« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

R.I.P. LOU REED

Lou

28日、ルー・リードが亡くなったとニュースが流れました。

ショックデカ過ぎです…


学生のとき初めてVelvet Undergroundを聴いてから、ずっと彼のカッコ良さに惹かれてここまできました。


彼は詩人として有名ですが、私は英語もできないし、詩はあまりよくわかりませんが、彼のメロディーとサウンドが大好きです。

彼のギターカッティングと熱いフィードバックサウンドが大好きです。


ありがとう、ルー。

R.I.P Lou Reed.


| | コメント (0)
|

2013年10月26日 (土)

beyerdynamic DTX 501 p BK

Beyer

我慢できず、買っちゃいました。

ドイツbeyerdynamic社製オーバーヘッドタイプ密閉型ヘッドホン DTX 501 p BK です!


自分はずっとミニタイプのヘッドホンを愛用してきたわけですが

KOSS Porta Pro
AKG K24P
AKG K26P
SENNHEISER PX200
AKG K430

という感じ。

好みとしては「小型」「こもらない」「バランスの良さ」といったところ。このタイプのヘッドホンは意外と種類は少ないのですが、だいたい低域重視のものが多く(このサイズから驚きの低音が、みたいなウリ文句)、低域ばかり聞こえて高域が出ない、全体にこもり気味でボーカルも抜けが悪いものばかり。ドンシャリであって欲しいのにドンしか聞こえなくてシャリが無いって…
これ、値段に関係なく、売価2万超えとかしても、ぜんぜん高域がないからスネアの音おかしいよ、みたいなのあるんですよ(;´д`)トホホ…

好みのものを探すのがなかなか難しいのです。

で、ずっと愛用してきたK430のイヤーパッドもハゲハゲになり、右側の長さ調整が壊れてしまったので次のもモデルを探しておりました。

当初はSENNHEISERのHD 229がなかなかいいなーと思って狙ってたんですが…

いや、これはノーマークでした。
聴き比べたらHD 229を超えてました!

正直、HD 229もDX501pもデザイン好みじゃないんだけど(;´Д`)


ちょっとDTx501pも試聴してみようかなーって試したところ…

もう笑っちゃいましたよwwww
俺の好みの音ドンズバなのですよ!!!!!

音圧感のあるアタックが効いてるドラム、低域が太いベース、女性ボーカルの艶、高域の伸び、シンバルやスネアの抜け、解像感(決して高くないけど籠らず分離が良く聞こえる)、ギターの音の再現性。中域も不足なし。

低域は量感はあるものの、あまりくっきりさせるところはないのでソースによってベースラインがハッキリしないものもありますが…

特に最近の高音質音源の再生能力は高し。
逆に古いCDの音はそのまま出ちゃうんですけどね(;´д`)

いやいや、見事に好みにマッチング。

で、いつか買おうと思っていたのですが、先にBluetoothイヤホンに手を出してしまったので、正直やめておこうか、とも思ったのに…。

やっぱ、自分はインナーイヤータイプ、ダメですわ(ヽ'ω`)
耳に詰まってる感、いつまでたっても慣れない。
オンイヤー型の、ぐっと耳を抑えてる感じが好きなんだねー。


というわけで、ついついポチッとw

しかし、このサウンドで6480円ってwww K430(購入時の価格で)の1/2で買えましたよ、ええ。

素晴らしいコストパフォーマンスだね。
リーズナブルなオーバーヘッド密閉型のミニタイプお探しの方にオススメです。


欠点といえば、ケーブルが中途半端な長さだな。1.3mくらいだったか。
室内では短い、室外では長い。iPodをカバンに入れて使うならちょうどいいが、そうすると途中にiPhone用のリモコンが欲しくなるが対応してない。残念。機内で使う変換アダプターみたいなのが付属してるんだけど、俺いらないから(ベイヤーさんはそういう使い方を想定してるんだね)

あと、そのケーブルノイズもちょっと気になるね。ケーブルは細くて固め。タッチノイズは密閉式だとしょうがないんだけど、ケーブルが揺れたりして何かにタッチしたりすると振動が伝わってウルサイんだよ。

側圧は強め。ぐっと抑えこむ感じだけど、イヤーパッドがふかふかなので、パッドを潰すように耳を塞いでるる感じだね。けっこう遮音できてる感じだから、逆に余計にタッチノイズは出ちゃうのかも。


で、今後は長いケーブルたたんで、このあいだ買ったBluetoothのイヤホンと差し替えてレシーバー部分だけ使ってワイヤレス化してみようと思う。まあ、イヤホンもあれはあれで、ノイズキャンセリング機能なんか使うと効果高いんで手放せないところはあるんだよね。音質に満足はないけど、電車とか道路で自動車やバイクの騒音けっこうカットしてくれるの助かる。耳に刺さってる感触を我慢できれば…


本当はお金があったら コンパクトモデルもラインナップしたSONY MDR-10RCあたりのミニヘッドホン買ってみたいんですけどね(;´Д`)
でも、今はもうBluetoothモデル以外は手を出したくないので、密かにアラウンドイヤーのMDR-10RBT、または思い切ってMDR-1RBT Mk2あたりを家用に1個ほし~な〜って思うのですが、高すぎて予算が
(;´Д`)

| | コメント (0)
|

2013年10月21日 (月)

真緒に会いたい

Mao

真緒欠乏症です。


わかっては、いたんですけどね、映画見たらこうなるの
(;´д`)


久し振りのこの感覚。

スナナレのハル以来かな。

のだめ、あおい、瑠可、ハル、そして真緒。

のだめはね、いい時と悪い時とわかれるの。
あおいのときは苦しかった。
瑠可はつらかった。
ハルはもうなんとも歯がゆかった。

真緒は…

切なくて、愛おしくて、だけどなんだか心地よい


このあいだは、家でじっとしていたらアホなことばっかり考えてるので「散歩でもして気を紛らすか!」
と家を出たものの3時間も歩き続けてしまったw

おかげでクタクタになってちょっとスッキリした
(;´д`)


そんな時間あるんだったら、映画見たほうがいいんだけど
(そのほうが興行収入にも貢献するし!)

なんか、あえて我慢してみたw

映画館の前をスルーしてみたw


この症状、ふとあるごとになんとなく顔が浮かんで、
いろんなシーンが浮かんで、
それでそれを補完するようにいろんな妄想とかして

悶々としてしまうので、困ったものだ

最後に現れた彼女には記憶があるのか。
気になってしまう(;´д`)

浩介は…あるよね?たぶん

12年ごとに9回生まれ変わるとして、最初に生まれ変わったとき13歳で、次は26歳のままなのか?とかへんなとこツッコミいれてみたり。

いろんなロケ地あるけど、あのジャングルジムのある丘の上?は行きたいな。


さて、次はいつ会いにいくかなー

| | コメント (0)
|

2013年10月20日 (日)

Bluetooth イヤホンを買った

Mdrex31bn

SONY MDR-EX31BN

Bluetoothのイヤホンを買ってみました。


Bluetoothのヘッドホンは以前に買ってあって、音も操作性も大変気に入ってるのですが、モバイルで使うにはちょっと大きかった気がして、小さいものを探していました。

どんなに軽くても、耳をすっぽり覆うタイプだとカバンの中でやっぱ存在感ありすぎだし、なんとなく取り回ししにくい感じがどうも気になって。

自分はオンイヤーの小型タイプが好きなんですけど、どうしてもこのタイプだとBluetoothってないんですよね。ゼンハイザーにあるんですけど、古いモデルで「どうかなー」と手がでませんでした。

調べてみると、特にiPhoneのBluetoothまわりはいろいろ問題が多いようなので、最新モデルなら大丈夫かな?と思って今月発売の新製品を導入したわけです。

インナーイヤホンは苦手なんですが、まあ、気に入らなかったらレシーバーだけ使えばOKだろうと。


前置きが長くなりましたがw

起動してまずは接続。

Bluetoothはとにかく簡単だよね、接続。
レシーバー側をONにして、iPhoneのBluetooth接続を設定するだけだから。


まだ、とりあえずつなげただけなので、音質がどうの、ノイズキャンセリングがどうのといった評価はできませんが、iPhone 5s iOS702で、いまのことろ音切れやホワイトノイズもなく快適に使用できている。

イヤーピースは3種類あるんだけど、Mでも大きいような気がしたのでSにしてみたらいい感じ。

音質は、こんなものだろう。価格的にも。
おお!すげー!と喜ぶわけでもなく、
まじかよーとがっかりすることもなかった(;´д`)

高音から低音までそれなりに出ているが、抜けがいい感じ、解像度が高い感じはいまのところない。エージングが進めば硬さは取れるかもしれないけど。

ちなみに、工場出荷時は音質設定が「標準モード」に設定されているので、iPhoneの「AAC」コーデックに対応するためには「音質優先モード」に設定変更が必要。そのほうが音質的に有利とのこと。
(もうひとつ、接続が不安定なときにつかう「通信優先モード」というのもある)

部屋の中なのでノイズキャンセリングはよくわからないが、漏れて聞こえるテレビの音は小さくなったw が、音質が大きく変わった印象はない。気にしなくていいかな。


別にもってた普通のヘッドホンAKG K430(2極のプラグ)をレシーバーにつないでみたんだけど、けっこういい音で鳴ってるのでそれは良かった(=゚ω゚)ノ

それなりの音質は得られる、ということは付属のイヤホンの品質の問題なんだろう。そもそも価格が9000円〜1万程度なわけで、本体レシーバーを除くとイヤホンの価格はある程度察しがつくからね
(´・ω・`)

で、そのヘッドホンK430を直接iPhoneにつないだ音と、Bluetoothレシーバー経由の音で比べてみて、確かに音が薄くなってる?傾向にあるんだけど、この程度の劣化、一般の人は文句は言わないレベルだと思う。

おおー!これは良かった。
いざとなったらレシーバーだけで使う作戦、いけそうだね(・∀・)

(※ただし、付属のイヤホンでないとノイズキャンセリングは使えないらしい。そこで音を拾ってるんだろう。プラグが5極もあるしね)


さて、残念なところ。

まず、レシーバーが意外に重く感じる。
次に、レシーバー側での音量操作は独立していてiPhoneとは連動しない(BOSEの場合はする)。これは残念でもあり、実は便利なのかもしれない。使いこんでみたら慣れてしまうだろう。
そして、iPhone側でバッテリー量の表示ができない(BOSEはできる)。これは不便だね〜

ま、ざっとこんなところだろう。

とにかく、ポケットにiPhoneいれたまま、音楽を楽しむ、というのがいいよね。
(・∀・)


最近、Nexus 7、BOSEヘッドホン、そしてこのソニーのイヤホンとマイクロUSBで充電する機器が増えてきた。その都度付属しているから問題はないが、1本で持ち歩けるわけだから、iPhone用のLightningケーブルも、マイクロUSB変換タイプのほうが1本で済むな!と思うわけだが、純正はケーブルと同じくらい高いのでちょっと悩むな〜(;´д`)

| | コメント (2)
|

2013年10月18日 (金)

映画「陽だまりの彼女」

Hidamari

遅ればせながら、見てまいりました。


映画「ひだまりの彼女」
http://www.hidamari-movie.com


素晴らしい(つД`)。*゜。


いい映画でした( ;∀;)

なんなの、これは。もう(*´ω`*)


この映画が発表されてから、原作はおろか、ほとんどのストーリー的情報を入れないようにずっと我慢しておりました。公式サイトもほとんど読んでおりません。画像ちょっといただいたくらいのと、公開前に予告映像みたくらいか。とにかく、何も前知識をいれずに映画を楽しみたかったのです。


それでも、知ってた情報、どうしても目にしてしまう、聞いてしまう情報としては…

○「女子が男子に読んで欲しいナンバーワンの小説」というキャッチコピー?の原作
○舞台は俺の好きな江ノ島あたり
○とりあえずハッピーエンドのラブストーリーらしい。
○10年ぶりに再会した二人が結婚するんだけど、彼女には人に言えない秘密があって失踪するらしい。
○これはハッピーエンドなのか?という疑問があるらしい。
○ラブストーリーと聞いてたが、どうやらファンタジーの部類らしい。

…以上だw

俺の予想では
ファンタジーということは、実は宇宙人だった。宇宙へ帰った説…。かぐや姫的な?


アホだな、俺www
(;´Д`)


で、物語はというと、わりと早い段階から、その正体の秘密はわかりやすく作ってあるんでだいたい確信できるんだけど、そう決められないように、ショッキングな過去とか病気みたいなものが語られて、「え〜まじで〜」「これが秘密?」ってなる
(´・ω・ゞ)

それでもさ、目の前に真緒がいたら、やっぱ辞めたという男はいないだろ(;´Д`)

そうだもの〜


ファンタジーとも秘密とも知らなかったら、また違った感想になっただろうな。


まだ一回しか見てないので、あの「どっちだよ」というセリフがよくわからなかったこと、なんかココロにひっかかりました。

最後のシーンは誰もがそうであって欲しいとおもったに違いないんだけど、それで良かったのかどうか。声だけでも良かったかもなーとか。また子猫助けるとかするのかなーなんて想像したんだけど違ったw あれ、原作とラストが違うの?

目の前から消えるときってさ、スーッと薄くなって消えていくのかなーとか変なこと気になったw


涙を流したコースケだけは忘れてなかったのか。
奇跡は来ないと言ってたということは忘れてなかったのか。
だから最後は笑顔なのか。

最後、両親の元に現れた猫、コースケの足元でハネてた猫、そして真緒そっくりな女性。

うーむ。

普通に真緒が現れたのかと思ったが、それでいいのかな。
(奇跡が起こる。ファンタジー。ハッピーエンドってことで)


樹里さんはといえば、

会社での初登場シーンから

キタ━━( ´∀`)・ω・)・∀・)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━!!

ってくらい輝いてるのなんのってw
カメラさんに感謝だよ、もうwww

もしかしたら、俺の中である意味「虹の女神」を超え、そして「スナナレ」のハルを大きく超えたわ。

ヤバすぎる。
早くブルーレイ出せ〜ヽ(`ω´*)ノ

映画のPRでバラエティとかいろいろ出てるんだけど、それはほぼ素の仕事する樹里さんなんだけど、スクリーンの中では「真緒」なんだよな。どこからどうみても、完全に真緒。ぜんぜん違う。

いつもこの違いにやられてしまうのだ。

また、真緒だか樹里さんなんだか
もうどっちだかわからないままだけど
また真緒に会いたくなる。

あ〜あ〜
俺も、ちょっと江ノ島行って 猫、助けてくるわ。

そしたら真緒に出会えるかもしれないよね(;´д`)




--------(追記)----------
普段の樹里さんとスクリーンやドラマの中の樹里さんとは「顔が、人物が違う」ように見える秘密がなんとなくわかった気がする。


10月18日放送のトーク番組「A-studio」より----

MC・笑福亭鶴瓶から「ぴったりやったで。樹里、めっちゃ綺麗やった」と褒められた上野は、「よかった。恋してるからじゃないですか、この時は」とニッコリ。

続けて「潤もええやつやろ?」と問われると「すごく。作品に対して熱い思いを持ってる方ですよね。関わる人たちを大事にする人なんだなぁって」と松本の人柄を絶賛した。

さらに「2人とも人見知りなんですけど、信頼関係がしっかり生まれたんですよね」と続けた上野に対し、鶴瓶は「好きになってしまわへんか?」と率直な疑問を提示。

上野は「撮影中真緒を演じる私は、松本さん演じる浩介をちゃんと見つめて見失わないようにすることで必死だった」と話しながらも、「役の上での魅力はすごく理解してるし、ホントに好きになる感じになるんですけど、プライベートでは携帯の番号を交換したりすることは全くない。だから作品が終わったら会う機会もないし」と意外な事実を告白。

(アメーバニュース)

----引用ここまで


ファンならドキドキ、聞いてみたいけど聞けない内容を鶴瓶師匠がズバリ聞いちゃってくれてるのだけど、確かに、二人はとにかく「お似合い」だった。並んで絵になる姿に驚くくらいに。

で、樹里さんは「役の上で恋してるから」という。

「女性は恋をすると綺麗になる」と良く言われることだが、そういうことかと。

だからのだめはのだめだし。
瑠可は瑠可だし。
あおいはあおいだし。
江は江だし。
そして真緒は真緒。

のだめとして立ってると横の千秋がいると絵になるように。

役者さんが「役になる」ってそういうことなのね。
演技が上手いとはまた違うんだろうね。

樹里さんは「憑依型」と言われることもあるし自分も見ててその印象はある。とにかく架空の世界の中で半端ない存在感。しかし、いろいろスタッフの話を総合すると実はかなりの「努力タイプ」のようだ。「憑依型」って言葉はある意味「天才」的でかっこいい印象だが、逆に、台本を読み込んで、その世界に入り込むために監督やスタッフと念入りに打ち合わせをするような話を何度も読んだことがある、そういう「努力家」なわけだ。努力の上の憑依ってことか。

って、書いてて思ったんだが、それってどこかのだめの世界に通じるな
( ・д・)


| | コメント (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »