« 24時間まるごと上野樹里スタート! | トップページ | JURI CINEMA SPECIAL ナニカ がBS11に »

2011年2月13日 (日)

江〜姫たちの戦国 第6話「光秀の天下」

今夜は、前回の本能寺の変よりも泣かされましたね(´Д⊂グスン


本能寺はある意味「イベント」なだけに、どうくるか!、みたいな気構えもありましたけど、今夜は光秀にやられました。

本能寺は後から何度も押し寄せてくる。
光秀はいっしょに泣けてくる。
そんな感じ。

どうしてもカッコイイ信長に話題は集中しがちですがw
私は光秀の市村さん、負けてないと思いますよ。
素晴らしかった。だから泣けた。


謀反を起こした後、その親方様と慕った信長の自分への信頼を知った光秀。
誰も自分にはついてこず、秀吉に討たれるであろう覚悟した。


家来やおくってきた家康の共を救うべく自らが人質になろうとしたにも関わらず、全員を殺され、自分の願うことがまかり通らない悔しさ。

光秀に会い、信長を討ったことを許すかわりに、意思を継ぎ天下太平の世にしてくれと約束する江は光秀のもつ哀しみを感じ取った。

命からがら逃げ惑い、敵陣に乗り込んだ江がようやく母や姉の元へ帰り安堵する涙。

そして信長の仇の光秀の最期、戦乱の世に次々と命が失われていくことに涙する…

江の願いは、信長が目指した「天下泰平の世」、誰も死ぬことのない太平の世だということがはっきりした話だった。


次は、光秀討伐を果たした秀吉と、市が嫁いだ柴田の戦いか。

市が嫁ぐというのもいきなりな話のように思えるが、これが殿様という大きな支えを失った当時の女性の生き方なのかも。まあ、納得のいく話になるんだろうと期待。

というか、先日放送された「田渕久美子が語る江の世界」でかなり出てきたのですが、これまたその先は号泣まちがいなしなわけですね。
歴史として知ってても、映像で魅せつけられちゃうとやっぱりきますよね。


戦国時代はダイナミックで目が離せませんね。

秀吉が天下統一して江がもう少しおとなになってくると、本来のラブストーリー?になるのかな。


公式サイト第6話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story06.html

|
|

« 24時間まるごと上野樹里スタート! | トップページ | JURI CINEMA SPECIAL ナニカ がBS11に »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

御意…m(u_u)m。

何ら異存は御座いませぬ。

私めと致しましては、
明智殿が家臣へ申し伝えました。

親方様の思い…、
儂が心底お慕い申した信長公の姪子さまになるぞ…。

※↑この様で、よろしゅう御座いますか?。※

で“江”泣(号泣)致しました(T_T)。

大河ドラマで、
これほど泣かされるとは思いも寄りませぬ事…。

誠…今後楽しみでなりませぬ。

では、
これにて失礼致しますm(u_u)m。

投稿: SQUALL | 2011年2月14日 (月) 07時39分

光秀謀反の真相はたぶん誰にもわからず、ドラマが100本あったら100通りの光秀がいるんでしょう。江では謀反の理由を「わからぬ」「運命」みたいな描き方で答えは出しませんでしたが、私には言葉でうまく言えませんが、感じ取るものがあったような気がしますし、ドラマってそういうものでいいんでしょう。

森蘭丸の手紙は余計だったのでは?という意見もあるようですが、あってもおかしくないそんな光秀だったのではないでしょうか。

しかし、まだまだ泣かせてくれそうですよ〜 (´ー`*)

投稿: 鬼八郎 | 2011年2月14日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24時間まるごと上野樹里スタート! | トップページ | JURI CINEMA SPECIAL ナニカ がBS11に »