« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月25日 (土)

ストーンズ〜ハンプトン・コロシアム〜ライヴ・イン 1981

Hampton1981
From the Vault: Hampton Coliseum

ついに、Rolling Stonesの81年ハンプトンでの公式ライブ映像が発売になりました!
✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

長年の念願がついに現実に(∩´∀`)∩


すでに音源のほうはMP3、FLACとして出回っていたのですが、今回こうしてBlu-ray/DVDとして公式に発売になりました。(CD付きもあるので、メディアとして残したい人にも!)

参考
「Rolling Stones 81ハンプトン公式音源が出てた」

ストーンズ・マニアにお馴染みの映像。

パッケージには16:9と書かれていたので、もしや上下カット!?(昔の映像は4:3だったのを、ワイド映像にするために上下を切って強引に16:9にしたてる)と思ったが、映像自体はしっかり4:3だった。(16:9のフルで見た時にきちんと4:3表示されるように左右を黒くしている)

81年のアメリカツアーのハンプトン公演を、当時のケーブルテレビMTVがPPVで生中継したというロックの歴史的にも貴重なライブ映像。

当時はまだVHSもHi-Fiって少なかったのかな?

その後出回ってた海賊ビデオは音声がおかしく、ステレオをうたっているものの、キース側のチャンネルの音声が入っておらず、延々とロンのギターが入った側の音声を強引にステレオ化するという荒業のひどいものでした。

おかげで、ロン・ウッドのいぶし銀のようなバッキングがはっきり聞こえた、ということがありました
(;´Д`)

まあ、その後VHSからDVDになった頃には、ちゃんとした(?)ものも出回ってはいたんですけどね。


当時はまだロックのライブ映像なんてのは珍しく、日本のファンも、同じ81年のライブを映画にした「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」で初めて見た、って人も多かったようです。

それだけ、ファンの印象にも残ったでしょうね。
キースといえば、テレキャス、テレキャスカスタム、みたいなね。


で、この映像。

当時はスタジアムで巨大なPAを入れるためのセットもあったりしましたが、室内でスクリーンなどもない実にシンプルなステージがカッコイイ。

ライブ当日はキースの誕生日で「ハッピーバースデー」が歌われ、アンコールではオーディエンスの乱入をキースがギターで追い払おうとするハプニング付きw

映画よりも、曲単位でちらほらMTVなどMV系で使われるので、意外と見たことある映像もあったりします。


81年のツアーは、キース&ロン・ウッドのコンビネーションが完成形となっており、あとにも先にもコレ以上はないという素晴らしいツインギター。怒涛のごとく突き進むキースのリフやフリーに弾きまくる瞬間も多いのですが、それに対して的確なフレーズで応対。メインのソロ以外でのロンのバッキングワークのこの当時の見事さは特筆モノ。

さらに!できたらテレビのスピーカーではなくきちんとしたAVシステムで見て欲しいんんだけども、ドラムのチャーリーはもちろんなんだけども、ビル・ワイマンのベースはこんなにカッコイイのだ!!!!!!と声を出していいたいほどのプレイを披露してる。どうしてもテレビスピーカーや小さい音で聴くと一番耳にしないのがベースの音だと思う。それってものすごく損してるのね。あのストーンズの独特のノリは、バンマス・キースのギターに対して合わせていくチャーリーのやや遅れ気味のドラムに対してツッコんでいくビルのベース。これよ!
(…とビルが言ってたらしいw)

まさに絶好調のストーンズが堪能できるスペシャルアイテムだ!!!!


通常のライブは見やすいように編集されてたりするわけですが、この映像は当時の生中継だったもので、ステージ裏からアンコール待ちなども含め、ほぼ編集なし?でコンサートの一部始終が収められてます。曲間なんかもそのまま入ってるのでなかなか臨場感があります。

曲中にもイントロから、キースがミックに歌い出しの支持を出したり、スタート・ミー・アップでは、ラストのりフレインのところで「あと一回」みたいな合図をだしたあと、チャーリーに向かって「OK!」みたいな合図を送って曲が終わったり、いろいろ発見もありますね。

ミックのMCに対して字幕が入るんだけど、これが意外に楽しめる。
シャッタードの前の「シュドゥビだぜ!」っていう謎の翻訳のはどうかと思うがw 曲の冒頭からボーカルが入る「ネイバーズ」の前に、ミックが「キース、Aの音をくれ」で、キースがジャランとギターを鳴らす、そして始まる。この間数秒…かっこえええ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。  ここ、英語のわからない俺は音だけ聞いてて何をしてるかわからなかったし。

ハンプトン公演なのでハンプトンについて盛り上げた後、たぶん生中継を意識して「ロスも忘れてないぜ」とつぶやくと会場から「ロスなんて関係ねーっ!」と言われたりw

しかも、前出の「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」の音は迫力がなく不評だったのですが(再発売でもREMIXされなかった)こちらはボッブクリアマウンテンによる2012年のリミックスバージョンで迫力満点! できるだけ大音量で楽しみましょう!

収録曲
1.アンダー・マイ・サム
2.ホエン・ザ・ウィップ・カムズ・ダウン
3.夜をぶっとばせ
4.シャッタード
5.ネイバーズ
6.黒いリムジン
7.ジャスト・マイ・イマジネーション
8.トゥエンティ・フライト・ロック
9.ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー
10.レット・ミー・ゴー
11.タイム・イズ・オン・マイ・サイド
12.ビースト・オブ・バーデン
13.友を待つ
14.レット・イット・ブリード
15.無情の世界
16.バンド・イントロダクション
17.ハッピー・バースデー・キース
18.リトルT&A
19.ダイスをころがせ
20.氷のように
21.ハング・ファイアー
22.ミス・ユー
23.ホンキー・トンク・ウィメン
24.ブラウン・シュガー
25.スタート・ミー・アップ
26.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
27.サティスファクション


※ファンの方から批判があるのは百も承知での私の感想…

キースのギターがエンジンとなり爆走するストーンズはこの81年まで。F1にも巨大トラックにもスポーツカーにもなる超絶エンジン「キースのギター」で邁進するロックンロールバンド。

89年以降は、どちらかというと「ストーンズ」というレールの上をみんなで揃って走る豪華な特急列車、みたいなイメージで私は感じでいます。

ま、バンドはいきもの、メンバーも変わればサウンドもノリもかわる。ギターが変わってバンドが2度かわり、ベースが抜けてノリも変わった。

年も取る。仕方がないことですが、それでもストーンズは今も転がり続けているんです。


観客の飛び入りをギターで撃退しようとするキース。
The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction - Hampton Live 1981 OFFICIAL

キースの誕生日でした。
The Rolling Stones - Little T&A & Happy Birthday Keith - Hampton Live 1981 OFFICIAL

キースのオブリガード、ミックのボーカル、ギター…すべて良し
マイ・フェイバリット
The Rolling Stones - Waiting On A Friend (From The Vault: Hampton Coliseum - Live In 1981)


※Music Vault で公式映像としてフルコンサート、各曲の映像がアップされているが、意識的にか音質が悪いので楽しめないので、リンクは割愛…

| | コメント (0)
|

2014年10月24日 (金)

再び銀座のソニーストアとアップルストアへ

前回の記事から、再び銀座へ行ってまいりました。

一応、新製品とかもみておこかなーって思って。

Xpriaz33


XPERIA Z3

いいですね、Z3。デザイン、質感、申し分なし。
もちろん性能も現行ではピカ一!

持った感触もなかなかいい。

ただ、ストラップホールが左下にあり、左手で操作を好む私のような人間には正直ここだと使いづらい。

カメラもハイレゾ対応高音質も文句なし、iPhone6が無かったら買っていただろうな、と思う。
(今でも欲しい)


しかし、実は気持ち的には、年末か?と言われているNexus6に移っている(;´∀`)

モトローラ製らしく、なかなかカッコイイ。各種性能も高い。6インチと広々で、かつベゼルが狭いので、これは強力なライバルだ。SIMフリーが発売になったらかなり心が揺れるw

N6moreeverything

また、XPERIA自体も、Z3の発売日にはもうすでに次期フラッグシップモデル「Z4」の話題が持ち上がってる。さすがに半年ごとに出しているので仕方がないことだが、期間は見直しを図っていて、次からはまた他社と同じように1年おきになるという話もあるようだ。

これがまた、5.5インチだの、オーディオ用のアンプ搭載(S-MASTER HX)か?と噂では言われているらしく、Z3ではできなかった(先お送りして焦らし?)機能を採用した集大成モデルになるのではないかと期待ができる。3月くらいだろうか。

S-MASTER搭載し、24bit/192kまで対応して、Walkmanにある意味引導を渡すくらいのモデルに仕上げて欲しいと思っている。

WalkmanはAndroidのバージョンもデザインもなにもかもが古く感じられるからね。もしそっちが新製品でるなら、それはそれでいいことだが(LTE通信ができたらもっといい)。


次に、Xperia Z3 Compact。

これは、実は自分が一番期待していたモデルだった。

iPhone 5sから6に乗り換えたことで、気楽に狭いポケットで使える小型スマホではなくなてしまったため、その代替になりはしないかと考えていたから。

しかし、ネットで見る画像と実物はなかなか違うよね(´・ω・`)

サイドが半透明な樹脂になっているのがデザイン上のポイントなんだけど、これが実に安っぽい。

さらに背面もZ3とは違って塗りつぶしないろなので、まったくZ3にある高級感がない。ハイエンドスマホとうのは、所有欲を満たしてくれる高級感は必須なのだが、正直XPERIAはそこがあまり上手いとは思わない。Z3でようやく合格点といえる。(Andridのデザインも含めだが)

どうして、すべてデザインをZ3とZ3 Compactの間で統一しないのか、そのデザインというか方針が理解できない。

小さいものは下位モデルなのか。そうじゃないだろう。だからほぼ同じ性能を持たせたのではないのか?

引き合いに出すべきではないかもしれないが、iPhone 6とiPhone 6Sはなぜ同じデザインなのか。なぜiPhone5sは成功でiPhone5cは失敗なのか。

ソニーはわかっていないと思う。ソニーはアップルのよりも市場のリサーチをすごくしてると思うがいかされていない。(ユーザーにアンケートをよくとっている)


以上、世界50億人(?)の中で私だけの個人的意見だ。


Xperia Z3 Tablet Compact
前回も書いたので特にはないけど、いいサイズ感だよね。iPad mini 3が私の望むものは搭載されなかったので(iPhone6なみのLTEバンド、高速なWi-Fiなど)残念な仕様だった。そこで、このモデルがauから出ればなあと考えながら見てました。ヘッドホンで聞いても高音質だから、いっそiPad AirとZ Ultraを処分してこれにまとめるか、とか考えてみたり。


Ipadair2
iPad Air 2

持ってみた瞬間、「薄い!」「軽い!」「綺麗!」という印象。

普段からAirを使っているのですぐに違いはわかった。これはいいものだ。チップも超高速になったらしいし。
しかし、Airからわざわざ乗り換えるかというと、底は正直「歯を食いしばって」我慢した(;´∀`)

いや、いつか買っちゃいそうだが我慢するよ!(;´Д`)

Airの前の第3〜4世代あたりを持ってる人は今すぐ買い換えなさい!と言いたくなるくらいにいいものだった。


Ipadmini3
iPad mini 3

特にいうことはない。iPad mini 2に比べ、touch IDがついだけという、2を持ってるひとにとってはなんとも残念な感じ。買い換える気マンマンだっただけに肩透かしをくらった。

iPhone6 Plusが5.5.インチで、miniが微妙になったと言われるし、私も6 Plusさえあればminiの出番は減るだろうな、と思うことはある。でも、miniのサイズでなければできないこともあるんですよ。他に代替などないのがipad miniなんです。

特にブラウザとか使うときなんかね。ツイッターとかそういうのはiPhoneで十分だけど、広い画面でPCサイトを普通に見られるギリギリのサイズ、ジャンプの電子書籍なんかもサイズ的にはぴったりで、これはiPhone 6 Plusでも小さいからね。

あまりの進化の無さに、春にはA8を載せたiPad mini 4(miniのAir化)があるんじゃないかと勝手に妄想しちゃいますね。


Imac5k
iMac Retina 5K
いや〜、実物見るんじゃなかったです。

凄いですよ……(゚A゚;)ゴクリ

圧巻ですした。

iPhone、iPad、MacBook ProとRetina画面は見慣れてますが、27インチの5Kの見せる美しさにうっとり。

頭の中で一瞬、28万くらいだよな… と考えちゃいましたよ
(;´д`)トホホ…

今27インチiMac(Late 2012)使ってますが、自分にはこれでもオーバースペックではないけども、十分な能力に満足しており、これに乗り換えるのが贅沢すぎると、さすがにこれも我慢しています。
(;´Д`)

