« JIN -仁- 第二期(完結編)第5回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第1〜18話ダイジェスト »

2011年5月22日 (日)

江〜姫たちの戦国 第18話「恋しくて」

今回は江にとってはあまり大きな出来事もなく、とりたてて書くこともなかったのですが、秀勝のことをなんとなく気になる存在に、というところでしょうか。

ちょっと気持ちの通じ合いそうな人、でもそう思った矢先にいなくなる…

秀勝にはもうちょっとインパクトを与えてもよかったような気がしますがね。江の恋愛模様はまだ先のようです。


それにしても、喫茶「利休」。

お茶を飲みたくなったら行けばいいのかな?
ちょっと悩み事があるんですけどぉ、みたいなw
普段よりお茶を入れてお待ちしております m(_ _)m 的なw


今回は初と茶々がメイン。

とくに初は可愛かったねぇ(*´ω`*)

よく知らずひどく言ってしまった人に初めて出会って一目惚れ。

孝次様は線は細いが凛々しいお方。意外と戦でも活躍したとか。
お菓子が大嫌いということだけど、初はお菓子をやめるのかな?w
それとも自分の思うがままに生きるのか?w


さて、正攻法で攻めまくる秀吉に、茶々はついにOKだしちゃうのかと思いましたよ。

うーん、でもまだ悩んでる様子ですな。
仇だからと思い込むことで拒んでるような。
いや、父親くらい年上だしねぇ。

それにしても、感のいい江。
「私が守る」
といったとおり、いいところで出てくるわw
しかし、ちょっとお邪魔に感じちゃったんだけどー。


というわけで、複雑な人間関係となりつつある大阪城内。

おねにとっても龍子とは別に茶々には複雑な思い、焦りがあるんでしょうか。


茶々と秀吉のことで、おねが秀吉との関係に冷めたとか、茶々とは激しい対立関係にあって関ヶ原では東軍についたという説とかある一方で、そうではなく淀殿と連携した、三成と親しく西軍よりだったとする説もあるそうで、結局どっちなのか素人にはよくわからない。
今後「江」ではどちらになるのかわからないが、どっちにしたら史実にこだわる人は納得するのかはどの説が正しいというその人の主張に合うかどうかなのかもしれないね。

そういえば、以前は「ねね」だったのに「おね」って言ったりどっちなのかそれもわからない。しかし、ドラマにおいてはどっちでもいいでしょう。


江公式サイト第18話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story18.html

|
|

« JIN -仁- 第二期(完結編)第5回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第1〜18話ダイジェスト »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JIN -仁- 第二期(完結編)第5回 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第1〜18話ダイジェスト »