« WindowsノートPCのマルチタッチパッド | トップページ | 外付けHDDケース »

2012年10月 6日 (土)

Mac mini のHDDをSSDに換装

Mac mini 2011をSSDに換装したという日記。


先人の方たちの貴重な情報に感謝。
またマック系雑誌にも何度も取り上げられている。

あと、YouTubeでは動画が公開されているので途中まで参考になります。(動画自体は2台目のHDD増設まで行うので)

How to Add a Second Drive to a 2011 Mac mini




というわけで、換装自体は簡単に。

Mini1_2
裏蓋を外し、メモリを外す。

Mini2
ファンを外す(T6トルクスドライバー必要)。ファンの電源ケーブルは上から刺さってるので、ケーブルの下側から平なもの(マイナスドライバーを使ったが、できたら動画のような工具が欲しい)で上げてあげる。ケーブル断線に注意。

Mini3
Wi-Fiアンテナがついている半円のメッシュを外す(T8トルクスドライバー必要)。アンテナのコネクターは上から刺さっているだけなので持ち上げれば外れる。その後左下のプラスチックパーツも外す(T6トルクスドライバー)。中央へ引き出すのだが引っかかってやりづらい
(´・ω・`)

Mini4
ハードディスクの手前のコネクターを外せば、あとはHDDを引き出すだけだ。


Mini5
HDDについていたコネクターと横のネジをSSDに移す。

ここまでは意外と簡単。各コネクターは外してみれば構造がわかるのだが、外す前はどうなってるかわからない(自分は)ので、ちょっと怖い。動画が参考になる。あとは自己責任で(´・_・`)


Mini6
HDDが元あったようにSSDを戻すのだが、ここが一番の難関!

ボディの一番奥(実際には一番前の裏側)HDD固定用のネジがはまるところがあるのだが、ここになかなか収まらない。抜くのは簡単なんだけどね。何度もトライを繰り返してなんとか入れた。焦らず頑張るしか無い。

あと、WI-Fiアンテナのメッシュ部、HDDを抑えている左の黒いパーツは少々面倒だった。どれもギリギリのサイズで作ってあるからね。

以上。



今回、実は別の用途のためにSSDを買ってあったのでがあてが外れたため、まだHDDで使っていたMac miniで使うことにした。で、Lionものまま使っていたが、この環境はHDDのまま押入れで保管し、SSDでは新規にMountain Lionを入れることにした。

Mac miniは主に動画再生装置&ファイル貯蔵庫みたいな感じで使っており、メインで使っているものではないので基本スリープ運用だし、換装面倒だし、まあ、このままでもいいんじゃね? 
ということでずっとデフォのHDDのまま使っていたが、これがまた動作が遅くてイラッとすることもたまにあった。

2.5インチの5400rpmなのでノートPC用としては最も一般的なもの(HITACHI)なのだが、こんなに遅いかな〜?というくらいモッサリと動く。HDD基本のMacBook系もこんなものだっけ?という疑問もわく。

というのも、自分の環境は、他のMacはみなOS起動用をSSDに移行、もしくはAirやRetinaなどデフォでトフラッシュストレージになっているからかもしれない。

Winodws7デスクトップも持っているが、これは3.5インチHDDでも7200rpmなので、そんなに遅い!って思うことが少ない。やはりOS起動時くらいだろう。スタンバイしか使わないので基本遅いことは意識しない。


で、Mac mini。

使ったSSDはインテルの330といういわゆる廉価版で、このうえには520シリーズというもっと高速なSSDもあるわけだが、それにしてもSSDとしては私が持ってるものの中でも最新なせいか、とても速く感じる。全体の動作がキビキビし過ぎると言ってもいいくらいにw

SSDの速さは使った人にしかわからないし、使った人にはわかるのだが、HDD→SSDの違いは尋常じゃないとだけ言っとく。

CPUが高性能とかメモリが速いとかとは次元が違う。新しいPC買うとき「これにしたら速くなるかな?」と期待するものだが、そういうレベルではないのだ。
(ただし、CPU、GPU性能はそのままなので、動画エンコードなど重い作業が速くなるわけではない。起動が速く、すべての動作が機敏、ファイルコピーが速い。またSSDは長時間使うほど速度が遅くなると言われる)

まだHDDで使っている人は、一刻も早くSSD化することをおすすめしたい。
※当然自己責任だが

Mac miniやiMacのような中を開けるように設計してないものは絶対おすすめしないが、RetinaではないMacBook Proは道具さえあれば簡単に交換できるようになっているので。


以下、鬼八郎調べのOS起動時間
パワーボタンを押した瞬間からOSが起動してDockが揃うまで。誤差はある

○Mac mini (Lion) デフォのHITACHI製500GBハードディスク 50.8秒
○Mac mini (Mt.Lion) インテル製330シリーズ240GB SSD 23.9秒
○MacBook Air (Mt.Lion 2011) 内蔵フラッシュストレージ 19.4秒(参考値)


|
|

« WindowsノートPCのマルチタッチパッド | トップページ | 外付けHDDケース »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WindowsノートPCのマルチタッチパッド | トップページ | 外付けHDDケース »