« 江の舞い 裏話 | トップページ | 樹里ちゃん、豆をまくw »

2011年1月31日 (月)

江〜姫たちの戦国 第4話「本能寺へ」

すごいね。どんどん面白くなっていくよ。この話。まだ4話なのに。


今夜は、信長の思いに感動。

天下統一、天下泰平への夢。

しかし、江には「自分が神になる」と言い「それは違う」と江は怒る。


初めて兄と心通わせたという市の演技も素晴らしかったね。
しかし、これが最後の姿ととは・゚・(ノД`)・゚・

あと、明智光秀の市村正親さんもさすがだなぁ。はまってるわ。


冒頭はまた江のくしゃみで一同がずっこけたり、秀吉の面白いシーンだったり、かる〜く入ったのも後半のこの重い雰囲気のためだったのか。


江をもう一度信長に会わせてあげたいと思うんだけど、それはかなわないのかな(´・ω・`)


「江、カワイイよ、江」
で今夜は終わるのかとおもいきやw いやちょっと信長のドラマにはまり込んでしまいました。


あるよね、いいたいこと言っちゃって、あ、でも相手の気持ちわかってなかった、謝りたいって時。
あのお土産にいただいた洋装を持って信長を思う江をみて切なくなりまた。
大人の考えてること、しかも相手は信長、わかる訳ないのにね。


時代劇、特に大河ドラマは、ある程度のことは歴史で勉強したりして知ってるから、もちろん、先のあらすじもなんとなく知ってる。でも「こんなことあったかも」なんて楽しめるのは面白いねぇ。

あ、逆に「いや、歴史とか全然わかんないんスけど、信長って死ぬんスか?」みたいな感じだったらもっとワクワクして楽しめるのかなあ?ww


信長の描いた天下泰平の夢。

かなったらどんな世の中になっていたのか・・

天下を統一したのは秀吉。
秀吉の死後に幕府を開いた家康。
そして、その天下泰平に江が関わっていくのだろう。


江公式サイト第4話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story04.html

|
|

« 江の舞い 裏話 | トップページ | 樹里ちゃん、豆をまくw »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

私は歴史がまったくダメで江が始まる前の予習番組を観るまで、「信長が命を落とすのは?」と聞かれても「‥‥わかんない」って感じでした(笑)
だからこの先どうなるのかっていうワクワク感があります☆
そして原作は読まない派です(^∀^*)

ひとつまだわからないことが‥‥
明智光秀はなんで信長に、あんなひどい扱いを受けるのでしょうか??

投稿: Anko | 2011年2月 2日 (水) 00時14分

ネットで検索するだけでも、歴史についてはいろいろ情報がありますから、江を見た後、この人は誰?この事件はどんな事件?って調べてみるのも面白いと思います。

光秀が謀反を起こした理由についての説はいろいろあるようですが、今回脚本の人はそれまで積み重なってきた怨恨説をとってるようですね。信長は短気で苛烈な性格であったそうですから、家臣にも厳しく役立たずはすぐに切り捨てたようです。秀吉ですら気に入らなければ殴られ蹴られるというような性格。光秀は古くからの重臣でありながら周りに比べてたいした成果を挙げられていないうえ、その言動が信長の癇に障るのかもしれませんね。

今後は信長が去り、市が去り、そして様々な新しい出会いを通じて成長していく江が楽しみなのですが、今からもう嫁になんて行くな!って思ってしまいますw

投稿: 鬼八郎 | 2011年2月 2日 (水) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江の舞い 裏話 | トップページ | 樹里ちゃん、豆をまくw »