« JIN -仁- 第二期(完結編)第3回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第17話「家康の花嫁」 »

2011年5月 6日 (金)

江〜姫たちの戦国 第16話「関白秀吉」

このあたりはおそらく江に関する記録などないんだろうな、と思われ、秀吉の話が中心になる。

将軍になるためには「先の将軍に会いに行け」

将軍になれなかったのを見返すためには「将軍より偉くなれ」

という江の何げない言葉がキーワードとなって秀吉は出世へ邁進するところなどは、ありえないことはわかってても面白い。

江は秀吉を仇でなければ別に嫌いでもなかったし元百姓だからという目でも見ていなかったし。
前回理解しあったせいか、大事なところでなぜか呼ばれたりするし、漫才のような掛け合いも息があってるw


また、これまでの話で、好奇心旺盛すぎる江がたくさんの歴史に名を残してきた人、またその家族などと交流してきたことがうまく作用してることが今回もまた現れていて、これで江が秀吉の母や細川たまと出会っていなかったらやっぱり話にならない。江と関係ないところで歴史がいろいろ動いても意味ないからね。


江はなぜか皆に好かれるタイプ。
(主役だから当たり前だがw)
(私も好きだw)
また、逆に出会った人をみんな好きになる。


歴史としては、今回登場した秀吉の家族もつらいめに会うとか多少は知ってるわけですが、でも見てる間はなぜかいっしょに時を過ごしてる自分に気づく。見終わってからでないと「ああこのあとこうなんだっけ」思い出せなかったりするw

着々と力を貯めていく家康の影響力の大きさとかもね、脇でチラチラと出てきてますけどねw


江は、歴史の証人のようにこれからも中心にいるんだろう。


個人的には宗教というものをまったく信じていないのでキリスト教と言われても「?」なのですが、そうか、初はそうなるのか…(´・ω・`)


確かに信長が生きていた頃は良かったねぇ、とたまや茶々といっしょに私もなんだか懐かしく映像を見入ってしまった。こちらの世界ではほんの2〜3ヶ月前なのだがw 天下が治まってる(一応信長の下で)というのは平和なんだな、と思えた。


しかし、やばいねぇ。

茶々、秀吉に心動かされつつあるねえ。
一に押し、二に押し、三に押しだw
ああまでされたら女性は心動かされるんだね。メモしておこう_〆(・ω・`)


そういえば将軍は源氏でなければいけないってことだったけど、徳川はどうなんだ?


江公式サイト第16話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story16.html

|
|

« JIN -仁- 第二期(完結編)第3回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第17話「家康の花嫁」 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

徳川は家系図的には清和源氏の末裔、又は流れをくむと言う事に為っていますが、遠江の土豪の出だと言う話があます。
この時代出自は捏造した大名が多いいので良く解らないと言うのが本当の処だと思います。

樹里ちゃんはのだめの映画の後編で一皮向けたと言うか大人の女性に変身したなと言うのが私の感想です。
いい女性になったなァ~

江姫は鈴木友子が成長したらこうなるのではないかと思い楽しみながら大河を観ています。

投稿: 佐藤浩一 | 2011年5月10日 (火) 23時35分

ソース出せって時代でもないしいくらでも捏造できたのかもしれませんね。養子だなんだで名前がもらえる時代ですからね。

考えてみたら友子のほうがたぶんまだ年上なんですけどw
とりあえず意味はよくわかります (´ー`*)

去年あたりから年相応に綺麗になったと思います。それでも幼い役もこなせるのは凄いと思うんですが。
実年齢がどうのって言う人もいますが、実年齢の役者に今の江を演じられても逆にどうよ?て最近思うんです。人形のように飾っとくだけの姫ならいいですけど、あの年で嫁にいったり離縁させられたりいろんな経験するわけで。それを思うと大人が演じてちょうど良かったんじゃないでしょうかね

投稿: 鬼八郎 | 2011年5月11日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JIN -仁- 第二期(完結編)第3回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第17話「家康の花嫁」 »