« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月18日 (土)

Macの音をAirplayする「Airwaves」

Airwavesicon Macで使っているアプリはほとんど「定番」とされるものばかりだったので、今まであまりブログで取り上げることもなかったが、ま、たまにはいいかな〜ということで、小ワザ的なアプリのご紹介。

「Airwaves」はMacの音声をAirPlayで飛ばすことができるアプリです。

Macを使用中に音楽を聞くときは iTunes が一般的だと思いますが、iTunesならAirPlayに対応しているので、自分でAirMac ExpressやAppleTVなどの対応機種に音楽を飛ばして楽しむことができます。

■参考URL
AirPlay+Olasonicスピーカー


しかし、他のアプリの場合は対応していなのでできません。例えば私がよく使用する「radiko」なんかも無理なわけです。(iPadやiPhoneを使うしかない)

そこで、2011年以降くらいのMacでMoutain Lionなら「AirPlay ミラーリング」という機能を使って、AppleTVには音声(画面も)を飛ばすことができるので、ようやくこれでできるようになったわけですが、これはAppleTVだけ対応なので、他の機種に飛ばせません。

私はAppleTVは、AVアンプに接続し、(上記のように)Airmac Express+Olasonicスピーカーでも音楽を楽しんでるので両方に飛ばしたいわけです。


そこで、このアプリの存在を知りました∩(・ω・)∩

App Storeで350円で売ってます。
2013年1月リリースなので比較的新しいんですね。
有料アプリですが、躊躇なく購入。

これは思っていたことができるよになって満足です(*´ー`*)

Airwaves_2
メニューバーに常駐していて、飛ばしたいときに設定します。


ずっと長くMacを使っていると(スリープばかりでほぼ再起動無し)、何が原因かはわかりませんが(iTunesとの関連?)、AirPlayできなくなったことが2度ほどありましたが、再起動で直りました。バグでもあるのかな?原因はわかりません。

また、QuickTime以外の動画プレイヤーや、ブラウザでYoutube動画を見ていると当然音声がAirPlay先のスピーカーから出るのですが、残念ながらかなり音がずれることがあって使いものになりません。ま、基本音楽用として使ってるので問題ありませんが。




ーーーーーー(追記 2014.4.27)ーーーーーーーーー
ほとんど音声出力先をいじることはないのでずっと気づかなかったのですが、OS10.9(現在10.9.2)では、この「Airwaves」を入れなくても、OS標準機能でMacの音をAirPlayにつなげることに気づきました。

optionを押しながらメニューバーのスピーカーアイコンをクリックすれば、音の出力先に内蔵スピーカーや、USB接続してるスピーカーの他に、AirPlay可能な機器も表示されますので、そこで選ぶだけですね。もちろんシステム環境設定のサウンドからも切り替えられます。

他のバージョンではどうかというと、0SX10.8.5では、システム環境設定のサウンドからはAppleTVも、AirPaly可能なBOXスピーカーが見えますが、なぜかメニューバーからはAppleTVが見えないので選択できません。(AirMacExpressは現在仕様してないので不明) 自分の環境だけの状態かもしれませんが…

OSX10.6.8では、どちらもできません。

| | コメント (0)
|

2013年5月11日 (土)

The Rolling Stones Live in Texas 78

Livetexas78cover

Some Girls: Live in Texas 78 / The Rolling Stones

01. Let It Rock
02. All Down The Line
03. Honky Tonk Women
04. Star Star
05. When The Whip Comes Down
06. Beast Of Burden
07. Miss You
08. Just My Imagination (Running Away With Me)
09. Shattered
10. Respectable
11. Far Away Eyes
12. Love In Vain
13. Tumbling Dice
14. Happy
15. Sweet Little Sixteen
16. Brown Sugar
17. Jumpin' Jack Flash


これもまだブログ書いてなかった(;´Д`)
さぼってたなぁ。
ま、マイペースマイペースw


1978年北米ツアーのライヴをとらえた歴史的映像ということで、1972年の「Ladies & Gentlemen」に続く幻の映像DVD&BD/CD化。

一部が公開されていたりブートも出まわってはいたが、ようやく2011年に登場しました。


ストーンズの魅力はやはり「LIVE」。
とにかく大音量で楽しむに限る。

スタジオ録音のオリジナル・バージョンをどう崩して、どう盛り上げるか。

78年当時はパンクロック全盛ということもあって、彼らからは攻撃の的でもあったとされるストーンズからの回答ともいえるシンプルで荒々しい演奏が楽しめる、というのが古くから言われていたとおり。


確かに、もうストーンズ流ロックンロールがこれでも続く。

70年代前半のミック・テイラー期は「華麗」「流麗」「退廃的」
75〜76年は「黒」「ファンク」「ギラギラ」
そして78年は「硬質」「ソリッド」「ゴリゴリ」
ですか。
(※あくまで個人のイメージです)


私のおすすめとしては当時の最新版「Some Girls」からの4曲。
Miss You
Beast Of Burden
Just My Imagination (Running Away With Me)
Shattered

後の81年ツアーでも聞くことができるんだけど、あっちはなんか完成してるっていうか「余裕」があるんだよね。で、78年版はというとね、もう全部「力押し」ですよwww 

HMVレビューでは「贅肉を削ぎ落とした細身で筋肉質サウンド」だそうだが、まさにそのとおり。

特に「Just My Imagination」はベストテイク。
怒濤のド迫力。
カッコよすぎて鼻血が100リットル出る勢いww


お宝的インパクトが強すぎた「Ladies & Gentlemen」だったけど、内容では互角といっていい。

映像的には、当時の飾りのないステージ、まだ未発達のカメラワークなど不十分なところもあるんだけど、これは仕方がない。入ってる演奏は超一級の世界最高峰のロックンロールだった。


以下、オフィシャル動画

「Shattered」ってある意味最もストーンズらしい裏名曲だと思う。こんな曲他のバンドにはできないでしょ。グルグルとトグロを巻くようなキース・リチャーズのリフの連続、メロディーなんかあったんもんじゃいミック・ジャガーのボーカルw

やっぱストーンズ、すげえええ

| | コメント (0)
|

Stones Archive 他

Stones Archiveについて、Hampton 81までで中途半端な形だったので一応まとめておきたい。(自分のため)



Rolling Stones - L.A. Friday

Bgddrs72

1:1 Honky Tonk Women
1:2 All Down The Line
1:3 If You Can't Rock Me
1:4 Get Off Of My Cloud
1:5 Star Star
1:6 Gimme Shelter
1:7 Ain't Too Proud To Beg
1:8 You Gotta Move
1:9 You Can't Always Get What You Want
1:10 Happy
1:11 Tumbling Dice
1:12 Band Intros
1:13 It's Only Rock N Roll
1:14 Heartbreaker
1:15 Fingerprint File
1:16 Angie
1:17 Wild Horses
1:18 That's Life
1:19 Outta Space
1:20 Brown Sugar
1:21 Midnight Rambler
1:22 Rip This Joint
1:23 Street Fighting Man
1:24 Jumping Jack Flash
1:25 Sympathy For The Devil

75年の全米ツアーからの音源で、ミックテイラー脱退後初ツアーで、ロン・ウッドがゲスト参加ということだったと記憶している。(その後もロン・ウッドは正式メンバーではなくずっと長い間準メンバーだったらしい)

翌年のツアーを収めた「Love you Live」に近いのだが、演奏はより力強くアグレッシブな感じ。ファンキーかつ黒くドロドロした感じ全開で、ブライアン・ジョーンズやミック・テイラー在籍期、また80年代以降の成熟期とは違う、これもまさにストーンズ。

それと「Love you Live」には入ってない曲も多いので絶対おさえておきたい。73年との76年の間に入る音源なので、演奏を聴き比べるのも嬉しい。ああ、こういう感じで変化していったんだな、とわかる。

特に「Gimme Shelter」「Midnight Rambler」「Street Fighting Man」は必聴。73年の「Brussels Affair」での名演が超有名だが、ロン加入後の75年バージョンも負けていない熱演。この時期はストーンも絶頂だったんだなと思わせますねぇ。いやあ、これは名盤だな〜。





