« MacBook ProをSSD+HDDにするパーツ | トップページ | AirMac Extreme簡単便利すぎワロタww »

2012年2月15日 (水)

Rolling Stones 81ハンプトン公式音源が出てた!

うっかりしてたんですが、例のサイトでローリング・ストーンズ73年ブリュッセルに続く公式音源として有名な1981年ハンプトンでのライブ音源が公式リリース!

Rs_hampton


ストーンズファンにはお馴染みすぎる音源で、特に音質のいいブートレッグも数多く出まわってますしね。

今さら感はありますが、やはり「公式音源」ですから。

当然ながら音質はクリア。ギラギラとした宅録っぽさは無く低音が太い。音場感もありライブ音源を満喫できる仕上がり。特にオープニングの「Under My Thumb」のイントロなどはブートや映像ではミックスのバランスが悪くキースの音がほとんど聞こえず、ロンのバッキングばかりになっていたのが嘘のように良くなっているので、ツインギターのからみ具合がよくわかる。「Let's Spend The Night Together」は演奏の出来が良かったのかライブ盤「Still Life」にも収められているが、やはりミックスが違うので新鮮だ。


1 Under My Thumb
2 When The Whip Comes Down
3 Let's Spend The Night Together
4 Shattered
5 Neighbours
6 Black Limousine
7 Just My Imagination
8 Twenty Flight Rock
9 Going To A Go Go
10 Let Me Go
11 Time Is On My Side
12 Beast Of Burden
13 Waiting On A Friend
14 Let It Bleed
15 You Can't Always Get What You Want
16 Band Introductions
17 Little T&A
18 Tumbling Dice
19 She's So Cold
20 Hang Fire
21 Miss You
22 Honky Tonk Women
23 Brown Sugar
24 Start Me Up
25 Jumping Jack Flash
26 (I Can't Get No) Satisfaction


余談だが、

こうしてコンサートの頭から最後まで聞くと、このツアーのときのライブ盤「Still Life」の編集が上手かったのかもわかる。2時間に及ぶライブを当時のレコード盤1枚40分に編集して詰め込んでいるのだが、選曲、編集、見事だと思う。逆に「この曲も入れて欲しかった」と言ったらキリがないのだが、30年経ってようやく「全部入り」が実現したわけだw

当時「レコード売るためのツアー」がいつの間にかビッグマネーの動く巨大なイベントとなりだした頃。

82年のツアーは「Let's Spend The Night Together」という映画になっていますので有名ですが、このハンプトンのときはMTVの生中継が入っていてそちらの映像も有名ですね。

個人的に音源リリースするんだったら映像もBD化して欲しかったと思います。


当時、ミックとキースは38歳くらい。
脂が乗り切ってるというと変か?w


とにかくキースが絶好調。
トレードマークとなた黒のテレキャスターカスタムがかっこ良すぎる\(^o^)/

得意のギター下げ気味の中腰気味のポーズはこの頃からw

ドライブ感の素晴らしいギターでバンドをグイグイとコントロールし、また、ギターソロもがんばってますw

またロン・ウッドもたぶんこの時期が一番まともにギター弾いてたんじゃないかな。キースとのからみは絶品。彼のバッキングは同じパターンが少なく気分でオブリガードを弾きこなすところがまた凄いんだよね。

だいたいロックのバッキングのギターのフレーズって決まったパターンやリフの繰り返しが演奏の基本(?)のような気がするんだけど、ここまでフリーに崩して弾いても問題どころか逆に魅力になってるのがすごいよね。しかもツインギターのふたりともが、そうだから。それが絶妙にからみあってる。さすが世界最高峰のロックンロールバンド(もちろん、あのミックのボーカルと、スウィングするリズム隊あってのことだが)。特に「When The Whip Comes Down」「Neighbours」「Let Me Go」「She's So Cold」のようなナンバーだとわかりやすいね。また、「Under My Thumb」「Satisfaction」とかなんてあれだけ印象的なリフを弾いてなかったり崩したり好きにやってる。もちろん手癖なんだろうけど、ずっと同じには弾いてない。

私としては、この時期はストーンズ、73年が「絶頂期」ならば81年は「黄金期」といえるのではないかとおもうくらいの充実した演奏が聴けますよ!




いや、次は何だろうなぁ (´ー`*)

81年きちゃったから、まさか次は90年代とかじゃないだろうな。(´・ω・`)

ぜひ75年あたりをお願いしたいんだけどな!


参考URL
鬼八郎のひとりごと「ローリングストーンズ #8」

以下、関連動画

The Rolling Stones - Little T&A & Happy Birthday Keith - Hampton Live 1981 OFFICIAL

The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction - Hampton Live 1981 OFFICIAL
(途中ステージに上がってきたファンを「邪魔する奴は容赦しねぇ」とギターを振りかざして撃退しようとするキースが有名な映像w 1分10秒過ぎ)




The Rolling Stones - She's So Cold - Hampton Live 1981 OFFICIAL

The Rolling Stones - Black Limousine - Hampton Live 1981 OFFICIAL

個人的にはバンドに指示を送るキースがいくつか見られるのがライブ映像のうれしいところ。
Rolling Stones - Wainting On A Friends - Live '81 Hampton

Rolling Stones - Let's Spend The Night Together - Live '81 Hampton

Rolling Stones - Start Me Up - Live '81 Hampton

|
|

« MacBook ProをSSD+HDDにするパーツ | トップページ | AirMac Extreme簡単便利すぎワロタww »

MyFavorite 洋楽編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MacBook ProをSSD+HDDにするパーツ | トップページ | AirMac Extreme簡単便利すぎワロタww »