« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

XPERIA Z2 Tablet

Xperiaz2tab

Xperia Z2 Tabletを買いました。

Z Ultra導入以来、けっこうAndroid気に入ってます(=゚ω゚)ノ

主に部屋用ということで、Wi-Fi版。
役目としてはiPad Airとかぶるのですが、まあ、いろいろと使っていこうかなと。

まあ、とにかくビックリするくらい薄くて、軽いです。

iPad Air(469g)持ってる自分もビックリですから。

Xperiaは426g。数字で見るとたいしたことはないように見えますが、持ってみて実感できます。これ。

前のXperia tablet Zも軽かったイメージがありますが、上をいきますね。
ほんと「黒く薄い板」ですわw

裏面がガラスでも金属でもなくラバーコーティングなので、広いベゼルとともに、大変持ちやすい。
ただし、このラバー部分が指の脂分を吸収しがちで、ちょっと見た目はよくないかも
(´・ω・`)

画面は色とか綺麗ですが、解像度が1920×1200ドット(WUXGA)と、今となっては普通。ピクセル感は感じます。でもまあ、もちろん問題無いレベル。綺麗です。

デザインは旧型とほとんど同じで、ベゼルが広すぎて(去年も同じこと言ってた)正直言うと古臭い感じがある。どうしてこの大きさにする必要があるのかはわからない が、もし「薄くするため」だったらそれは自分は望んでいない。自分なら次は「世界最薄」よりも普段から目に入る極細ベゼルを選びたい。


まだ電源入れて設定しただけなんでたくさんのことは言えません。

いろんな有名サイトでレビューがあるのでそちらを御覧ください(;´Д`)


スピーカーが前を向いて左右のステレオで…というのが売りのひとつだったはずですが、これは私が期待しすぎました(;´Д`)
はっきりいって片側でステレオのiPad Airのほうが音質は上に感じます。
でもま、こんなもんでしょうね。

最近のAndorid機はiPadと違ってホームボタンが画面の中にあるので、どうしてもスリープから起こすのに電源ボタンを押すのがやりにくかったのですが、Z2では画面のダブルタップでスリープ解除できるようになったのがとにかく便利です。


もしiPad miniを超えるXperia Tablet で8インチクラスのものでLTE版とかあったら、乗り換えてもいいかな、くらいに思ってるんですが。(スマホはiPhoneなのは譲れませんけどね) 最近は大手3社じゃなくMVNOもいいんじゃないかと。


Xepriz2tab
左から iPad mini Retina(ケース付き), Xperia Z2 Tablet, Xperia Z Ultra





ひとつ、言いたいこと言わせてもらうと。

てか、前のZ Ultraのときにも書いたと思うが(;´Д`)
今回はマジで。

続きを読む "XPERIA Z2 Tablet"

| | コメント (0)
|

2014年5月23日 (金)

SENNHEISER HD229

Hd229

ゼンハイザーのミニヘッドホン、HD229です。

前からずっと気になっていたので、思い切って買いました。

まあ、このあたりのヘッドホンは安いですからね。

今度買いたいなーと思っているゼンハイザーのMomentumの1/4、Momentum on earの1/3の値段です
(;´Д`)

価格なりに見た目がチープ。いや、かなりチープ(;´Д`)

プラスチック感満載で、エッジの仕上げもわりと雑。光沢仕上げがいっそうチープ感を演出しています…

ま、これでも下位モデルのHD219の非光沢&シルバーという、もう表現しがたいほどのチープモデル(それでも5000円近くしてた)よりはマシですから…


さて、小型密閉型好きの俺としては避けて通れなかったこのヘッドホン。このクラスのヘッドホンで満点が出る製品というのはなくて、なにか欠点はありつつも、キラっと光るものがあるかも?というのが魅力なんですけども(;´Д`)

100gを切る重量なので、とても軽くていい。側圧は弱くはないが、強すぎる感じもない(量販店のデモ機は緩かったので、使っていくうちにそうなるんだろう)。イヤーパッドが独特で、オンイヤータイプならではの平面対応というか(いわゆる普通のヘッドホンのパッドのように周囲にクッションがあって中央が凹んでるんじゃなくて平ら)。BOSEのOE2と同じタイプですね。これが柔らかくて、装着感はなかなかいい。

この間買ったベイヤーのDTX 501 pは側圧がかなり強くて、サウンドはわりと元気のいいドンシャリサウンドだったんですが、HD229は大人しめのドンシャリサウンドとでもいうべきか。というより中域が薄めなためそう感じるのかもしれない。

ゼンハイザーっぽい(と自分は思ってる)繊細なサウンドは受け継いでおります。ドンシャリの「シャリ」の部分がけっこう強いというか、シンバルのチリチリした感じがじゃっかん浮き気味なくらい出てる、ハイハットをチャッチャと動かしてるところが再生できてるのはなかなか凄い、が、ソースによってはシャリシャリと浮き気味で耳障りになることもある。クローズリムショットもかなり音が細い。

ドンシャリの「ドン」もいうほどもなく、ベースラインからバスドラムのキックを強く描き分けるというよりは、低域が出てる感というか、ね。そんな感じ。もっとあっていいと思う人は多いだろう。

ちなみに、買わなかったけどHD219は同じ傾向ながら、もっと暴れ気味というか抑えの効いてないドンシャリで、音場感がこの229より狭く感じました。見た目が俺好みではないにしてもこの音で5000円未満はなかなかいいんじゃないですかね。他のモデルでここまでちゃんと高域が出るミニヘッドホンはあまりないですから。


ケーブルノイズは出ますけど、DTX 501 pまではひどくない。そのかわり、ミニプラグがチープで、しかも掴む部分がストレートでデカイ。ストレートというのがiPodやiPhoneで使うにしてはもう時代遅れというか、L字型(アングル)でないと扱いづらいうえに、しかも掴むところがめっちゃデカイ。XPERIAにつなぐとXPERIAより分厚いので、浮いてしまう(;´Д`)

こういうところが残念なメーカーなんだよな、ゼンハイザー。音はいいのにもったいない。


| | コメント (0)
|

2014年5月 9日 (金)

BOSE IE2 イヤホン

Ie2

BOSE IE2 を買ったという日記。


iPodが世に出ていこう、ピンからキリまで、インナーイヤホンがもういくつかあるのかわからないくらい発売されており、有名メーカーから新興会社まで大ヒット商品も多くあります。音質の面でも評価の高いmのも多くありますが、自分はこのカナル型という耳に差さるタイプのイヤホンが苦手なのです。(だからミニタイプのオーバーヘッド、オンイヤー系を愛用)

ずっと耳に差さっているという感覚、長時間になると痛くなる、密閉になることでケーブルや自分が歩く音がノイズとなるなど、苦手だと思ってるのでどんどんマイナス面が気になります。

以前にBluetoothのイヤホンを購入しましたが、やはりこれも結局馴染めず、音質よりも装着感で使わないようになってしまいました。

しかし、初夏の5月。これからの季節は外でアラウンドイヤーのヘッドホンはけっこう蒸れます。ちょっと歩きまわると耳のまわりに汗をかいてしまいます。汗で臭くなるわ、壊れそうで嫌だわ、ヘッドホン外した時の汗ばんだ感じも嫌だわ…

そこで、探しました。

前置きがなげえええええええ(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)


まあね、買ったんですよ、IE2。

選んだポイントは
1.カナルタイプじゃない
2.そこそこの音質

いわゆる普通のインナーイヤホン(iPhoneの付属みたいな)は耳に合わないとすぐに外れますが、これは耳の形状に合わせてひっかける羽のようなものがついており、グイグイ押し込まなくても簡単に外れません。ここポイントw

(ちなみにBOSEでは「イヤホン」ではなく「インイヤーヘッドホンなのだそうです)

それと、おかげで遮音性が皆無なわけですが、逆に周りの音が聞こえるので、歩いてる時も周囲の音が確認できて危険が減る、というのもあります。(電車内での使用は自粛するつもり)

そして、音質。

正直「高音質」とまでは呼べるレベルではないと思いますが「楽しめる音」ではあります。世の中の90%の製品が低音モコモコでこもった音の印象の自分には、まあまあレベルの低域中心の音。特に屋外ではどうしても不足気味になるので、これくらいあってもいいのかも。ベースラインはわりときちんと描き分けているように聞こえる。BOSEらしい重低音というのはないが、中域〜低域は量感だけで団子状態というわけではなさそうで、なかなかいい。その中域は丸みがあるが意外とクリアでギターの音、ボーカルはもスムーズ。高域は不足気味でシンバルやスネアが引っ込み気味でやや物足りない。けっこうソースを選ぶ感じで、古いロックはちょっとベールをかけたようで引っ込み気味だが、J-POP系はいけるのが多い。録音のよいソースは太くいい感じで再生してくれる。解像度は低いけど団子状態とかこもり過ぎとまではいえず、全体では楽しめる音ではないでしょうか。

なお、スポーツタイプ(防滴、水しぶきに強く、付属品が異なる)のSIE2というモデルがBOSEから出ている。仕様は防滴以外は同じなのかな?と思ってたのだが、けっこう音が違う。IE2、MIE2はBOSEらしい中低音が出るのに対してSIE2は割とフラットで高域が十分に出ているので、音場感、響きなども再生する。IE2に対しては薄くかかった高域フィルターを1枚剥がしたようにクリア。だが、低域は逆にそれほど強くない(BOSEのイメージで)。BOSEのインイヤー型は遮音性がほとんどないので、屋外の自動車の騒音、電車の音などが聞こえてしまう場合は低域がマスクされて聞き取りづらいかもしれないので、そレを考えるとIE2がいい場面もあるかもしれない。
う〜ん、どっちもいいから悩ましいね(;´∀`)
ただSIE2に付属するリストバンドは要らないな(;´∀`)

音に関する満足感はそれほどなく「このくらいで、十分だよね」くらいなところが正直なところです。

これをSONY MDR-EX31BNのBluetoothレシーバーと組み合わせて使い始めました。
なかなか快適です。

ケーブルが長いのですが(逆にEX31BNのケーブルは短すぎ)、これはしょうがない。

バッテリーが切れたときのみiPhone本体に挿して使うのですが、iPhoneケースが邪魔で奥までちゃんと入らないので、プラグのまわりの樹脂部分をカッタ−で削りとって、カチッとちゃんと入るように改造。

これでしばらくは楽しもう!

続きを読む "BOSE IE2 イヤホン"

| | コメント (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »