« 『上野樹里とナニカをツクル旅』の発売記念イベント | トップページ | 内蔵DVD-RAMドライブの外付け化 »

2012年4月16日 (月)

ローカルネットワーク上の名前が変わる件

AirMac Extremeを導入して、快適でもあり。MacBook Airでちょっとトラブル(解決済み)があったり。

今のMacはフリーズしにくい、ということが言われるようだが、個人的にはよく操作不能になることがあった。それはネットワークで他のWindowsPCなどと繋いでるときだ。接続したままの状態のはずがしばらくそのままで作業してると、いつのまにかできなくなっており、そういうときは決まって「シャットダウン」ができない。延々と最後の閉じようとする画面のまま操作を受け付けなくなるのだ。
しかし、AirMac Extremeを導入以来、その現象にお目にかかることがなくなった。前のWi-Fiルーターとの相性だったのか…


というわけで、まあまあ快適なのが、またちょっと問題というほどでもないのが気になることが起こっている。

Mac miniをスリープから起動させると、「(ローカルネットワーク上の)コンピュータ名がすでに使われてるからXXXに変更しました」となるのだ。

しかもかなり不定期で忘れた頃にやってくる。(´・ω・`)

ちなみに、有線LANではこの問題は起きない。
Wi-Fiのみ。


たとえば、ネットワークのコンピューターの名前が仮に「鬼八郎 の Mac mini」としていた場合、コンピューター名がかぶってしまうと「鬼八郎 の Mac mini (2)」と自動で変更される。その場合、ローカルホスト名も例えばkihachiro-no-Mac-mini-2.local というように「-2」が追加される。

使用上ほとんど問題ないのだが、気分はよくないので、追加された数字部分を手動で消してあげても問題が起きない。

また、以前MacBook AirのFinderのレフトナビの「共有」のところに同じMac miniが2つ並んで表示されたということが一度だけあった。どちらを選んでも接続できるという不思議な現象。これは再起動で治ったのだが…


まあ、上記のように放っておいても特に害はないが、気分的にスッキリしない。といって毎度手動で修正するのも面倒だ。

いろいろ検索してみたのだが、これといって改善策は見当たらない。


効果がある?とおもわれるのは
○キャッシュの削除
○ディスクユーティリティの「アクセス権の修復」
○AirMac Extremeの再起動。

というわけで、一応やってみた。

キャシュの削除ってどれを削除していいのかわからなかったのでセーフモード起動をしてみたんだが…
とりあえずネットで検索したホームの下のライブラリのそれっぽいのを削除。
アクセス権の修復、AirMac Extremeのリセット。


さて、これで直ってくれたのか。

今のところ再現されていないが、不定期に起こる現象なのでハッキリとはわからないのです。





---------(4/21追記)-------------

後日談だが…

結局すぐに再発してしまい、こうなると素人にはもう原因も対策もわからない。

そこで、Lionの復元機能を使って(リカバリー領域から)OSを再インストールしてみた。初期化してクリーンインストールしたのではなく、上書きのような形です。ファイルや設定はまるまるそのまま残っている。OSだけリフレッシュした感じ?

インストールのときに必要なファイルはダウンロード済みのようで、ソフトウェアアップデートしてもiTunesとAirMac関連くらいしかなかった。

それと、AirMac Extremeのリセットは、前回はソフトリセットだったので今回はハードリセットをした(ネットワーク設定もやり直し)

OSの再インストール後は4日くらい使ってみてますが、いまのところ問題は起きていません。

|
|

« 『上野樹里とナニカをツクル旅』の発売記念イベント | トップページ | 内蔵DVD-RAMドライブの外付け化 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『上野樹里とナニカをツクル旅』の発売記念イベント | トップページ | 内蔵DVD-RAMドライブの外付け化 »