« JBL HORIZON | トップページ | ウロボロス~この愛こそ、正義。 »

2015年2月15日 (日)

SONY CMT-X5CD マルチコネクトコンポ

Cmtx5cd_w

先週JBLのアラーム・ラジオ付きBluetoothスピーカーを買ったわけだが、どうも機能に納得がいかず、ラジオ&音楽用として買い直しました。JBLは、ほぼ完全にアラームクロックとして使うことにしました…

機能に納得がいかず… ということだったのですが、自分が求める機能、そしてデザインや品質など、いろいろ探してみましたが、結局無いんですね。

で、最低限のところで手を打った、という感じではあるんですが、結果、なかなか音も悪くないし、それなりに気に入っております。
(๑•̀ㅂ•́)و

求める機能として、FMラジオをアラームで再生する、Bluetoothで音楽を再生できる、この2点です。

Bluetoothスピーカーは今一番熱いジャンルでたくさん機種もあるのですが、FMも聞けるとなると意外になくて、こういったマルチコネクトコンポ、コンパクトコンポ、マルチオーディオシステム、スタイリッシュCDミニコンポ、などと呼ばれる、とりあえずなんでも再生できる一体型ミニコンポ(特に業界的に呼び名が無さそう)くらしか無かった。

ちょっと前ならここにiPodドックとか付いてたんだけど、今はBluetooth中心だね。時代はスマホの登場で変わった。ドックの規格が変わっても関係ないし、ワイヤレスだから本体に挿しておく必要もない。便利。


で、こういう機種いっぱいあって、どれも機能は充実してるし、それなりにいい音がするのはわかってるけども。このCMT-X5CDにした理由。
ソニー製なので、これまで使ってきたアプリで連携できる。
デザインが好み。
この2点だ。

特に、このジャンルは「スタイリッシュ」デザインが売りのモデルが多いのだが、「スタイリッシュ」推しが主張しすぎるというかね、狙い過ぎの製品が多いのですよ。(ソニーでもCMT-V10シリーズみたいな、ああいうの) そういうのがじゃなくてこの1枚の板、という感じの主張が強すぎないけど主張してる、みたいな感じがいいなーと思う。

XPERIAも「1枚板」を強調してるし、Bluetoothスピーカーも板っぽい感じ、角材っぽい感じ(?)のね、そういうの。

で、妥協した点。

これはJBL HORIZONでも書いたが、タイマー設定するときに「本体の音量」が設定できない点。以前に使ったものができたので重宝したんだけど、ちょっと探したくらいじゃみつけられなかったんで、もういいや、なんとかする、ってことでこの点は妥協。


○デザイン
上で書いたとおり。シンプルでいい。BluetoothスピーカーのSRS-X5とかX7なんかに似てるんだけど、こっちのほうが横からみたときにスリムに見える。ただし、裏側は斜めに出っ張っているのでそこにいろいろ入ってるんだろう。あくまで「スリム」に見せるという、テレビみたいな感じ。

Cmtx5cd_w_rightside

後ろをみることはあまりないんでいいだろう(;´∀`)


○音質
これはなかなかいいと思う。かなりデジタルで補正されてる感じはあるけども、逆にそのおかげではないだろうか。愛用しているSRS-X9に比べると2段階も3段階も劣るんだけど、2万で買えるマルチコンポなら十分の品質だと思う。ソニー得意のデジタルアンプ「S-Master」採用のせいか。これは納得してる。X9よりも上も下もレンジがせまい感じはあるが、単独で聴く分には不足を感じない。

Bluetooth(コーデックaptX/AAC)の音質はかなり今は高くなっているので、USBメモリからの再生と音質の差を感じることはほとんどない。この機種くらいでは語るようなことではないとは思うが、きにしなくて使える。正直、気にしなかった。

特にClearAudio+機能を聞かせたほうがいい。(逆に、X9ではClearAudio+機能は要らなかったりする)
特にメインで考えていたFMのときのエンハンスされた音とも相性がいい。

SRS-Xシリーズのような強力なサブウーファーはないので締まった重低音は出ないが、パッシブラジエーターが効いてて低音はそれなりに出ている。高域もしっかりしてるし、クリア感は高い。

Cmtx5cd_b_phantom_cw


FMはじゃっかん感度が低いかもしれない。付属のアンテナが意外とシビアで、どんな環境でも綺麗にならせるJwaveの音声が歪むことがあって、ベストポジションを探すのに苦労した。

