« 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 | トップページ | 脚本家の市川森一さん死去 »

2011年11月27日 (日)

江〜姫たちの戦国 最終回「希望」

終わり良ければすべてヨシ。

まさに、駆け足の最終回。


回想が多かったこともあり、余計に泣けました(つД`)。*゜。

晩年の、良き妻、良き母の江の演技見事でした。


江の生涯を語るなら、まだまだあと半年くらい使ってもいいような感じでしたが、この70分に詰め込みましたねぇ。

震災の影響で予定より1回減ってますしね。

物語の本筋は、戦国時代に翻弄される姫たちと、天下泰平の夢をもつ江の話とするならば、ほぼ前回で終わっており、まあ今回はまとめ&後日談、みたいなものか、と無理やりを自分を納得させています。


というわけで、中身にはそれほど語りたい部分は無かったのですが、1年をとおして大河ドラマを全部見たなんて何年ぶりかよくわかりません。

一人の人間の生涯を描くとき、1年使って描くという大河ドラマ、なんとなくその意味がわかったような気がします。50作目の今更ですまんです。

同じように時をすごしたような感覚なんですよね。

今、信長や光秀、秀吉とかが出てくると、ずいぶん懐かしく感じられるんですよ。
まだ1年たってないのに。

人生とは、とか生まれて、生きて、死んで、次の世代へ、
人間大人になってみると、なんかそういうことわかるっていうか。

あ、おれもアホだけど一応大人だしw





上野樹里さん。
スタッフのかた、関係者のかた、

1年間、感動をありがとうございました。
おつかれさまでした。

ああ、1年見続けて本当に良かった。
今後は他の大河もみてみようか。


江公式サイト第46話(完)あらすじ
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story46.html

江ダイアリー
http://www9.nhk.or.jp/go/diary/20111125.html


しかしさ…

日に日に美しくなっていく樹里さん。
「25日にスタジオパークからこんにちは」見ました?
大画面で超ドアップ
思わず画面にスリスリw

いや、もう美しすぎてねぇ。
もうどーにでもしてくれ(*´Д`*)って感じでございますよw

|
|

« 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 | トップページ | 脚本家の市川森一さん死去 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

鬼八郎さんの江ブログも終わりでしょうか。(;_;)
いつも更新が早くて的確で、
いいたい事をハッキリ言ってくれるので大好きでした。
江が終わって樹里さんはブーブー達とリフレッシュしていることでしょう。
毎回楽しい時間でしたね。ありがとうございました。

投稿: 北マングス/みるくのくるみ | 2011年11月27日 (日) 23時33分

前にも書きましたが、初見であとは勢いで書いてますからね(今回は実況に参加したので2回見ましたが)。

樹里さんのおかげでドラマをまた見るようになり、邦画を見るようになり、ツイッターを初めて、そして大河ドラマも見るようになりました。

以前からブログ続けるかどうかと思ってましたので、しばらく樹里砂漠が続く間はお休みするかもしれませんが、今のところ閉じることはしませんので樹里さんのお仕事次第ですね。いやなにかアップル製品買ったときかw

最後の「龍子・懺悔の部屋」楽しみにしてますw

投稿: 鬼八郎 | 2011年11月28日 (月) 01時36分

「江」の放送が終わると、いつも真っ先に鬼八郎さんのところへ来て、ああ、確かにそうだったよなあ、と、ともすれば忘れてしまいがちな初発の感覚を思い出させていただいていました。
自分も、大河ドラマを全話見切るのはとても久しぶりなのですが「同じように時をすごしたような感覚なんですよね」ってのを、本当にヒシヒシと感じました。

とくに、江とは、ともに生きてきた感じです。

だから、その美しさがいや増して行くのを見ながら、何かこう、ちょっとないようなザワザワ感があったんでしょうね。

ありがとうございました。

投稿: スラン | 2011年11月28日 (月) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江〜姫たちの戦国 第45話「息子よ」 | トップページ | 脚本家の市川森一さん死去 »