« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月22日 (土)

WindowsノートPCのマルチタッチパッド

今日時間があったので、数社の現行WindowsノートPCを触ることができた。

現在Windows7はデスクトップを使っているのだが、ノートPCの性能も相当上がっており、大きなデスクトップを置くよりもノートにして手軽にしておきたい、というのもある。

それと、興味があったのはマルチパッド。

おそらく細かい作業にはノートPCといえどマウスを使うことになることは覚悟していたが、周りのPCユーザーから「Windowsも最近はみなマルチタッチですよ」と聞いていたので。


で、何台か触ってみたのだが…

タッチパッドがマルチタッチ化してるのでどんなもんだ?と期待していたのだが、確かにアップル同様に2本指の右クリックができる。2本指スクロールもあるし、ようやく3本指スワイプでのブラウザの進む戻るもできるようになってた。なるほど、これなら使えるかもしれない、と思ってみたものの。


しかし、その操作感は褒められるものではなかった。

これは「できる」というレベルではあるが「快適」といえるものではない。

なお、この意見は「自分にとっては」ということなので、ユーザーの方には悪く思わないでほしい。


なんというか、指で動かそうとしている感覚と実際に画面で動いている状態に差があるんですよ。こうしたら、こう動く、と脳が感じてるようには動かない。

これ、ギャラクシースマホを触ったときに感じた違和感と同じ。

おそらくは、サードパーティ製のドライバーを使っているのだと思うんですが(そう?)、その機種に最適化されてないのか、これでいいと設計者は思ってチューニングしているのか。

この点においては、やはりハードもソフトも自社で設計しているアップルの長所が生きているのだろうと感じる。

速いとか、ヌルヌルとか、そういうことじゃなく、感覚としてこう来て欲しいと感じるものに追従してくるから快適なんですよね。

絶対「慣れ」の問題だけじゃないよ、これは。


こういうとこ、日本のメーカーは力入れてほしいねぇ。

もうハード的に差別化できるところなんかないんだから。


それにしても、最近のPC、安くなったと思ったけど残念ながら見た目も安いものが多いんだよな(;´Д`)


| | コメント (0)
|

2012年9月21日 (金)

iPhone 5 買ったヽ(・∀・)ノワーイ♪

Iphone5

発売日に手に入れました!\(^o^)/

これで IPhone4→4S→そして5 です。


最後の最後まで黒か白か。予約のとき悩みまくって「エイッ!」て決めましたが、ずっと後悔してました。

しかし、実物を見て「これでよかった!」と納得(・∀・)


予約開始の21日のお昼ごろに某家電店に様子を見に行ったところ、整理券をすでにくばっていたんですが、まだ番号が若いので、これならいける!と思って突撃しました。このお店、予想通りにわりと穴場でしたねw

整理券もってその後いったら、先に予約した人が数人キャンセルらしく時間にこなかったのでさらに列の前に。

結局あっさりと予約完了。
「21日の何時にお受け取りになりますか」「じゃ○○時で予約を」と受け取り時間まで指定できたので、この時点でおそらく手に入るだろうと確信。

19日には「確保できました」とTELが入り、本日発売日にお買い上げです(・∀・)


第1印象、長い、薄い、そして軽い!(∩´∀`)∩ワーイ

しかもエッジが綺麗にカットしてあって持ちやすいですね。

特に白&シルバーは裏面がかっこいいのでぜひみなさんに見て欲しい。ケースに入れたりして見えなくするのはもったいない!


…というのも、いっしょにかったケースが大失敗( ;∀;) ラバーコーティングなのにスルスルだし、カメラのところの穴はでかすぎるし。しかも保護シール貼るの失敗して何度もやり直したあげくゴミとか空気入りまくり_no


ま、仕方がないので今度買い直しますよ(;´д`)トホホ…


で、とりあえずは前に使っていたiPhoneから情報を引き継がなきゃいけないので、iTunesに接続(一応クラウドにもバックアップはとっているが)。「バックアップから復元」であとは待つだけ。

簡単にほぼ同じ環境のiPhoneができました。

といっても、前のは4Sだったのだが、なんとホーム画面のアイコンの下に1列スペースができてる。今回長くなったからアイコンのスペースが1段文ぶん空いてるのね。考えてみたらあたりまえなんだけど、次の画面のアイコンが隙間をつめてるわけじゃないんだw


自分は4S(iOS 5)からiPhone5(iOS 6)の移行だったのだが、その点は問題なかった。
「バックアップから復元」すればすれば音楽、動画以外はほとんどそのまま移行できる。一部アプリとかいろいろあるみたいだが、他にやることもないくらいそのまま再現されるので(連絡先とかもね)苦労はしないはず…だった。


バックアップ完了後、困ったこと。

メールのパスワードを入れろというんだけど、なんだか忘れちゃって…

で、調べたら、去年メールで返信されたアレだった。これに気づくまで30分くらい、渡された契約書的なものを探しまくって、無い、ネットで検索しても、無い、どうしよう?って、前のiPhone4Sを引っ張りだしてメールしらべたらわかった(;´Д`)

苦労した〜( ;∀;)

ちなみに、他に設定してるメアドも全部パスワードが必須だったφ(`д´)メモメモ...


あと、ついっぷるが起動できなくなっていたので削除して再インストールしたら直った。全部設定しなおしだけど。

治らないのがTwitter公式アプリ。自分のTLを表示できない不具合がある。


ま、とにかく軽いのが絶対いい。使いやすい。

画面が縦に1cmちょっと長くなった分、液晶のまわりのスペースが減ったように見えてスタイリッシュ。

しかし、せっかく大きくなって表示領域が広く使いやすくなった画面も、アップル製のアプリ以外はまだこの解像度(画面比)に対応しておらず、上下に黒でマスキングした状態で従来のサイズで表示になってしまうのは残念。はやくアプリが対応することを願う!


肝心のスピード。

まず、動作が機敏すぎる!と思うくらいに速い。(しかしすぐ慣れたw)

自分の部屋の中では残念ながらLTEが安定して入らないので、まず3Gで速度を測ったら3481kbits/s出てた。これ前のときの仕様の最大値をも超えてるね。やはり3Gも以前より速くなってる∩(・ω・)∩

で、我慢できずLTEを求めて家の外に出たら、すぐはLTE掴んだw アンテナ3本だったけど、スピードは7693kbits/sってことで、まあまずまずって感じかな。

家では基本Wi-Fiなので(そうでないとすぐ7Gいってしまうだろう)これだけ早ければ問題ない。

それと、高速なチップのせいかなのか電波のせいなのか、Wi-Fiも5GHzが使えるようになったので、速く感じるね。


そして気になるテザリング!!

設定のなかの「インターネットを共有」をONにするだけでテザリング可能だ。そのときパスワードを表示しているので、接続する機器側で入力すればOK。簡単だ。

■参考:ギズモード・ジャパン
【 #iPhone_5 】ふつーに簡単。iPhone 5でのテザリング方法はこうだよ!


ちょっと気になったのは、iPhoneを例えば「鬼八郎のiPhone」って名前で設定していると、テザリングしたときにそのままつなぐ側の機種からは「鬼八郎のiPhone」って表示される。つまり、これ電車とか公共の場で電波出しちゃうと、他の人から名前丸出しになってるってことか?と… なんか隠すモードとか欲しいよね、いや、なんとなく。


しかし、これで、俄然タブレットが欲しくなった!

モバイルで使うから7インチ前後。

GoogleのNexus 7か、Amazonの Kindle Fireか、ほんとに出るのかiPad mini? またはWindowsRTはどうか? 実は意外に激戦区なんだが日本のメーカーはどうしたの?(´・ω・`)


さあ、盛り上がってまいりました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。

| | コメント (0)
|

2012年9月 7日 (金)

Parallels 8で Windows 8 RP を試す

Para04

普段、仮想ソフトはVMware Fusionを使用してWindowsXPを使っているわけだが、バージョンも古く、実際XPはほとんど出番が無くなってる。


で、じゃ、性能が上がったという最新バージョン、Windows 8やRetinaなどの最新のMacにも対応したParallesを試そうかな、とおもったわけだ。特に目的もないんだが、いずれWindowsはハードはすべてなくす方向で考えているので(それだけ現在の仮想ソフトの実用に向く。古いバージョンでもそうなんだから)


というわけだが、メイン環境を弄るのは嫌だったので、今回はサブのMacBook Air(2011)を使用(OSはLion)。メモリは4GBしかない。

公式サイトからトライアル版をダウンロード。imgファイルをクリックするとインストールが始まり、それが終わると、アクティベーションをするのだが、ここで試用版を選択してアクティベーションする。恐らくMac内のApple IDから引っ張ってるのか、勝手に名前とメアドを表示してくる(使用中のMacをIDで登録していないとユーザーアカウント名になる)ので、それが嫌ならマニュアルで変更すると、あっっさりとアクティベーション完了。

使用できるようになると、次のように無料でインストールができるものをダウンロードできる画面になる。ただ試したいだけの私には超便利w

Para01


ここでWindows 8 RP版を選択していけばダウンロードからインストールまで一気にやってくれる。

Para02

Para03

もう何もすることがない(・ω・ ) ちなみにユーザーはローカルアカウントになる(Mac側と同じ)ので、Microsoftアカウントにしたい場合は自分で変更するのかな?一気にインストールまで終わったのでどこか途中で変更できるか不明…

あとはいつものWidows8の画面なのわけだが。

特に何をした、ってわけではないが、メモリを1GBしか割り当ててないのにデスクトップはサクサク動く。
重い作業はわからないがネットくらいならなんの問題もない。
…のだが、問題はフォントが壊れている(?)のかわからないが、Internet Explorer10を開くと日本語表示がおかしいのだ。文字化けというか崩れたおかしな文字になる(´・ω・`) OS自体は問題ないのに。どうやらMS Pゴシックがおかしいようでメイリオにしてみると問題が起きない(ただしページがフォントを指定しているとメイリオが使えないので文字がおかしくなるからマニュアルで指定をうけないよう設定する必要がある)。Firefoxではまったく問題が起きないのでIE10だけの問題のようだが、これは私だけの環境だろうか?

しかしParallelsの機能と思われ、3本指でページの進む戻るがOSX同様にできる。これだけでも便利に思えるね。

ちょっと前の世代の仮想ソフトではグラフィックがダメダメで動画んど見られたものじゃなかったが、今のものは全然OKだ。問題ない。デフォでMP4どころかDivXなども再生できるのがWindowsはえらい。


そして、Microsoftアカウントでログインしなおしてみて驚いた!!(●ω●;)

以前にCP版を試したときの設定が「クラウド」で残っているようだ。以前Bootcampで試したものはすべて(パーテーションごと)削除してしまっていたのだが、今回同じMicrosoftアカウントを使ったら、ログイン画面及びデスクトップに設定した痛い壁紙がそのまま表示されてワロタ(ノ∀`) どうやらそのとき保存しておいた画像もそのまま残っているみたい。まったく意識もせず自分はクラウドを使っていたわけだ。恐るべし!マイクロソフトw

(あとで調べたらPC設定の同期がデフォでオンになってた。これのおかげだろうか?いろいろ調べてみないとわからない。何しろなにも調べずに触ってみてるだけだからね。 またローカルに戻そうとしたらMicrosoftアカウント以外無いことになってた。最初のローカルアカウントが無くなってるのは良くわからないが、最初に作ろうとすると名前が入っているので設定の痕跡みたいなのはあるんだろう)


個人的にはデスクトップを導入するつもりはないが、タブレットとしてはAndroidより期待しているのだが、RTは日本のメーカーはやるきないみたいだしどうなるんだろうねぇ。


さて、Parallels の試用期間は14日らしい。

不満があるとすれば、まずは試用版なので、起動するたびに無期限のアクティベーション(ようするに買えってか)を表示するのがウザいw

それから、Windows 8 アプリはアプリを中断状態にして、アプリがバックグラウンド リソースを消費することを自動的に防止してるそうだが、Mac側のDockに全部起動中のアプリが並んでいて、これもまたウザい。(Dockから終了させることもできる) MacとWindowsが融合するのがParallesのいいところだが、あまり多いとちょっとヤだね。


この分だとUbuntuも簡単にできそうだが、果たして日本語ローカライズ版になるのかどうか不明。不安ならイメージファイルを自分で落とせばいいんだろう。

画像のとおり、復元パーテーションからLionも仮想でインストールできるのでお試し環境なども作ったりできる。Lionから1台のMacに複数入れてもよくなったからね。山ライオンもインストールメディアを用意すればOKだ。


面白いなぁ ( ● ´ ー ` ● )


■参考URL
http://www.parallels.com/jp/


| | コメント (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »