« AVアンプを買い換えた | トップページ | オリックス生命の新CM »

2011年2月 7日 (月)

江〜姫たちの戦国 第5話「本能寺の変」

いやあ、マジ泣きしちゃいましたね。・゚・(ノД`)・゚.


江の魂が信長の最期を見届け、そして、江が危険になると
信長の姿が現れて江を導く・・・


信長の最期の瞬間、目の前に現れた江。

なぜあのような表情ができるのか不思議でならない。

すごい、すごすぎるわ。

天使のような無垢な表情にもみえるし、やさしく信長を包みこみ、導いていく姿。

信長の最期を繰り返し、繰り返し見て涙が止まらない。
次々にこみあげてくる。


そして最後の絶叫…。


とりあえず、今夜は。(´Д⊂グスン


参考URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110206-00000541-san-ent

江公式サイト第5話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story05.html

|
|

« AVアンプを買い換えた | トップページ | オリックス生命の新CM »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

胸がいっぱいになりましたね…(ノ_・。)。
まだ5話なんですよね!!。
それで、
これだけの素晴らしい…物語が…。
この5話だけでも名作です!!。

信長の一筋の涙…。
心を許し真の自分を語れた者にしか見せない涙だと思います。
孤高の者が愛しさを知り、
独りで逝かずに愛しき者が最後を看取ってくれた。

“人間と人間の間にある愛の物語”
だと想い感じました。

二人だから成せた…。
本当に素晴らしい物語を堪能しました。

投稿: SQUALL | 2011年2月 7日 (月) 18時26分

あれ?これ大河ドラマだよね?とちょっと驚きました、最初はw 豪快な切腹とかするのかなぁ、と思って見てたらそうじゃなく、江の魂と信長の魂が呼びあって、みたいな。

江に導かれて光のなかに消えていきました。
思うまま、存分に生きた、涙がずっと目に焼き付いています。

5話まででものすごいドラマになりました。ここまでを牽引した信長が亡くなって、大丈夫〜ってちょっと心配ですが、まだまだ戦国の世は江に試練を与えるのでしょうね、今後もますます楽しみです。

投稿: 鬼八郎 | 2011年2月 7日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AVアンプを買い換えた | トップページ | オリックス生命の新CM »