« Macを拡張することはもうないのか | トップページ | nasne(ナスネ) を導入した! »

2014年7月26日 (土)

BOSE SoundTrue on-ear Headphones

Bose_on_ear

BOSEのオンイヤーヘッドホンです。
今年の5月に発売された新製品ですね。

このところヘッドホン、イヤホンの買いすぎですが(;´∀`)
なぜかBOSEばかり(;´∀`)

まあ、今自分の中でもっとも興味あるものなんでしょうね。
(と人事のように)
なぜBOSEが多いのか自分でもわかりませんが、自分のこと線に触れるなにかがあるのでしょう。
実際、デザインとか好きだし。
それに、それほど高価でもないのにいい音してますよ。いい音というより楽しめる音ですね。


で、このオンイヤーヘッドホン。

実は、SIE2か、最新のFreeStyle earbudsを買おうか、それでIE2と使いわけようか、などと考えていたのですが、フッと横にあるこのモデルを試聴して、思わず買っちゃいました
(;´Д`)

※自分がSIE2とFreeStyle earbudsはリモコンやデザインと付属品の違いだけで、イヤホンとしては差が無いと思っているがどうだろう?

※SoundTrue on-earは、従来からあったオンイヤー型「OE2i」をベースにしてると報道されているところから、完全にリネームというかリニューアルというか、デザイン変更で名前を変えましたってところでしょうね。ちなみに、OE2i(と、同様な理由でアラウンドイヤーのAE2iも)はラインナップから消えました。


音色は、解像感がありフラットなアラウンドタイプ「SoundTrue around-ear headphones」に比べ、太いというか、聴きやすい温かみというかそんな感じかな。印象は。ドンシャリでもBOSEらしい重低音が出る、という感じではない。しかし中〜低域にはけっこう馬力があってなかなかいい。また、高域が伸びて抜ける感じというのはそれほどないが、決して籠ってるということはなく、高域から低域までバランスよく十分出てるので、籠もり系嫌いな自分でもまあまあ満足度が高い。

それに対してアラウンドタイプはもっと高域が繊細でいろんな音を描き分けるという感じだ。シャキっとしていて、シンバルの音も立つしスネアの音もパシッと強く決まる。各楽器の分離がよくヌケが良い。低域は量感はそれほどでもないがタイトでクリアに描く感じ。どちらかというとモニタータイプになるのかな? サウンド的にはややマッタリだが、インイヤータイプの音域、音色のほうが好きだという人は多そうな気がするが、市場ではどうなんだろな(つけ心地の差を考慮しない場合)。売価は同じだよね。

これって面白いことに、インイヤーヘッドフォンの状況にも似てて、低域は抑え目ながらクリアでヌケのいいSIE2、高域は抑えめで中〜低域の量感がいいIE2/MIE2と2種類あるのと同じなのが興味深い。BOSEは最近は従来の低音重視志向から変化しているという記事だったかレビューを見た記憶があるが、もしかしたらそうなのかも。OE、AEとも重低音でいったらSONY(MDR-1系)のほうが出てると思う。

※注:アラウンドタイプに関しては、店頭での試聴、及び、ワイヤレスモデルのAE2wにケーブルを挿して聴き比べしている。AE2w+ケーブルがSoundTrue around-earと完全に同じかどうかはわからない


BOSEのオンイヤーヘッドホンの一番の魅力はなんといっても装着感だ。これで思わず買ってしまうのですw

まず100gを切る軽量。そして、耳に「ふかっ」と重なる、モチモチとして柔らかいイヤークッション。これがものすごく気持ちが良い。

同タイプでは先日買ったゼンハイザーのHD229もあるが、正直かなりの差がある。もちろん価格の差もあって、HD229は仕上げにコストダウンがかなり感じられて残念なのだが(音はいい。特に高域好きにはたまらないシャカシャカ感!!)、長時間使うとつらいときもあった。しかしBOSEは快適すぎる。側圧も日本人(俺!)に合ってる。特にオンイヤータイプ(耳の上から乗っかるタイプ)は、その構造上アラウンドタイプ(耳にカポッとかぶさるタイプ)と違って側圧をあげないとすぐにズレてしまうという欠点がある。絶妙な側圧とイヤークッションは長時間使ううえでかなり重要なんです。合わないものは長く使うと耳が痛くなるからね。これは個人差があるだろうから、展示サンプルで使ってみるしか無いんですよね。

iPhoneに使えるマイクリモコン(再生/早送り/巻き戻し/頭出し、通話)がついているのは便利だが、自分はiPhoneに何か挿さったまま使うのが好きじゃないのでBluetoothのレシーバーを使ってるからあまり必要ではないが、バッテリ切れのときは重宝しそうだ。ただし、プラグがストレートタイプなのは使いにくいね。アングル形(L型)のほうがiPhoneはいい。特にiPhone5からイヤホンジャックが下側になってつかいづらくなったからなおさら!

それと、最大の欠点はケーブルが長いことかな(俺的に)。モバイルがメインのヘッドホンだと思うが、165cmは長すぎる。ホームユースならこれくらいでいいだろうが、モバイルでは余ってしょうがないので。根本から抜いて交換できるんだから、せめてオプションで短いケーブルも用意してくれたらいいのに、と思って公式サイトをみるとそれらしきものがある。でもよく見たら、多分初代のOEモデル用だと思う…。しかし、こういう海外メーカーのオプションってわかりづらいよね。名前にてるし、型番よくわからないし。


最近の自分の好む音は、理想の音はゼンハイザーのMomentum on-earで、装着感はBOSEなんだな。
なんとかなりませんか?(;´∀`)
BOSEもがんばってるけど、ゼンハイザーのほうが「緻密で濃い」んだよね。
でも装着感と外で使うという2点で今回はBOSEを選んだ。ゼンは俺には側圧がありすぎて疲れそうなんだよな。また、音が「濃すぎない」というのも、真剣に向き合うのにはいいけども、音楽を気楽に楽しむのには大事かもねw

|
|

« Macを拡張することはもうないのか | トップページ | nasne(ナスネ) を導入した! »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Macを拡張することはもうないのか | トップページ | nasne(ナスネ) を導入した! »