« Mountain Lion を RetinaMacBook Pro にインストール | トップページ | LDプレイヤーを買った »

2012年8月 5日 (日)

MacBook Pro Retina 初期不良交換

Mbpr交換


購入当初から問題があったのだが、すべてが解決してからまとめておこうと思ってたのでようやく書ける。


実は、購入当初から気になることがあったのだが、使えないわけじゃなかったので使って履いたが、さすがにユーザーが我慢するのもどうなのよ、ということでサポートに相談した件があった。


それは MacBook Pro Retina の漏電問題だった。


どうも「おかしいな」と感じることがあって、これは新しいアルミボディだから?なんて思ったこともあったんだけど、アルミユニボディになってもう何台も買ってるので、それはないやって…

症状としては、ボディ表面(トラックパッド、キーボード除く)、液晶のフタ部分(りんごマークのあるところ)を軽く触ると「ブ〜〜ン」とわずかに電気を感じるのです。特に、指先でそっとなぞったり、親指の付け根の柔らかいところで軽くなでるようにさわるとわかりやすい。

で、これ、ACアダプターを繋いでるときだけの症状なので、あきらかに電気と思われ…

ぎゅっと指を押し付けちゃうとほとんど感じなくなるんだけど(人間がアースになってる?)、これ、キーボード打ってる時に手のひらのやわらかいところがボディ(パームレスト部分)に当たるのでものすごい不快感なわけですよ。

ネットで検索すると、この機種に限らず古いMacBook ProからRetinaまで、同様の症状の情報はいくつもあって、こんなもんだとか、ジーニアスバーで交換みとめられなかったとかというはなしもあったり。

実は、それで自分の持っているMacBook Pro(2010)でもその症状はゼロじゃないんだけど、ほとんど気づかないレベルだった。買ってから1年くらい気が付かなかったくらいだからw あと、私が今までも所有したMacBook Airや、アルミユニMacBook、旧MacBook Proといった他のアルミ製品ではなかった症状。


微弱だと思うので身体に影響はないとは思うのだが、気になるのでサポートに連絡したわけです。


いろいろあって結果、初期不良と認定。新品に交換対応となったのでした(´・ω・`)


しかし、BTOでオーダーして1ヶ月待ったこの製品。交換品もこれから作るわけで「また同等の期間を要します」との回答にガッカリ。

それでも、ACアダプター使わずバッテリーで動かせるのなら交換品が用意できるまで使ってていいですよ、ということだったので、充電中は触らずバッテリー駆動で使わせてもらった次第。(Mountain Lionインストールなんかも交換前) これがまたMacBook Pro Retinaはバッテリーでかなり長時間使えることもわかったw

さて、ちょうどそのあと通常品の納期が3〜4週間から1〜2週間と短縮されたこともあって期待していたら、やはり当初の予定より2週間近く早く出来上がったと連絡があって無事交換してもらうことができた。


で、


交換品がどうかというと、
まだ実はじゃっかん感じるんですよ、電気(´・ω・ゞ)

それでも他の人だと言わないと気づかないレベルだと思う。私は初期不良があったからかなり気にして気づく。でも普段は忘れて使ってる。
さすがにこの機種はこんなものなんだろうな、という印象で、自分はこれで解決とした。

前の不良品の不快レベルが100とすると、これは15くらい。MacBook Pro(2010)が3くらいかな。


まあ、サポート結果はともかく、サポート体制の横の連携の悪さ、電話の待ち時間の長さにはうんざり。これは改善したほうが良いだろう。電話相手は困って電話してるのだから。ネットからシリアル番号を入力して問い合わせ番号を取得している外出先から電話する相手に、シリアル番号がわからないと何も答えられないというのは無駄すぎだろう。あと、サポート宛に電話すると担当者がほとんどつかまらないのも、その担当以外は対応できない体制もおかしいと感じた。





さて、交換品が届いてからが実は大変だった。

交換品依頼中にOSX 10.8 Mountain Lionが発表されたのだが、届いたのは10.7 Lion仕様。私はすでに10.8にしていたのだが、まあそりゃそうだろうと、Time Machineから環境を移行させた。

しかし、ここで問題発生。新たなMacBook Proに移行したアカウントにパスワードを拒否されてログインできないのだ。

「移行」しただけだから基本的に別にパスワードを作ってもいない。
apple IDでパスワードを変更できるように設定してインストールしたはずだがそれもできなかった。
なぜかわからん…

以前にもこういうことあったのを思い出す。ユーザーアカウントを別のMacから移行させるとこうなっちゃうことあるんだよね。なぜかわからんから勝手にバグだと思ってるけどw 最近はTime Machine使ってたきはそんなことなかったんだけど、OSの世代が違うからだろうか?


で、しょうがないからTime Machineから移行じゃなくLionのときを復元してみたら問題なく使えるようになったが、なぜかリカバリー領域が消えていた(;´Д`)

しかし、もうMountain Lionで使うつもりなのでそちらを復元しておけば良かったのだが、Lionが入ってるMacにMoutain Lionを復元するのも変な話だなwと思ってやらなかったが、これってたぶん出来るんだよね?


結局、Mountain Lionをクリーンインストールし、アカウントも新規で作成、ファイルもTime Machineバックアップからマニュアルで全部コピーして自力で同じ環境を作った。そのほうが気分もスッキリする。

長かったが、これで全部もとどおりになったよ(;´д`)トホホ…





しかし…

Mountain Lionの起動ディスクをダウンロードしたファイルからUSBメモリで作ろうとすると、最後の検証で「引数が無効です」とエラーが出てしまう。2種類のUSBメモリを試したがダメだった。(Lion時代はできたメモリなのに)。

しかし、このエラーが出ても、なぜかこのUSBメモリからインストールが可能だった。いったい何なんだ(´・ω・)

なんか不安だね。

なお起動ディスク作成に「Lion DiskMaker」というアプリを使ってできるという情報もあるので、使ってみた。ブログなどの情報では英語版だが、自分の落としたのはなぜか日本語表示版だったんだけど。しかし、作業の最後に「完全じゃないかもしれないから、なんかあったらごめんね〜」みたいな表示が出て、これも信用できないじゃないか(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・というオチだった…

|
|

« Mountain Lion を RetinaMacBook Pro にインストール | トップページ | LDプレイヤーを買った »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

鬼八郎さんはじめまして。MountainLion usb起動ディスク作成で私も同じエラーが出ています… ディスクメーカー使っても同じくエラーが出ます。
鬼八郎さんはエラーの件解決しましたでしょうか?

投稿: バック | 2012年8月 6日 (月) 12時19分

こんにちは。私はLion DiskMakerではエラーにならなかったのですが、記事のとおりなので結局使っていません。今は、検証エラーが出たままのUSBメモリからインストールして使っています。テストのつもりでしたが今のところ不具合はありませんので使い続けています。しかし当然今後の保証もありません(´・ω・`) 

あまりこの件で解決したとか、このUSBメモリならOK!っていう情報もみかけないのですが、安物じゃなく、良いものだったら相性はよかったりするんでしょうかね。まだ検証はしていませんです。いつかUSBメモリ買い直してからまたチャレンジしようとは思ってますが、今のMacは起動ディスクがどうしても必要ということでも無いので優先順位は低いです…

投稿: 鬼八郎 | 2012年8月 7日 (火) 21時53分

私も同じエラーに遭遇したので検索でここにたどり着きました。

下記の方の書き込みを基に試したところOKでした。
http://misa-bazooka.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/mountain-lionus.html

DMGファイルをマウントした上で、ディスクユーティリティでパーティション単位の復元を指定すればエラーなく終了できます。

投稿: ろっし | 2012年11月18日 (日) 22時34分

ろっしさん、こんばんは!
情報ありがとうございます! このとおり(?)エラーが出たままのUSBからインストールした状態で無事使えておりますがw やはり思い出すとちょっと(´・ω・`)ショボーンとなってしまいますね。今度試してみたいと思います。ありがとございました!!

投稿: 鬼八郎 | 2012年11月21日 (水) 02時47分

ろっしさんに紹介いただいた先の方法で成功しました∩(´∀`∩)

投稿: 鬼八郎 | 2012年11月23日 (金) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mountain Lion を RetinaMacBook Pro にインストール | トップページ | LDプレイヤーを買った »