« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

江〜姫たちの戦国 第4話「本能寺へ」

すごいね。どんどん面白くなっていくよ。この話。まだ4話なのに。


今夜は、信長の思いに感動。

天下統一、天下泰平への夢。

しかし、江には「自分が神になる」と言い「それは違う」と江は怒る。


初めて兄と心通わせたという市の演技も素晴らしかったね。
しかし、これが最後の姿ととは・゚・(ノД`)・゚・

あと、明智光秀の市村正親さんもさすがだなぁ。はまってるわ。


冒頭はまた江のくしゃみで一同がずっこけたり、秀吉の面白いシーンだったり、かる〜く入ったのも後半のこの重い雰囲気のためだったのか。


江をもう一度信長に会わせてあげたいと思うんだけど、それはかなわないのかな(´・ω・`)


「江、カワイイよ、江」
で今夜は終わるのかとおもいきやw いやちょっと信長のドラマにはまり込んでしまいました。


あるよね、いいたいこと言っちゃって、あ、でも相手の気持ちわかってなかった、謝りたいって時。
あのお土産にいただいた洋装を持って信長を思う江をみて切なくなりまた。
大人の考えてること、しかも相手は信長、わかる訳ないのにね。


時代劇、特に大河ドラマは、ある程度のことは歴史で勉強したりして知ってるから、もちろん、先のあらすじもなんとなく知ってる。でも「こんなことあったかも」なんて楽しめるのは面白いねぇ。

あ、逆に「いや、歴史とか全然わかんないんスけど、信長って死ぬんスか?」みたいな感じだったらもっとワクワクして楽しめるのかなあ?ww


信長の描いた天下泰平の夢。

かなったらどんな世の中になっていたのか・・

天下を統一したのは秀吉。
秀吉の死後に幕府を開いた家康。
そして、その天下泰平に江が関わっていくのだろう。


江公式サイト第4話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story04.html

| | コメント (2)
|

2011年1月30日 (日)

江の舞い 裏話

今回の大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国」。

オープニングのタイトルバックのあざやかな映像とともに話題なのが美しい江の舞。

これ、何度見ても泣きそうになるくらいなんですが。

特に、最後、両手をそっと前で揃えて、目を閉じるところ。

江の母性を感じさせてくれる部分ですね。

舞自体はおそらく江の一生というか、江そのものを表しているんだろうなぁ、みたいに思っていたのですが、オープニング映像 能舞作 振付指導をされた能楽師の山井 綱雄さんがブログでこの「江姫の舞い」について語られているのですが、これが大変興味深い内容。


NHK大河ドラマ「江」能舞の意味

「江」撮影 裏話


ここで驚いたのが「眼を閉じているのは、上野さん自身のアイデアです。」ということ。

うーん、そうかぁ。素晴らしすぎるだろう(*´ー`*)

舞の意味を聞かずともその意味を理解し、自然発生的に、江姫が降りてきたのだろうと。


あの、江の映像、今までの樹里ちゃんとまったく違う女性に見えるときがある。

あれが江なんだろうな。

現在は子供の江なんだけど、ぜんぜん違う。

あの音楽も大変素晴らしく、江の舞いのあとぶわあって盛り上がるところは感動的だよね。
CGでちょっと不満を以前書いたけど、そんなことは些細なことだったな、と思う。

| | コメント (0)
|

樹里ちゃん2月から医療保険CUREの新CM

「医療保険CURE[キュア]」 新テレビCMのお知らせ
~わからない時代の「わかりやすい保険」~

「オリックス生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、社長:水盛 五実)は、2011年2月7日より、当社イメージキャラクター 上野 樹里さんを起用した「医療保険CURE[キュア]」の新テレビCMの放送を開始します。」とのことです!


2月7日は要チェック!!!( ・ ∀ ・ )

| | コメント (0)
|

2011年1月29日 (土)

相棒 劇場版II

相棒 劇場版II を見てきました。

公開からもう一ヶ月が過ぎてるのでかなり遅くなりましたね。

これだけ経ってたらネタバレも関係ないと思うので言っちゃうと、
小野田官房室長が殉職(でいいのかな?)するとは思わなかったよー!(´・ω・`)


物語は「さすが相棒!」という黄金パターンなわけで、もう言う事なし。

まあ、そのままテレビの延長なのは相変わらず。
これは「映画でございます!」というよりは素直に「テレビドラマの劇場版ですよ!」
という感じだが、相棒なら十分です。


しかし、どうするんだろうね、小野田さんいなくなって。

またひとり重要なオリジナルキャラが卒業しちゃって。
どんどん新しい血に入れ替えていくのは必要だとは思うけど。もう今のレギュラー、準レギュラーはしばらくいじらないで欲しい。

金子長官とか今後レギュラーになるのかなぁ。
(赤い激流ファンにはたまらんのだがw)

長谷川副総監との決着はついたのかどうかもわからない...

今後が気になりまくり。


ひとつ言えるは、亀山がいなくなったため、より右京さん色が強くなってるというか。亀山も空気のときはあったけどね。神戸は強引でもどちらkにわけちゃうと右京タイプだし。


しかしパンフはネタバレが過ぎるなw
先に見ないで良かった。
(ネタバレ注意!って表紙に書いてあった)


公式サイト
http://www.aibou-movie.jp/

| | コメント (0)
|

2011年1月24日 (月)

江〜姫たちの戦国 第3話「信長の秘密」

第3話。

結局、私も江と同様、築山殿事件に関する信長の考えは分からないまでも、なにかわかるように感じるところがある。このわからないまでも感じるというのがあればそれでいいのではないか、ということにしておこうw


良いドラマって必ず脇がいいと思うんですよ。いや演技派が揃ってるだとかそういう意味じゃなく、脇役もちゃんと物語で生きていてドラマがあるっていう意味で。
自分にとってはもうこのドラマはその面はとうにクリアしてる。

今回は千宗易、おねといった重要な人物の登場がありましたが、それでもちゃんと今回はほとんど信長と江だけの世界になっています。

特に江は子供らしくわからないことはどうしても知りたい、大好きな信長様の考えることは何でも知りたい。

しかもこれ、実年齢の子役がやるような脚本じゃない。大人が演じてるから説得力がある。そうでないと「ああ、かわいいね」「子役上手いね」で終わっちゃう。信長も子供に聞かせる話はしてない。時代も違うし、個人的には浅井三姉妹はもうちょっと年を上くらいにイメージしておくとちょうどいいかと。

そして樹里さんは、相変わらずたくさんの表情で楽しませてくれる。
江の「琵琶湖のような目」に注目だよ!

信長が可愛がるだけあって江は可愛いのう (´ー`*)


そして信長。

公式サイトの予告通り、信長様もニコニコ笑顔(*´ー`*)
今回はちょっと可愛い信長と評判みたいw

自分の気に入った世界の中ではああやってリラックスもできたのだろうね。

家康、秀吉への信頼は揺るぎないがそこには光秀の名前は無しか。たった3話だけど、少しづつ追い詰められていくというか、心が乱れていく様子がわかるようになってますよね。


いやいや、ここまで信長の魅力を振り撒いておいて、もう本能寺の変が近いのか!

これで物語後半、成長した江の中に信長の教えとかなんかが垣間見えでもしたら
絶対号泣しちゃうな、もう。(ノД`)




ところで「築山殿事件」。

ドラマの冒頭で軽く解説するくらいでサラッと流されてるが、信長や家康が主役ならドラマでじっくりと描いているはずだろう大事件。この大事件もここではあくまで江が信長に対して疑問をもつ、どうしても聞き出したい!というきっかけにすぎないのがポイントですよね。


Wikiなどで読んでても、やっぱ歴史ってすごく面白いよね。ロマンとかどうかはわからないけど、なでんでだろう。

今からどうやったら歴史って深く勉強できるだろう。できたら平安・鎌倉から大正時代くらいまで一気に、そして深く。やっぱ一生かけてじっくりしかないのかなぁ。とりあえず大河ドラマで勉強するしかないなw

| | コメント (2)
|

2011年1月22日 (土)

樹里ちゃん、韓国に無事上陸

本日13時ころ、樹里ちゃんが、ツイッターでの約束どおり韓国ソウル空港に到着したと報じられています。

4回目の来韓 上野樹里

翻訳サイトでは「自己発光美貌」と出たんですが、これは黒系の地味めのファッションでも自身が光り輝くような美貌だ!というような意味ととっていいんでしょうかw


大河ドラマで忙しいなかいろいろあったようですが、笑顔を見てなんだか安心しました。


これからのだめの舞台挨拶などをして、明日23日に帰国されるようです。

舞台挨拶の様子もたくさん出てくるのではないかと予想しています。前編のときも凄かったですからね。

期待してるギャグを覚えられるかな?

今夜はたぶん楽しみしていた焼肉なんでしょうねw


戻ったらまた翌日から大河の撮影なのでしょうか。

お仕事大変ですが、体に気をつけて頑張ってほしいです。

| | コメント (2)
|

資格なし

プロフィール欄からいろいろな説明文を削除。

看板から「樹里さんを応援するブログです」の文を削除。

個人的には樹里さん関連ソフトの紹介の意味、個人的な好みの押し付けの場であったのですが、ココログの機能を使って載せていたDVDやCDのリンクをアフィリエイトのリンクと勘違いされてる方もいらっしゃるようなのでアマゾンへのリンクを削除。


今後も当面ツイッターでアホなつぶやきをしつつ、ここはカテゴリーとかこだわらずさらにきままに思うように書こうと思う。

| | コメント (4)
|

記事は削除しました

「誤報を基に、憶測を書くのは、ガセネタ流す三流週刊誌と同じですよ。大人の仕事はそんなに甘いものじゃない。」

と無記名の方からご指摘がありました。


ご本人様に迷惑をかけることが一番いけないことだと思いますので削除しました。

| | コメント (0)
|

2011年1月18日 (火)

【祭り】Twitterに樹里姫が出現したぁ!!

今日夕方6時ころ?

Twitterに突如樹里ちゃんが登場〜!!!!

のだめ映画の韓国向けのアカウントらしく、江のリハ後にちょっとだけツイを!

PCに向かってる姿などの画像もあり、本物のようです。

びっくり!!!


「twitterひそかにチェックしてるからね~。」って言ってたw


「週末、そちらに行きまーす!待っててね~。」ということで、大河のお休みの日にソウルへ向かうようです。


個人的には姫が公式アカウントをもって発言したりブログをするのは反対派なんですが、だからこういうサプライズが面白い!!


私はリアタイじゃなくツイ追いだったので残念!

いや、今夜はテンションあがるわ!


| | コメント (0)
|

2011年1月16日 (日)

江〜姫たちの戦国 第2話「父の仇」

いよいよここから浅井三姉妹がメインとなる第2話。

父の死の真相を知らずに天真爛漫、すくすく育った江は、叔父織田信長に完成した安土城に呼ばれて母と姉二人とともに会いに行く。そこで、叔父が父の仇と聞かされる・・・・。


今回はなんといっても今回は信長X江の対決につきる。

1話のなかでこんなに時間とるとは思わなかった。

豊川悦司さん演じる信長は孤独、孤高のオーラがビンビン出てる。これはかっこよすぎだろう。人気出るわ、絶対。


樹里ちゃんの子供モードにも注目!

叔父上に会いに行くワクワクした江、猿の顔に吹く江、信長の存在感を感じる江、父の仇と聞いて困惑する江、家康と秀吉に見せた切れる江と覚悟の表情が凛々しい江(織田様に似ておられるというのはそこか?)、そして直に信長に会いに行く江。信長に惹かれていく江。

見事ですよね!!

樹里ちゃんの持ってる力をちゃんと発揮できるようになってるし、それに十分応えてる。

歴史上の実年齢を数えて突っ込むことはアホでもできるがフィクションでそこをつついても仕方がない。こんなもの、だいたいでいいんですよw 10代前半で嫁に行く時代だし。家康のセリフとかでもそういう脚本になってるし。あとは終わってから笑い話でOK。


あと、市の表情もさすがだなと思いますね。兄と目を合わせないことで怒りを表し、秀吉には顔もみられたくない。そして最後の江を見守る母の顔とか。いい!


さて、信長がかっこ良ければかっこいいほど、本能寺の変が楽しみすぎることになる!

また、あそこに並んでたメンバー、信長、家康、秀吉がああやっていっしょにいたと思うと感慨深いな。柴田勝家、明智光秀。戦国オールスター。さらに信長の死後にみんな敵同士になって戦うなんてね。戦国時代は怖い。信長様の仰るとおり。


子供の江が予想以上に素晴らしいだけに、成長した姿も楽しみだけど、それはしばらく先にとっておくとして。


来週がまた待ち遠しいです。

| | コメント (4)
|

あえて言う、織田信長は・・

今夜はついに「ごう〜姫たちの戦国」第2話。

一週間がいつもより長く感じられましたw
第2話よりお話しはいよいよ浅井三姉妹がメインになりますね。楽しみです。


で、第1話はなかなか好調なスタートをきった様子と報じられてました。
良かった!

江が生まれるまでのお話なので、浅井三姉妹は冒頭でちらっと出ただけでしたが、それで3人の性格とかわかるような深いシーンだったようです。


で、好評だったのが物語の中心だった浅井長政役の時任三郎さん、市の鈴木保奈美さん、信長の豊川悦司さん。

市の結婚から江誕生までという、いわば序章的な話だったためかなり駆け足で話が進んでいましたが(信長が主役なら10話使ってもいい内容)、それでも感動的なドラマになっていたのはさすが。


で、信長役の豊川悦司さん。
やはり注目ですよね。
クールで切れのある信長役だと思います。


しかし!

空気を読まずここであえて言うと、ナンバーワン信長役は役所広司さんです!!

これはガチ!

大河ドラマ「徳川家康」で演じられていました。

しかし、異論は認める。
何しろ現代人は誰一人実際に信長本人を見ていないのだからw


トヨエツ版がクールなら役所版はホット。熱すぎるくらいエネルギーに満ちた豪快な信長だ。これは私の中の信長像に合うもの。それまでたぶん無名だった役所さんを大抜擢したようですが、まさに衝撃的な登場だった(らしい)。

「それまで一般に知られていなかった若手俳優役所広司が織田信長を熱演して爆発的な人気を博した。この作品で一躍注目を集めた役所は出演ドラマ・映画が激増し・・」
「役所は並み居る大物俳優たちを前にその持てる力を遺憾なく発揮、初登場時から強烈な印象を視聴者の目に焼き付けた。NHKには問い合わせの電話が殺到、大評判となった。送られてきたファンレターも番組出演者中最大量。「役所君の持つ、精悍さの中にある優しい瞳に我々は賭けたのだ」というスタッフの意気に見事応えた・・」(以上、Wikiより引用)


といっても今ではかなりうろ覚えなんですがwそれはもうトラウマのように(?)しばらく私の中では役所さん=信長というイメージが定着してましたね。(シャル・ウィ・ダンスを見るまでは)

今では黒木メイサさんの前で鼻の下を伸ばしてるいいオヤジですがw 信長はかっこ良かった!最高だった。

まあ、そんな感じで。

| | コメント (1)
|

2011年1月10日 (月)

江〜姫たちの戦国 第1話「湖国の姫」

1年間待ち続けた上野樹里さんが主演する大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」がついに本日(9日)よりスタートしました!!!!


美しいタイトルバックは水をイメージしたもの。ピンクや紫などの艶やかな色は、ゴリゴリに暗く男くさかった前作とはまったく違う世界観を感じさせますね。

そこには姫の美しい舞いが!(*´ー`*)

あの両手をそっと前に添えて目を閉じるあたりがいいね!
もう母性すら感じる。

市に見守られて遊ぶ3人の姫。やがて江は成長しそして母に? 最後江が見守ってるのは太平の世か。

いい曲だ。


物語はエピソードゼロとも言える、母市の結婚から江誕生までの物語。

まんじゅう話はいきなり冒頭か。市のナレーションはちょっと声が若い印象。普通こういうのって渋いのが多いので面食らったけど。

馬で駆ける江から、市へ映像が変わる演出には感心しましたねぇ。


兄信長のため嫁いだ先で夫長政に恋した市。

そして兄を裏切り夫とともに死ぬ覚悟を決める。


江をおろそうとした母市を決死の覚悟で止めた幼い茶々。
フィクションだろうけど、こののち恩人の姉茶々と江が敵同士になるという展開になるわけね。


それにしても、市を演じた鈴木保奈美さんと浅井長政を演じた時任三郎さんが素晴らしかった第1話。

茶々をいさめようとする鬼気迫るほど恐ろしく美しい顔と、夫との今生の別れのシーンでの保奈美さんが凄かったね。

プレマップでこれでもかと流してたけど、いやあ、これだけ濃ければOKですよ。予告でいまいちピンとこなかった「江は希望ゆえな」という名台詞ではこみあげてくるものがありました。(;´Д⊂)

一気に見終わって、なんだか祭りが始まったのか終わったのかよくわからないくらいドラマチックな展開でしたw

いよいよ成長した江が本格的に登場する第2話以降、目が絶対話せない素晴らしい第1話、ありがとう!!

ちょっと放心状態のあと興奮状態でございますw




番組ホームページはこちら
http://www9.nhk.or.jp/go/index.html

願いが通じたようでメインポスター他、計3枚の壁紙もアップされました!
(*´ー`*)

・・・私はもう手作りで作ったのを使ってますけど!

| | コメント (0)
|

2011年1月 7日 (金)

姫、「おはよう日本」にも登場

9日の大河ドラマの放送を前にPRも活発。

今日は朝7時の「おはよう日本」にもインタビューで出演。

もちろん録画ですが、前の「ニュースウォッチ9」と同日の収録と思われ。
(髪型、衣装が同じ)

この樹里ネエさんとでも呼びたくなる大人姿と子供モードの江とのギャップに今回もやられたw

樹里さんはテレビの視聴者も「お客さん」って言いますよね、いつも。舞台や映画じゃないけど、テレビを見てくださる方はみんな「お客さん」なんだね。


NHKのPRも本格化。
樹里さんをこれまで知らなかった層にもアピールすることで興味を持っていただければ幸いです。

しかし、このテーマ曲、いいわぁ。( ・ ∀ ・ )
ぴあののフレーズが美しかった。


大河50作目の大河ドラマの成功を祈る!

もうすぐかと思うとちょっとこちらが緊張してきますねw


さて、8日の予定は・・・
1月 8日 (土) 08:45 ~ 09:15
NHK総合 「あなたが主役!50ボイス 年始スペシャル 大河ドラマ江ボイス」
1月 8日 (土) 21:00 ~ 22:18
NHK総合 「カウントダウン「江」~大河ドラマ50作すべて見せます~」
です(樹海スケジュールより)。お見逃しなく!

※ちなみに土スタには水川あさみさんがゲスト!これも必見デス!

| | コメント (2)
|

2011年1月 6日 (木)

JURI CINEMA SPECIAL ナニカ

Nanika

第1話、第2話を配信中。

※1/6は「Hanako」No.987 (表紙&お江を巡る旅)発売日です(・∀・)

| | コメント (0)
|

2011年1月 5日 (水)

ニュースウォッチ9に姫登場

みなさん、ご覧になりました?( ・ ∀ ・ )

いやぁ

今夜(4日)も神映像でしたねぇ(*´ー`*)


のだめ基と違って髪が長いせいかいろんな樹里さんで登場されるんですが、

もうなんでもありなんでw


いろんな髪型で楽しませてもらってる感じ。


もう横顔ドアップ、マツゲまでクッキリの目に萌死。


ああ、インタビューの中身について書いてなかったですが、

けっこう樹里さんの女優としての本質について話てたような気がします。

SGから始まって、のだめ、ラスフレ。

なんとフジテレビから映像かりてきての放送。


NHKやるな!

約10分という短い時間なのでコアなファンには物足りない内容になってしまいますが、樹里さんをよく知らない層にもどんどんアピールしてほしいですね。

| | コメント (0)
|

2011年1月 3日 (月)

江姫の舞い

今夜のBS-hiの大河50の放送では、今まで公開されてなかった江の映像がちらほら登場してましたね。

子供モードの江の樹里さんのインタビューの可愛いこと(*´ー`*)

そして!

たぶん、オープニングのタイトルバックで使われるのかな?オトナモードの江姫の舞いがついに!!!!


これはたまらん!w


美しすぎる・・・!(*´ー`*)


またギャップにやられましたw


今週からNHKでは江関係の番組が増えますのでみなさんお見逃しなく!


そういえば1/1にいろんなニュースサイトで樹里さんのインタビューが掲載されていたのですが、すっかりサボってました。だめだなぁ。


【新春エンタメざんまい】大河「江」の上野樹里「水のようにしなやかな姫を…」

遠い存在じゃないんだ…上野樹里 共通点は「放っておいた方がいい」

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」主演・上野樹里が江について語る

上野樹里、初めて尽くしの大河『江』でさらなる高みへ

| | コメント (3)
|

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

2011年、江の年ですね( ・ ∀ ・ )


紅白の審査員での樹里さん、出番少なかったけど、綺麗でしたね、ええ(*´ー`*)


とにかく「江」に集中する1年でしょう。
あとは、Macのどんな新生が出るか、ですかねw


私にとっての2010年は、ツイッターを始めたことが最大のことだったように思います。

(次はiPhone買ったことかな、iPadはすぐに手放したけど)


ドラマ「素直になれなくて」がきっかけだったわけですが、おかげで、多くの樹海のみなさんとお話もできたし、テレビやMacの話、いいたいことをとりあえず言う、という環境がブログ以外にできたことが大きいですね。


ブログ、けっこうエネルギーいるんですよ。

いいたいことがいっぱいあるけど、書くまででもないな、とかああ書こう、こうしようとか悩むことも多い。というのもログとして残るから。

ツイッターも残るけど、もっとリアルタイム。


で、いつのまにかツイッターのほうが多くなり、ブログ発言は減りました。

よってツイッターのつぶやきがライトナビの上に置いてみました。

興味がある方はどうぞ。

| | コメント (2)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »