« とりあえず狙いは | トップページ | HAKUのCM捕獲完了〜! »

2011年2月20日 (日)

江〜姫たちの戦国 第7話「母の再婚」

物語としては今回、次回は次の山場である賤ヶ岳の戦いと北ノ庄城落城への布石になる回となるため、かなり地味め、ユルいところもあった。そして、いよいよ猿こと秀吉が表舞台に立つことになる。(家康は様子見w)


母の結婚に反対する娘とか、おそらくは次回は勝家を父として慕い、そしてそのことが重なって次の悲劇へと向かうと思われ、早く先がみたくて仕方がない!


勝家は、武将としての豪快さ、信長への忠誠心、市に対する純情さといい実にいい男として描かれていて、ここが秀吉とは違う(本当にそうだったらしいし)。

父の顔を知らない江にとって叔父信長は、初恋にも似た憧れ、勝家は父として大きくて厳しくて暖かい存在という感じかな?


秀吉の悪知恵というか頭の良さは、江や市から見ると悪役ともとれるくらいちょっと憎らしいのだが、秀吉もあの性格で、おねの存在などもあってどうも敵として憎みきれない面白キャラではあるw
(描き方によって、秀吉側からみたら逆になるわけで、脚本とは面白いものだなぁ)


それにしても、今回も江はいろいろ活躍しすぎで、清洲会議を盗み聞きするなど、また歴史にうるさい人から怒られそうだがw くるくる変わるその表情の演技は愛くるしくて実に素晴らしい。あくまで「江目線」の大河ドラマなのです。


※Wikiによると、市と勝家の結婚は「従来は信孝の仲介とされて来たが、秀吉の仲介の書状により、秀吉による仲介説が有力となっている」らしい。勉強になるな。しかしこれでは物語上うまくないので、従来の説を採用したのだろうか。


これほど敵対する(江のことはともかく)秀吉の側室に茶々が後になるというのはまたドラマがありそうですね。天下人秀吉が凄いのか茶々が望むのか… まあ将来のことはもう少し先には答えはあるので、とりあえず来週は「ホームドラマ江」に期待!


江公式サイト第7話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story07.html

|
|

« とりあえず狙いは | トップページ | HAKUのCM捕獲完了〜! »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえず狙いは | トップページ | HAKUのCM捕獲完了〜! »