現在はデスクトップは、今のiMacで終了し、次はMacBook Proを新しくしようと考えています。

来年には出るであろう、MacBook Pro(Air?)12インチ Retinaモデル待ちですね!

| | コメント (0)
|

2014年10月 4日 (土)

XPERIA Z3 tablet Compactを見てきた

Original_z3_002
先日、ソニーストア 銀座におじゃまして、気になるXPERIA Z3 tablet Compact(現在予約受付中)を見てきた。

ソニーストア銀座といえば、ソニー直営のお店で、やたら綺麗でおしゃれ。
あのアップルがアップルストアを始める前に参考にしたそうだが、それがこの銀座なのかはわかりません。

俺なんかは場違い感甚だしいいところなんですが、一般では見られないオプションなどもが展示されていたり、こうして発売前の商品を目にすることができる貴重な場所です。

まったく見ずに予約したり購入することもありますけどね、やっぱ実際に見て操作するのとは大違いだし。
(今回も、タブレット用のオプションキーボードがやたら薄くて、文字入力がしやすく、英語の切り替えがどうなるかとか確認できたのはいい収穫だった。)


いろんな製品が綺麗に並んでいるので、ひととおりチェックしたあと、今回のメインである XPERIA Z3 tablet Compact とご対面w

いろいろ触りまくった。
徹底的に触りまくった。
あとからストアのお姉さんがすかさず綺麗に拭いていたのを見逃さなかった
(;´Д`)


印象。

軽い。圧倒的に軽い。さすが世界最軽量270g。
サイズ感からくる予想を超えてくる。
そして、薄い。めっちゃ薄い。

Z2 Tabletも薄くて軽いが、これは8インチと小さいので余計にそう思う。

背面はさらさら。滑り止めにもなったZ2 tabletともちょっと違う。
安いAndroidタブの中には、背面をもつとペコペコしたりする信じられないクオリティのものもあるが、そんなものとは無縁の品質。


横にあった XPERIA Z Ultra(6.4インチ)と比べた。
(自分のも持ってたが、すぐ横に展示機があったので使った)

Xper_zult_z3contab

XPERIA Z Ultraはもともと色温度低めというか暖色系の液晶だったが(?)、Z3 tablet Compactははっきりと色温度高め、青白いとわかる。

Z Ultraは、もっとも小さなタブレット(電話付きのファブレットもあるくらいだからね)。片手でわしづかみにしても操作ができる。

Z3 tablet Compactは、それに比べるとかなり大きく見える。8インチはモバイルとしてはもっともスタンダードなサイズだろう。わしづかみもできるが、手の小さな自分にはわしづかみのまま操作し続けるのは正直ツライと思う。親指を表の端にひっかけて(指4本は裏でささえる)持つスタイルが一番操作しやすい。落とさないように注意が必要だ。できたらケースやもあったほうがいい(iPad miniと同じ)。これはどうしても片手で持ち必要がある場合で、まあ、基本両手持ちだし、キーボード入力も両手派なんで。

ちなみに、手持ちの iPad mini とも比べてみた。

Xperiz3tavcon
写真を撮るのが下手で本当に申し訳ない…

IT系のサイトなどで比較はよくでているが、iPad miniより縦に長くて横に狭い。

iPad miniは第2世代のRetinaでかつセルラー版なので重い。さらに滑らないようなラバーケースをつけているのでさらに重い(ケース込みで385gだったから100gくらい違う。これはかなり大きい差だ)

この差を思うと、買い換えるのもありかな、と思う。

この秋にiPad miniがアップデートされるかもしれない。Airは薄くなるとの噂だがminiはあまり噂もない。逆にiPhone 6 Plusの登場でminiは廃止ではなかという予想まであるくらい。

ブラウザのPCサイト表示も、拡大しなくてもぎりぎり読める。iPad miniになら完全にそのまま読める。Z Ultraは表示できて読めなくはないが常用は無理レベルで文字が小さいので拡大は必須。

それにしてもChromeの文字のダサさは直らないのか。フォントのせいで読みづらい
ヽ(`ω´*)ノ

確認できていないが、iPad miniの経験から、このサイズならマンガや雑誌のデジタル書籍にもピッタリだろう。iPad miniのサイズだと雑誌もマンガもけっこう見やすい(iPad Airだと大きからもっと見やすい)。最近はついに週刊ジャンプもデジタルになったしね! でもZ Ultraでは、これはちょっと小さいんだよな。うん。ちょっと小さい。週アスとかデジタルでみても小さくて読めないから拡大は必須。だからZ3 tablet Compactはちょうどいいはず。

本体を横向きにしてみると、やはり縦の解像度が足りないのでほぼ使用に絶えない。ワイド画面の欠点なので、これはもうワイドは全部アウト。この点はiPad miniの勝ちだ。縦長タブレットは、ブラウザなど普段使うときは縦、動画を見るときは横、と割り切る必要がある。(だから鷲掴みできるのが自慢だった7インチは縦向きのとき横に狭すぎたために廃れて8インチが定番になった要因のひとつではないだろうか)

今回はホワイトカラーはベゼルまで白くなった。これはいいね!
人気出ると思う。

しかし、ソニーも頑張っているが、ガジェットとしての高級感、所有欲を満たしてくれる「物体」としての魅力はアップルが一枚上に感じる。

背面をガラスにしなかったのは私も賛成だが、そのせいでエッジ部分も含めてちょっと高級感にかける。実用性からするとこれでいいんだけど(逆にiPad miniはそのままだと美しいがスルスルすべるのでケースが必須なわけで、どっちもどっちだ)

ホーム画面、なぜかアイコン表示は大きめで、それもデザイン面でちょっと損してる気がした。


結論としては、auで使っているiPad miniを買い換えようか?とまで思っていたが、いったん保留とした。あえて「軽い」というだけでそこまでする必要もなかった。次期iPad miniがどうなるかを見届けてからにしたい。

いや、これはWi-Fi版にして、家用にするなら文句なしだ。

実は、先日購入したZ2 tabletはすでに手放しているので(;´Д`)
…iPad Airとかぶって、ほとんど出番がなかった。買う前からわかってはいたが、結局使い分けるほどでもなかったからだ。

しかし、意外なほどZ Ultraは自宅でも活躍してくれる。

そこで、このZ Ultraと入れ替えてもいいかもしれないと思う。

Z Ultraではネットワーク上の動画再生で原因不明エラーが出ることがあった。性能の問題なのかどうかはわからない(処分前のZ2 tabletでは同じファイルをスイスイと再生できたから…)

Airも処分してZ3 tablet Compactだけでもいいかもしれない!
などと考え始める…


長い日記はここまでだ(;´Д`)


iPhone 6 が出て以来、何かとサイズが話題になるが、サイズとかなんて、所詮その人の使い方しだい。人の言うこと、ブログ、レヴューなど参考にしないほうがいい。自分で触って、どうやって使うか考えるのがベスト。

そう、自分でベストといいながら、買ってみて失敗するんだから、ほんと、答えなんてないのよ。
使いはじめはよくても、半年たてば気が変わるからねw

大きいと言っても、iPhone 6は4,7インチ、iPhone 6 plusが5.5インチ。Androidのスタンダードは今5〜5.2インチくらい。だから、実はたいしてかわらない。iPhone 6よりもXperia Z3やZ2とかのほうが実はデカイ。iPhoneはデザインにこだわるのでベゼルが広いのがいい点でもあり欠点でもある。

iPhoneとiPad miniの両使いがiPhone 6 Plusだけにできるんじゃないかと言う人がいるが、それは絶対無理だ。サイズが違いすぎる。

iPhone 6 Plusは所詮、大きなスマホ。ブラウザ他、いろんなアプリでの表示のサイズの差は歴然。

あと、Safariとかは、ブックマークバーなんかも表示できるので、使いやすさも圧倒的にiPad miniだ。

だから、iPhone6+iPad miniが現在持ち歩くのはベストなはず。


しかしだ。

しかし、

あの、ツルンとしたエッジの丸まったiPhone 6 Plusを見ると欲しくなるのはなぜだ。

アップルストアでiPhone 6 Plusのゴールドを手にした綺麗なお姉さんがものすごく素敵に見えた
(;´Д`)

お姉さんも、iPhoneも。






======10/4 追記========
auで買い替え、的なことを書きましたが、今日現在、発売は決まっていません。今のところWi-Fi版しか発表されていません。

| | コメント (0)
|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »