言ってしまうので、こちらまで気が回らない。


と、自分に言い訳してみるw

| | コメント (0)
|

2010年8月 1日 (日)

やっぱり「大滝秀治 友達編」は名作です

今週もなかったD-roomの新CM。

出演者さんの情報があってからもう一ヶ月以上待ってるんだけどね。


「はい、引越し祝い」って出ると木南晴夏さんには申し訳ないんですが、今だとちょっとがっくりくるんですよ。

でも、大滝さんが降臨されるとやっぱり見入っちゃうw


あの表情、やっぱサイコーw


ほんと、これが出来るのは樹里ちゃん以外に考えられませんよね。

他の女優さんとかで想像してみると、「あの綺麗な人が」「意外」とか、そういうギャップ路線的なものはあるかもしれないんですけど、樹里ちゃんだと「あり!」になってしまうw しかもインパクトも絶大。「秀治」成り切り度ももちろん満点以上。

あの「・・・じゃろがぁ!」と言ったときのムフゥ〜とした表情は誰にもできないw

しかも超絶カワええ(*´ー`*)


これは永久に不滅です。


だから、次回作にも俄然期待が高まるわけですがw


今夜はTwitterで樹里ちゃんファンのみなさんに「好きな樹里ちゃんの出演CM」をお聞きしてすごく楽しかったです。みなさんありがとう!


D-room「いきなり大滝秀治・友達」篇
http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/ikinari.html

| | コメント (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »