« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月 3日 (火)

Apple TV Late 2015(第四世代)

Appletv2015

Apple TV の新型が出たので、家電のポイントも意外と溜まっていたというのもあって購入してみました。

正直、従来のモデル(第三世代)を使い込んでいたかというと、音楽以外はほとんど使っていませんでした。

iTuneで配信する映画やネット動画サービスが主な特長だと思うのですが、そういったことをゆっくりとすることがほとんど無くなったという生活が一番の原因かな、と思います。ドラマも60分じっくり見るということが減りました…

じゃあ、何に使っていたかというと、AirPlayで、IPhoneやiPadに入れた曲を聞くため、というのが90%です。


従来モデルの欠点

HDMIでつないでいるのに、TVやその他HDMI機器とリンクをしない。
BD/DVDプレイヤー、レコーダーなどを持ってるひとはおわかりかと思いますが、レコーダーの電源を入れるとテレビの電源が入り、入力が切り替わる、アレです。

人間、便利なものに慣れるともう元には戻れません。それが、ボタンを2回押すだけ、の操作であってもです。

使うとわかる便利機能、古いVHSなどにはその機能がなく、親世代は「テレビの入力を外部に切り替える」ということが難しい(わかっていないか、めんどくさい)ということも聞きましたね、そういえば。

以前までのApple TVの最大の欠点は、この点ともうひとつ、時代遅れなリモコンです。

実際にボタンがあるとうのは便利なこともあるのですが、それは「ダイレクト」なとき。ポチポチと押しながら画面を切り替えるのは、従来のテレビや家電と変わらない。その操作性の悪さが「使いたい」と思わせないな、ということはずっと考えていました。

iPhoneアプリに、Apple TVを操作できる「Remote」というのがあるのですが、これも便利そうで便利じゃなかった。


で、新型です。

本体が多少大きくなったことはどうでもいいことです。

初期設定はほとんどiPhoneを使って行えます。特にWi-Fiの設定とかはiPhoneのものをそのまま使うようで、リモコンでパスワード入力することが無く、従来機よりもラクチンでした。(もちろん手動でもできるようです)

本体は最初はiTunes Movie、アプリストア、写真、MUSIC以外は何も入っておらず、YouTubeでさえ「アプリ」のインストールが必要です。このあたりは他のiOSと同じ。


まず、ようやく、HDMIでのリンクができるようになりました。Apple TVの電源が入るとTV(ソニー製)の電源が入り、入力が切り替わります。ついでに、AV機器のソニーHT-NT3に直接つないでも同様に電源が入り、さらに入力が切り替わりました。

便利なことに、Apple TVスリープ(テレビもHT-NT3はスタンバイ)状態でも、iPhoneからAirPlayでつないぐと、自動ですべての(Apple TV、テレビ、HT-NT3)の電源が入り、音楽を再生します。ボリュームもリモコンでテレビやHT-NT3を操作できます。

これは便利!!

これがやりたかったんですよ。

無駄な手順をはぶいて音楽再生!

このために買ったようなものですw


ただし!

残念なことに、Apple TVを、テレビじゃなくHT-NT3に直接接続していると、上記のようにAirPlayでスリープから起動はできるんですが、その時だけ音が出ない不具合があります。iPhoneもテレビもHT-NT3も再生状態なのに(テレビには再生している曲が表示される)、音だけが出ない。

そこで、その状態のままHDMIケーブルを抜いてテレビに差し替えると音がちゃんと出るので、おそらく、Apple TVとHT-NT3の相性の問題なのではないかと思われます。

この場合も、先にApple TVをスリープ解除してあれば問題ないんですけどね。ほら、それって「手順が一個多い」ってことでしょ?

つまり、こういうこと。
Apple TV→テレビ→HT-NT3ならすべてOK。
Apple TV→HT-NT3→テレビだと、通常はOKだけど、AirPlayのスリープ解除で音出ず。

テレビによってはリンクすらできない機種もあるそうなので、今後のアップデートに期待したいところですが、アップルはこういうところはスルーするのが常ですから…
(; ・ω・)

今は、Apple TV→HT-NT3→テレビとつなぐか、Apple TV→テレビ→HT-NT3か、悩みどころです
(;´Д`)


というのも、もうひとつ、きになる点があって、Apple TV→テレビ→HT-NT3接続のとき、Apple TVがオンになるのは便利なんだけど、常にテレビの電源もONになることです。この接続だとテレビだけオフにできない。

AirPlayで聞きたいのは音楽であって、画面は要らないから。(手元のiOS機器を操作するから) テレビがオンになるのは、「無駄な電気を使ってる」という精神的な問題と月々わずかに増える電気代の問題ですね。

そのために、さらに省電力な最新のテレビにしようか、などと妄想も始まりました
(;´Д`)

ちなみに、古いApple TVは、HDMIのリンクができなかったので、逆にテレビの電源がオンにならないというのは利点だったので、Apple TV→HT-NT3→テレビでつないでいたわけです。

そのかわりHT-NT3の電源を入れて、入力切り替えをしなくては音が聞こえないという不便があった。

世の中うまくいきませんね(;´Д`)


なお、私はiPhoneからのAirPlayを重視していますが、新型Apple TVにはApple Muisc(iCloud ミュージックライブラリ、つまり従来のiTunes Match)にも対応していますので、iTunes Matchを利用している私は、iPhoneが無くても、またiTunesのホームシェアリングを使用しなくても、手持ちの音楽が再生可能です。

iTunes Matchの問題は、曲の再生開始、切り替えに、意外とタイムラグがあって数秒待たされることがあること。iPhoneやiPod touchで、即再生に慣れている人にはわずかなストレス。

旧機種にもあったiTunesのホームシェアリングの場合は、iTunesを入れたPCを常時電源オンにしていなくてはいけないこと。そうでないと、聞きたいと思ったときにPCを起動するなんて、っていうのはあるけども。
実はわたしは、MacBook Proを24時間つけっぱなしなので(;´Д`) ホームシェアリングでもいいんですけどね。入れてあるムービーも見れるし、一応使ってみてる。

(テレビの電気代は気になるが、ノートPCの電気代は気にならない。ちなみにiMacのようなデスクトップは気になる、という人間です)


さて、次に新しくなったリモコンについて。

Bluetoothで繋がってるので、従来のようにリモコンを機器に向ける必要もなく、つまりリモコンをどこに向けていようが、Apple TV自体をテレビの裏に置いて見えない状態にしてようが(ウチは実はそうなってる)使えます。

ついつい、テレビに向けちゃうんですけどね(;´∀`)

ちょっとだけ残念だったことといえば、決定のときもリモコンの先端部分を「押す(クリック)」という操作が必要なこと。せっかくスワイプ操作ができるのだから、これもクリックではなくタッチにして欲しかったが、誤動作を防ぐ意味もあるのだろうか。最初の設定のときタッチが反応しないから「?」と思ったら、クリックできるようになってるのね(;´Д`)

もうひとつ、リモコンのスワイプは基本的に「横移動」であって「戻る・進む」ではないこと。ついついiPhoneのように「戻る」とか「次の曲」で使っちゃうんだけど、そうはいかない。[MENU]ボタンを押して元に戻るわけだ。ここは前と変わらない。これは「指1本で操作」する以上、難しいのだろう。

ホームボタンをダブルクリックすると、開いているアプリが横一列に並んで選べるようになるのはiPhoneやiPadのホームボタンと同じ。指で上にスワイプするとアプリが閉じるのも同じだ。ただし、アプリの移動に対するスワイプの方向は逆だと思う。これはやりづらい(; ・ω・)


結局。

ゲームをしない、映画も見ないというのはアップルの想定するユーザーではないと思うので、感想としてはこんなものだろう。

テレビを大きなiPadのようにリモートで操作できる、という理想にまでは行ってない。これは俺の妄想だけども。

音楽の再生だけで言えば、iPhoneをSRS-X9のようなAirPlay対応機でダイレクトに再生したほうが早いし、HT-NT3を使うのならXPERIAのBluetoothを使ったほうが手っ取り早い。AppleTVでなくてもいいわけだ。

音楽や動画を再生するだけでも、アップル製品を使っていくつも選択肢ができる。AppleTVなら、ホームシェアリングからのミラーを使えば、ipadで操作してもいいわけだから。(これは旧モデルの第三世代でもできる)

どの使い方が自分にあってるかだなあ。
リビングで使うか、部屋で使うか、使う環境にもよるだろうね。

リモコンに関しては、上下左右の動作が指のスワイプ操作に変わっただけで、iPhoneのような快適タッチ操作になった!というのとは違う。

動画の再生位置移動なんかには超便利。アップルのデモにもあったが、Youtubeのように移動先のサムネイルが出るのもあって、これはいい。

願わくば、iPhone上でできる操作感をテレビで実現してほしかったわけだが、残念ながらそこまでではないものの、ちょっと進化したんだなって感じ。3年もかかったけど。


その間に、GoogleのChromecastや、AmazonのFire TVなんか出てきて、そっちのほうが魅力的だたりする部分も多い。Google依存の少ない自分は、Amazonはかなり使う人間なので、FireTVもついでに導入してみようかと思っている。プレミアム会員ならいいことありそうだしね。


相変わらず、siriさんを呼び出すのはなんとなく気恥ずかしい俺です…。

Appletv2015htnt3


AV Watch - 西田宗千佳のRandomTracking
進化したApple TVを試す。モダンOS化で劇的に使いやすく

ITmedia
「Apple TV」はテレビを再発明できるのか――林信行がその魅力に迫る

| | コメント (0)
|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »