« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

映画「孤高のメス」

Kokoumesu


2年前の映画になるが、ずっと見ようと思っていたのをようやく見た。医療モノ好きにもたまらないのだが、それ以上に感動で泣けた。

相変わらず、うまく感想を言葉にしたり文字にしたりするのが苦手なのっだが、なんとかこれを残そうと思ってブログに記録しておく。

「現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ」的な紹介をされているようだが、自分はナレーションも担当している看護師目線にならざるをえなかった。というのも私が夏川結衣さんのファンだからでもあるがw

物語は無くなった看護師の母親の日記を医者になった息子が読みだすところから20年前の回想が始まる。すでに、亡くなっている人の思い出を描かれるのに正直弱い。医者として尊敬し、たぶん男性としても好きであったと思われる一人の女性の物語として見ている私はおかしいかもしれないが、ラストの、当麻先生をの別れの時の記念写真を見た時にはマジで泣けた。夏川結衣さんのあの、表情、あれは凄い。


それと、高校生で事故にあい脳死判定された息子の臓器提供を願い出る余貴美子さんの熱演も心打たれましたよ
(つД`)。*゜。

参考URL(ファンサイト?)
http://www.kokouno-mes.com



| | コメント (0)
|

2012年12月 8日 (土)

Windows8のPCについて雑感

iPad再導入なここで、ちょっと思うこと。

タブレットは、実はほぼNexus7で決まりかけてたんだけど、iPad miniの登場で流れたわけだ。でも、その後もまだちょっと興味はあったんですけどね。

で、タブレットはAndroidよりWinodws8に期待しているというのは普段からツイッターで何度も言ってるんだけど。それもWinodws RTではなくWindows8Proでないとダメだ。

しかし、最初にでてきたタブレットはRT版ばかりで、Windows8陣営が出してきたものはみんなノートPCとどう融合させるかに苦心しているように見える。

液晶が表裏2面あったり。
Taichi

液晶が360度回転したり。
Yoga

パネルが反転したり。
Xpsduo12

液晶がシャキンとたったり。
Vao11

アイデアとしては面白いのだが、それが便利なのか、定着するのかというとそのときだけの話題で終了となりかねない。それではipadが起こしたような流れは起きないんじゃないかと…

個人的にビジネスで営業で使うということがないんで、そっち方面でどれだけのニーズがあるのかわからないのだが、これではタブレットとして意味がないんじゃないかと思うわけだ。タブレットのようにもなりますよ、というのは中途半端すぎる。重いしデカイし。(逆にタブレットをノートPCのようにできますよというオプションもあったりするが、それもまた意味がないと個人的には思っている)

もちろん、私が知らないだけで「こういうの待ってた\(^o^)/」という人が圧倒的かもしれないが。

だいたい、こういう革新が必要なときに過去を引きずってしまうものってだいたいダメなことが多い気がしてならないんだよ〜。


私が「これならほしいな〜」と思えるものは。
・Windows 8 Pro であること。RTはダメ。普通のWindowsで。
・サイズ、重量はiPad並み。HD品質ディスプレイ。
・キーボードは不要。
・価格もiPad並に
これだけで十分なんだよ。

理想形なのをマイクロソフト自身がSurfaceとして提案しているというのもなんか面白いというか、他のメーカーは何考えてるんだろうね。

といってもOSが自体がそんな感じではあるんだけども。

問題はあのUI用のアプリがまだまだ全然足りてないってことか。
だったらそっちをメーカーで開発はできないものか。

RTでなければ従来のWindows用アプリが使えるそうだからまあそれを使うしかないのが結局そうなる(´・ω・`)

テレビなんかはnasneみたいものがあればいい。動画、音楽もNASでいいでしょ?

普通にタブレットいいのよ。
どうして余計なことするのかな〜って思って見ています(*◕ω◕)ノ

| | コメント (0)
|

2012年12月 7日 (金)

iPad Retinaだよ( • ̀ω•́ )✧

Ipadretina

iPad Retina (第4世代)です(∩´∀`)∩


ええ、そうです。
このところラッシュですが、なにか?(;´д`)


個人的な変換だと
初代iPad→MacBook Air→iPad retinaとなりました(・ω・ )


最初のiPadのときはもうノリで買っちゃったんですが、使い道がとくになく(わからず)すぐに手放してしまいました。で、MacBook Airに乗り換えて愛用。

しかし、MacBook Pro Retinaを導入するとAirの使い道がなくなり、そこで…


で。

実際、iTunesでホームシェアリングを使うと音楽も動画も大容量のMacをサーバーがわりにしておけば、他は特に容量はいらないので、とにかく手軽に扱えて、綺麗なディスプレイなものが欲しくなるわけですよ。


で、MacBook Pro 13"Retinaっていうのもあるんですが、今の自分にはiOSがピッタリ。


というのも、iPhone5導入後、不要になった4Sを下取り予定だったのをやめて(どうにも手放せなくて)iPod touchとして部屋で使っていたんだけど、けっこう便利なんですよ。MacBook Pro使ってる横で「ミュージック」とか「Radiko」とか再生さえてAirPlayで飛ばしてAV装置で再生、なんてことをやってるとすごく便利で快適、そして実に楽しい(←ここ、大事。アップル製品の魅力)


というわけで、先に導入したiPad miniで試してたんだけど、miniは部屋では小さいこと、それとほとんど外に持ち出すのでバッグに入れたり出したり面倒くさいこと、そして、miniはやっぱりRetinaじゃないというのがあって、屋外ではあまり気にしないんだけど、MacBook Pro Retinaの横で使うにはやっぱり物足りなくなる(´・ω・`)

というわけで、思い切って導入したんだけどね。しかし、まあ、多くの人のレビュー通り、部屋ではiPadを使うことが増えて、MacBook Proを使う場面があきらかに減ったw

さくっと手軽に使えていいねぇ。


初代を手にした時より、iPad本体が進化したこともあるけど、アプリや周辺アクセサリーの充実もあって、あのときとは違うね。初代iPadのときはまだiPhoneの延長みたいな感じでまだまだだったからね…

自分でも、これだけ揃えて使うかな?っていう不安もちょっとあったんだけど、不思議と自分でも使い分けてる。簡単な閲覧、ツイッター、などはもっぱらiPad。動画も音楽もホームシェアリングでiPadがメイン。ちょっと何か作業するときはMacBook Pro、という感じ。まだまだ「ああ、ここはMacじゃないとだめだ」というシーンもあるけど、自分がもっと慣れてくればそういうことも減るんじゃないかな〜。

Retinaディスプレイはやっぱりとにかく綺麗。これに慣れると他はどうしても気になってしまうから、今後のアップル製品では必須だ。iPad miniも、次のモデルはきっとRetinaになるだろう。そしたらWi-Fiじゃなくでセルラーでもいいかなって思う。

不満はスピーカーで、音質よりも取り付け位置のことで、位置が下にひとつなので、横向きで動画を再生すると片側からしか聞こえないので不自然なことです。

それと、液晶が反射することだ。タブレットはしょうがないにしても、今後はMacBook ProやiMac程度には低減してほしい。液晶を上向きで使う製品だから照明がよく目についてしまからね。


ポストPCといわれ、PCはわからない、要らないという層、世代にもどんどん浸透していて、逆にPCを普段から使用している層よりも広がっているというが、わかる気がする。普段PCやMacで何をしますか?っていうとき、仕事以外で個人の趣味の範囲なら、私のような根っからな人はともかく、一般にPCは要らないことも多いだろう。それがデスクトップ→ノートPCとなり→タブレットへ と流れてるのかもしれない。Windowsもタブレットへ舵を切ったしねぇ。 

…と、かなりいまさらな意見でまとめてみました(;´Д`)

| | コメント (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »