« まだまだ主役のWindowsXP | トップページ | 江姫の凛々しいお姿 »

2010年10月30日 (土)

iTunesのライブラリ共有

今更だがやってみた。

もう何度か試してはみたものの、やったりやめたり。

で、またはじめた「iTunes」でのライブラリ共有。


自分は「共有」というのがあまり好きじゃなくて、まだちゃんとしたNASのようなファイルサーバーも用意してないので(いろいろ計画はしてるんですが)基本的にはすべてのMacにiTunesライブラリを置いています。

HDDの容量によっては動画や一部ライブラリを削除したり。


しかし、私の購入した新MacBook Air(MBA11)は64GBしかないので、これにいろいろ入れていくとあっという間に容量が無くなってしまうので、もう一度共有を試すことにしました。

やることは簡単。

iTunesの環境設定の中の「共有」で設定するだけ。


今回は古いMacBookをファイルサーバー的に使用するよう設定して、ファイル置き場兼、iTunesサーバー的にしてみようということにしました。

サーバー側は「ローカルネットワーク上でライブラリを共有する」にチェック。

MBA11側では「共有されているライブラリを検索する」にチェック。


これだけで、MacBook側でiTunesを起動させておけば、MBA11側にファイルがなくてもiTunesのライブラリ全部を楽しむことができるわけです。(小さいスピーカーだからあまり使わないかもしれないけど)

MacOSXはスケジュール機能で、起動(またはスリープ解除)する時間やスリープさせる時間も設定できるから、だいたい自分が家にいて寝るまでの時間帯にMacBookが起動してるように設定も可能。今後古いMacはこうしてファイルサーバー的に使用してあげることはできる。(我が家において実用に向くかはともかく)


で、問題は、まずiTunesでの共有ライブラリの表示方法。

通常ミュージックは「曲リスト」「アルバムリスト」「グリッド」「カバーフロー」の4つがありますが、共有ライブラリの場合は「曲リスト」で表示できません。しかもカラムブラウザも使えなくなるのでこれが使いづらい。

共有を使う場合は、iTunes DJも使えないので、細かくプレイリストなどを作ったりしてシャッフルなどで楽しむのがいいのかも。


それから、動画のレスポンスはすこぶる悪い。ワイヤレスのネット環境では無理があるのかもしれない。ちなみに、通常の動画を置いたHDDにFinderからアクセスしても再生が途切れるというかひっかかるような現象になることがある。有線LANでつながってるMacProで試すと問題はないので、以前も繋がらないとかで緊急対処したワイヤレス環境が十分でないのかもしれない(ブラウジング程度は問題ないが、思ったより速度出てない?) うーん、AirMac Extreme買うべきか・・・・




ところで、プレイリストですが、このあいだ初めて「書き出し」「読み込み」をしましたw

何年も使ってて初めてw

もともと母艦にあるメインのライブラリをまるごとコピーしてMacBook側に移して使ってたのですが、そっち側で作ったプレイリストがやたらいい出来具合で。

しかし、それを母艦でまた設定するのが面倒だったのですが、「ああ、そういえば書き出し機能があるじゃない」と思い出して、やってみました。

お互いのライブラリはほぼ同一なので、MacBookのiTunesで書き出したプレイリスト(XML形式)を母艦で読み込ませるだけ。これで同じものが母艦のiTunesにも出来上がり。

うーん便利だw


で、最近よくわからないものがメニューにあるのを発見。

「Audibleのアカウントを解除...」などいうものがある。

これ何だ???


|
|

« まだまだ主役のWindowsXP | トップページ | 江姫の凛々しいお姿 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ主役のWindowsXP | トップページ | 江姫の凛々しいお姿 »