« 俳優と役者 | トップページ | Beats Powerbeats2 Wireless その後(追記あり) »

2015年3月29日 (日)

SONY MDR-1A ヘッドホン

Mdr1a_s

ソニーのヘッドホンMDR-1Aです。

MDR-1シリーズの3代目ということで昨年発売されました。今まで買わなかったのは、絶対bluetoothモデル(MDR-1ABT)が出るはずだ!と待っていたわけです。

待っていたはずなのに、なぜ遅れて発売されたワイヤレスのMDR-1ABTを買わなかったのか。

(; ・ω・)そりゃ、いろいろ悩んだんです…

進化したらしいとはいえ、旧モデルとなるがMDR-1RBTMK2を愛用しており、大きな不満はない。ないが、小さな不満はある。あえて買い換える必要があるのか、ないのか…MDR-1ABTは税込みにすると4万円もするンデス(2015年3月発売時、ソニーストア)。

まず、新しいハイレゾグレードの転送を可能にする新開発のコーデック「LDAC」対応機を持っていないこと。現行の「LDAC」対応機を欲しいと思わなかったこと。今後発売予定のXPERIA Z4 Tablet(スマホでもそうだけど)を導入するかどうかわからないこと。そもそもハイレゾ音源を少ししか持っておらず、音質の良さは認めるが、聞き慣れ過ぎた音源を今更さらに買い続けるか…

で、一番の決め手はやはり「音」でした。LDACではないですが、iPhoneでBluetooth接続したMDR-1ABTと、普通にケーブルでつないだMDR-1Aの音に予想以上に視聴時の差があったからです。
(後から考えたらMDR-1RBTでもそれはわかっていたことだったのだが、普段まったくケーブル使わなかったから…)

そこで、頭のなかがMDR-1ABTからMDR-1Aへと切り替わって、ポチっとしちゃったわけですね。

MDR-1RBTMK2もずっと愛用してきたのですが、部屋で使うことが90%だったし、部屋ならワイヤレスでなくてもいいかと妥協。あんなにワイヤレスにこだわっていたのに…


個人的見解、あくまで糞耳で視聴したときの感想だが。
・従来より高域が意外と出てる。シンバルも綺麗に鳴ってる。
・低域が締まってベース・ラインがよりききやすくなった。全体にボトムが下がってハイ・ローの伸びでスッキリ聞こえる。
という印象だったわけだが。


さて、家に届いたMDR-1A。
Mdr1asample1

聞いてみた。

あれ?あんまりMDR-1RBTMK2と変わらない? MDR-1RBTに付属ケーブルをつけてiPadにつないだ音とMDR-1Aをつないだ音、糞耳の俺には正直どっちもほとんど同じに聞こえる。
(;´Д`)
いや、微妙な差はあるんだが、ソースによってはほとんどどっちでもいいよって感じ…

そうか、iPadの程度のヘッドホン端子直刺しではiPad自体がオーディオ的には貧弱で差がつかないのかもしれない。(Bluetoothではハッキリと差がわかる)

あと、XPERIA Z3 tablet Compactにつなぐと、ハッキリiPadよりも音がいいのがわかる。同じ音源なのにね。


しかし。

こ、これはあまり買った意味がないかも…

と思いだすととたんにテンションが下がる(¯―¯٥)

うーん、どうしようかな…

今後の使い道、考えるかぁ。

あの視聴はなんだったんだろうな。
店頭でテンションあがっちゃったかな?w

結局オーディオでよくハマる「気に入ったモデルの後継機が非常に気になりすぎて、そんなに進化したのか!と頭のなかで大きくなりすぎて、いざ買って比べてみると進化の幅は期待するほどでもなく、けっこう高い買い物したわりにこの程度の差か…っていう、昔からあるいつもの失敗パターンなんじゃねえかと思いつつ、カッコイイデザインを見ながら、いやでもこれはアリだよな、と目をそらすあれですな
(; ・ω・)


ちなみに、持った瞬間重さの違いはわかる。
MDR-1Aは225g
MDR-1RBTMK2は297g
けっこう違う。

しかし、MDR-1RBTMK2はイヤーパッドの出来がよく、俺の頭にマッチして付け心地がすごくいいので意外と装着したときの重さはあまり気にならない。もっちりした装着感に気持ち良さすらあったりする。

MDR-1Aは、イヤーパッドが改良されてさらに頭(というか耳まで含め)に密着するようになった(耳の下とかまで)のだが、世間の評判に対して、これが意外と自分には違和感。慣れるのにちょっと時間がかかった。密着度がすごいので耳の周り(下)が気になるんだよね。いかにもアラウンドイヤーっていう耳を覆った感じが強い。でもそれは側圧が強いっていうことではないのがポイント。側圧はこの手のものだとかなり少ないほうだと思う(ライバルのオーテクのMSR7とか強いよね)。
逆に耳のまわりのホールド感と軽量なのとあいまって、重量のあるMDR-1RBTMK2にくらべヘッドバンドが頭に乗ってる感がほとんどしない。慣れてくるとな快適になってくる。
(個人的にはMDR-CD900STが一番装着感が好きだ。軽くて、オーバーヘッドなのにほとんどヘッドホンをしてる気がしなくなるので長時間でも問題ない)

やっぱり、ケーブルは邪魔。リモコンも再生/停止のみで、音量は操作できないタイプなので、内蔵マイクを使わない環境ではほとんど意味が無い。なんでリモコンありなしの2本はいってるのだろうか。

Mdr1a1rbt

それでも、やっぱり並べておいてあると手にするのはMDRー1Aのほうなわけで、買ったからというよりはどちを使いうかを無意識に選んでのかもしれない。軽いは正義だな。


まあ、あとはヘッドホンアンプをどうするか考えよう。

同じソニーならPHA-3あたりがいいのだろうか。1Aより音がいいっていうからなぁ

それと、今になって密閉型ではなくフルオープンエア型(MDR-MA900)が気になっている。
密閉感のない開放的で音場感に優れるというのはけっこう他のモデルで近いものは経験しているのだけどね。密閉型はどうしても音が篭って音像が頭の中にできちゃうのと、聴き疲れしやすいから。

あ、もうひとつ、イヤホンのBluetoothも何かいいのないか探してる。前にBeatsのを買ったんだけど、装着感、音質、ちょっと満足度がイマイチなので他になにかいいのないか物色中。耳かけ型より耳の形状の内側にあてるアークサポーター(ソニー流の呼び名。BOSEでいうところのStay-hearチップ)のほうがフィット感はずっといい。
イヤホンはカナル型じゃなくインイヤーのBOSE IEが装着感も音質も一番好きなんだけど、BOSEはまだワイヤレスを出してくれないから。


|
|

« 俳優と役者 | トップページ | Beats Powerbeats2 Wireless その後(追記あり) »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俳優と役者 | トップページ | Beats Powerbeats2 Wireless その後(追記あり) »