« juriartが更新されました | トップページ | チーム・アミューズ!!支援曲を初解禁 »

2011年4月13日 (水)

江〜姫たちの戦国 第13話「花嫁の決意」

とてもわかりやすいドラマだと思う。
子供にも人気があるらしいのだがわかる気がする。

三姉妹に焦点を合わせると、戦国の大名たちがどのような駆け引きをしてるのかはどうでもいい、というか女たちの噂程度でしかない。

コメディタッチなのが大河らしくないということかもしれないが、コメディドラマには「泣き」がつきもの、必須なのです。だからここまで13話全部いい。


樹里ちゃんは、実に涙を隠して笑うのが上手い。以前もそんなことを別のドラマで思ったことを思いだした。

上手いというのは、笑ってるけど目が笑わない、見てる人に「笑ってない」「実は何か裏になにかあるんですよ」と自然とわかりやすく伝えなければならないのだがその目が上手い。覚悟が伝わる。


江が嫁ぐ理由はやはり「姉を守る」という一心だったわけですが、今回はおねに泣かされましたね。

嫁ぐ江を見送るところも、立ち上がった初で盛り上がって、おねで決壊。
また、茶々に江の覚悟を打ち明けるシーンもみごたえありました。

秀吉に離縁をせまったりぶん殴ったりw さすが秀吉をここまでにした妻です。
大竹しのぶさんってこんな貫禄ある人だったっけ?と思わずにはいられないんですが。


佐治一成は、さわやかスマイルでちょっと安心しましたw

式の前に嫁に会いに来るところなどは江の父浅井長政を彷彿とさせてくれました。

役者の方の実年齢36歳だそうですが、一成は江の4歳上だそうですよ。
(つっこみどころですw)


最後、ヨシがここぞと用意していた絵巻物で失神する江に爆笑www

見ていてつらい嫁入りだったらどうしようと思っていた心配も吹き飛びましたw


面白いねぇ(*´ω`*)

これ(大人の)樹里ちゃんが演じてるから笑えるんだよな、たぶん。


江公式サイト第13話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story13.html


|
|

« juriartが更新されました | トップページ | チーム・アミューズ!!支援曲を初解禁 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« juriartが更新されました | トップページ | チーム・アミューズ!!支援曲を初解禁 »