« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月15日 (日)

SONY CMT-X5CD マルチコネクトコンポ

Cmtx5cd_w

先週JBLのアラーム・ラジオ付きBluetoothスピーカーを買ったわけだが、どうも機能に納得がいかず、ラジオ&音楽用として買い直しました。JBLは、ほぼ完全にアラームクロックとして使うことにしました…

機能に納得がいかず… ということだったのですが、自分が求める機能、そしてデザインや品質など、いろいろ探してみましたが、結局無いんですね。

で、最低限のところで手を打った、という感じではあるんですが、結果、なかなか音も悪くないし、それなりに気に入っております。
(๑•̀ㅂ•́)و

求める機能として、FMラジオをアラームで再生する、Bluetoothで音楽を再生できる、この2点です。

Bluetoothスピーカーは今一番熱いジャンルでたくさん機種もあるのですが、FMも聞けるとなると意外になくて、こういったマルチコネクトコンポ、コンパクトコンポ、マルチオーディオシステム、スタイリッシュCDミニコンポ、などと呼ばれる、とりあえずなんでも再生できる一体型ミニコンポ(特に業界的に呼び名が無さそう)くらしか無かった。

ちょっと前ならここにiPodドックとか付いてたんだけど、今はBluetooth中心だね。時代はスマホの登場で変わった。ドックの規格が変わっても関係ないし、ワイヤレスだから本体に挿しておく必要もない。便利。


で、こういう機種いっぱいあって、どれも機能は充実してるし、それなりにいい音がするのはわかってるけども。このCMT-X5CDにした理由。
ソニー製なので、これまで使ってきたアプリで連携できる。
デザインが好み。
この2点だ。

特に、このジャンルは「スタイリッシュ」デザインが売りのモデルが多いのだが、「スタイリッシュ」推しが主張しすぎるというかね、狙い過ぎの製品が多いのですよ。(ソニーでもCMT-V10シリーズみたいな、ああいうの) そういうのがじゃなくてこの1枚の板、という感じの主張が強すぎないけど主張してる、みたいな感じがいいなーと思う。

XPERIAも「1枚板」を強調してるし、Bluetoothスピーカーも板っぽい感じ、角材っぽい感じ(?)のね、そういうの。

で、妥協した点。

これはJBL HORIZONでも書いたが、タイマー設定するときに「本体の音量」が設定できない点。以前に使ったものができたので重宝したんだけど、ちょっと探したくらいじゃみつけられなかったんで、もういいや、なんとかする、ってことでこの点は妥協。


○デザイン
上で書いたとおり。シンプルでいい。BluetoothスピーカーのSRS-X5とかX7なんかに似てるんだけど、こっちのほうが横からみたときにスリムに見える。ただし、裏側は斜めに出っ張っているのでそこにいろいろ入ってるんだろう。あくまで「スリム」に見せるという、テレビみたいな感じ。

Cmtx5cd_w_rightside

後ろをみることはあまりないんでいいだろう(;´∀`)


○音質
これはなかなかいいと思う。かなりデジタルで補正されてる感じはあるけども、逆にそのおかげではないだろうか。愛用しているSRS-X9に比べると2段階も3段階も劣るんだけど、2万で買えるマルチコンポなら十分の品質だと思う。ソニー得意のデジタルアンプ「S-Master」採用のせいか。これは納得してる。X9よりも上も下もレンジがせまい感じはあるが、単独で聴く分には不足を感じない。

Bluetooth(コーデックaptX/AAC)の音質はかなり今は高くなっているので、USBメモリからの再生と音質の差を感じることはほとんどない。この機種くらいでは語るようなことではないとは思うが、きにしなくて使える。正直、気にしなかった。

特にClearAudio+機能を聞かせたほうがいい。(逆に、X9ではClearAudio+機能は要らなかったりする)
特にメインで考えていたFMのときのエンハンスされた音とも相性がいい。

SRS-Xシリーズのような強力なサブウーファーはないので締まった重低音は出ないが、パッシブラジエーターが効いてて低音はそれなりに出ている。高域もしっかりしてるし、クリア感は高い。

Cmtx5cd_b_phantom_cw


FMはじゃっかん感度が低いかもしれない。付属のアンテナが意外とシビアで、どんな環境でも綺麗にならせるJwaveの音声が歪むことがあって、ベストポジションを探すのに苦労した。

ちなみに、付属のFMアンテナはAMアンテナと端子がくっついており切り離せない。端子を2つにするよりもコストは安いかもしれないが、AMの要らない俺には超マイナスポイントだ。


○機能
タイマー機能は、こだわった「再生開始と終了の両方」が設定できるのが嬉しい。ボリュームは設定できないが、これはもうある一定のところから変えない、ということで自分としては解決した。いつでもボリュームは一定。音楽は再生側(XPERIA)でコントロールすることにした。ちなみに、FMは本体内蔵のものでもタブレット側のRadikoでもいいからね。

SongPalが導入時よりも機能が充実しており、安定感も高まったので扱いやすくなった。リモコンは小さくて必要最小限なのだが、操作もほぼタブレット側からできるので超便利だね。

しかし、アプリの操作って速攻で何かしたいときには向いていないので、やはりリモコンはあったほうがいい。しかし、唯一リモコンで許せないのは「スリープ」ボタンがないことだ。これこそリモコンにあるべきで、タブレットのアプリで何回もタッチ操作して行いたい操作ではないと思うんだよね。人によるけどさ、こういうところもユーザーの動向を調べて欲しいね。たぶんそう思ってるのは私だけじゃないはず。


■その他
Bluetooth機能は、やはりXPERIAのほうがiPadよりも使い勝手が良かった。同じSongPalアプリもあるのだが、Bluetooth接続で本体を起動するとか、そういう連携はXPERIAのThrowが扱いやすい。iPadだといったんスタンバイ時に接続が切れてしまうと設定から接続しなおさないと起動できない。(コントロールセンターから接続できない)これは不便だった。

それから、USBメモリに保存したMP3も再生できるのでやってみたが、こちらも読み込みが遅くイラッとする。試用に使ったUSBメモリ自体の低い仕様のせいもあると思うが、まず、USBメモリを選択しただけで全体の読み込みに時間がかかる。次に曲の入ったフォルダを選択するたびにフォルダ内の曲を読み込むのがまた時間がかかる。その時間は短縮されているのだろうが、いまやスマホなどで「即再生」に慣れた体にはそれがストレスだ。また、日本語のファイルも残念ながら表示できない。しかし、リモコンで操作しようとすると曲が多いだけでもう無理!って思ってしまうが、SongPalアプリがあればそれなりに操作性がアップしてかなり使いやすくはなる。

どうだろう、どうせならこういったタイプの機種はそろそろCDは切り捨てて、逆に32GBくらいのメモリを積んでそこに読み込ませるようにするというのは。そのほうが読み込みとかでイラツクこともないだろうし便利だと思うが。高くなるかな?


とりあえずはこんなとこ。HORIZONと使い分けるのはなんとなく贅沢と言うより無駄な感じだが今は仕方がない。ちょっと考えよう。

また気づいたら追記していく。






-------------(追記 2016.7.9)-------------------

主に目覚ましラジオとして使っているこのモデル。

音質的には最近手に入れたワイヤレススピーカーの方が上と思えて、普段使いには使っていない。

この機種は、ネットワークスタンバイ機能があり、スタンバイ状態で本体を操作しなくてもbluetoothで繋げば起動してなり始めることができる。

しかし、iPhoneできないんだよなーと思って、再度挑戦したがダメだった。

HT-NT3なんかだとでSongPalを使えば起動できるので、それもやってみたけどだめだった、(XPERIA Z4ではこれができる)

機種としては世代が古いからだろうか。

多くのワイヤレススピーカーは、スマホと接続時にはスマホのボリュームが本体と連動するが、このCMT-X5CDは連動しない。これも古いせいだろうか。

実は、この機種に限っては、朝のラジオで使うせいで音量は一定に保っておきたいので、逆に好都合だったりする。(うっかり夜ボリュームを下げて聞いちゃったときに本体もボリューム下がってるのを忘れちゃって、そのまま聞きながら寝てしまったら、朝にタイマーでラジオがかかっても音量が小さいままだと、上げるの面倒くせーってなることもないからね)

| | コメント (1)
|

2015年2月 9日 (月)

JBL HORIZON

Jbl_horizon_night

アラームクロック搭載Bluetoothスピーカー
JBL HORIZON

買ってみました。

※画像はイメージで、私の部屋ではありません


朝、タイマーで鳴らせるFMラジオ、Bluetoothでスマホ/タブレットから音楽が鳴らせる、という2つの条件の製品を探していました。こういう製品はCDプレイヤーにラジオがついた昔でいうCDラジカセのようなものが多かったりしたのですが、CDは今更要らないし、時計としての役割もあっていいな、と思って。

ずっと以前のiPodドック付きCD付きスピーカー ONKYO CBX-500を買って、iPodドックが必要なくなってからも朝FMを聞きながら目覚めるという生活を繰り返していました。それがボタンの調子悪くなったので買い替えという目的だったわけです。

ネット上にも説明書らしきものはなく、まあ、なんとなくダメでもまあいいや(良かったらラッキー)くらいの軽い気持ちで買ってみちゃったんですが、結果でいうと
★★☆☆☆
くらいで満足度低めです。

ちゃんと調べておけば、というのが大半なんですけどね。

Jbl_horizon_black_2

まず、音質。
(XperiaからBluetoothで接続して視聴。コーデックはたぶんSBC)

けして高音質とはいえないが、自分としては不満はない。

そもそも1万円強で買える「アラームクロック付き小型スピーカー」なわけで、どこまで音質に期待して買うかによって大きく変わるのが素人の音質評価じゃないかと思う。

大きな音を出すと破綻が始まっちゃうのでリビングなどは当然アウトですが、10w程度でも狭い部屋なら十分の音量が出ます。

無理に低音を欲張ってるわけでもないのですっきりしているが必要十分ではないか。重低音好きではない私には物足りないというのはない。また、高域もうるさくない程度にそこそこ出ているようだ。抜けがいい感じはしないが、それでも聴きやすく無難にまとまってる感じかな。サイズ感といい普通にできのいいラジカセというところだろうか。(すまん、ラジカセというものを長く使ってないのでイメージ…) ベッドサイド、デスクトップが主な使用目的なら、軽い気持ちで聞くBGMとしてちょうどいい。疲れない音だ。


ここから不満な部分も多くなる。

まず、ACアダプターが意外に大きく、電源ケーブルも太く目立ちすぎる。

時計表示のディスプレイ部分が、ミラー仕上げでかっこいいけど、反射してじつは少々見づらい。夜中暗くしたら気にならないのだけど、日中も使うわけだし。

ちなみに、夜間照明を落とすとディスプレイがそれに合わせて暗くなるので眩しいということはない。デジタルの時計だと眩しいというのまあるようだからね。これはちょうどいいくらいで、軽度が落ちても視認性はそれでもいいと思う。背面についているライトも間接照明的で便利だ。

Bluetooth機能で、スマホから音楽が鳴らせるのはいいんだけど、やっぱり「NFC」が無いのは痛い。痛すぎる。今や必須な機能だと思う。使ってみると便利すぎて戻れないところがあるからね。ワンタッチで接続/解除ができちゃうから。もう今後のBluetoothスピーカーではないと売れないよ。

ただ、iPhoneは音楽用に「NFC」を使うつもりがないようで、それもあってコストの面で入れなかったのだどう。JBLの説明文もiPhoneありきで書かれている。アメリカでは日本ほどでなくてもiPhoneのシェアは高いし、iPhone中心の開発なんだろうね。


あと、考えてみるとこれは基本は「時計」らしく、だからなのか電源ボタンというものがない…。

FM再生したいときなんかはFMボタンを押すと鳴り出し、これを止めるときどうするかというと、またFMボタンを押すわけだ。しかし、これ、ボタンとして出っ張っているわけではなく、平面部分をペコペコ押すスイッチなので、これがやりづらい。ボディの頂上やや裏側にあって、見づらいし。パッと止めようと思うとつい手で探しちゃうことになるのよ。これが地味に小さなストレス。

FMではチューニングもワンボタンずつ1MHz単位で変化、いまどきオートチューニング機能がないのが面倒すぎ。先に5個までプリセットしておかないと使えない。


そして、次の2つが自分としては予想以上に痛い。
(CBX-500にあった機能に慣れすぎているということもあるのでそこは差し引いてもらいたいが)

アラームクロックでラジオを鳴らせるわけだが(通常のアラーム音は当然ある)、これで朝起きようと思うと、やはり多少大きめの音を自分で好みに設定したいのが普通だと思う。
しかし、タイマーの設定の中に「ボリューム」に関する設定箇所がないのだ。

これ、他のメーカーでも同様な機能をもつシステムコンポ、一体型スピーカー系でもそうなんだけど、このボリューム機能はすごく重要なの。

ボリューム機能がないということは、夜寝るときに設定されていたボリュームのままタイマーが起動するということ。もし夜中寝る前に使ったとしたら(スリープタイマー機能もあるからね)大きな音で寝る人はいないわけで、小さな音で鳴らしながら寝る→そのボリュームで朝のタイマーで鳴る。
ね、これはおかしいでしょ?

と、思ってとりあえずやってみたら、なんと!
タイマー設定のラジオ再生はすべてボリューム12(MAX15)に固定のようだ!
どんなボリューム設定だろうとタイマーでFMを起動すると12になる。

これはどうなのよ、JBL。
正直、ベッドサイドでこの音量は五月蝿すぎ(; ・ω・)
毎朝起きるのにはいいかもしれないが、その後朝のBGMにしようとすると、またいちいちボリュームボタンを押して調整が必要。

これを読んだ人は「音量くらい調整しろよ」というと思うが、毎朝寝起き状態で押しにくい「ペコペコ」のボタンスイッチを押すといいのは良い気持ちじゃないんですよ。


あと、同じタイマー設定の中に「終了時間」の設定項目が無い。つまり、自動でも止まらず鳴り続けるわけ。音がピピピとかの目覚ましアラーム音的なものだったら、やっぱりすぐに起きて止めるからいいんだけど、FMラジオの場合は止めないでそのまま聞くでしょ?だからほっとくとずっと鳴ってる、止めるためにいちいちタイマーの停止ボタンを推し、そうするとまだFMは鳴ってるからさらにFMボタンを押さないとラジオの音が止まらない。これは不便だ。

この機種が「時計」とするならば、アラームが自動で止まるという設定がないのはわからなくはないが、俺の求めている機能ではなかった。あくまでアラーム付きBluetoothスピーカーであるならば、そちらの機能との両立も考えて欲しかった、と思う。
ラジオは、タイマーで起動し自動で切れる。この生活を長く続けていたので、これができないのがツライわけ。しかも上記で書いたようにFMボタンが押しづらいからね。


というわけで、音質というより機能的な物足りなさで、不満が残る製品だった。

自分の理想を元にいろいろ探したけど、なかなかないねえ。
ソニーのCMT-X3CDなんかがわりと近いけど、これもやっぱりタイマー設定にボリューム設定がないんだよね。あと、ほんと「CDは要らない!」。そろそろメーカーは切り捨てていいと思うよ。

まあ、HORIZONもそうだけど、ラジオ以外はBluetoothでスマホ側からコントロールするので、ボリュームは朝使う大きさに設定して、あとはスマホ側でボリュームコントロールすればいいのだけど。Radikoとか、オフタイマーのページ開くまで何回もページ動かすだけでもう嫌な感じ。いつも使う機能を使うまでに何手も使う、そのくらいやれよ、というツッコミもわかるが、そこを簡単にするのがスマートホンだと思うので。

どこまでめんどくさがりなんだよ、と書いてて思うが、何かをひとつ手順が増えるというのは嫌なもの。人間はなんでも楽しようとして進化してきたわけだから(?)


唯一、面白いな、とおもったのは、タイマー設定で、BluetoothペアリングしたスマホのMusicを起動して再生できること。(XPERIAのWalkman機能で確認) ただ、これ、最初にかかる曲が静かな曲だったりしたら起きないかもね(;´Д`)


というわけで、やや不満の残るところだが、それまで長年使っていたものに慣れすぎているという理由が強いだろうから、今度の仕様にも使い慣れてきたらまた感想も変わるかもしれない。1万もしたんだし、もう少し様子見必要だろう。

といいつつ、上記のCMTーX3CDとか、似たようなタイマー機能FMラジオ付きBluetoothスピーカーをまた探してみるか、思い切って音楽は分離して小型のBluetoothスピーカーを併用しようか、とか悩み中。

ちなみに、新製品の発売も間近だが、人気製品SRS-X3とSRS-X5を店頭で聴き比べたら、やはり圧倒的にX5のほうが音質が良かった。X3も低音とかすごくて頑張っているし、正直BOSEの小さいのよりいいと思ってる。でもX5のほうがやっぱり断然上。あとはサイズと予算の問題だな。3月に出るらしい新製品X55とX33は当然さらに進化してるようだし、やはりもうちょっと様子見が今のところ一番かも… 悩むのもまた楽し。



(追記 2/10)
海外のJBLのサイトを見ると、ボリューム問題のレビューでかなり評価を下げているようだ。JBLはこの問題を認識し、アップデートを行うと書いてあるようだが、ソフトウェアアップデートじゃなく本体交換?日本はどうなるんだろう?このままか…それとも今日本に入っているのは対応済みの個体?(英語が大の苦手なのでそもそもこの追記内容が合ってるか不明です…)



(追記 2/11)
アラーム機能のFMのボリュームは12で固定と書いていたが間違いだったようだ。その後何度かテストしてたら、ようするに音量は少しずつフェードインしていくので、音が小さいうちにアラームを止めたらその音量のままになった。(アラームを止めたときがVOL4なら、そのままFMはVOL4で鳴り続けるので、そこから自分で好みに設定する必要があるわけだ。たぶん以前のテストをしたときは音が我慢できなくなるまで大きくなるを待ったのでVOL12くらいになったのだろうと思われる。

余計使いづらいわ(; ・ω・)



(追記 2016/3/2)
結局、ソースがFMであろうがビープ音だろうが、「目覚まし」のためのものというのがJBLの設計ということで、1年間、ベッドサイドの目覚まし時計として使ってきた。

で、実は便利だったのがBluetoothでiPadを鳴らすこと。iPad mini 2を処分しないでベッドサイドで「iCloud Match」で使っていたのですが、音楽(動画)を再生するときにに、あらかじめBluetooth接続しておくと、自動でHORIZONが起動(といっても時計なので常に表示してるからスリープ状態なのか電源オンなのかわかりづらい、音が出てるかどうかの違いしかない)し、Bluetooth接続で音楽が鳴り出す。(※)

ソニーなどと違って、iPad側のボリューム操作とHORIZONのボリュームが連動しないので、音量は当初の予定どおりiPad側でコントロールできる。HORIZON側はいつも同じ音量になっててほとんど変更しない。

以前動作検証したとき、HORIZONのボリュームが「目覚ましを止めたときの音量」そのままだったので、「これは使いづらいな」と思ったのだが、それはFMラジオを鳴らす設定だったからのようで、目覚ましにブザーを使ってみると、音が小さいうちにブザーをとめても、ボリュームは変わらない。寝た時が9なら、ブザーを止めても9だった。


で、この音楽再生方法、地味に便利。HORIZONのBluetoothボタン押して無くてもiPadを起動すればちゃんと自動で繋がる。ちなみにオートパワーオフ設定(30分とか設定時間になったらオフっていうアレ)を使ってもいいけど、この機能を使わなくても朝起きてみたらBluetooth表示は消えていたので自動でオフになるのだろう、よくわかってないがそうなってる(; ・ω・)

というのも、iPad側は常にBluetoothでHORIZONと接続した状態でいるから。1対1で接続してるときはこれは便利だね。それこそ、音楽を聴きながら寝る人はiPod touchやiPhoneの旧モデルなんかをベッドサイドで使うみたいなのもありだろう。iCloud MatchやApple Musicなどのストリーミングサービス、ラジオなどを聴くなら容量も16GBのもので十分だ。

※このiPadを外に持ち出すことがないので、ずっとBluetooth接続された状態だと思われるので、それでこのような動作をするのだろう。




(追記 2016/5/14)
使ったことがなかったけど、説明書読み返したら外部入力があることを思い出したので試してみた。しかし、本体に「外部入力切り替え」的なボタンもないし、上記で書いたように電源ボタンすらない。そこで単純にスマホをケーブルでつないで鳴らしてみると、あっさり普通に音楽が流れてくる。つまりスリープでもなんでもなく、時計として常にパワーはONだからね…

Bluetoothで音楽を鳴らすとそちらが優先になると説明書に書いてあった。ちなみに外部入力のスマホの音楽を鳴らしている時そのままラジオをONにすればラジオの音が出るのは当然だが、ラジオをオフにすれば外部入力の音がまた出る。

そこで、スリープタイマーを使ってみたら、設定時間になると音が消えた。「?」不思議に思ってパネルをみたら「VOLUME 00」と表示されている。つまり、電源がオフになったのではなくボリュームをゼロにしていたわけだ。面白い。ボリュームを上げると当然また音楽が流れてきたよ。

実はスマホの音楽を鳴らしながらラジオに切り替えて聞いていたところ、タイマーの時間が来るとラジオをオフにしながら同時にボリュームがオフになった。ラジオのみのときは単純にラジオがオフになるだけでボリュームはそのままだったので、外部入力端子になにかささっているか検知して音量ゼロにしているかなーと思って、今度はプラグを挿して音楽を流さないでおいたらボリュームがゼロにならなかった。どうやらプラグ差しの感知ではなく、入力端子に信号が流れたかで切り替えてるっぽい。その証拠に、スマホの音楽再生をいったん止めて、しばらくしてからまた再生すると「AUX IN」とディスプレイに表示するからだ。音が出るのが早いのでまるで常に電源ONだろって思ってたが、一応スタンバイ的にはなってるようだ。家に電流を調べるものもないし、これ以上はどうでもいいので検証はここまで。

この外部入力機能、ワイヤレスなのに今更必要?と思ったけど、以前はApple TV、最近ではGoogle Cast的なものもあるので、それを繋いでおけば、スピーカーの電源を入れる手間など無しで音楽をワイヤレスに楽しみことができるわけだ。以前Olasonicを使っていたときは、入力信号を検知して電源が入って便利だったが、そんな高度なわけでもないんだよね(;´Д`)それと音楽を聞くのに機器を2つ使うというのは正直スマートじゃない気はするけど。

もしかしたら「CHROMECAST AUDIO」を使えば、HORIZONにはUSBの充電機能もあるので、そこにCHROMECAST AUDIOを接続して電源をとり、HORIZENのアナログ外部入力に音声出力を繋げれば、HORIZENがGoogle Cast対応スピーカーになっちゃうかも?


(注:背面のライトは自分で消さない限り基本的に点きっぱなしだが、スリープタイマーを使えば希望の時間がくれば消えます。そういう使い方なんですね)

| | コメント (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »