« Sandy Bridge採用のMacBook Pro登場 | トップページ | 「江姫の舞い」の解説 »

2011年2月28日 (月)

江〜姫たちの戦国 第8話「初めての父」

8話までもう全部名作だよ、うん。


琵琶の海も見納めじゃ…に長政様を思い私もホロリ(゚´ω`゚)


市が勝家の元に嫁ぎ、三人の姫にも新しい父ができた。

しかし、なかなか馴染めない上、茶々も初も実の父長政のことを思うと勝家を認められず。

江も今まで口にしたことのない言葉「父上」をいえずにいたが、事件をきっけかに…


とまあ、絵に書いたような王道のホームドラマでした (´ー`*)


変化球もなく。

だからホッコリと笑って泣ける。


市も
「武将の心で嫁ぐ」と名ゼリフをはいて
樹海では「笑ろうておる」「希望ゆえな!」に匹敵する流行語になっていましたがw

勝家の心に触れて、武将の心も溶けてしまったようだ。

そうでないと、これからくる最期のシーンは合戦に負けた武将になっちゃうよね(´・ω・`)

なんで結婚して半年程度でそんな最期?なんて年表だけ見てるとよくわからないが、勝家と市はそういうことなんだろうとわからせてくれた。


というわけで、もう来週はいやあな空気が流れてるっぽい。
この幸せも長く続かないとか…

すっかり秀吉は悪役に…


個人的には勝家は男気あふれる豪快な男というイメージをしていたが、それよりもすごく実直で暖かい男として描かれている。大地康雄さんは豪快か?ということは思っていたが、それよりもこの暖かい家庭を築いた、ということにおいてはハマリ役でさすが素晴らしい演技で応えてくれていて実にいい。

このことが次の江への試練にもなるのでそれもまた切なさが増すねぇ。


それにしても江はいろんな顔してる。
いろんな経験をして成長してる。
すごい。
毎回45分の中にいっぱい詰まってる。
それだけで感動してるわ、自分。

終わって思い返して、
そしてまたリピートして見続ける。


江公式サイト第8話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story08.html

もじゃ家さまこと大地康雄さんインタビュー(ちょっとネタバレ)
http://www9.nhk.or.jp/go/interview/idx06.html

オリコンスタイル
大地康雄、上野「江」に親心 「演技が掛け算になる瞬間があった」

|
|

« Sandy Bridge採用のMacBook Pro登場 | トップページ | 「江姫の舞い」の解説 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらを拝見すると、ほっこりいたします(^O^)
私も八話すべてが素晴らしいと思っている一人です。樹里さんの表情、仕草、表現…きっと感じ、考え練られての演技。だから完成度が伝わってくるのではと思います。共演者の方々とのセッション(以前ご本人がおっしゃってたことばです)も毎回絶妙です。
70をすぎた家族も、楽しくみてる今回の大河ドラマです(笑)むしろ嵌まっていますよ。
姑がHAKUのCMみて「この人江だね」とわかってたのに驚きを隠せませんでした!長文失礼いたしました。

投稿: ku | 2011年3月 1日 (火) 08時47分

たぶん、ここからが子供時代のハイライトになりそうです。(最初の結婚まで)楽しみですね。

もうご存知かもしれませんが、ツイッターでフォローしてる北マングスさんのブログがオススメです。
http://ameblo.jp/ktmgs/

投稿: 鬼八郎 | 2011年3月 1日 (火) 21時38分

鬼八郎さん、ありがとうございます!!!

投稿: ku | 2011年3月 2日 (水) 22時28分

コメントで北マングスのブログを紹介して頂き光栄です。
このブログに来ると今回の大河を楽しんでる人が沢山居て嬉しいです。
私も読み易くなるよう(武将の心で)努めます。

投稿: みるくのくるみ | 2011年3月 4日 (金) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sandy Bridge採用のMacBook Pro登場 | トップページ | 「江姫の舞い」の解説 »