« iPhone 6 Plus MVNOの不満(追記2つ) | トップページ | SONY BDZ-EW520 ブルーレイディスクレコーダー »

2014年12月22日 (月)

Bose SoundLink on-ear Bluetooth headphones

Main_slink_oe_bth_b

BOSE サウンドリンク オンイヤー Bluetooth ヘッドホン を買いました。

またまたBOSEでございます(; ・ω・)

アウトドア、モバイル用には先日Beatsのワイヤレス・イヤホンを買ったのですが、まあ、冬ということもあって、イヤホンよりヘッドホンのほうが耳が暖かいよね、という自分なりの言い訳をしながら買ってみましたw

以前よりBoseのBluetoothアラウンドイヤータイプのAE2wを使用していまたが、最近「音の濃い」ヘッドホンを使用しているせいか、どうもその薄味の音に満足いかないようになり、次のものを探していたわけです。

Bluetoothのオーバーヘッドタイプなら他にいいのいっぱいあります。
すでに持ってるソニーのMDR-1RBT mk2は、音はお気に入りなんですが、サイズがでかくてちょっと重いのが難点。電車内などで使用することに問題があるわけじゃなく、バッグに入れた時に大きすぎるとか、取り回しの面で「ちょっとな~」と思うことが多いため、今回は断念。今後も家用としました。

beatsからもノイズキャンセリング付きの凄いのが登場してるのですが、サイズ的、及び予算的にも厳しい感じがしたので今回はパス。
(beatsのヘッドホンってデザインにインパクトがありすぎて敬遠気味だったのですが、今度のはシックでいい感じ、まだまだ「欲しいリスト入り」継続です!)

では、小型ならどうか?というと、候補にはAKGのY45BTがありました。
しかし、サウンド的にじゃっかん物足りなさがありました。リーズナブルな価格で、このクラスなら十分満足いくサウンドで、コストパフォーマンス的にも大変高いものだとは思うのですが…

AKGの小型ヘッドホンだと、従来のKシリーズを使っていましたが、Kシリーズは「低音」がかなり強調されたキャラクターで高音がほとんど聞こえない、という印象だったのですが、最近のYシリーズは違うようです。高域から低域までバランスもよく感じました。「おお、これなら」と思わせるものがありましたが、なんとなく音に何枚かベールをかぶせたような大人しさがあって、それがなんとなく物足りないように思えたのです。


で、このBOSE SoundLink on-ear BT。

すでにワイヤレスじゃない通常のオンイヤータイプ「SoundTrue on-ear」は毎日のように使っていてお気入り。

Bluetoothになってデザインもかなり変わってしまったのですが(ちょっと重くなったのはしょうがない…)それでも、BOSEのこのタイプならではの掛け心地、イヤーパッドのモチモチ感は健在。側圧も良好で私の頭に相変わらずフィットします。

しかし、カタログにある重量の数値のわりに重みをやや感じるのはオンイヤーで両サイドを締め付けるからだろうか(アラウンドイヤーのAE2wと比較して)。

デザインは正直「かっこいい!!!」と褒める要素はないんです。(;´Д`)
SoundTrue on-earは好きだけど、これはちょっと太っちょな感じ。青系の色が混ざってるのもそんなに好きではない…
全体に最近のBOSEデザインは変わってしまった。以前のほうが好きだったね…


さて、サウンド。

サウンドは、ベースになった(かもしれない)通常の SoundTrue on-ear に近いと思う。どこかに「エンハンス」された音という評価をみた気がしますが、BOSE自体はBluetoothはSBCコーデックで、さらに「音が良く聞こえるように」イコライジングしていると言われており、AE2wでもその傾向にありましたが、今回もそんな感じ。

やはり全体にSoundTrue on-earをベースにエンハンスしてる感じで、高域などもやや強調ぎみだ。ソースによってはシンバルの音などがややチリチリと浮き気味だが、ほとんどマスクされて聞こえないヘッドホンが多いなか、個人的には悪くないと思う。ほとんどの曲では問題ない。

低域も描き分けるほどタイトとかクリーンというものでもない。が、量感はあり、十分出ている感はある。
「低音が凄い」というレビューをネットのどこかでみかけたが、私の個体はまったくそんなことはなかった。こんなもんだろう。このあたり、好みの問題もあって、ユーザーのレビューはどこまで信用できるか?というところだけども(もちろんこのブログもね)。 一概には言えないが、「意外と個体差があるみたいで、低音が出るものがあるようですよ」などと、以前このモデルを視聴した某有名店の店員さんが言っていた。ホントかどうかはわからない。

ただ、そんな情報なんて知らなくても、私が手にした個体は満足いくサウンドです。
高音から低音まで、私の欲しい感じは満たしており、元気で「音楽を楽しむ」にピッタリ。

解像感はそれほどないので、この価格帯の普通の製品と比べるとやや詰まってる感、こもってる感を感じる人がいるかもしれませんが、Bluetoothでしかもオンイヤー…、いや頑張ってると思います。


これは満足いくお買い物でした。愛用のバッグにも収まりがいい。

なによりワイヤレスの快適さといったら。

使うときにサッと取り出しスイッチを入れるだけ。
BOSEは電源がスライドスイッチなのが実はすごく使いやすい。

ケーブルを引き出してきてiPhoneにつないだりする手間もいらない。
バッグにしまうときもケーブルをまとめる必要もない。スポンと入れるだけ。

面白いのは、電源を入れると
「バッテリー○○% □□に接続されました」
とロボットみたいなアナウンスが流れるとこ。

バッテリー状況はiPhoneなら上にも表示されるんだけど、iPhoneを見なくても接続、再生できるから、この機能便利かも。(AE2wにはこの機能は無かった。最近リニューアルしたSoundLink Around-earにはあるのかもしれない)。しかも、iPhone上の小さいアイコンで確認するより、具体的にパーセントで知らせてくれるのはありがたい。


ひとつだけ、気になる問題点。

同社の「iPadに最適化」を謳ってたAE2wに比べて、音飛びが意外に多過ぎて、かなり気になる。AE2wもソニーもBeatsもほぼ皆無と言っていいくらい音は飛ばないのだが、これは時々飛ぶのが気になる。残念だ。
iPhoneと相性が悪いのか、iOSの問題なのか、SoundLink on-ear BTのBluetoothの感度が良すぎるのか、悪すぎるのか。いまのとこ不明。
(iPhone 6, iOS 8.1.2)




--------------(追記 2014.12.23)----------------

音が飛びすぎるので、どこか不具合かもしれないな〜と思って検索してみると、AE2wとかでも問題があったようだ。それで、改善できるかも?という方法が以下のように2つみつかったのでやってみた。

1.Wi-Fiをオフにすると安定する
2.接続をやり直す。


で、まずWi-Fiをオフにしたが、まったく効果はなかった。

そこで、接続をやりなおしてみることにした。

音楽再生中にiPhoneのBluetoothの設定画面を開いただけで、ヘッドホンから聞こえる音が激しくブチブチと切れる。完全に不具合だろうと思われるよ、これは。

そこで、iPhone側のBluetooth接続設定を削除し、再起動。

次にヘッドホン側の電源をオフ→再起動。

ヘッドホンから「・・・を削除しました。」「・・・接続できます」とたどたどしく聞こえる。
よく聞き取れなかったがそんなふうに聞こえた。

ヘッドホンでBluetooth接続待ち状態に設定。

iPhone側でBluetoothでペアリング接続し直す。

これでOK。

たぶん、こんな順番だったと思う。
つか、簡単に言うと接続を削除して再起動して繋ぎ直しただけだな。


結果、うまいこと改善してくれた。

今のところほとんど音切れが無い。
短い時間での検証だが、音切れゼロではないが、他の機種と大差が無いレベル。
(もともと、音切れが気になったのも短い時間で頻発したから、短時間での検証で十分OKだろう)

これで楽しく使える!(∩´∀`)∩
音も装着感も、使い回しの良さも気に入ってるから、しばらくはずっとこれで行くよ!

※以上は、私の環境での体験なので、他に同様な症状の方が同じことをして改善されるかどうかはわかりません。


それにしても、このヘッドホン。電源をオンにするたびに、「バッテリー○○%です」「・・・と接続します」とバッテリー状況と接続機種をアナウンスしてくれるのはいいのだが、あきらかに「iPhone 6」のことを

「アイフォネ ロク」

とアナウンスしてるw
「アイフォネ」だよwww
iPhoneを日本語読みにしてくれてるのかもしれないね(;´∀`)




--------------(追記 2015.03.29)---------------
実は、歩きながら使ってると妙に気になることがあって、歩いてる時に足が地面についたときに鈍い音というか振動というか、いわゆるノイズを感じることがある。

密閉式なので、タッチノイズとかはもちろんあるだろうが、カナル式のイヤホンのように、あるくたびに「ズン」と音にならないような低い音の感触が耳に入ってくるので、けっこう気になる。

どんなノイズかというと、外を歩くとき耳栓するみたいに耳をギュッとふさいで歩いてみるとわかると思う。歩くたび一歩一歩に鈍い響きがあるはず。それと同じ。わりと遮音は緩いように思うんだけど、けっこう密着度があるのはモチモチのイヤーパッドと締め付け具合でカナル型と同じような状態になってるのかもしれない。(試しにワイヤードのSoundTrue on-earも外で使ってみたら多少やはり歩く音は響くね)

気になりだすとずっと気にしちゃうタイプなので…

これからの季節は、外ではイヤホンが多くなるだろうけど、主に電車の中で使うようにするしかないかな、と思う。

|
|

« iPhone 6 Plus MVNOの不満(追記2つ) | トップページ | SONY BDZ-EW520 ブルーレイディスクレコーダー »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone 6 Plus MVNOの不満(追記2つ) | トップページ | SONY BDZ-EW520 ブルーレイディスクレコーダー »