« SONY CMT-X5CD マルチコネクトコンポ | トップページ | 俳優と役者 »

2015年3月22日 (日)

ウロボロス~この愛こそ、正義。

Uroboro

金曜ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』
最終回が終わりました。

いつもの調子だと
樹里ちゃんカワイー!
で終わるブログですが(;´Д`)

ドラマの内容、ストーリーについて検証したり深く読み取ったりとかより(そういうのは苦手なので)、なんとなく今回感じたことをとりあえずでも書き残しておこうかなと思って。


樹里さんのドラマとしては、前作の「アリスの棘」とジャンルは近いか。

原作アリのドラマ化ですが、原作は読んでおらず、今回もほとんど情報を入れずにドラマを見た。


今回は個人的事情で、全回リアルタイム視聴はできなかった。
そのことが大きくドラマへののめり込み度というか、入れ込み度とか、そういうところが少なく、やや冷めた感じで録画視聴することになったわけだが、これがすごく大きい。

リアルタムと録画視聴の差は思った以上に大きい。
特に、ウロボロスのように緊迫感があって物語が進み、このあとどうなるの〜っていうドラマをゆっくり録画を見るというのは、気持ちの持ちようが違う。今の何?って止めることもできるから集中力も低い。CM休みもなくサッサと飛ばす(; ・ω・)

それもあって、ちょっと樹海TLにはついていけなかったところは多いにあった。(一番の理由はネタバレしなように見なかったわけだが、感想とかもズレるからね…)

「警察が児童養護施設を作って、そこで子供の臓器売買と闇の移植手術を行っており、それを公安が仕切ってる。孤児で兄弟のように育った二人が警察とヤクザになり、大好きだったのに殺されたゆいこ先生の復習をするという…」
ドラマは漫画原作ということで、リアル感のない、ちょっとやり過ぎだよね(汗) って思える内容なわけだが、と冷静になれば思うものの、きちんと世界感が作られており、脚本、演出と出演者の演技力と個人のの魅力で堂々とやりきった、という感じた。原作はまだ連載中なので、おそらくその世界をベースにしたオリジナル脚本なんだろう。

最終回が終わっても細かいことをいくらでも語りたい、語り尽くせない!というTLをみてるとこれがとても素晴らしいドラマだったことがわかる。

最後、二人の龍が死を選んだこと、いろいろ議論があるけども、私はこの終わり方で納得派です。タツヤのヤクザな死に方はドラマでひさしぶりにかっこいい死に様を見たと思う。それを知ってて美月を止めた深町もかっこ良かった(TдT)。 また、イクオも美月と生きていくことを選ばずに死を選んだことも、ドラマの中では当然だったろう。あれで、過去を清算して美月と生きていくなんてことになったら、これまでのもの全部崩れるから…


で、樹里さんについて!

大人の女性になったなーというのが感想。男から見てもすごく魅力的な、という意味で。どちらかというと女性が憧れる女性というか、彼女の透明すぎる凛とした姿はあまりそういう部分を感じさせないところが魅力でもあったわけだが、変わってきたように思った。それが演技ゆえなのか、個人の成長なのかよくわからないが(;´Д`)

今回は主役ではなく三番手のヒロインなのだが、これが意外にいろいろ考えた。考えた挙句特に言うことはなくなったw

自分は樹里さんは脇ではなく、主役でないと輝かない女優じゃないかと考えてたから(願望が99%だけど)。映った瞬間に画面をドーンと持ってちゃうようなアクの強い女優じゃないというか、その空気に馴染みすぎてるというか、上手く言えないけど。今回主役二人や脇の実力派の方々とものすごくいい感じに反応しあってたね。だから最初はちょっと物足りなかったけど、もう全然そんなことなかった。

今回、一番印象に残った俳優さんは、主役の一人小栗旬さんを別とすると、中年のトリオのひとりw 蝶野役の滝籐さんだなー。滝籐さんはのことはよく知らず、「半沢直樹」でしか見たことなかったけど、いい役者さんだなと思った。


とりあえず、何も用意することもなくダラダラと書いてみたが、こんな感じ。

いいドラマだった。


やって欲しかった医者も刑事も演じたわけだが、どっちかというとそれが王道ではなかったので、また医者役、刑事役、やって欲しいなぁ。クール系な役が続いたので、また明るいドラマ、コメディもいいな、ホームドラマとかでもいいな。

次は何をやるのかなー。今度は映画もいいなあ。

|
|

« SONY CMT-X5CD マルチコネクトコンポ | トップページ | 俳優と役者 »

上野樹里ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONY CMT-X5CD マルチコネクトコンポ | トップページ | 俳優と役者 »