« MacBook ProをSSD+HDDにした | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第14話「離縁せよ」 »

2011年4月18日 (月)

JIN -仁- 第二期(完結編)第1回

初回スペシャル凄かったですねぇ。

なんだか地味に始まったような感じでしたが、京都あたりからの盛り上がりはこれで連続ドラマでいいのか?ってくらい。なんかひさしぶりに震えのくるようなドラマで後半は泣きっぱなしでしたよ、マジで。

原作知ってるからだいたいのストーリーを知ってるはずなのにね

2時間SPだけど、脚気編と京都編を盛り込み、ちょっと詰めすぎという意見もツイではみかけましたが、うまく消化してるように見えました。

それにしても三人のゲスト、佐久間象山の鬼気迫る演技、久坂玄瑞の最期に泣けた、泣けまくった、そして西郷隆盛のイメージピッタリなキャスティング(&演技)w

この3人は特筆すべき

第1シリーズからのレギュラーはもう今更言う事ありませんので今回は省略でごめなさい。でも龍馬はやっぱり内野聖陽さんぜよw

次回からも楽しみ!
まさかあの私が嫌いなストーリーが出てくるなんて_| ̄|○
でもそれで野風登場!となるのかな。

もっと幕末を勉強したいね。
幕末〜明治を生きぬいた偉人たちのストーリーをもっと知りたい。



さて、ここからは原作厨の話。

ドラマも100点、原作も100点、で私は見てますが、ドラマは原作の魅力とは全然違うと思ってます。設定、ストーリーが同じだけで別のものだということはドラマから入った人が原作を読むと感じるのではないでしょうか。主人公の仁も違うし、咲も原作の咲とは違うと思ってる。私は原作が先ですが、それでもドラマはドラマとして楽しめています。ドラマはドラマらしく泣きがコッテリくどい感じがしますが、それがクセになりますよねw

今回の京都編は全20巻中6〜7巻あたり。(第1シリーズは5巻までだった)
栄さんの脚気と安道奈津の話は京都から江戸に帰ってきてからの話なのですがドラマでは同時に進行する話に変更されていました。喜市が母栄を説得したという泣きポイントはドラマオリジナル。本来は仁が説得すべき立場なのに京都を行っちゃったし。ちなみに原作でお菓子は他にプリン(富醂)なども登場しますw

京都編は、東修介を助けたときに追ってきた沖田総司と知り合い(その後深く交流することになる)、またあのあと西郷隆盛との交流(術後の治療)があり、一橋慶喜と会ったり、龍馬にお龍を紹介されたりといろいろあるんですが、ドラマでは一刻を争うように帰りました。
ちなみに龍馬は禁門の変には関わっておらず、久坂玄瑞の死についても原作では史実としてわずかに紹介されていたにすぎません。龍馬が久坂玄瑞の意思を受け継ぐかのようなあの記憶に残る名シーンはドラマオリジナル。

次回はおそらく8巻あたりでしょう。

エンディング曲はあれだけ刷り込まれたMISIAから移行するのは慣れが必要ですね(´・_・`)


JIN -仁- 公式サイト
http://www.tbs.co.jp/jin-final/index-j.html

|
|

« MacBook ProをSSD+HDDにした | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第14話「離縁せよ」 »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MacBook ProをSSD+HDDにした | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第14話「離縁せよ」 »