« 江〜姫たちの戦国 最終回「希望」 | トップページ | マジトラ便利すぎワロタww »

2011年12月10日 (土)

脚本家の市川森一さん死去

今日のニュースで知りました。

市川さんの功績はこちらで語るよりWikiとかで調べていただいたほうが、いや市川さんの名前に興味のある方には意味がないので省略しますが、たくさんの名作ドラマを手がけてこられました。

ウルトラセブン、傷だらけの天使をはじめ、大河ドラマなども書かれていますが、このブログ的にはやはり「小さな恋のものがたり」になるでしょう。市川さんはたくさんの話を書かれているのでメインライターといえると思います。

原作ファンからは批判が多かったようですが、原作を知らない私にとって(初めてドラマを見たのは放送開始からおよそ四半世紀をすぎてから)は人生に影響するくらいのドラマでした。

素晴らしい作品をありがとうございました。

|
|

« 江〜姫たちの戦国 最終回「希望」 | トップページ | マジトラ便利すぎワロタww »

小さな恋のものがたり」カテゴリの記事

コメント

実に実におひさしぶりです。
その間に私は「サイケおやじ」という驚嘆すべき音楽に詳しい人に巡り会い、とても有意義に暮らしています。
父の死により、頭がおかしくなり病院に行きましたら、躁で30日間の静養が必要と診断書に書いてありました。

市川森一さんはニッポン放送(ラジオ)に出演していて、昨日「人生相談」の声をきいて、ああこの人か、と納得しました。
こういう相談の時、母はジッとききいって、自分の意見を盛んに言います。

頭がおかしくなった時に、自分が絶対正しいと思ったときや、集中していることを妨げられると、怒鳴っていました。
それが自然と意思に関係なしにやってしまうのだから、自分でも手に負えなかったのです。

それを私の人生で一番大切な母にやってしまい、泣かせてしまいました。
「私の話をきいてくれない。誰に話したらいいんだ」
兄は決めつけるので、とても話にはなりません。
私は流石にこたえました。
これじゃいけない と精神病院に行くのを決心したのは、こういうことがあったからです。
「絶対に母を守っていくぞ、できる限りのことしてやる」
私はそういう人間ですから。

つまらないことを書いてしまいました。
岡崎友紀さんについてのHPの詳しい説明もさることながら、BBSで色々なことを教えてもらった幸せは一生忘れません。

岡崎友紀ファンに幸あれ、と心から思う毎日がYukiYukiです。

鬼八郎さんもお元気で。
もっと友紀さんについて語りたいなあ。
タキオンさんも全くなしのつぶてだし…

投稿: 毎日がYukiYuki | 2011年12月11日 (日) 11時45分

こんばんは、 毎日がYukiYuki さん。
ブログのほは定期的に拝見させていただいてます。

話題も少なく、ドラマの再放送もなくて残念ですが、先日ツイッターで検索していたら、岡崎友紀さんのファンのかたのアカウントを発見しました。そういうつながり方もあると思います。

投稿: 鬼八郎 | 2011年12月13日 (火) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江〜姫たちの戦国 最終回「希望」 | トップページ | マジトラ便利すぎワロタww »