« UltrabookとMBA | トップページ | JIN -仁- 第二期(完結編)第8回 »

2011年6月 3日 (金)

江〜姫たちの戦国 第20話「茶々の恋」

いや、まあ、初が幸せそうで何より (´ー`*)


今回も茶々が主役で江はまわりでやきもきするだけ。
江ファンとしては、江のほうに気持ちがいってるので
「茶々はなにやってんだあああああ!」
っていう気持ちもあった(´・ω・`)

ああ、恐ろしい女の世界か。
おねと茶々の間に流れる空気が…
龍子も余計なこと言って、あとからフォローしようにも空気変わらずw


餅のような付きを背景にお互いを求め合った茶々と秀吉のシーンは大河の歴史に残ったかもしれないな。

実際に史実の中の茶々がどのような気持ちでいたかはよくわからない。

ずっと「親の敵」と恨んでいた秀吉に対する茶々の気持ちがどうなるのか、なぜそんな男(母が側室に鳴るくらいなら自害することを選ぶような)の側室になることを決めたのかはずっとわからないでいたが…

茶々のまわりには秀吉と三成だけでほとんど男がいないんじゃないか?というのもあるのですがw

ようするに、
ストレートにど真ん中で押してみるのが一番か…
一に押し、二に押し、三に押し、ちょっと手応えがあったら引いてみる
そしてまた押す…
でOK(・ω・)?

なるほどな、メモっておこう_〆(・ω・`)

時間が立てば恨みも多少は風化するのかもしれぬ。


しかし、次回予告を見る限りかなり江はお怒りのご様子。

母に変わって「姉上をお守りする!」というのが江にとっての決意だっただけに、裏切られた気にもなろう。

これが二人の中で大きな亀裂になるのだろうか。

このあと江も嫁に行くわけで、三姉妹はバラバラになる。
茶々と江は理解し合えないまま別れて暮らすとなると寂しいねぇ。


江公式サイト第20話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story20.html

|
|

« UltrabookとMBA | トップページ | JIN -仁- 第二期(完結編)第8回 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UltrabookとMBA | トップページ | JIN -仁- 第二期(完結編)第8回 »