« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

The Roosterz KAMINARI

Kaminari


The Roosterz - KAMINARI

1. OH!MY GOD
2. CRIMINAL ROCK
3. CRAZY ROMANCE
4. PRECIOUS
5. WARM JETTY
6. BLUE NIGHT
7. GIRL
8. NO NO NO
9. SEARCHIN’
10. DARK CRISTAL


久しぶりに大好きなバンド/アルバムについて書こうと思う。


The Roosters
(バンド後期は末尾の「S」が「Z」になった)

毎度のことながら、このルースターズに興味があるひとには説明は不要だし、知らない人も下手な文章読むよりWikiを見たほうが早いし情報も多い。
それでも、やっぱり、好きなバンドについては自分なりに書いておきたいのだ。

だってブログなんだもの(´д`)


The Roostersは主に80年代に活動していた日本のロックバンド。
彼らのことを書いた記事には頭に「孤高の」という言葉を使うことが多かった気がするし、私も合ってると思う。

当時はバンドブームっぽい感じでBOOWYやレッドウォーリアーズ、レベッカ、バービーボーイズみたいなバンドがいくつも出てきて、ようやく日本の音楽シーンで「ロックバンド」的なものが定着した頃だったのではないか。私は日本の音楽は嫌いでほとんど聴いていなかったのだが、前に書いたThe Street SlidersとこのThe Roostersのおかげでまた日本のロックも聴くようになった。

しかし、結局聴き続けたのはこの2つにバンドだけだったな。それだけこのふたつは他とは違う「孤高」なんですよ。


The Roostersは、くくりで言うと「めんたいロック」という意味の分からないカテゴリーなんだが、ようするに博多を中心とする九州出身の当時のバンドはみんなこの括りだったらしい。音楽性を無視したひどい話のようにみえるが、それだけ凄いバンドが九州からたくさん出てきたということでもある。


バンド自体はメンバーの入れ替わりが激しく、解散まで残っていたオリジナルメンバーはギターの花田のみ。バンド初期は大江慎也というカリスマボーカリストを中心に池畑潤二のドラム、井上富雄ベースの「強力すぎる」リズム隊で、初期ストーンズを彷彿とするR&Bを高速に演奏するキレキレのバンドだった。

じょじょに音楽性は多様化し、当時のニューウェーブ的なサウンドへ変化するとともにギターの下山淳の参加、オリジナルメンバー池畑と井上の脱退、またキーボードも正式にメンバーにした時期もある。歌詞の面でも「狂気」をテーマとするかのようなものが出始めるのだが、ついにリーダーの大江慎也が体調不良で脱退するというバンド最大の危機。そして残ったギターの花田を中心に残ったメンバーだけで新生「Roosterz」として活動、途中ドラムとベースも入れ替え計4枚のアルバムを残して解散した。

ファンには初期が最高!というもの、名作「Φ(ファイ)」をのこした中期が最高!というもの、花田×下山のツインギターバンドとして復活した後期が最高!というものにたぶんわかれると思うが、ちなみに私は「全部最高」(ただし「ネオンボーイ」除く)派だw 分かる人はわかってくれるだろうw




バンドについてが長くなったってしまったが、アルバム「KAMNARI」について。

このアルバムは大江慎也脱退後、新生ルースターズの2枚目にあたる。

1枚目は「NEONBOY」なのだが、これが花田色が強いんだけど、それまでの路線をそのまま引き継いだような感じなのだが、そこから尖ったもの全部取り払ってしまってどうも甘ったるいサウンドだった。おれは嫌いだ。


「KAMINARI」は原点回帰のアルバム。
2本のギターがバチバチとやりあう、まさに「ソリッド」という言葉がぴったり当てはまるギターサウンド。

このアルバムを先に聴いた友人が「初期に戻った!早くきいてみろ!」と興奮して俺に電話してきたのを思い出すw

花田のボーカルは相変わらず「ギター弾きがちょっと歌ってみました」って感じで下手で、彼の書く詩にも共感するものはほとんどない(すみません)。
「俺はロックの犯罪者~♫」(2曲目「CRIMINAL ROCK」)って言われても意味わからん。聴いてるほうが恥ずかしいくらいだ。でも,まあ、歌詞はまったく重視しないし意味を理解しよとしない、ほとんど聞き流す自分には大きな影響はなしw


一曲目の「OH!MY GOD」からゴリゴリの骨太ロック。
当時、イントロ聞いたときから
「キタ━━( ´∀`)・ω・)・∀・)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━!!」
って震えたよね。

※アルバム曲はAmazonでも視聴可能みたい


このアルバムで特に秀逸なのが下山淳のギターだ。
個人的には日本で一番好きなギタリストといっていい。

それまでも個性的なプレイを聞かせてくれてたんだけど、このアルバムで一気に開花したような気がする。

彼のプレイは、それまので「ロックギターってこうだよね」とお決まりのスタイルにとらわれて無いところだと思う。ハードロックやメタルには様式美というスタイルともにこれがロックだみたいなお決まりのものがあるんだけど、彼の場合はもちろんそういったものは消化しつつ、ニューウェーブ的なものも取り込んでいる。まったく違うフレーズやリフが飛び出てくるのだ。だから新鮮ですごくカッコイイ。スライドプレイ、フィードバックをあやつり、トレモロアームを入れるセンスもいい。ディレイを駆使したりオクターバーやオートワウを使ったりエフェクトも個性的。

おそらくそれはクラプトンとかリッチー・ブラックモアとか、往年のギターヒーローではなく、ザッパとかトッドラングレンに影響を受けているせいではないだろうか、と勝手に想像している。


この後、バンドはもう1枚ヨーロッパで録音した「PASSENGER」を発表、さらにハードでヘヴィーなサウンドになっていくのについていけないベースとドラムが脱退し、さらにメンバーを入れ替えてラスト・アルバム「FOUR PIECES」という傑作を作ることになる。


他のアルバムを全部紹介したいところだが、今回はこのへんで。

初期のルースターズのアルバムは、録音やサウンドなど時代を感じさせるものも残念ながらあるが、今聞いてもやはりカッコイイ。しかし、これから聞こうとしたらもうベスト・アルバムくらしか聴く方法はないかもしれない。

当時の他のバンドと違って、ヒットチャートに登場するほどのブレイクも無かった。知る人ぞ知るというバンドだったかもしれない。でも、今でも私のように聴き続けるコアなファンが多いのも彼らの特長ではないか。「あったね、懐かしい」といってたまに聴かれる懐メロバンドではなく、現在もあのときのまま孤高のバンドとして存在し続けている。

(いや、実は本人たちもロックンロール・ジプシーズと云う名で昔のメンバーでときどき活動してたりするんだけどw)

あくまで私個人の見方だが、ルースターズはどこか洋楽好きが唯一認められるバンド、みたいなとこあったと思う。で、さらにルースターズのファンは自称「俺はわかってる」系のファンが多かったのではないだろうかw いや、悪く言うと自称ロック通というかね、売れ線は認めないみたいな(爆)。なんというか、このバンドは洋楽のメインストリートというよりオタク系というかね。そしてそこをくすぐるような部分が多いの(メンバーには失礼かw でもファンから「シンセ使うなって言ってくるんだけど、ウゼーよ!好きにやらせてもらうよ」的なことをインタビューで言ってたので、たぶんあたってるんじゃないかw)。彼らが何に影響されて作ってるかみたいなのもパクリじゃないけど見えやすい。すごく純粋な部分というか音楽に正直な部分で、それがまた彼らの魅力だったりするんだけどね。


【鬼八郎セレクション】
The ROOSTERS(Z)の残した至高の名曲

恋をしようよ
フール・フォー・ユー
どうしようもない恋の唄
ロージー
SITTING ON THE FENCE
DISSATISFACTION
FADE AWAY
Let's Rock
Case Of Insanity
ニュールンベルグでささやいて
C.M.C.
Get Everything
I’m Swayin’ In The Air
She Made Me Cry
Sad Song
Good Dreams
All Alone
Venus
OH! MY GOD
NO NO NO
PRECIOUS
SEARCHIN'
GUN CONTROL
再現出来ないジグソウ・パズル
鉄橋の下で
予言者

「Venus」のイントロは松田聖子の「P・R・E・S・E・N・T」と並ぶ日本の音楽史に並ぶ名作だと思う、マジで。


以下、ロックってかっこいいよね!っていう映像貼っておくよ(・∀・)

続きを読む "The Roosterz KAMINARI"

| | コメント (0)
|

2012年8月24日 (金)

LDプレイヤーを買った

Dvl01

今? なぜ今?w

LD=LaserDisc Playerを買いました(∩´∀`)∩ワーイ


以前から持っていたものが壊れてしまったのです。修理に出すくらいならヤフオクでもっと新しい(というか生産が比較的最近のもの)を買うほうがいいだろう…

と思って捨ててから数年。

LD無しの生活を送っておりました。

だってDVDもあるし、BDもあるし、使わないんだもの(;´Д`)


LDを買ってかなり経ちます。

当時はLDのほうがVHSで買うよりおなじソフトが安いという信じられない時代。しかもチャプター操作ができ、音質はCDなみのデジタル音声ということで、音楽ソフトをライブラリーしていた私にはうってつけのメディアだったのです。(映画など音楽以外は数枚あるだけでほとんど持ってなかった)

壊れてしまった愛機は、当時の価格で今のMacBook Pro Retinaが軽く買える値段の上位機種で、よくもまあ無理して買ったものだと今でも思います。


で、


やはり、蓄えたLDコレクション、DVDで買えたものは処分しましたが、今でもDVDになっていないもの、DVD化されたのに手に入れないまま消えたもの、BOXセットでしか手に入らないので高すぎて手が出ないもの(TдT)、まだまだコレクションはたくさん残っています。それがまた見たくなったのです! また、デジタル化を…なんてことも思ったんだけど、できたらやるけどたぶんずいぶん先だろうw


今はヤフオクはやっていないので、中古を探しました。

amazonなんかで探すとめっちゃ高い ( ̄△ ̄;) 手に入らないからってビックリボッタクリ価格ですよ。

安心、もしものサポートを考えて、できたらAV専門店で探したかったというのもありネット検索すると都内某店で掘り出し物を見つけ速攻でTEL。すぐに代引で送ってもらいました。お店の1ヶ月保証もあって安心して買えた。元箱がないんだけど、梱包もさすが専門店という運送用の箱ですね。


ディスク自体もLPレコードサイズでデカくて重い。機械の動作音も大きく映像が出るまでずいぶん時間がかかるのもご愛嬌。画質はS-VHS以上DVD未満といったところ。音質は太くいい音してます。当時のドルビーデジタルサラウンドAC3 RFに対応しているのですが、私のAVアンプがこれに対応してないので残念ながら使えません(10年以上前の規格だからしかたない。映画ソフトが残っていないのでソフトもないんだけどね〜)。

LD後期のモデルなのでDVDも再生可能。使わないけど。CD/DVDトレーだけがせり出す2WAY方式が当時羨ましかった。私のはLDも兼用だったのでCDプレイヤーとして使う場合はLD用の大きなディススクトレーがゴトゴトと大きな音させながら出てくるのが嫌だったんですよね。(当時はもちろんCD専用のプレイヤーも持っていたのですが、これがいやで統合して1台にしなかったことが懐かしい。)

Dvl02


Dvl03

コレクションから一番見たかったRolling Stones「25x5」を出してきて視聴。

ストーンズ25周年のときに発表された作品で、彼らの歴史を貴重な映像とメンバーのインタビューで振り返る映像。当時はまだ汚い映像の海賊版でしか見たことなかった貴重な映像が入ってるだけで話題になった。これもまだ公式にはDVD化されていないはず。


他にもまだまだいっぱい残っているので、かなり楽しみです(*´ー`*)


Dvl04


| | コメント (0)
|

2012年8月 5日 (日)

MacBook Pro Retina 初期不良交換

Mbpr交換


購入当初から問題があったのだが、すべてが解決してからまとめておこうと思ってたのでようやく書ける。


実は、購入当初から気になることがあったのだが、使えないわけじゃなかったので使って履いたが、さすがにユーザーが我慢するのもどうなのよ、ということでサポートに相談した件があった。


それは MacBook Pro Retina の漏電問題だった。


どうも「おかしいな」と感じることがあって、これは新しいアルミボディだから?なんて思ったこともあったんだけど、アルミユニボディになってもう何台も買ってるので、それはないやって…

症状としては、ボディ表面(トラックパッド、キーボード除く)、液晶のフタ部分(りんごマークのあるところ)を軽く触ると「ブ〜〜ン」とわずかに電気を感じるのです。特に、指先でそっとなぞったり、親指の付け根の柔らかいところで軽くなでるようにさわるとわかりやすい。

で、これ、ACアダプターを繋いでるときだけの症状なので、あきらかに電気と思われ…

ぎゅっと指を押し付けちゃうとほとんど感じなくなるんだけど(人間がアースになってる?)、これ、キーボード打ってる時に手のひらのやわらかいところがボディ(パームレスト部分)に当たるのでものすごい不快感なわけですよ。

ネットで検索すると、この機種に限らず古いMacBook ProからRetinaまで、同様の症状の情報はいくつもあって、こんなもんだとか、ジーニアスバーで交換みとめられなかったとかというはなしもあったり。

実は、それで自分の持っているMacBook Pro(2010)でもその症状はゼロじゃないんだけど、ほとんど気づかないレベルだった。買ってから1年くらい気が付かなかったくらいだからw あと、私が今までも所有したMacBook Airや、アルミユニMacBook、旧MacBook Proといった他のアルミ製品ではなかった症状。


微弱だと思うので身体に影響はないとは思うのだが、気になるのでサポートに連絡したわけです。


いろいろあって結果、初期不良と認定。新品に交換対応となったのでした(´・ω・`)


しかし、BTOでオーダーして1ヶ月待ったこの製品。交換品もこれから作るわけで「また同等の期間を要します」との回答にガッカリ。

それでも、ACアダプター使わずバッテリーで動かせるのなら交換品が用意できるまで使ってていいですよ、ということだったので、充電中は触らずバッテリー駆動で使わせてもらった次第。(Mountain Lionインストールなんかも交換前) これがまたMacBook Pro Retinaはバッテリーでかなり長時間使えることもわかったw

さて、ちょうどそのあと通常品の納期が3〜4週間から1〜2週間と短縮されたこともあって期待していたら、やはり当初の予定より2週間近く早く出来上がったと連絡があって無事交換してもらうことができた。


で、


交換品がどうかというと、
まだ実はじゃっかん感じるんですよ、電気(´・ω・ゞ)

それでも他の人だと言わないと気づかないレベルだと思う。私は初期不良があったからかなり気にして気づく。でも普段は忘れて使ってる。
さすがにこの機種はこんなものなんだろうな、という印象で、自分はこれで解決とした。

前の不良品の不快レベルが100とすると、これは15くらい。MacBook Pro(2010)が3くらいかな。


まあ、サポート結果はともかく、サポート体制の横の連携の悪さ、電話の待ち時間の長さにはうんざり。これは改善したほうが良いだろう。電話相手は困って電話してるのだから。ネットからシリアル番号を入力して問い合わせ番号を取得している外出先から電話する相手に、シリアル番号がわからないと何も答えられないというのは無駄すぎだろう。あと、サポート宛に電話すると担当者がほとんどつかまらないのも、その担当以外は対応できない体制もおかしいと感じた。





さて、交換品が届いてからが実は大変だった。

交換品依頼中にOSX 10.8 Mountain Lionが発表されたのだが、届いたのは10.7 Lion仕様。私はすでに10.8にしていたのだが、まあそりゃそうだろうと、Time Machineから環境を移行させた。

しかし、ここで問題発生。新たなMacBook Proに移行したアカウントにパスワードを拒否されてログインできないのだ。

「移行」しただけだから基本的に別にパスワードを作ってもいない。
apple IDでパスワードを変更できるように設定してインストールしたはずだがそれもできなかった。
なぜかわからん…

以前にもこういうことあったのを思い出す。ユーザーアカウントを別のMacから移行させるとこうなっちゃうことあるんだよね。なぜかわからんから勝手にバグだと思ってるけどw 最近はTime Machine使ってたきはそんなことなかったんだけど、OSの世代が違うからだろうか?


で、しょうがないからTime Machineから移行じゃなくLionのときを復元してみたら問題なく使えるようになったが、なぜかリカバリー領域が消えていた(;´Д`)

しかし、もうMountain Lionで使うつもりなのでそちらを復元しておけば良かったのだが、Lionが入ってるMacにMoutain Lionを復元するのも変な話だなwと思ってやらなかったが、これってたぶん出来るんだよね?


結局、Mountain Lionをクリーンインストールし、アカウントも新規で作成、ファイルもTime Machineバックアップからマニュアルで全部コピーして自力で同じ環境を作った。そのほうが気分もスッキリする。

長かったが、これで全部もとどおりになったよ(;´д`)トホホ…





しかし…

Mountain Lionの起動ディスクをダウンロードしたファイルからUSBメモリで作ろうとすると、最後の検証で「引数が無効です」とエラーが出てしまう。2種類のUSBメモリを試したがダメだった。(Lion時代はできたメモリなのに)。

しかし、このエラーが出ても、なぜかこのUSBメモリからインストールが可能だった。いったい何なんだ(´・ω・)

なんか不安だね。

なお起動ディスク作成に「Lion DiskMaker」というアプリを使ってできるという情報もあるので、使ってみた。ブログなどの情報では英語版だが、自分の落としたのはなぜか日本語表示版だったんだけど。しかし、作業の最後に「完全じゃないかもしれないから、なんかあったらごめんね〜」みたいな表示が出て、これも信用できないじゃないか(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・というオチだった…

| | コメント (5)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »