« MacProのDVDドライブの空きにSSDを増設した | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 »

2011年11月14日 (月)

江〜姫たちの戦国 第44話「江戸城騒乱」

神回とはいえるくらい良かったな(*´ー`*)

やっと江が主役になったしw


秀忠の哀しい決意を受け止めて、姉の死という悲しみを乗り越えるシーンは名場面だった!
「血を流すは、これが最後だ。江、私が最後だ!」
「私の子が、孫が、誰かを殺すことはない」
「断じて!…ない。」

これは泣けた(つД`)。*゜。

そう、これで終わったんだよね。

そのためにやってきたんだ。
そしてたくさん死んだんだよー。


秀忠、良かった。
ようやく一皮むけた感、それにはつらい哀しみを持っていた感、よく出てた。

(いいところはやっぱり草刈さんが説明してくれたw)


あと、じゃあ、話してみるか、って父親が息子を呼んでもあんなものだろうなw
普段からいっしょに遊んでるわけじゃないし、
そもそも秀忠自身がたぶんそんな経験してない(´・ω・`)


家康の狸ぶりもワロタww


そして、こうしてつかんだ太平の世。


外に敵は無くなったら最後は内か。
はやくも世継ぎ問題。

戦で一人前になる時代じゃなくしたわけだから。

ラスボスは意外にも我が息子竹千代だったかΣ( ̄ロ ̄lll)

あの、チラチラと見てたのは福じゃなく江のほうだったのかなぁ。そこわかりにくかったんだけど、江のほうならまだ間に合う感じだよねぇ。

国松は出来杉君でちょっと可愛げがないw

歴史上、江の推す国松ではなく竹千代が三代将軍になることはわかっているのだが、それをどう描くのか。竹千代と分かり合える日がくるのか、福との関係はどうなるのか(このあたりよく知らないからあえて調べない)


しかし、自分で子を産んでいない、しかも男の子のことがよくわかる初姉さんだなw
あの白頭巾になってから美しさが増してるよね(・∀・)


残り、あと2話。
いよいよ大詰め。


江公式サイト第44話あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story44.html

|
|

« MacProのDVDドライブの空きにSSDを増設した | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ぷるです。今回は本当に感動しました。江の悲しみを樹里ちゃんが見事に演じていました。秀忠の言葉も良かったですね。二人が泣きながら、抱き合うシーンはなんともいえない、気持ちになりました。あと2話ですか、さみしいです。毎週欠かさず見ていました、鬼八郎さんの『江』についてのお話も見ることができなくなるのもさみしいです。樹里ちゃんの『江』。できれば、これからもずっと見ていたい。長々とすみません。いつもありがとうございます。

投稿: ぷる | 2011年11月15日 (火) 00時06分

いくさの無い天下太平の世、というのが江が幼い頃からみていた夢。それを「共に」と誓った秀忠が成し遂げてくれた。姉の命と引き換えに、とはいえね。これが40話使ってやりたかったことだったと思うのですが、素晴らしいシーンでしたねぇ (´ー`*)

向井理さん、今だから言うと正直物足りなさを感じていました。2番目の夫よりはぜんぜんいいですが、今回は秀忠よりも向井さんがひとつ乗り越えていい役者さんになった!って思いました。

投稿: 鬼八郎 | 2011年11月16日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MacProのDVDドライブの空きにSSDを増設した | トップページ | 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 »