« 江〜姫たちの戦国 第21話「豊臣の妻」 | トップページ | 樹里ちゃん新CMはアサヒ カクテルパートナー フワリッチ »

2011年6月12日 (日)

JIN -仁- 第二期(完結編)第9回

ついに起こってしまった龍馬暗殺事件。

しかも、その一味の中に幕府から使命を受けた恭太郎が…

恭太郎は龍馬を討って自害するつもりだったようだが。


しかし、頭を切られた龍馬が崩れ落ちていくショッキングなシーン。
原作からかなり離れているので、私にもどうなるかわからなかったのでひさしぶりに言葉を失いました。

いや黙ってテレビ見てるので言葉は発してないのですがw
他のことを考えられずに見入ってしまいましたね。

その前の、龍馬と東修介のシーンが
「男に生まれて良かったな(つД`)。*゜。」
と思えるほどに凄く良かったのに、なですか!?あの残酷なシーンは!!??

間一髪龍馬を救ったように見えた東修介がなぜあそこで目をつぶって振り向いて刀を振り回す必要があったのか…

かなりモヤモヤしたまま次回へと続きました。

いや、竜馬暗殺は史実どおりでも凄いシーンだと思いますが、歴史変わってますからね、すでに。


さて、ここからはいつものように原作と比べてみたいと思いますが。

仁先生が竜馬さんを暗殺から救おうと旅に出るのは16巻〜17巻あたり。
勝先生が恭太郎を仁の護衛に付けます。

旅の間、田之助の壊死した足の切断手術、お初によく似た少年松五の手術、和歌山で佐分利先生の結婚式(ここで大政奉還を知る、そして赤ん坊の南方熊楠との奇妙な出会い)、仁先生を追ってくる謎の武士にも襲われて切られた仁を咲が手術する話、そして沖田総司との再会などがあります。

いっぱいあるんですよ、いい話がw

17巻の終わりで龍馬を見廻組の暗殺から救い出したのはドラマと同じ。
(中岡慎太郎が絶命するのも同じだが中岡は近江屋の前で切られた。史実では中岡は2日ほど生きていたそうだが)

しかし、そこへ長州藩から龍馬暗殺の先鋒として潜入の使命を受けた東が訪れる。しかし東の狙いは同席していた沖田総司に変わっていた。病気で咳き込む沖田総司を狙う東から龍馬が沖田をかばって東に切られてしまう。
これが原作の龍馬暗殺事件…。18巻


ここから次回で龍馬の手術になるのは同じ。

果たして仁は龍馬を救うことができるか!?

原作とはかなり変わってきてるので知ってても書きませんがw
どうなるかわかりませんね。


あと、仁友堂がやばいことになってますが、あれも原作にありますが、ドラマではそのまま最終回のラスボスとの対決へ繋げるのでしょうね。


原作ではこの後も薩摩や長州などと旧幕府との闘いで世の中が乱れていくのですが、その辺りはいっきにカットで、いよいよ謎が解明される日が近づいていますね。


それにしても、
仁先生がもう少し歴史に詳しかったら、中岡慎太郎を帰すこともなかったのではないかと思いながら見てた(つД`)。*゜。

今まで歴史の修正力とあれだけ戦ってきた仁先生、最後に日が変わったからと油断したぜよ。
それもこれも頭痛のせいか!

|
|

« 江〜姫たちの戦国 第21話「豊臣の妻」 | トップページ | 樹里ちゃん新CMはアサヒ カクテルパートナー フワリッチ »

ドラマ・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江〜姫たちの戦国 第21話「豊臣の妻」 | トップページ | 樹里ちゃん新CMはアサヒ カクテルパートナー フワリッチ »