ちなみに、付属のFMアンテナはAMアンテナと端子がくっついており切り離せない。端子を2つにするよりもコストは安いかもしれないが、AMの要らない俺には超マイナスポイントだ。


○機能
タイマー機能は、こだわった「再生開始と終了の両方」が設定できるのが嬉しい。ボリュームは設定できないが、これはもうある一定のところから変えない、ということで自分としては解決した。いつでもボリュームは一定。音楽は再生側(XPERIA)でコントロールすることにした。ちなみに、FMは本体内蔵のものでもタブレット側のRadikoでもいいからね。

SongPalが導入時よりも機能が充実しており、安定感も高まったので扱いやすくなった。リモコンは小さくて必要最小限なのだが、操作もほぼタブレット側からできるので超便利だね。

しかし、アプリの操作って速攻で何かしたいときには向いていないので、やはりリモコンはあったほうがいい。しかし、唯一リモコンで許せないのは「スリープ」ボタンがないことだ。これこそリモコンにあるべきで、タブレットのアプリで何回もタッチ操作して行いたい操作ではないと思うんだよね。人によるけどさ、こういうところもユーザーの動向を調べて欲しいね。たぶんそう思ってるのは私だけじゃないはず。


■その他
Bluetooth機能は、やはりXPERIAのほうがiPadよりも使い勝手が良かった。同じSongPalアプリもあるのだが、Bluetooth接続で本体を起動するとか、そういう連携はXPERIAのThrowが扱いやすい。iPadだといったんスタンバイ時に接続が切れてしまうと設定から接続しなおさないと起動できない。(コントロールセンターから接続できない)これは不便だった。

それから、USBメモリに保存したMP3も再生できるのでやってみたが、こちらも読み込みが遅くイラッとする。試用に使ったUSBメモリ自体の低い仕様のせいもあると思うが、まず、USBメモリを選択しただけで全体の読み込みに時間がかかる。次に曲の入ったフォルダを選択するたびにフォルダ内の曲を読み込むのがまた時間がかかる。その時間は短縮されているのだろうが、いまやスマホなどで「即再生」に慣れた体にはそれがストレスだ。また、日本語のファイルも残念ながら表示できない。しかし、リモコンで操作しようとすると曲が多いだけでもう無理!って思ってしまうが、SongPalアプリがあればそれなりに操作性がアップしてかなり使いやすくはなる。

どうだろう、どうせならこういったタイプの機種はそろそろCDは切り捨てて、逆に32GBくらいのメモリを積んでそこに読み込ませるようにするというのは。そのほうが読み込みとかでイラツクこともないだろうし便利だと思うが。高くなるかな?


とりあえずはこんなとこ。HORIZONと使い分けるのはなんとなく贅沢と言うより無駄な感じだが今は仕方がない。ちょっと考えよう。

また気づいたら追記していく。






-------------(追記 2016.7.9)-------------------

主に目覚ましラジオとして使っているこのモデル。

音質的には最近手に入れたワイヤレススピーカーの方が上と思えて、普段使いには使っていない。

この機種は、ネットワークスタンバイ機能があり、スタンバイ状態で本体を操作しなくてもbluetoothで繋げば起動してなり始めることができる。

しかし、iPhoneできないんだよなーと思って、再度挑戦したがダメだった。

HT-NT3なんかだとでSongPalを使えば起動できるので、それもやってみたけどだめだった、(XPERIA Z4ではこれができる)

機種としては世代が古いからだろうか。

多くのワイヤレススピーカーは、スマホと接続時にはスマホのボリュームが本体と連動するが、このCMT-X5CDは連動しない。これも古いせいだろうか。

実は、この機種に限っては、朝のラジオで使うせいで音量は一定に保っておきたいので、逆に好都合だったりする。(うっかり夜ボリュームを下げて聞いちゃったときに本体もボリューム下がってるのを忘れちゃって、そのまま聞きながら寝てしまったら、朝にタイマーでラジオがかかっても音量が小さいままだと、上げるの面倒くせーってなることもないからね)

|
|

« JBL HORIZON | トップページ | ウロボロス~この愛こそ、正義。 »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

CMT-X5CDで取扱説明書P16のラジオ局の登録(プリセット)がマニュアルどうり実行しても不可能である。
AM時 1.メニューボタン 3.MEMORYを選び(+)を押す 4.[OK]の表示がされない
FM時では1.2.までは行えるが3.以降が実行できない。

投稿: | 2017年10月 6日 (金) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JBL HORIZON | トップページ | ウロボロス~この愛こそ、正義。 »