« SONY HT-NT3 | トップページ | iPhone 6s Plus »

2015年9月28日 (月)

Bose SoundLink around-ear wireless headphones II

Bosesundlinkae2

モバイルで使うヘッドホンを追加しました。

すっかりBOSEファンというか、なんかサウンド、つけ心地がしっくりくるんです。

他のメーカーでもいいのはあるんだけど、つけたときの感触が良くないとか、たたみ方が内側(beatsなど)だとバッグに入れるとかさんで入らないとかあるからね。

BOSEのBluetoothヘッドホンを買ったのは3機種目。

このモデルの旧タイプとなるSoundLink AE BT BK(AE2w)

61zwubdbshl_sl1000_

初のワイヤレスだったのでかなりお気に入りでした。

とにかく軽量(150g)で、持ち運びも付け心地も良かった。デザイン的にBluetoothのユニットが外付けみたいになってしまったのが残念だったが、操作性は悪くなかったんです。ちょっとバッテリーの減りが早かったかな。

サウンドはいわゆるBOSE AE系で、BOSEらしい低音は無くて、繊細な高域が特徴。楽器をそれぞれ描き分けるタイプだったが、馬力がなかったのでロックを聞くにはちょっと物足りないこともあった。


2代目は今も使ってる SoundLink on-ear Bluetooth headphone

Main_slink_oe_bth_b

OEのワイヤレスタイプ。ワイヤードの通常モデルに比べて(こっちも持ってる)ヘッドバンドが太くイヤーカップも大きいのでやや重くなってるがそれでもこちらも153g程度なのでモバイルで苦にならない。

2世代目とあって、Bluetooth系も進化していて、バッテリー残量や接続先などをメッセージで知らせてくれる。

サウンドは低域がしっかりしていてノリがいいタイプ。エンハンスが効いててロック向き。(BOSEのワイヤレスはコーデックは未発表だが、おそらくSBCで、アンプ部でかなりサウンドを加工して高音質に仕上げていると言われてる。という噂)一番好きなサウンド傾向だ。BOSEらしいんじゃないだろうか。

on-earは「耳乗せ」タイプなので、じゃっかん締め付けが気になるのだが、BOSEのモチモチとした独特のイヤーパッドは長時間でもわりといける。ただし、密着が強すぎて、歩いている時などの振動が伝わって低いノイズとなってやや聞こえるという欠点もある。(気にしない人は多いと思う) 


で、今回買った3代目SoundLink AE 2。

Aelik2

今月出たばかりでレビューもまったく見つからなかったが、とりあえず量販店店頭で視聴し買ってみた。

Bluetoothまわりは、OEと同じ。日本語のメッセージがおかしくて、つないだ機器(iPhone)の発音が良すぎるのか英語じゃないのか、そこだけ聞き取れない。
(;´Д`)

サウンドは、初代のAE2wと同じ系統なんだけど、弱点だった低域を改善しているように思える。残念ながらAE2wは手放してしまっているので比べられないので、印象でしかないが、以前持っていたほど低域に不満がない。

特に、最近はSONYのMDR-1ABTなどをメインとしていたので、耳が低域になれていて、以前より低域重視するようになっていると思うが、今度のは大きな不満は感じないので、たぶん改善されているのだろう。

高域が繊細なのは相変わらずで、中域に独特の空気感があるのも似てる。
モニタータイプのように味気ない感じもそのままだ。この点はエンハンスが効いて音楽を楽しく鳴らすon-earとも、オーディオっぽく鳴らすソニー(MDR-1系)とは違う。長所でもあり欠点でもある。味気ないと感じるのはSBCコーデックの限界なのかもしれない。最近はatp-XとかLDACのソニー製ヘッドホンなどに慣らされてるので(?)、味付けがが少ない分SBCの物足りなさが出てるのかもしれないな。(とオーディオマニアっぽく分析してみたが、勝手な妄想なので軽く読み飛ばしてください)

しかし、BOSEはなんで今でもSBC使うかな〜。3万前後ってエントリークラスと言えない価格帯だと思うが。安定しないとか、安くできるからなのか。他のコーデックも接続とか安定してるんだけどな。

何よりうれしいのは、軽いことだ。AE2wよりは重くなったが195gなら十分合格。MDR-1RBTなどは300gだからね(そのかわり付け心地は最強なのでそれでカバーできている)。

個人的に、ヘッドホンには200gに大きな壁ができていると思ってる。外で使うなら200g切りは必須。

というわけで、旧モデルの弱点を改善したヘッドホン、期待通りで、モバイルのメインとなりそう。涼しくなる秋以降は、アラウンドイヤータイプでも耳の蒸れもきにならなくなるし出番も増える。(寒い冬も耳が暖かいという特徴もあるw)

残念な点を上げると、それはデザインだろう。老舗のBOSEも、この数年で他社に押されてか、ヘッドホン、イヤホンのデザインを変更してきた。個人的にはその変化はちょっと…と思わざるを得ない。BOSE的感覚が迷走してるように思える。といって、私は世間的にセンスが悪いに、それもかなり悪い方に分類されている男なので、言ってることはどうなのかわからないが、ようするに俺の趣味じゃないってこと。

このヘッドホンも発売時の価格が税込みで実売3万円を超えているがプラスチック感が強く、黒とネイビーの色合いにまったく高級感がないことははっきり言える。これならワイヤレスじゃない通常のSoundTrueシリーズのAE(OEも)の黒一色のほうがマシだと思う。

Aelik3

Bose SoundLink Bluetooth headphones
around-ear と on-ear

|
|

« SONY HT-NT3 | トップページ | iPhone 6s Plus »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONY HT-NT3 | トップページ | iPhone 6s Plus »