The Rolling Stones Live At Leeds Roundhay Park 1982

Bgddrs78

1:1 Under My Thumb
1:2 When The Whip Comes Down
1:3 Let's Spend The Night Together
1:4 Shattered
1:5 Neighbours
1:6 Black Limousine
1:7 Just My Imagination (Running Away With Me)
1:8 Twenty Flight Rock
1:9 Going To A Go-Go
1:10 Let Me Go
1:11 Time Is On My Side
1:12 Beast Of Burden
1:13 You Can't Always Get What You Want
1:14 Band Intros
1:15 Little T & A
1:16 Angie
1:17 Tumbling Dice
1:18 She's So Cold
1:19 Hang Fire
1:20 Miss You
1:21 Honky Tonk Women
1:22 Brown Sugar
1:23 Start Me Up
1:24 Jumpin' Jack Flash
1:25 (I Can't Get No) Satisfaction

82年のヨーロッパツアー音源。

81年とほぼいっしょなので、Hamptonのあとに出されてもなー という気持ちもないではないが
(;´Д`)

貴重な音源なので素直に嬉しい。

私の大好きな「Waiting on a Friends」が外されているが、名曲「Angie」のこの時期の演奏が聴けるのはありがたい。





The Rolling Stones Live At The Tokyo Dome

Bgddrs77

1:1 Start Me Up
1:2 Bitch
1:3 Sad Sad Sad
1:4 Harlem Shuffle
1:5 Tumbling Dice
1:6 Miss You
1:7 Ruby Tuesday
1:8 Almost Hear You Sigh
1:9 Rock And A Hard Place
1:10 Mixed Emotions
1:11 Honky Tonk Women
1:12 Midnight Rambler
1:13 You Can't Always Get What You Want
1:14 Can't Be Seen
1:15 Happy
1:16 Paint It Black
1:17 2000 Light Years From Home
1:18 Sympathy For The Devil
1:19 Gimme Shelter
1:20 Band Introductions
1:21 It's Only Rock 'n Roll
1:22 Brown Sugar
1:23 (I Can't Get No) Satisfaction
1:24 Jumping Jack Flash


なんと1990年の東京ドームでのライブが公式音源として登場!∩(・ω・)∩

嬉しいねえ。

テレビ放送されたときと同じ音源かどうか検証してないのでよくわかりません。すみません。

89年以降のストーンずに関してはそれ以前に比べるとそれほど思い入れはなく、ライブも淡々とした印象があったのだが、今あらためて聞き直してみると、けっこうイイジャンw 持ってた印象よりずっといい。





Light The Fuse - A Bigger Bang In Toronto 2005

Bgddrs75

1:1 Rough Justice
1:2 Live With Me
1:3 19th Nervous Breakdown
1:4 She's So Cold
1:5 Dead Flowers
1:6 Back Of My Hand
1:7 Ain't Too Proud To Beg
1:8 Band Intros
1:9 Infamy
1:10 Oh No Not You Again
1:11 Get Up, Stand Up
1:12 Mr. Pitiful
1:13 Tumbling Dice
1:14 Brown Sugar
1:15 Jumpin' Jack Flash

なんというか優等生的というかね。The Whoのケニー・ジョーンズ時代もそうだったけど。

70年代〜82年までのストーンズって、50点〜150点の間を常に行ったり来たりしてる、ときどき200点出ちゃったよ!∩(・ω・)∩ という感じのイメージなんですが、89年以降のストーンズって、ずっと80点〜110点なんだよね。いいか悪いかは別として安定して楽しめるっていうかね。(※あくまで個人的イメージです)





Stones Archiveはこれで終わりかなぁ。

70年、72年とか、もっと出して欲しいんだけどなー。

つか、公式映像をYoutubeに小出しにするんだったら、完全版を市販してくれよと
ヽ(`ω´*)ノ

| | コメント (0)
|

2013年5月10日 (金)

今さらだがiPad miniが楽しい

Ipadmini1

買ってかなり経ちますけどね。

ケースを買えてからというもの、使いやすくて。


以前は表面硬質なポリカーボネートのハードケースを使っていたのです。表面がテカテカというかツルツルの。で、純正の折りたたみできるiPad mini Smart Coverつけて。

本体の保護、液晶の保護に、役立ち、Smart Coverは置いて使うときにちょうどいい高さにしてくれるので便利なんですが、iPad miniの場合モバイルで使うことがほとんど置いて使うことが自分の場合少ないわけです。

そうなると、意外にiPad mini Smart Cover、邪魔なんですよ。
多少でも持ちにくさにつながるのです。(´・ω・`)


カバーを裏側にして手に持てばいいんですが、微妙に持ちやすさを低減しているわけです。

さらに、ポリカーボネートのケースの表面がツルツルなので、持った時手がすべりやすい。


そこで、パワーサポートの表面がラバー仕上げになっているケースに換えてみました。


Powersup


さすが評判のいいパワーサポートのエアージャケット。装着時にも無理がなく、力を入れることもなくスポッとはまり、まるで純正のようにピッタリとしています。

表面がラバー仕上げなため適度なグリップ感がありますので、片手で持ってもわりと安定。ツルッと落とす心配も減りました。

さらに、Smart Coverは使わないことに決めましたので今回は「Smart Cover非対応版」を選択しました。Smart Coverがあれば液晶保護にもなるのですが、iPhoneでもほとんど傷がつかないので、もう要らないと決断。保護フィルムもタッチの操作感がなくなるので使いません。傷ついたときはしょうがないと割りきって「持ちやすさ、操作しやすさ」優先で使うことにしたおかげで、今の状態はとても持ちやすいんです。

こうなると今まで気になってたことが無くなると、いやあ、使うのが楽しいったらw 使う時間が以前より長くなりましたよw

Ipadmini3
↑ 画像はNewsstandで購入したMacpeopleを見てる状態

こんな感じで片手で持っても通常は問題がない。
(もちろん安心のためには両手が一番だが)

親指の腹で多少押さえ気味なのと、親指の先がほんのわずかにケースの端にかかるので、うまいこと持てるのです。

で、画像例にしたMacpeopleなんかは、持ってる手の親指でスワイプすれば片手でもページがスイスイめくれるわけです
(∩´∀`)∩

快適すぎワロタw です。

持ちやすさが改善しただけでこんなに印象がアップするなんてね。





ちなみに、自分はCellularではなくWi-Fiモデル。iPhoneとテザリングで使っています。

もうかなり有名な話だけども、テザリングはWi-Fiではなくbluetoothを使用。

Wi-Fiだと速度は速んですが、接続する手続きが面倒なのと、バッテリーが減るのが比較的速いらしいので使っていません。

で、bluetooth接続はいたって簡単。先にペアリングだけ済ませておけばiPad側から接続するだけでOK。iPhoneを操作することはありません。また、つなぎっぱなしでもiPhoneもiPad miniもバッテリーが減るのは少ないらしく、まったく気にならないので、私はほぼ常時接続状態です。

(ipad miniを持たずにiphoneを持ちだしたりiPhoneから距離をとるといったん接続が切れる。あと接続後は「設定」のbluetooth設定の画面から別に切り替えないと他の機器を探し続けるらしいので注意してる)

唯一の欠点は速度に上限がありLTEの恩恵をうけられないこと。それでもちょっと遅い3Gで使う程度には出るので、家ではWi-Fi、モバイルはテザリングで実用で問題がない。






市場では、10インチのiPadの売上を7インチのminiが大幅に上回ってるとか。それによってアップルの儲けが減ってるとか(売上あがってるからいいじゃん)。

わかるなー。もちろん安いってのもあるんだけど、扱いやすいもの。

実際使うのが家の中ならiPadのほうが大きくて見やすいし、置いて使うから少々の重さでも問題ないからいいと思うけど、やっぱ外で使う、電車でつかうとなるとminiだよねー。


速ければ今月にもGoogleの次期Nexus 7が発表されそうだろう情報があります。

このままではこっちも買っちゃいそうw
(今のモデルもかなり悩んだからね。199$は安いし)

iPad mini Retinaモデル、早く出ないかなーともう待ち焦がれています。

次はCelluarモデル買おうと心に決めています。
だってiPhone使うより時間長いんだもの。
bluetoothテザリングが便利でもこれからは常時LTEで使用したいしね∩(・ω・)∩

| | コメント (0)
|

2013年5月 5日 (日)

MtLionとVMwareでWindows8+Lion

Maconmac_2



MacBook Pro Retina 2012(OSX10.8)にVMware Fusion5 を導入したので一応記録を残す。

Windows8を入れたがなかな手強い(;´Д`)

スタートボタンが無くなったことはスタート画面をWinodwsキーで呼び出すだけなので大した問題ではないが(Macの仮想なのでこの場合コマンドキー)、電源を落とすときに「設定」からという意味不明な操作でそこまでたどりつくのがやたらと手間がかかる。

日本語入力も「かな」「英数」をIMEのオンとオフに割り振るだけでほぼMacでの操作と同じような環境にすることができるので問題ない。これはVMware Fusionの古いバージョンでXPをずっと使っていたので知ってた。いちいちキーマップを入れ替えなくてもこのくらいで十分だ。

残念ながら新しいUIに対応するアプリが少なく、またIEもなんのためにあるのかまったくわからないくらい使いにくい。結局デスクトップ版を使ってしまうのは普段Windows7を使っているからかもしれないが。やはりこれはタッチパネルを使ったタブレットでないと使いにくいのだろう。


で、いよいよMac on Macなわけです。

ちょっと普段使っているOSX環境とは別にテスト用の環境があったらいいな〜と思って。別のアカウントを作るということもやってはみたものの、やはり元の環境が同じでは意味がなかったし、このほうがホストとゲストをスワイプで行ったり来たりできてやりやすそうだ。(アカウントをスイッチするときの回転するギミックは好きなのだが…) やはり私にはOSXが一番使いやすいな。

で、どうせテストするならとMountain Lionではなく、思い切ってLionをインストールしてみた。

以前Parallelsの試用でやってみたときは「復元パーテーション」からのインストールだったのでそのまま10.8だったのだが、VMwareでは10.7もインストールできるようだ。

※Parallelsでも10.8上に10.7が入れられるか試用期間終わったのでわかりません。

この場合「復元パーテーション」がないのでインストール用のイメージをAppStoreからダウンロードする必要があった。以前ダウンロードしてUSBメモリにしておいたのだがそれからではうまく起動できなかった。おそらく10.8も復元パーテーションを読み込みにいくような様子は無いので同じようにダウンロードしておく必要がありそうだ。

とりあえず、操作的にそこだけつまついたが、あとは簡単。

見慣れた画面でインストールが開始し、設定後普通に使えている。


Retinaの画面上では、最初の段階では綺麗ではなくガタガタした表示になってしまっている(が使えないほどではない)。

ちなみに「Retinaのフル解像度を使用する」にチェックを入れると2,584x1,614という広大な解像度を使えるようになったが、なぜ2,880 x 1,800じゃないのかよくわからないw それにしても、これでは文字とか超小さいわけだが、一応読むことはできる。しかし実用には向かないな(;´Д`)


しかし問題は、どうやらキーボードをUSキーとして認識しているらしい。自分はJISなんだけども、@を入れようとしたらいつもの場所じゃなかいし、「かな」「英数」キーの反応がない。で、コマンド+スペースをやってみると、ゲストではなくホスト側が切り替わってしまいゲストは切り替わらない。日本語環境に最適化してないのか。また、コマンド+Qといういつものショートカットキーを入れるとゲストのアプリではなくVMware自体が終了してしまう(ゲストがサスペンド)という状態。これでは不便すぎて使えない。

また、トラックパッドを認識していないのでマルチタッチができない。どうやらゲスト側はトラックパッド操作を普通のマウスとして認識して動いているようだ。これも操作性がかなり犠牲になってしまう。Safariの「進む」「戻る」でさえジェスチャでできない。

どうも最初に考えていたのと予定が狂ってしまって(;´д`)トホホ…状態だ。

どこか設定が間違っているのか、直せるのか、いやVMwareはこんなものなのか。10.8じゃなく10.7にしたのが間違いなのか(いや、それは関係ないと思う…)。

使い慣れてたVMwareにするつもりでParallelsはそれほど使い込んだわけじゃないが、あちらもトラックパッドじゃなくマウスとして認識していて、キーボードも「英数」「かな」キーは使えず、コマンド+スペースは使えた、とブログに残してあった。たぶんショートカットも使えたと思うので、この点ではParallelsのほうが良かったと思う。

※私の使い方が悪いのかもしれないが設定がよくわからない、デフォでそうなるっていうところで。


うーむ。操作性がホストより落ちるのであれば意味がない…
Windowsのほうが最適化してあるってことかな。

とりあえず、今夜はここまで。

| | コメント (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »