« 江〜姫たちの戦国 第36話「男の覚悟」 | トップページ | MacBookを査定してもらったら »

2011年9月27日 (火)

江〜姫たちの戦国 第37話「千姫の婚礼」

浅井三姉妹、最後の再会(つД`)。*゜。
(乳母ーズもねw)

なんか、いろいろ思い出しちゃったよー

今は、秀忠と二人のことが話題なんだけど、やっぱり私は三姉妹だねぇ。

三人でつらい時代を生き抜いてきたのよ…

37話を見て公式サイトトップの画像をみちゃうとちょっとウルッときちゃうね( ;∀;)


で、今回はもちろん千を嫁に出すところが最大の泣きポイントだったんでしょうけど、個人的にピコーン!(・∀・)というか、グッときたのは

「娘を政の道具にしなくて良い世がくるものか…」

「それは… 若殿がおつくりください。」

「私が?」

「はい。」

「太平の世、か…」

ってとこ。

本多正信かっけえww

さすがは草刈正雄氏。
ええのう。

この役、家臣で一番かっこいいな。


江は生まれた子(のちの初)を姉さまにあげることを決意することは事前に調べたので知っていたが、その経緯の中に、自分の娘が政の道具にされることへの反発もあったという解釈になっていたようだ。個人的には自分の分身がずっと姉の初のもとにいてくれるというような思いがあったのではないか、なんて思っていたのだが、なんだかあっさりと生まれた娘を差し出したようにも思えて。(秀忠も生まれた子供を見もせずOK出してる)。この時代の世継ぎではない4番目の姫という子のポジションなのかもしれないし、まだ生まれて間もないので珠のような思いはないのか。

このあたりは「史実」なわけだが、今の時代の人間には、特に「母親」ではない私ににはわからぬことかw


もう豊臣は家康にいいようにあしらわれてるのがなんとも可哀想な感じ。
世継ぎができない、盤石の体制を築けなかった豊臣と、秀忠のいる徳川の違いを感じるね(もう来週は2代将軍におなりとかw)

来るべき徳川の時代へと着々と。
狸の裏側を知るのは秀忠と本多正信のみ。
江も淀も女は政の外側でしかない。

あと完。
なんとも美少女に成長していて嫁にいくことも決まってるそうな。
こういうのを見ても淀はちゃんとやってくれてるんだけど、政治には向かんのだろうな、と思わせる。




江もついに残り少なくなってきた。

最後の山場「大坂の陣」ももうすぐか。

たぶん、茶々の最後は涙でテレビが見えないような気がするよ…
それは江が生まれるときに茶々が守ったときから予想はできてたんだけど。

昔見たドラマでは茶々は嫌な女で権力の鬼のように描かれてたイメージだった。豊臣、終わってよし!みたいなね。描き方によってずいぶんかわるものだねぇ。


そして。

いつものことながら…だが今回はいつも以上に。
江の美しさには参った。
なんなんだろう。
なんかを乗り越えちゃった感じ。
おとなの女性としての美しさに、個人的に夏目雅子さんを思い出した。
やばいな。


江公式サイト第37話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story37.html

|
|

« 江〜姫たちの戦国 第36話「男の覚悟」 | トップページ | MacBookを査定してもらったら »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

他の方のブログにコメントするの最近はここだけなんです。私のわずかな楽しみです。
男らしい文章がツボです。やはり男性から見ても本田さんかっこいいですか。若をさりげなく導いていて渋いキャラです。三姉妹が最後とはわたしも信じられません。私が男性ならこの三姉妹に囲まれてお酒を飲みたいとか思っただろうなと思います。
樹里さんはもう言葉で表せないレベルの境地です。母になってからの方が美しさに磨きがかかってます。豊臣の時より水分がある感じ?
夏目さんに似ているって時々見かけますからやはり通じるものがあるんでしょうね。
でも、樹里ちゃんは長生きしてくれなきゃ。

投稿: 北マングス | 2011年9月28日 (水) 00時49分

泣けるシーンが満載な回で
「千姫の婚礼」も、良かったですねぇ(T△T)

3歳と7歳で我が子を嫁がせて本当に辛くて悲しいものだと思います。

千姫7歳であの物分かりよさ
秀忠様と遊んでいるときは親子って感じでほのぼので良かったです^^

3姉妹これでもう最後の再会なんですよね
乳母ーズも後ろで同じことしてたので1回目そっちに
注目しちゃってました(苦笑)
2回目はちゃんと3姉妹モードでした。


初に生まれたばかりの娘をあげるってほんとすごいですよね
それを許した秀忠様・・・やっぱいい人です

来週はいよいよ、福の登場で
どのように江と春日局が描かれていくのか、楽しみです。

投稿: sei@ | 2011年9月28日 (水) 09時56分

>北マングスさん
お名前が「検索フレーズランキング」で3位に入ってますねw
草刈正雄さんは70〜80年代は2枚目キャラで(本人はそれが嫌だったそうですが)、私も「プロハンター」「復活の日」「病院坂の首縊りの家」とか見ました。また実は「2代目若大将」だったりするんです。今は渋みもましていい感じですねぇ。

三姉妹に囲まれてお酒飲んだら何もできずに初と江にいじられて終わる気がします。それを茶々が「これ、よさぬか」とか言ってたりして…

>sei@さん
いつもありがとうございます。10歳にもならない子供が結婚するという戦国時代。現代と比較して、いろいろと考えさせられることが多いです。

投稿: 鬼八郎 | 2011年9月29日 (木) 01時09分

今晩わ。この検索ワードに入ってるのは北マングスという検索からこのブログにたどり着いたってことなんですか?ブログやり始めて半年。まだよくわかってないんです。

投稿: 北マングス | 2011年9月29日 (木) 23時38分

そういうことで合ってると思います。「北マングス」で検索した人がこのページにたくさん来たことになりますね。北マングスさんとブログはもう「樹里ちゃん」「江」ファンのあいだでは有名だから、検索したときにたまたまこのブログもヒットするんでしょう(ググッてみると5番目に出ますね)。

わたしも名前で検索してただいてるみたいですが「上野樹里 鬼」という検索フレーズは、樹里ちゃんのことを書いたブログがあって鬼なんとかって名前だった気がするんだけど名前が思い出せないしブックマークもしてない人が検索してるんだと思いますw

投稿: 鬼八郎 | 2011年9月30日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江〜姫たちの戦国 第36話「男の覚悟」 | トップページ | MacBookを査定してもらったら »