« 医龍 一気読み | トップページ | ついに出るSTONES幻のライブ映像 »

2010年8月25日 (水)

「あひるの空」が好き

現在の少年マガジンの、看板ではないけど地味に面白いのが「あひるの空」です。


http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000193


「スラムダンク」といういう一世を風靡したバスケットマンガがありましたが、個人的にはスラダン後のバスケットマンガの中では間違いなくナンバーワンだと思う。(注意:全部見てはいないw)


チームは身長150cmの主人公、運動能力得点能力は天才的なんだけど家庭に事情あり、不良上がりの素人、挫折からバスケットから訳あって離れていた、という感じの仲間の集まりなんだけど、いろいろあって、チームは負け続けでそう簡単に勝たせてもらえず、もちろんサクサクとインターハイに出場できたりしない現実路線なのは「リアル」さかもしれない。


主人公の母(元日本代表だったりする)が亡くなったり(これは泣けた)、不良上がりーースポーツ系ではかならずこの「不良」がキーワードwーーということでのストーリー、退学とか廃部とか、またヒロイン?(主人公の彼女ではなく憧れ的存在)の恋愛とか、そういう青春路線的なお話は正直いうと連載中は邪魔で、「もっとバスケットやってくれよ!」と思うわけですが、単行本で読んでみると印象は違い、それが物語に深みをあたえています。だからさらに面白くなってる。いやでも、やっぱバスケットもうちょっと比重高くして欲しいかなw


バスケットボールの描写も上手いし、こういうマンガで重要な「そのプレイがいかにすごいか」という演出もいい。ゾクゾクしてくる感じがたまらない。それは試合内容にもいえる。ライバルたちの描き方も上手くてすべてのプレイヤー、チームに感情移入がしやすい。だから試合も面白い。

そして一番はマネージャーの七尾奈緒ちゃんが可愛いのでつい応援してしまうのだw


バスケット好きはとかくスラダンと比べたり、実際の高校生にはありえないプレイなどを語りたがるわけですが、そんなどうでもいいことを気にしない人に読んで欲しいバスケットマンガの超おすすめ。

コミックは現在28巻まで発売中。
Ahiru13


|
|

« 医龍 一気読み | トップページ | ついに出るSTONES幻のライブ映像 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医龍 一気読み | トップページ | ついに出るSTONES幻のライブ映像 »