« 樹里ちゃんナレーターで「みんなのうたフェスティバル」 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第34話「姫の十字架」 »

2011年9月 2日 (金)

江〜姫たちの戦国 第33話「徳川の嫁」

いやあ、先日放送された「土曜スタジオパーク」。

良かったですね( *`ω´)


樹里さんもすっかり綺麗になられたんだけど、今回はちょっとリラックスしてたのか、綺麗なお姉さんより可愛い樹里ちゃん的雰囲気。






あ、すみません。大河ドラマのほうの話を。


三成、くやしいのう。


ただ、豊臣のため、よどと秀頼のためだけに働いているんだけど。

自身があまりに不器用というか、真面目で頭が良いんだけど、人間的魅力がさすがに三英傑にくらべると差がありすぎるのか。家康相手ではさすがに力不足を感じるね。

いいやつだけにね。

でも、なんか淀様には思いは通じたかもしれないね。


物語はクライマックスとも言うべき関ヶ原、大阪夏の陣、冬の陣へ向けて動き出しており、こうなると江の出番はあまりなくなるのがこの物語の特長でもあるんだけど、今は江戸で「鬼」と戦ってるからね。

それはそれでまた面白い。


あれだけ男を待望されて生まれた姫はちょっと可愛そうでもあるんだけど、ああいう嫡男とかそういうのって何十年か前の昭和にもまだあったわけだからなぁ。


それと、京極家。

あの平和そうな家だったのになんだか嵐に巻き込まれているようになっているのが、豊臣vs徳川がただごとではないところへきてるのがわかるね。


前田利家は出てきて家康と三成を仲裁したと思ったらさっさと死んでしまった。

黒田官兵衛、いい味だしてたけどこれでクランクアップか。残念。

茶々の乳母が「大蔵卿局」として出世してたw
乳母ーズでは一番の出世頭だ。
そうか、仕えている主人が出世すると自分の身分もああして上がるんだね。


江公式サイト第33話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story33.html

|
|

« 樹里ちゃんナレーターで「みんなのうたフェスティバル」 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第34話「姫の十字架」 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樹里ちゃんナレーターで「みんなのうたフェスティバル」 | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第34話「姫の十字架」 »