« 江〜姫たちの戦国 第40話「親の心」 | トップページ | 10/29より樹里さん起用 高尾山「紅葉篇」CMの放映開始 »

2011年10月26日 (水)

江〜姫たちの戦国 第41話「姉妹激突!」

いよいよ大阪冬の陣。

いつかはくるんだろうな、という思いで見始めた大河ドラマだったが、ついに来ちゃったかな。

次回が本番なんだろうけど、きっと戦自体はサラっと終わるに違いないw


このドラマでは、そこまでの過程が簡単に描かれるのだが、それが簡単ゆえわかりやすくて面白い。


きっと家康自体は最初からまったくキャラが変わってないにも関わらず、いつのまにかまるで悪役か?もう勘弁してやってよ、という思いでつい見てしまうのだが、それは秀忠ではなく、やはり秀頼のせいだろう。

従来見てきた秀頼のイメージ(役に立たないおぼっちゃま的)とは違う、聡明で凛々しい立派な殿様に成長した秀頼。思わず見ている側も秀頼に感情移入していまうくらいだ。

ただし、家康が悪かといえばそうでもない。今後江戸時代が続くことを知ってはいるが、天下人になりたいという思いが一番ではあるが、今回口にした「これが天下泰平のための戦」ということも嘘ではあるまい。

秀忠や江が言うように天下を治める人が二人いてはイカンのだ。いくらなんでもその理想は長くは続かないだろう?


ついに姉妹が敵味方に別れての戦。

プライドと豊臣のためだけを考えている淀にはすでにどこか覚悟のようなものが感じられる。
江は淀のことも徳川のこともわかる。今は秀忠を信じるしかない…。

こういうとき、まだ冬の陣では決まらんよ、と思うのは歴史を知ってるからではあるが…


最後にちょっと話はかわるが、福のおかげですっかり性根が腐り始めている竹千代。

江は天下泰平もいいが、今はお祈りするしかやることがない。こっちもなんとかして最終回を迎えて欲しいものだが、ラスボスはやはり福なのか?(´・ω・`)


江公式サイト第41話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story41.html

|
|

« 江〜姫たちの戦国 第40話「親の心」 | トップページ | 10/29より樹里さん起用 高尾山「紅葉篇」CMの放映開始 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江〜姫たちの戦国 第40話「親の心」 | トップページ | 10/29より樹里さん起用 高尾山「紅葉篇」CMの放映開始 »