« iPad Air用キーボードカバーを買ってみた | トップページ | SENNHEISER HD229 »

2014年5月 9日 (金)

BOSE IE2 イヤホン

Ie2

BOSE IE2 を買ったという日記。


iPodが世に出ていこう、ピンからキリまで、インナーイヤホンがもういくつかあるのかわからないくらい発売されており、有名メーカーから新興会社まで大ヒット商品も多くあります。音質の面でも評価の高いmのも多くありますが、自分はこのカナル型という耳に差さるタイプのイヤホンが苦手なのです。(だからミニタイプのオーバーヘッド、オンイヤー系を愛用)

ずっと耳に差さっているという感覚、長時間になると痛くなる、密閉になることでケーブルや自分が歩く音がノイズとなるなど、苦手だと思ってるのでどんどんマイナス面が気になります。

以前にBluetoothのイヤホンを購入しましたが、やはりこれも結局馴染めず、音質よりも装着感で使わないようになってしまいました。

しかし、初夏の5月。これからの季節は外でアラウンドイヤーのヘッドホンはけっこう蒸れます。ちょっと歩きまわると耳のまわりに汗をかいてしまいます。汗で臭くなるわ、壊れそうで嫌だわ、ヘッドホン外した時の汗ばんだ感じも嫌だわ…

そこで、探しました。

前置きがなげえええええええ(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)


まあね、買ったんですよ、IE2。

選んだポイントは
1.カナルタイプじゃない
2.そこそこの音質

いわゆる普通のインナーイヤホン(iPhoneの付属みたいな)は耳に合わないとすぐに外れますが、これは耳の形状に合わせてひっかける羽のようなものがついており、グイグイ押し込まなくても簡単に外れません。ここポイントw

(ちなみにBOSEでは「イヤホン」ではなく「インイヤーヘッドホンなのだそうです)

それと、おかげで遮音性が皆無なわけですが、逆に周りの音が聞こえるので、歩いてる時も周囲の音が確認できて危険が減る、というのもあります。(電車内での使用は自粛するつもり)

そして、音質。

正直「高音質」とまでは呼べるレベルではないと思いますが「楽しめる音」ではあります。世の中の90%の製品が低音モコモコでこもった音の印象の自分には、まあまあレベルの低域中心の音。特に屋外ではどうしても不足気味になるので、これくらいあってもいいのかも。ベースラインはわりときちんと描き分けているように聞こえる。BOSEらしい重低音というのはないが、中域〜低域は量感だけで団子状態というわけではなさそうで、なかなかいい。その中域は丸みがあるが意外とクリアでギターの音、ボーカルはもスムーズ。高域は不足気味でシンバルやスネアが引っ込み気味でやや物足りない。けっこうソースを選ぶ感じで、古いロックはちょっとベールをかけたようで引っ込み気味だが、J-POP系はいけるのが多い。録音のよいソースは太くいい感じで再生してくれる。解像度は低いけど団子状態とかこもり過ぎとまではいえず、全体では楽しめる音ではないでしょうか。

なお、スポーツタイプ(防滴、水しぶきに強く、付属品が異なる)のSIE2というモデルがBOSEから出ている。仕様は防滴以外は同じなのかな?と思ってたのだが、けっこう音が違う。IE2、MIE2はBOSEらしい中低音が出るのに対してSIE2は割とフラットで高域が十分に出ているので、音場感、響きなども再生する。IE2に対しては薄くかかった高域フィルターを1枚剥がしたようにクリア。だが、低域は逆にそれほど強くない(BOSEのイメージで)。BOSEのインイヤー型は遮音性がほとんどないので、屋外の自動車の騒音、電車の音などが聞こえてしまう場合は低域がマスクされて聞き取りづらいかもしれないので、そレを考えるとIE2がいい場面もあるかもしれない。
う〜ん、どっちもいいから悩ましいね(;´∀`)
ただSIE2に付属するリストバンドは要らないな(;´∀`)

音に関する満足感はそれほどなく「このくらいで、十分だよね」くらいなところが正直なところです。

これをSONY MDR-EX31BNのBluetoothレシーバーと組み合わせて使い始めました。
なかなか快適です。

ケーブルが長いのですが(逆にEX31BNのケーブルは短すぎ)、これはしょうがない。

バッテリーが切れたときのみiPhone本体に挿して使うのですが、iPhoneケースが邪魔で奥までちゃんと入らないので、プラグのまわりの樹脂部分をカッタ−で削りとって、カチッとちゃんと入るように改造。

これでしばらくは楽しもう!





BOSEについて、オーディオマニアの方にはあまり好まれるブランドだとは思いませんが(;´Д`)

自分はけっこうゼンハイザーの音が好きで、この日はリーズナブルなHD219、HD229あたりから超高音質なMOMENTUM、AMPERIORなどを楽しんだあとだっただけに音質に関してはちょっと辛口だったかもしれませんが
(;´Д`)

都内の有名な量販店をたくさん回って試聴していますが、ほとんどのイヤホン、ヘッドホンが壊れているか、音が劣化してました。これでは本来の音がわかりません。

かなり長期間展示されていると試聴する人も多く、さすがに壊れやすいのでしょう。音が左しか聞こえない、どこかで混線してるのか左右が打ち消しあってるものが多かった。あと、盗まれないよう展示台の中にケーブルを引き込んで、中のデモ用音源とかと中で蛸足になってるのか、音が劣化しまくってまったく高域が聞こえない、などというものがありました。

(そのわりには、仕込んであるデモソングはハリのあるいい音で鳴るのに、いざ自分で音源を繋ぐとひどく篭りすぎで超ガッカリな音がするっていうのは、メーカーで仕込んだデモの音が相当いじってあるんじゃないかと疑いたくなります。そうでないなら展示台の中の装置が劣化しまくりなのでしょう)

これでは、本当の実力がわからず、誰も買わないな(;´д`)トホホ…


今回、専門ショップに立ち寄ったところ、ケーブルをそのまま繋げられるデモ機があったので試したところ、おお、そうだよな、これが本来の音だよな、と納得。

ちなみに、5月下旬に新製品が出るせいか、展示台が多くの店舗から撤去が始まったようです。
ちゃんとしたものに入れ替えて欲しいですね。私は今欲しい物はありませんけど(;´Д`)

|
|

« iPad Air用キーボードカバーを買ってみた | トップページ | SENNHEISER HD229 »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad Air用キーボードカバーを買ってみた | トップページ | SENNHEISER HD229 »